1.6. クラスタ論理ボリュームマネージャ

CLVM (Cluster Logical Volume Manager)は LVM2 のクラスタ全域版を提供します。CLVM は 単独ノード上では、LVM2 と同じ機能を提供します。しかし、Red Hat クラスタ内で全てのノードに ボリュームを利用できるようにします。CLVM で作成された論理ボリュームはクラスタ内の 全てのノードに論理ボリュームが利用できるようにします。
The key component in CLVM is clvmd. clvmd is a daemon that provides clustering extensions to the standard LVM2 tool set and allows LVM2 commands to manage shared storage. clvmd runs in each cluster node and distributes LVM metadata updates in a cluster, thereby presenting each cluster node with the same view of the logical volumes (refer to 図1.14「CLVM Overview」). Logical volumes created with CLVM on shared storage are visible to all nodes that have access to the shared storage. CLVM allows a user to configure logical volumes on shared storage by locking access to physical storage while a logical volume is being configured. CLVM uses the lock-management service provided by the cluster infrastructure (refer to 「Cluster Infrastructure」).

注記

Red Hat Cluster Suite で共有ストレージを使用するには、クラスタ論理ボリュームマネージャデーモン (clvmd) か高可用論理ボリューム管理エージェント (HA-LVM) が稼働していなければなりません。運用上の理由で clvmd デーモン や HA-LVM を使用できない場合や、適切なエンタイトルメントを持っていない場合は、データ破損の恐れがあるため共有ディスク上で単一インスタンスの LVM を使用しないでください。ご質問やご不明な点などがありましたら、Red Hat のサービス担当者までご連絡ください。

注記

CLVM を使用するには、クラスタ全域のロッキングの為に /etc/lvm/lvm.conf に 少々の変更をする必要があります。
CLVM Overview

図1.14 CLVM Overview

You can configure CLVM using the same commands as LVM2, using the LVM graphical user interface (refer to 図1.15「LVM Graphical User Interface」), or using the storage configuration function of the Conga cluster configuration graphical user interface (refer to 図1.16「Conga LVM Graphical User Interface」) . 図1.17「Creating Logical Volumes」 shows the basic concept of creating logical volumes from Linux partitions and shows the commands used to create logical volumes.
LVM Graphical User Interface

図1.15 LVM Graphical User Interface

Conga LVM Graphical User Interface

図1.16 Conga LVM Graphical User Interface

Creating Logical Volumes

図1.17 Creating Logical Volumes