3.2. ファイルシステムのマウント

Before you can mount a GFS2 file system, the file system must exist (refer to 「ファイルシステムの作成」), the volume where the file system exists must be activated, and the supporting clustering and locking systems must be started (refer to Configuring and Managing a Red Hat Cluster). After those requirements have been met, you can mount the GFS2 file system as you would any Linux file system.
ファイル ACL を操作するには、ファイルシステムを -o acl マウントオプションで マウントする必要があります。ファイルシステムが -o acl マウントオプションなしで マウントされている場合、ユーザーは (getfacl で)ACL を表示できますが、 (setfaclで)それらをセットすることができません。

使用法

Mounting Without ACL Manipulation
mount BlockDevice MountPoint
Mounting With ACL Manipulation
mount -o acl BlockDevice MountPoint
-o acl
ファイル ACL の操作を可能にする GFS2 特有のオプション 。
BlockDevice
GFS2 ファイルシステムが存在するブロックデバイスを指定します。
MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされるディレクトリを指定します。

この例では、/dev/vg01/lvol0 の GFS2 ファイルシステムは /mygfs2 ディレクトリにマウントされています。
mount /dev/vg01/lvol0 /mygfs2

完全な使用法

mount BlockDevice MountPoint -o option
The -o option argument consists of GFS2-specific options (refer to 表3.2「GFS2 特有のマウントオプション」) or acceptable standard Linux mount -o options, or a combination of both. Multiple option parameters are separated by a comma and no spaces.

注記

mount コマンドは Linux のシステムコマンドです。このセクションに 説明してある GFS2 特有のオプションの他にも、標準の mount コマンドの オプション(例えば、-r)を使用することができます。Linux mount コマンドのオプションに関する情報は、Linux mount man ページでご覧下さい。
表3.2「GFS2 特有のマウントオプション」 describes the available GFS2-specific -o option values that can be passed to GFS2 at mount time.

表3.2 GFS2 特有のマウントオプション

オプション 説明
acl ファイル ACL の操作を可能にします。ファイルシステムが acl マウント オプションなしでマウントされている場合、ユーザーは(getfaclで) ACL を表示することはできますが、(setfaclで)それをセットすることはできません。
data=[ordered|writeback] data=ordered がセットされている場合、トランザクションで 変更されたユーザーデータは、トランザクションがディスクにコミットされる前に ディスクに流されます。これによりクラッシュの後にファイル内の初期化していないブロックを ユーザーが見れないようにするはずです。data=writeback モードがセットされていると、 ユーザーデータは、それが改変された後でもいつでもディスクに書き込まれます。これは、 ordered モードと同等の一貫性保証は提供しませんが、一部の作業負荷では、 少々速くなります。デフォルト値は ordered モードです。
ignore_local_fs
注意: このオプションは、GFS2 ファイルシステムが共有してある場合には 使用すべきではありません
GFS2 がファイルシステムをマルチホストファイルシステムとして扱うように強制します。 デフォルトでは、lock_nolock の使用が自動的に localcachinglocalflocks のフラグをオンにします。
localcaching
注意: このオプションは、GFS2 ファイルシステムが共有してある場合には 使用すべきではありません
GFS2 に対してそれがローカルファイルシステムとして実行していることを 伝えます。そうすると GFS2 はクラスターモードで実行している時には 利用できなかった最適化機能の選択をオンにします。localcaching フラグは lock_nolock によって自動的にオンにされます。
localflocks
注意: このオプションは、GFS2 ファイルシステムが共有されている場合には 使用すべきではありません。
GFS2 に対して VFS (virtual file system) レイヤーに全ての flock と fcntl を させるように告げます。localflocks フラグは lock_nolock に よって自動的にオンにされます。
lockproto=LockModuleName ユーザーが、ファイルシステムで使用するロッキングプロトコルを指定できるように します。LockModuleName が指定されていない場合、 ファイルシステムのスーパーブロックからロッキングプロトコル名が読み込まれます。
locktable=LockTableName ユーザーがファイルシステムで使用するロッキング表を指定できるようにします。
quota=[off/account/on] ファイルシステムの quota でオン/オフを切り替えます。account の状態の 中に quota をセットすると UID/GID 毎の使用統計がファイルシステムで正しく維持され、limit (限界) と warn (警告)の値は無視されます。デフォルト値は off です。
upgrade ファイルシステムのオンディスク形式をアップグレードして、GFS2 の新バージョンで 使用できるようにします。