3.4. GFS2 Quota の管理

ファイルシステム quota(割り当て)はユーザーやグループが使用できるファイルシステムの 領域量を制限するのに使われます。ユーザーやグループは quota がセットされるまで、その 使用限度を持ちません。GFS2 は 制限が設定されていない時でも、各ユーザーとグループで 使用される領域を記録します。GFS2 はトランザクションの方法で quota 情報を更新して、 システムクラッシュの後でも quota 設定が再構成を必要としないようにします。
To prevent a performance slowdown, a GFS2 node synchronizes updates to the quota file only periodically. The "fuzzy" quota accounting can allow users or groups to slightly exceed the set limit. To minimize this, GFS2 dynamically reduces the synchronization period as a "hard" quota limit is approached.
GFS2 はその gfs2_quota コマンドを使用して、quota を 管理します。他の Linux quota 機能は GFS2 では使用できません。

3.4.1. Quota の設定

2つの quota 設定が それぞれの ユーザーID (UID) 又は、グループ ID (GID) 用に 使用できます。hard limit (ハードリミット)と warn limit (警告リミット)です。
hard limit は 使用できる領域の厳格な量を示します。ファイルシステムはこのディスク領域量 以上をユーザーやグループに使用させません。hard limit の値が zero の 場合、制限がないことを意味します。
warn limit は通常、hard limit よりも低い値です。ファイルシステムは、warn limit に 到達した時点でユーザーやグループに使用している量についての警告を出します。 warn limit の値が zero の場合、制限がないことを意味します。
これらの使用限度は gfs2_quota コマンドを使用してセットされます。 コマンドは、GFS2 がマウントされている単独ノード上で実行するだけで十分です。
By default, quota enforcement is not set on GFS2 file systems. To enable quota accounting, use the quota= of the mount command when mounting the GFS2 file system, as described in 「Quota 強制の有効化/無効化」.

使用法

Setting Quotas, Hard Limit
gfs2_quota limit -u User -l Size -f MountPoint
gfs2_quota limit -g Group -l Size -f MountPoint
Setting Quotas, Warn Limit
gfs2_quota warn -u User -l Size -f MountPoint
gfs2_quota warn -g Group -l Size -f MountPoint
User
制限、又は警告する為のユーザー ID です。これはパスワードファイルからのユーザー名か、 あるいは UID 番号です。
Group
制限、又は警告する為のグループ ID です。これはグループファイルからのグループ名か、 あるいは GID 番号です。
Size
制限、又は警告する為の新規の値を指定します。デフォルトでこの値は、メガバイトの 単位で示します。追加として -k-s-b のフラグを使用すると、この単位をそれぞれキロバイト、セクター、 ファイルシステムブロックに変更します。
MountPoint
設定が適用される GFS2 ファイルシステムを指定します。

この例では、ユーザー Bert 用の hard limit は ファイルシステム /mygfs2 で 1024 メガバイト(1ギガバイト)に セットしています。
gfs2_quota limit -u Bert -l 1024 -f /mygfs2
この例では、グループ ID 21 用にファイルシステム /mygfs2 で warn limit を 50 キロバイトにセットしています。
gfs2_quota warn -g 21 -l 50 -k -f /mygfs2