Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.10.3. REDUNDANCY

冗長 パネルの使用で、バックアップ LVS router ノードの設定と 各種ハートビート監視オプションのセットアップをすることができます。
The REDUNDANCY Panel

図1.32 The REDUNDANCY Panel

Redundant server public IP
バックアップ LVS router 用の公共 実 IP アドレス
Redundant server private IP
The backup router's private real IP address.
パネルの残りの部分はハートビートチャンネルの設定用で、主要ノードの故障を監視するためにバックアップノードにより使用されます。
Heartbeat Interval (seconds)
ハートビートの間隔 — バックアップノードが主要 LVS ノードの機能ステータスをチェックする 間隔 — を秒数で設定します。
Assume dead after (seconds)
主要 LVS ノードが指定秒数後に反応しないと、バックアップ LVS router ノードがフェイルオーバーを 開始します。
Heartbeat runs on port
ハートビートが主要 LVS ノードと交信するためのポートを設定します。ここが空白の場合、デフォルトでは 539 にセットされています。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。