第3章 GFS2 の管理

この章では、GFS2 を管理するためのタスクとコマンドを説明しており、以下のような セクションで構成されます:

3.1. ファイルシステムの作成

mkfs.gfs2 コマンドを使用して、GFS2 ファイルシステムを作成します。又は mkfs コマンドに -t gfs2 オプションを指定して使用することもできます。ファイルシステムは起動中の LVM ボリューム上で作成されます。mkfs.gfs2 コマンドを実行するには 以下の情報が必要になります:
  • プロトコル/モジュールのロック名(クラスター用の lock protocol は lock_dlm
  • クラスター名(クラスター設定の一部として実行している場合)
  • ジャーナルの数量(ファイルシステムをマウントするそれぞれのノード毎にジャーナル1つ必要)
GFS ファイルシステムを作成している場合、直接 mkfs.gfs2 を使用するか、又は mkfs コマンドに -t パラメータを付けてタイプ gfs2 の ファイルシステムを指定して、gfs2 ファイルシステムのオプションを続ける ことが出来ます。

使用法

クラスター化した GFS2 ファイルシステムを作成する場合、以下の形式の いずれかを使用できます:
mkfs.gfs2 -p LockProtoName -t LockTableName -j NumberJournals BlockDevice
mkfs -t gfs2 -p LockProtoName -t LockTableName -j NumberJournals BlockDevice
ローカルの GFS2 ファイルシステムを作成している場合、以下の形式のいずれかを 使用できます:
mkfs.gfs2 -p LockProtoName -j NumberJournals BlockDevice
mkfs -t gfs2 -p LockProtoName -j NumberJournals BlockDevice

警告

LockProtoNameLockTableName のパラメータの使用に熟知していることを確認して下さい。LockProtoNameLockTableName のパラメータの間違えた使用をすると、ファイルシステムか ロックスペースが破損する可能性があります。
LockProtoName
使用するロッキングプロトコルの名前を指定します。クラスター用の lock protocol は lock_dlm です。
LockTableName
このパラメータはクラスター設定の GFS2 ファイルシステム用に指定されます。これには、 次の様にコロンで区切った2つの部分(空白なし)で構成されます: ClusterName:FSName
  • ClusterName、Red Hat クラスター用の名前です。このクラスター用に GFS2 ファイルシステムが作成されます。
  • FSName, ファイルシステムの名前で、これは1文字から 16文字までの長さが可能であり、クラスター上の全ての lock_dlm ファイルシステムと 各ローカルノード上の全てのファイルシステム(lock_dlm 及び lock_nolock)に渡って独自の名前でなければなりません。
Number
Specifies the number of journals to be created by the mkfs.gfs2 command. One journal is required for each node that mounts the file system. For GFS2 file systems, more journals can be added later without growing the filesystem, as described in 「ファイルシステムへジャーナルの追加」.
BlockDevice
論理ボリュームか物理ボリュームかを指定します。

この例では、これはクラスター化したファイルシステムですので、lock_dlm は ファイルシステムが使用するロッキングプロトコルです。クラスター名は alpha で、 ファイルシステム名は mydata1 です。このファイルシステムは8つのジャーナルを含み、 /dev/vg01/lvol0 上に作成されています。
mkfs.gfs2 -p lock_dlm -t alpha:mydata1 -j 8 /dev/vg01/lvol0
mkfs -t gfs2 -p lock_dlm -t alpha:mydata1 -j 8 /dev/vg01/lvol0
この例では、2つ目の lock_dlm ファイルシステムが作成されて、それがクラスター alpha 内で使用できます。ファイルシステム名は mydata2 です。このファイルシステムには 8つのジャーナルが 含まれており、/dev/vg01/lvol1 上に作成されています。
mkfs.gfs2 -p lock_dlm -t alpha:mydata2 -j 8 /dev/vg01/lvol1
mkfs -t gfs2 -p lock_dlm -t alpha:mydata2 -j 8 /dev/vg01/lvol1

オプション全種

表3.1「コマンドオプション: mkfs.gfs2 describes the mkfs.gfs2 command options (flags and parameters).

表3.1 コマンドオプション: mkfs.gfs2

フラグ パラメータ 説明
-c Megabytes Sets the initial size of each journal's quota change file to Megabytes.
-D 出力デバグを有効にします。
-h ヘルプ。使用可能なオプションを表示します。
-J MegaBytes ジャーナルのサイズをメガバイトで指定します。デフォルトのジャーナルサイズは 128 メガバイトです。最低サイズは 8 メガバイトです。長いジャーナルはパフォーマンスを 向上しますが、短いジャーナルよりもメモリーを多く消費します。
-j Number mkfs.gfs2 コマンドで作成されるジャーナルの数量を指定します。 ファイルシステムをマウントするそれぞれのノード毎に1つのジャーナルが必要になります。 このオプションが指定されていない場合、1つのジャーナルが作成されます。GFS2 ファイルシステムでは ファイルシステムを拡張することなく、余分のジャーナルを後で追加することができます。
-O mkfs.gfs2 コマンドが、ファイルシステムへの書き込み前に確認を してくることを阻止します。
-p LockProtoName
使用するロッキングプロトコルの名前を指定します。承認されているロッキングプロトコルには 以下があります:
lock_dlm — 標準のロッキングモジュール。クラスター化した ファイルシステムに必要です。
lock_nolock — GFS2 がローカルファイルシステム(1ノードのみ)として 機能している時に使用します。
-q 静寂モード。何も表示しません。
-r MegaBytes リソースグループのサイズをメガバイトで指定します。リソースグループの最低サイズは 32 MB です。 リソースグループの最大サイズは 2048 MB となります。大容量のファイルシステムでは、サイズの大きな リソースグループがパフォーマンスを向上する可能性が高くなります。このサイズが指定されていないと、 mkfs.gfs2 はファイルシステムのサイズを基にしてリソースグループのサイズを選択します。平均的なサイズの ファイルシステムは 256 MB のリソースグループを持ち、それより大きなファイルシステムはより良い パフォーマンスの為により大きなリソースグループサイズを選択します。
-t LockTableName
lock_dlm プロトコルを使用している時に、ロック表のフィールドを 指定する特有の識別子。lock_nolock プロトコルはこのパラメータを 使用しません。
このパラメータはコロンで分離された(空白なし)次の2つの部分を持ちます: ClusterName:FSName.
ClusterName は GFS2 ファイルシステムを作成している Red Hat クラスターの名前です。このクラスターのメンバーのみがこのファイルシステムを 使用することができます。クラスター名は クラスター設定ツール を 介して /etc/cluster/cluster.conf ファイル内でセットされて、 Red Hat Cluster Suite クラスター管理 GUI 内の クラスターステータスツール で 表示されます。
FSName, ファイルシステム名です。1文字から 16文字までの 長さを持ち、名前はクラスター内の全てのファイルシステムで特有のものでなければなりません。
-u MegaBytes Specifies the initial size of each journal's unlinked tag file.
-V コマンドのバージョン情報を表示します。