3.8.2. noatime でマウント

Linux マウントオプション noatime は、ファイルシステムのマウント時に指定できます。これはファイルシステムでの atime 更新を無効にします。

使用法

mount BlockDevice MountPoint -o noatime
BlockDevice
GFS2 ファイルシステムが存在するブロックデバイスを指定します。
MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされるディレクトリを指定します。

この例では、GFS2 ファイルシステムは /dev/vg01/lvol0 に存在し、ディレクトリ /mygfs2atime 更新を オフにしてマウントしてあります。
mount /dev/vg01/lvol0 /mygfs2 -o noatime