3.4.2. Quota 制限の表示と使用法

Quota 限度と 現在の使用量は、gfs2_quota get コマンドを 使用して特定のユーザーやグループ用に表示することができます。この quota ファイルの 全内容は gfs2_quota list を使用して表示可能で、その場合、 ゼロ以外の hard limit、warn limit、又はその値を持つ全ての ID が一覧表示されます。

使用法

Displaying Quota Limits for a User
gfs2_quota get -u User -f MountPoint
Displaying Quota Limits for a Group
gfs2_quota get -g Group -f MountPoint
Displaying Entire Quota File
gfs2_quota list -f MountPoint
User
特定のユーザーに関する情報を表示するユーザー ID です。これはパスワードファイルからの、又は、UID 番号からのユーザー名となります。
Group
特定のグループに関する情報を表示する為のグループ ID です。これはグループファイルからの、 又は、GID 番号からのグループ名となります。
MountPoint
設定が適用される GFS2 ファイルシステムを指定します。

コマンドの出力

gfs2_quota コマンドからの GFS2 quota 情報は 以下のように表示されます:
user User: limit:LimitSize warn:WarnSize value:Value

group Group: limit:LimitSize warn:WarnSize value:Value

LimitSizeWarnSize、及び Value の数(値)はデフォルトでメガバイトの単位です。 -k や、-sや、-b の フラグをコマンド行に付けると、その単位をそれぞれキロバイト、セクター、ファイルシステム ブロックに変換します。
User
データが関連するユーザー名、又は ID
Group
データが関連するグループ名、又は ID
LimitSize
ハードリミットはユーザー、又はグループ用にセットできます。リミットがセット されていないと、この値は 0です。
Value
ユーザー、又はグループで使用されるディスク容量の実際のサイズ

コメント

quota 情報を表示している時、 -n オプションがコマンドラインに追加されていると、 gfs2_quota コマンドは、UID と GID を名前に解決しません。
Space allocated to GFS2's hidden files can be left out of displayed values for the root UID and GID by adding the -d option to the command line. This is useful when trying to match the numbers from gfs2_quota with the results of a du command.

この例は、ファイルシステム /mygfs2 上で制限がセットしてある、又は ディスクスペースを使用している全てのユーザーやグループの quota 情報を表示しています。
gfs2_quota list -f /mygfs2
この例は、ファイルシステム /mygfs2 でグループ users 用の セクター内の quota 情報を表示しています。
gfs2_quota get -g users -f /mygfs2 -s