第1章 Red Hat Cluster Suite 概要

クラスタ化したシステムは、基幹実稼働サービスへ信頼性、拡張性、可用性を提供します。 Red Hat Cluster Suite を使用することで、パフォーマンス、ハイアベイラビリティ、ロードバランシング、拡張性、 ファイル共有、そして経済性等のニーズに対応するクラスタを構成することができます。 この章では、Red Hat Cluster Suite のコンポーネントと機能の概要を提供し、以下のようなセクションで 構成されています:

1.1. クラスタの基礎

クラスタとは一緒に稼働してタスクを実行する二つ以上のコンピュータ(ノード、 又は メンバー と呼ぶ)です。クラスタには四つの主要タイプがあります:
  • ストレージ
  • ハイアベイラビリティ(高度可用性)
  • ロードバランシング
  • ハイパフォーマンス
ストレージクラスタはクラスタ内のサーバー全機に渡って安定したファイルシステムイメージを 提供し、サーバー群が同時に単独の共有ファイルシステムに対し読み取りと書き込みが出来るように します。ストレージクラスタは、アプリケーションのインストールとパッチングを1つのファイル システムに制限することによりストレージ管理を簡素化します。また、クラスタ全域のファイル システムを持つため、ストレージクラスタはアプリケーションデータの冗長コピーの必要性を解消し、 バックアップと災害時復帰を簡素化します。Red Hat Cluster Suite は Red Hat GFS を通じてストレージクラスタリングを 提供します。
ハイアベイラビリティクラスタは、ネックとなる単一故障箇所を排除し、 操作不能になった場合に1つのクラスタノードから他のノードにフェイルオーバーする ことにより、連続的にサービスの可用性を提供します。標準的にハイアベリラビリティクラスタ内の サービスはデータの読み込みと書き込みをします(read-write マウントのファイルシステム経由)。そのため、 1つのクラスタノードが別のクラスタノードからサービスの制御を引き継ぐ時点では、ハイアベリラビリティクラスタはデータ統合性を維持する必要があります。ハイアベリラビリティクラスタ内のノード故障は クラスタ外部のクライアントからは見えません。(ハイアベリラビリティクラスタは時にはフェイルオーバー クラスタと呼ばれる)Red Hat Cluster Suite は、そのハイアベリラビリティクラスタサービス管理コンポーネントを 通じてハイアベリラビリティクラスタリングを提供します。
ロードバランシングクラスタはネットワークサービス要求を複数のクラスタノードに分配して、 クラスタノード群内の要求負担のバランスを取ります。ロードバランシングは、要求負担に応じて ノード数を調節することが出来るため、コスト効率の良い拡張性を提供します。ロードバランシングクラスタ 内の1つのノードが操作不能になった場合、ロードバランシングソフトウェアが故障を検知して、要求を 他のクラスタノードに転送します。ロードバランシングクラスタ内のノード故障はクラスタ外部の クライアントからは見えません。Red Hat Cluster Suite は LVS (Linux Virtual Server) を通じてロードバランシングを 提供します。
ハイパフォーマンスクラスタはクラスタノード群を使用して、同時演算を実行します。 ハイパフォーマンスクラスタにより、アプリケーションは並行して稼働することが できるようになるため、アプリケーションのパフォーマンスが向上します。(ハイパフォーマンス クラスタは、演算クラスタ、あるいはグリッドコンピューティングとも呼ばれます)

注記

前述の文章で要約されているクラスタタイプは基本的な設定を反映しています。 ユーザーのニーズにはこれらのクラスタタイプの組み合わせが必要かも知れません。