1.9.3. コマンドライン管理ツール

In addition to Conga and the system-config-cluster Cluster Administration GUI, command line tools are available for administering the cluster infrastructure and the high-availability service management components. The command line tools are used by the Cluster Administration GUI and init scripts supplied by Red Hat. 表1.1「コマンドラインツール」 summarizes the command line tools.

表1.1 コマンドラインツール

コマンドラインツール 使用物 目的
ccs_tool — クラスタ設定システムツール Cluster Infrastructure ccs_tool はクラスタ設定ファイルへのオンライン更新をする為の プログラムです。クラスタインフラストラクチャコンポーネントの作成と編集(例えば、クラスタの作成、 ノードの追加と削除)の機能を提供します。このツールに関する詳細情報については ccs_tool(8) man ページを 参照してください。
cman_tool — クラスタ管理ツール Cluster Infrastructure cman_tool は CMAN クラスタマネージャを管理するプログラムです。 これはクラスタに参加、クラスタから退出、ノードのキル、又はクラスタ内のノードの予想定数員投票への 変更などの機能を提供します。このツールに関する詳細情報には、cman_tool(8) man ページを参照して 下さい。
fence_tool — フェンス ツール Cluster Infrastructure fence_tool はデフォルトフェンスドメインに参加したり退出したりする為の プログラムです。これは特にフェンスデーモン (fenced) を開始してドメインに参加し、fenced をキルしてドメインから 退出をします。このツールに関する詳細情報には、fence_tool(8) man ページを参照してください。
clustat — クラスタステータスユーティリティ ハイアベイラビリティサービス管理コンポーネント clustat コマンドはクラスタのステータスを表示します。これは メンバーシップ情報、定員数表示、及び全ての設定済ユーザーサービスの状態を示します。 このツールに関する詳細情報については clustat(8) man ページを参照してください。
clusvcadm — クラスタユーザーサービス管理ユーティリティ ハイアベイラビリティサービス管理コンポーネント clusvcadm コマンドの使用で、クラスタ内のハイアベイラビリティサービスの 有効化、無効化、転送、及び再起動ができるようになります。このツールに関する詳細情報については clusvcadm(8) man ページを参照してください。