2.2. 初期セットアップのタスク

初期の GFS2 セットアップは以下のタスクで構成されます:
  1. 論理ボリュームのセットアップ
  2. GFS2 ファイルシステムの作成
  3. ファイルシステムのマウント
これらの手順に従って GFS2 の初期セットアップをします。
  1. LVM を使用して、各 Red Hat GFS2ファイルシステム用に論理ボリュームを作成します。

    注記

    Red Hat Cluster Suite に含まれている init.d スクリプトを 使用して、論理ボリュームのアクティベートとディアクティベートをすることが出来ます。 init.d スクリプトの詳細情報については Red Hat Cluster の設定と管理 を参照して下さい。
  2. Create GFS2 file systems on logical volumes created in Step 1. Choose a unique name for each file system. For more information about creating a GFS2 file system, refer to 「ファイルシステムの作成」.
    以下のいずれかの形式を使用してクラスター化した GFS2 ファイルシステムを 作成することができます:
    mkfs.gfs2 -p lock_dlm -t ClusterName:FSName -j NumberJournals BlockDevice
    mkfs -t gfs2 -p lock_dlm -t LockTableName -j NumberJournals BlockDevice
    以下のいずれかの形式を使用してローカルの GFS2 ファイルシステムを 作成できます:
    mkfs.gfs2 -p lock_nolock -j NumberJournals BlockDevice
    mkfs -t gfs2 -p lock_nolock -j NumberJournals BlockDevice
    For more information on creating a GFS2 file system, see 「ファイルシステムの作成」.
  3. At each node, mount the GFS2 file systems. For more information about mounting a GFS2 file system, see 「ファイルシステムのマウント」.
    コマンドの使用法:
    mount BlockDevice MountPoint
    mount -o acl BlockDevice MountPoint
    -o acl mount オプションは ファイル ACL の操作を可能にします。1つのファイルシステムが -o acl マウントオプションなしでマウントされている場合、ユーザーは(getfacl で) ACL の表示はできますが、(setfacl で)それらをセットすることができません。

    注記

    Red Hat Cluster Suite に収納されている init.d スクリプトを使用して、 GFS2 ファイルシステムのマウントとアンマウントを自動化することができます。init.d スクリプトに関する詳細情報は Red Hat Cluster の設定と管理 をご覧下さい。