第2章 Red Hat Cluster Suite コンポーネントの要約

この章では、Red Hat Cluster Suite コンポーネントの要約を提供し、以下のようなセクションで構成 されています:

2.1. クラスタコンポーネント

表2.1 Red Hat Cluster Suite ソフトウェアサブシステムコンポーネント

機能 コンポーネント 説明
Conga luci リモート管理システム - 管理ステーション
ricci リモート管理システム - 管理下ステーション
Cluster Configuration Tool system-config-cluster グラフィカル環境でクラスタ設定の管理に使用するコマンド。
CLVM (Cluster Logical Volume Manager) clvmd LVM メタデータを分配するデーモンはクラスタ全域に渡り更新をします。これはクラスタ内の 全てのノードで稼働中である必要があり、クラスタ内ノードの1つでこのデーモンが稼働していない 場合は、エラーが発生します。
lvm LVM2 ツール。LVM2 用のコマンドラインツールを提供します。
system-config-lvm LVM2 用のグラフィカルユーザーインターフェイスを提供します。
lvm.conf LVM 設定ファイル。完全なパスは /etc/lvm/lvm.conf. です。
CCS (Cluster Configuration System) ccs_tool ccs_tool はクラスタ設定システム(CCS) の一部です。 これは、CCS 設定ファイルのオンラインアップデートを実行するのに使用されます。更に、 クラスタ設定ファイルを GFS 6.0 (及びそれ以降) で作成された CCS アーカイブから Red Hat Cluster Suite のこのリリースで使用される XML 形式設定形式にアップグレードするのにも 使用されます。
ccs_test ccsd を介して設定ファイルから情報を取り出すのに使用される 診断とテストのコマンド。
ccsd 全てのクラスタノードで稼働し、クラスタソフトウェアに設定ファイルデータを 提供する CCS デーモン。
cluster.conf これがクラスタ設定ファイルです。完全なパスは /etc/cluster/cluster.conf
CMAN (Cluster Manager) cman.ko CMAN 用のカーネルモジュール
cman_tool これは、CMAN に対する管理用フロントエンドです。CMAN の開始と停止をし、投票(votes)などの内部パラメータの変更をすることができます。
dlm_controld カーネル内の dlm を管理する為の cman init スクリプトで開始されるデーモン; ユーザーによる使用はありません。
gfs_controld カーネル内の gfs を管理する為の cman init スクリプトで開始されるデーモン; ユーザーによる使用はありません。
group_tool フェンシング、 DLM、 GFS 及びデバグ情報取得に関連したグループのリストを得るのに使用 されます; RHEL 4 で cman_tool services 提供したものを 含みます。
groupd openais/cmandlm_controld/gfs_controld/fenced の間にインターフェイスを与える為に cman init スクリプトで開始されるデーモン; ユーザーによる使用はありません。
libcman.so.<version number> cman.ko と交流する必要のあるプログラム用のライブラリ。
rgmanager (Resource Group Manager) clusvcadm 手動で、クラスタ内のユーザーサービスを有効化、無効化、移動、再開始するのに使用されるコマンド。
clustat ノードメンバーシップと実行中のサービスを含むクラスタのステータス表示に使用される コマンド。
clurgmgrd サービスの開始、無効化、移動、再開始を含むユーザーサービス要求の処理に使用されるデーモン。
clurmtabd クラスタ化した NFS マウント表の処理に使用されるデーモン。
Fence fence_apc APC パワースイッチ用の フェンス エージェント
fence_bladecenter Telnet インターフェイスのある IBM Bladecenter 用の フェンス エージェント
fence_bullpap Bull Novascale PAP (Platform Administration Processor)インターフェイス用の フェンス エージェント
fence_drac Dell Remote Access Card 用の フェンシング エージェント
fence_ipmilan LAN 上にある IPMI(Intelligent Platform Management Interface)で制御されるマシン用の フェンス エージェント
fence_wti WTI パワースイッチ用の フェンス エージェント
fence_brocade Brocade ファイバーチャンネルスイッチ用の フェンス エージェント
fence_mcdata McData ファイバーチャンネルスイッチ用の フェンス エージェント
fence_vixel Vixel ファイバーチャンネルスイッチ用の フェンス エージェント
fence_sanbox2 SANBox2 ファイバーチャンネルスイッチ用の フェンス エージェント
fence_ilo HP ILO インターフェイス用の フェンス エージェント(旧名 fence_rib)
fence_rsa IBM RSA II 用の I/O フェンシング エージェント
fence_gnbd GNBD ストレージで使用される フェンス エージェント
fence_scsi SCSI 固執予約用の I/O フェンシング エージェント。
fence_egenera Egenera BladeFrame システムで使用される フェンス エージェント
fence_manual 手動交流の為の フェンス エージェント。注記: このコンポーネントは実稼働環境用にはサポートがありません。
fence_ack_manual fence_manual エージェント用のユーザーインターフェイス。
fence_node 単独ノード上で I/O フェンシング を実行するプログラム。
fence_xvm Xen 仮想マシン用の I/O フェンシング エージェント
fence_xvmd Xen 仮想マシン用の I/O フェンシング エージェントホスト。
fence_tool フェンス ドメインに参加と退出をするプログラム。
fenced I/O フェンシング デーモン
DLM libdlm.so.<version number> DLM (Distributed Lock Manager)サポート用のライブラリ
GFS gfs.ko GFS ファイルシステムを実装するカーネルモジュールであり、GFS クラスタノード上に ロードされます。
gfs_fsck アンマウントされた GFS ファイルシステムを修理するコマンド
gfs_grow マウントされた GFS ファイルシステムを拡張するコマンド
gfs_jadd マウントした GFS ファイルシステムへジャーナルを追加するコマンド
gfs_mkfs ストレージデバイス上に GFS ファイルシステムを作成するコマンド
gfs_quota マウントした GFS ファイルシステム上で割り当てを管理するコマンド
gfs_tool GFS ファイルシステムを設定、又はチューンするコマンド。このコマンドは ファイルシステムについて種々の情報を収集することもできます。
mount.gfs mount(8) と呼ばれるマウントヘルパー; ユーザーによる使用はありません。
GNBD gnbd.ko クライアント上で GNBD デバイスドライバーを実装するカーネルモジュール
gnbd_export GNBD サーバー上で GNBD の作成、エキスポート、及び管理をするコマンド
gnbd_import GNBD クライアント上で GNBD のインポートと管理をするコマンド
gnbd_serv ノードがローカルストレージをネットワーク上にエキスポートできるようにするサーバーデーモン。
LVS pulse This is the controlling process which starts all other daemons related to LVS routers. At boot time, the daemon is started by the /etc/rc.d/init.d/pulse script. It then reads the configuration file /etc/sysconfig/ha/lvs.cf. On the active LVS router, pulse starts the LVS daemon. On the backup router, pulse determines the health of the active router by executing a simple heartbeat at a user-configurable interval. If the active LVS router fails to respond after a user-configurable interval, it initiates failover. During failover, pulse on the backup LVS router instructs the pulse daemon on the active LVS router to shut down all LVS services, starts the send_arp program to reassign the floating IP addresses to the backup LVS router's MAC address, and starts the lvs daemon.
lvsd lvs デーモンは、 pulse によって コールされるとアクティブな LVS router 上で稼働します。このデーモンは設定ファイル /etc/sysconfig/ha/lvs.cf を読み込み、IPVS routing 表の構築と維持の為に ipvsadm ユーティリティをコールし、そして各設定済の LVS サービスの 為に nanny プロセスを割り当てます。nanny が 実サーバーの停止を報告した場合、lvsipvsadm に対して、IPVS routing 表からその実サーバーを取り除くように指示します。
ipvsadm このサービスはカーネル内の IPVS routing 表をアップデートします。 lvs デーモンは、ipvsadm をコールすることにより、 LVS をセットアップして管理し、IPVS routing 表内のエントリの追加、変更、削除をします。
nanny nanny 監視デーモンはアクティブな LVS router 上で稼働します。 このデーモンを通じて、アクティブな LVS router はそれぞれの実サーバーの健全性を決定し、 オプションとして、その担当負荷を監視します。別のプロセスがそれぞれの実サーバー上で定義された 各サービス用に稼働します。
lvs.cf これは、LVS 設定ファイルです。このファイル用の完全パスは /etc/sysconfig/ha/lvs.cf です。直接的に、又は間接的に全てのデーモンは このファイルからその設定情報を取り寄せます。
Piranha Configuration Tool これは、LVS の監視、設定、及び管理用のウェブベースのツールです。これが /etc/sysconfig/ha/lvs.cf LVS 設定ファイルを維持する為の デフォルトのツールとなります。
send_arp このプログラムは、浮動 IP アドレスがフェイルオーバーの間に1つのノードから別の ノードに移動する場合に ARP ブロードキャストを送信します。
Quorum ディスク qdisk CMAN / Linux クラスタ用のディスクベースの定員数(quorum)デーモン。
mkqdisk クラスタ Quorum ディスクユーティリティ。
qdiskd クラスタ Quorum ディスクデーモン。