3.4.4. Quota 強制の有効化/無効化

GFS2 ファイルシステムでは、デフォルトで quota 強制は無効になっています。 ファイルシステム用に quota 強制 を有効にするには、quota=on オプションを 指定してファイルシステムをマウントします。

使用法

mount -o quota=on BlockDevice MountPoint
quota 強制を無効にした状態でファイルシステムをマウントするには、quota=off オプションを指定してファイルシステムをマウントします。これはデフォルトの設定です。
mount -o quota=off BlockDevice MountPoint
-o quota={on|off}
ファイルシステムがマウントされた時に Quota 強制が有効か無効かを指定します。
BlockDevice
GFS2 ファイルシステムが存在するブロックデバイスを指定します。
MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされるディレクトリを指定します。

この例では、/dev/vg01/lvol0 の GFS2 ファイルシステムは quota 強制を有効にして /mygfs2 ディレクトリにマウントされています。
mount -o quota=on /dev/vg01/lvol0 /mygfs2