1.2. Red Hat Cluster Suite Introduction

Red Hat Cluster Suite (RHCS) は、ユーザーのニーズに応じてパフォーマンス、ハイアベイラビリティ、ロードバランシング、拡張性 ファイル共有、及び経済性の為のさまざまな設定で導入できるソフトウェアコンポーネントの統合セットです。
RHCS consists of the following major components (refer to 図1.1「Red Hat Cluster Suite Introduction」):
  • クラスタインフラストラクチャ — クラスタとして一緒に動作するように ノード群に基本的な機能:設定ファイル管理、メンバーシップ管理、ロック管理、及び フェンシングを提供します。
  • ハイアベイラビリティサービス管理 — 1つのノードが操作不能になった場合に そのクラスタノードから別のクラスタノードにサービスのフェイルオーバーを提供します。
  • クラスタ管理ツール — Red Hat クラスタのセッティング、設定、及び管理の為の 設定/管理ツールです。このツールは、クラスタインフラストラクチャコンポーネント、ハイアベイラビリティとサービス管理のコンポーネント、及びストレージで使用するための物です。
  • LVS (Linux Virtual Server)— IP ロードバランシングを提供する Routing ソフトウェアです。 LVS は LVS サーバー群の背後にある実サーバー(real server)に対してクライアント要求を均等に分配する 冗長サーバーのペアとして稼働します。
オプションパッケージの一部である(しかし Red Hat Cluster Suite の一部でない) 以下のコンポーネントで、Red Hat Cluster Suite を補足することができます。
  • Red Hat GFS (Global File System) — Red Hat Cluster Suite と共に使用する為のクラスタファイルシステム を提供します。GFS の使用により複数ノードは、ストレージがローカル的に各クラスタノードに 接続しているかのようにブロックレベルでストレージを共有することができるようになります。
  • CLVM (Cluster Logical Volume Manager)— クラスタストレージの ボリューム管理を提供します。

    注記

    When you create or modify a CLVM volume for a clustered environment, you must ensure that you are running the clvmd daemon. For further information, refer to 「クラスタ論理ボリュームマネージャ」.
  • GNBD (Global Network Block Device)— ブロックレベルストレージをイーサネットに エキスポートする GFS の補助コンポーネントです。これはブロックレベルのストレージを Red Hat GFS で使用可能にする経済的な方法です。
For a lower level summary of Red Hat Cluster Suite components and optional software, refer to 2章Red Hat Cluster Suite コンポーネントの要約.
Red Hat Cluster Suite Introduction

図1.1 Red Hat Cluster Suite Introduction

注記

図1.1「Red Hat Cluster Suite Introduction」 includes GFS, CLVM, and GNBD, which are components that are part of an optional package and not part of Red Hat Cluster Suite.