Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

インストールガイド

Red Hat Enterprise Linux 5

すべてのアーキテクチャーに Red Hat Enterprise Linux 5 をインストールする

概要

このインストールガイドには、Red Hat Enterprise Linux 5 のインストールに関する関連情報が記載されています。

パート I. x86、AMD64、Intel® 64、および Itanium - インストールと起動

Intel および AMD 32 ビットおよび 64 ビットシステムの 『Red Hat Enterprise Linux インストールガイド』 では、Red Hat Enterprise Linux のインストールと基本的なインストール後のトラブルシューティングについて説明します。高度なインストールオプションについては、このマニュアルの後半で説明します。

第1章 Itanium システム固有の情報

1.1. Itanium システムインストールの概要

Itanium システムに Red Hat Enterprise Linux をインストールすることは、x86 ベースのシステムに Red Hat Enterprise Linux をインストールする場合とは異なります。一般的に、インストールの成功手順を以下に示します。
  1. Extensible Firmware Interface (EFI) Shell で起動します。
  2. CD-ROM から起動できない場合は、Red Hat Enterprise Linux で提供されるブートイメージファイルから LS-120 ディスケットを作成します。
  3. EFI Shell および ELILO ブートローダーを使用して、カーネルを読み込み、実行し、Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムで起動します。

1.2. Itanium システム - EFI シェル

Itanium に Red Hat Enterprise Linux をインストールする前に、EFI Shell、その機能、および提供できる情報について基本的に理解しておく必要があります。
EFI Shell は、アプリケーション(Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムなど)を起動し、EFI プロトコルおよびデバイスドライバーをロードし、簡単なスクリプトを実行するために使用されるコンソールインターフェイスです。これは DOS コンソールと似ていますが、FAT16 (VFAT)形式のメディアにのみアクセスできます。
EFI シェルには、EFI システムパーティションで使用可能な一般的なユーティリティーも含まれています。これらのユーティリティーには、編集タイプcprm、および mkdir が含まれます。ユーティリティーおよびその他のコマンドの一覧は、EFI Shell プロンプトで help と入力します。
EFI シェルには、ELILO と呼ばれるブートローダーが含まれます。EFI に関する追加情報は、以下の URL を参照してください。
http://developer.intel.com/technology/efi/index.htm

1.2.1. Itanium システム - EFI デバイス名

map コマンドは、EFI が認識できるすべてのデバイスおよびファイルシステムを一覧表示するために使用できます。Itanium システムが EFI シェルで起動すると、システムは以下の順序でプローブされます。
  1. LS-120 ドライブ(メディアが含まれている場合)
  2. プライマリー IDE インターフェイス上の IDE ハードドライブ
  3. セカンダリー IDE インターフェイスの IDE ハードドライブ
  4. SCSI インターフェイスの SCSI ハードドライブ
  5. IDE インターフェイスの CD-ROM ドライブ
  6. SCSI インターフェイスの CD-ROM ドライブ
このシステムポーリングの結果を表示するには、EFI Shell プロンプトで以下のコマンドを入力します。
map
出力は、システムがプローブされた順序で一覧表示されます。したがって、すべての FAT16 ファイルシステムが最初にリストされ、次に IDE ハードドライブ、次に SCSI ハードドライブ、IDE CD-ROM ドライブ、最後に SCSI CD-ROM ドライブがリストされます。
たとえば、map コマンドの出力は以下のようになります。
Device mapping table   
	fs0  : VenHw(Unknown Device:00)/HD(Part1,Sig00000000)   
	fs1  : VenHw(Unknown Device:80)/HD(Part1,Sig00000000)   
	fs2  : VenHw(Unknown Device:FF)/CDROM(Entry1)/HD(Part1,Sig00000000)   
	blk0 : VenHw(Unknown Device:00)   
	blk1 : VenHw(Unknown Device:00)/HD(Part1,Sig00000000)   
	blk2 : VenHw(Unknown Device:80)   
	blk3 : VenHw(Unknown Device:80)/HD(Part1,Sig00000000)   
	blk4 : VenHw(Unknown Device:80)/HD(Part2,Sig00000000)   
	blk5 : VenHw(Unknown Device:80)/HD(Part3,Sig00000000)   
	blk6 : VenHw(Unknown Device:80)/HD(Part3,Sig00000000)/HD(Part1,Sig725F7772)  
	blk7 : VenHw(Unknown Device:FF)   
	blk8 : VenHw(Unknown Device:FF)/CDROM(Entry1)   
	blk9 : VenHw(Unknown Device:FF)/CDROM(Entry1)/HD(Part1,Sig00000000)
この例では、LS-120 ドライブと CD-ROM ドライブに LS-120 ディスケットがあります。fs で始まるすべてのリストは、EFI が読み取ることのできる FAT16 ファイルシステムです。blk で始まるすべてのリストは、EFI が認識できるブロックデバイスです。ファイルシステムとブロックデバイスの両方が、プローブされた順序で一覧表示されます。したがって、fs0 は LS-120 のシステムパーティション、fs1 はハードドライブのシステムパーティション、fs2 は CD-ROM のシステムパーティションです。

1.2.2. Itanium システム - EFI システムパーティション

Linux 用のハードドライブをパーティション分割する場合は、FAT16 (VFAT)でフォーマットされ、マウントポイントが /boot/efi/ のシステムパーティションを作成する必要があります。このパーティションには、インストールされている Linux カーネルと ELILO 設定ファイル(elilo.conf)が含まれています。elilo.conf ファイルには、システムを起動できるカーネルの一覧が含まれています。

第2章 開始するための手順

2.1. アップグレードまたはインストールの選択

アップグレードまたはインストールを実行するかどうかを判断するのに役立つ情報は、24章現在のシステムのアップグレード を参照してください。

2.2. ハードウェアの互換性について

ハードウェアの互換性は、古いシステムまたは独自に構築したシステムがある場合に特に重要です。Red Hat Enterprise Linux 5 は、過去 2 年以内に出荷された大半のハードウェアと互換性があります。ただし、ハードウェアの仕様はほぼ毎日変更されるため、ハードウェアが 100% 互換性があることを保証することは困難です。
サポートされるハードウェアの最新の一覧については、以下を参照してください。
http://hardware.redhat.com/hcl/

2.3. 十分なディスク容量がありますか?

現代のほぼすべてのオペレーティングシステム (OS) は ディスクパーティション を使用しており、Red Hat Enterprise Linux も例外ではありません。Red Hat Enterprise Linux をインストールするとき、ディスクパーティションの操作が必要になる場合があります。以前にディスクパーティションを使用していない場合(または、基本的な概念を素早く確認する必要がある場合は、26章ディスクパーティションの概要 を参照してから先に進んでください)。
Red Hat Enterprise Linux で使用されるディスク領域は、Windows、OS/2、または別のバージョンの Linux など、システムにインストールしている他の OS が使用するディスク領域から分離する必要があります。x86、AMD64、および Intel® 64 のシステムの場合、少なくとも 2 つのパーティション(/ および swap)を Red Hat Enterprise Linux 専用にする必要があります。Itanium システムの場合は、少なくとも 3 つのパーティション(//boot/efi/、および swap)を Red Hat Enterprise Linux 専用にする必要があります。
インストールプロセスを開始する前に、以下を行う必要があります。
  • unpartitioned (未パーティション化)が十分である[1] Red Hat Enterprise Linux インストールのディスク領域
  • 削除可能なパーティションが 1 つ以上あるため、Red Hat Enterprise Linux をインストールするのに十分なディスク領域が解放されます。
実際に必要な容量をよりよく理解するには、「推奨されるパーティション設定スキーム」 で説明している、推奨されるパーティション設定サイズを参照してください。
これらの条件が満たされていないか、または Red Hat Enterprise Linux インストール用の空きディスク領域の作成方法が分からない場合は、26章ディスクパーティションの概要 を参照してください。


[1] パーティションが分割されていないディスク領域とは、インストールするハードドライブで利用可能なディスク領域が、データ用のセクションに分割されていないことを意味します。ディスクをパーティション分割すると、各パーティションは個別のディスクドライブのように動作します。

2.4. CD-ROM または DVD を使用してインストールできますか ?

Red Hat Enterprise Linux のインストールにはいくつかの方法があります。
CD-ROM または DVD からインストールするには、Red Hat Enterprise Linux 製品を購入し、Red Hat Enterprise Linux 5.11 CD-ROM または DVD が必要です。また、システムに DVD/CD-ROM ドライブがある。
Red Hat Enterprise Linux 5.11 CD または DVD がまだない場合には、Red Hat カスタマーポータルから ISO イメージファイル としてダウンロードできます。にアクセス https://access.redhat.com/home して、ログイン と パスワード を入力します。Downloads リンクをクリックして、現在対応しているすべての Red Hat Enterprise Linux 製品一覧を取得します。Red Hat カスタマーポータルのログインとパスワードがない場合は、サブスクリプションの購入または無料の評価版サブスクリプションを入手してください https://access.redhat.com/downloads/。イメージファイルを取得したら、以下の手順に従ってディスクに書き込みできます。
イメージファイルから CD を生成する一連の手順は、インストールされているオペレーティングシステムやディスク書き込みソフトウェアに応じて、コンピューターごとに大きく異なります。この手順は一般的なガイドとして使用します。お使いのコンピューターの特定の手順を省略できる場合や、ここで説明する順序とは異なる順序で一部の手順を実施しなければならない場合があります。
まず搭載されているディスク書き込みソフトウェアでイメージファイルをディスクに書き込みことができるかどうか確認してください。ほとんどのソフトウェアで行うことができるはずですが、例外となるソフトウェアも存在します。
特に、Windows XP および Windows Vista に組み込まれている CD 書き込み機能は、イメージから CD への書き込みができず、それ以前の Windows オペレーティングシステムには CD 書き込み機能がデフォルトでインストールされていないことに注意してください。したがって、コンピューターに Windows オペレーティングシステムがインストールされている場合は、このタスク用に別のソフトウェアが必要になります。コンピューターをすでに使用している可能性のある Windows 用の一般的な CD 書き込みソフトウェアの例として、Nero Burning ROMRoxio Creator があります。お使いのコンピューターで Windows オペレーティングシステムを使用し、ディスク書き込みソフトウェアがインストールされていない場合(または、ソフトウェアがイメージファイルからディスクを書き込むことができることが不明な場合)、InfraRecorder は から http://www.infrarecorder.org/ 利用できる代替手段であり、は無料でオープンソースです。
Apple コンピューターの Mac OS X でデフォルトでインストールされる ディスクユーティリティー ソフトウェアは、すでにビルドされたイメージから CD を書き込む機能があります。Linux 用の最も広く使用されている CD 書き込みソフトウェア( BraseroK3b など)には、この機能も含まれています。
  1. 書き込み可能な空の CD をコンピューターの CD または DVD burner に挿入します。一部のコンピューターでは、ウィンドウが開き、ディスクを挿入する際にさまざまなオプションが表示されます。このようなウィンドウが表示されたら、選択したディスク書き込みプログラムを起動するオプションを探します。このようなオプションが表示されない場合は、ウィンドウを閉じ、プログラムを手動で起動します。
  2. ディスク書き込みプログラムを起動します。一部のコンピューターでは、イメージファイルで右クリック(または制御)し、Copy image to CD または Copy CD or DVD image などのラベルの付いたメニューオプションを選択すると、これを実行できます。他のコンピューターには、選択したディスク書き込みプログラムを起動するメニューオプションがあります。直接、または Open With 等のオプションと共に起動します。お使いのコンピューターに利用できるオプションがない場合は、デスクトップのアイコン、Windows オペレーティングシステムの Start メニュー、Mac Applications フォルダーなどのアプリケーションのメニューでプログラムを起動します。
  3. ディスク書き込みプログラムで、イメージファイルから CD を書き込むオプションを選択します。たとえば、Nero Burning ROM では、このオプションは Burn Image と呼ばれ、File メニューにあります。
    この手順は、特定の CD 書き込みソフトウェアを使用する場合に省略できます。たとえば、Mac OS X の Disk Utility では、これは必要ありません。
  4. 以前にダウンロードしたディスクイメージファイルを参照し、書き込み用に選択します。
  5. 書き込みプロセスを開始する ボタンをクリックします。
DVD/CD-ROM ドライブからの起動を可能にするには、BIOS を変更する必要がある場合があります。BIOS の変更に関する詳細は、「x86、AMD64、および Intel® 64 システムでのインストールプログラムの起動」 を参照してください。

2.4.1. 代替起動方法

Boot DVD/CD-ROM
DVD/CD-ROM ドライブを使用して起動できる場合は、独自の CD-ROM を作成してインストールプログラムを起動できます。これは、たとえばネットワーク経由のインストールやハードドライブからのインストールを実行する場合などに役立ちます。詳細は、「インストールブート CD-ROM の作成」 を参照してください。
USB ペンドライブ
DVD/CD-ROM ドライブから起動できないが、USB ペンドライブなどの USB デバイスを使用して起動できる場合は、以下の代替起動方法を使用できます。
このブート方法を機能させるには、システムのファームウェアが USB デバイスからの起動に対応している必要があります。システムを起動するデバイスの指定に関する詳細は、ハードウェアベンダーのドキュメントを参照してください。
USB デバイスが期待どおりに名前が付けられていない可能性がある
インストール時にパーティションおよびファイルシステムを設定する場合は、USB デバイスのサイズ、名前、およびタイプを確認してください。USB 接続のストレージデバイスに割り当てられる名前の順序は、特定のデバイスが他のデバイスよりも初期化に時間がかかる可能性があるためです。したがって、デバイスは、sda ではなく sdc など、予想とは異なる名前を受け取る可能性があります。
  1. Red Hat Enterprise Linux 5 インストールファイルのコピーを利用できるようにします。次のいずれかになります。
    • Red Hat Enterprise Linux 5 インストール DVD または CD-ROM#1 を挿入します。
    • Red Hat Enterprise Linux 5 インストール DVD または CD-ROM#1 のイメージをマウントします。
    • インストールファイルが、システムがアクセスできるネットワークの場所(たとえば、アクセス可能な NFS 共有上など)で利用可能であることを確認します。
  2. USB フラッシュドライブをシステムに接続します。以下の手順は、Red Hat Enterprise Linux 5 を実行するシステムを想定しています。
  3. dmesg を実行して、ドライブのデバイス名を特定します。ドライブをアタッチした直後に dmesg を実行すると、出力の最新の行にデバイス名が表示されます。たとえば、以下の dmesg 出力は、デバイス名 /dev/sdb を受け取るフラッシュドライブを示しています。
    Initializing USB Mass Storage driver...
    scsi2 : SCSI emulation for USB Mass Storage devices
    usb-storage: device found at 5
    usb-storage: waiting for device to settle before scanning
    usbcore: registered new driver usb-storage
    USB Mass Storage support registered.
      Vendor: USB 2.0   Model: Flash Disk        Rev: 5.00
      Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 02
    SCSI device sdb: 2043904 512-byte hdwr sectors (1046 MB)
    sdb: Write Protect is off
    sdb: Mode Sense: 0b 00 00 08
    sdb: assuming drive cache: write through
    SCSI device sdb: 2043904 512-byte hdwr sectors (1046 MB)
    sdb: Write Protect is off
    sdb: Mode Sense: 0b 00 00 08
    sdb: assuming drive cache: write through
    sdb: sdb1
    sd 2:0:0:0: Attached scsi removable disk sdb
    sd 2:0:0:0: Attached scsi generic sg1 type 0
    usb-storage: device scan complete
  4. 現在マウントされているフラッシュドライブ上のパーティションをアンマウントします。フラッシュドライブを接続すると、システムが自動的に利用可能なパーティションをマウントする可能性があります。
    1. mount コマンドを使用して、フラッシュドライブにマウントされているパーティションをすべて検索します。たとえば、以下の出力は、/dev/sdb のパーティションが 1 つ、 /dev/sdb 1 という名前のパーティションがマウントされていることを示しています。
      $ mount
      /dev/mapper/VolGroup00-LogVol00 on / type ext3 (rw)
      proc on /proc type proc (rw)
      sysfs on /sys type sysfs (rw)
      devpts on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
      tmpfs on /dev/shm type tmpfs (rw,rootcontext="system_u:object_r:tmpfs_t:s0")
      /dev/sda1 on /boot type ext3 (rw)
      none on /proc/sys/fs/binfmt_misc type binfmt_misc (rw)
      sunrpc on /var/lib/nfs/rpc_pipefs type rpc_pipefs (rw)
      /dev/sdb1 on /media/BOOTUSB type vfat (rw,nosuid,nodev,uid=500,utf8,shortname=mixed,flush)
    2. umount コマンドを使用してパーティションをアンマウントします。たとえば、/dev/sdb1 をアンマウントしるには、以下を実行します。
      umount /dev/sdb1
      マウントしたフラッシュドライブ上のパーティションごとに umount を実行します。
  5. fdisk を使用して、フラッシュドライブをパーティションに分割して、1 つのパーティションのみを含めます。以下のパラメーターを使用します。
    1. 番号は 1 です。
    2. パーティションタイプは b (W95 FAT32)に設定されます。
    3. bootable としてフラグを付けます。
  6. mkdosfs を実行して、前の手順で作成したパーティションを FAT としてフォーマットします。以下に例を示します。
    mkdosfs /dev/sdb1
  7. パーティションをマウントします。以下に例を示します。
    mount /dev/sdb1 /mnt
  8. インストール DVD または CD-ROM#1 の isolinux/ ディレクトリーの内容をフラッシュドライブにコピーします。
  9. 設定ファイルの名前を isolinux.cfg から syslinux.cfg に変更します。たとえば、フラッシュドライブが /mnt にマウントされている場合は、次のコマンドを実行します。
    cd /mnt/; mv isolinux.cfg syslinux.cfg
    1. 必要に応じて、特定の環境の syslinux.cfg を編集します。たとえば、NFS で共有されるキックスタートファイルを使用するようにインストールを設定するには、以下を指定します。
      linux ks=nfs:://ks.cfg
  10. images/pxeboot/initrd.img ファイルをインストール DVD または CD-ROM#1 からフラッシュドライブにコピーします。
  11. フラッシュドライブをアンマウントします。以下に例を示します。
    umount /dev/sdb1
  12. USB フラッシュドライブを起動可能にします。以下に例を示します。
    syslinux /dev/sdb1
  13. 再度フラッシュドライブをマウントします。以下に例を示します。
    mount /dev/sdb1 /mnt
  14. USB フラッシュドライブに GRUB ブートローダーをインストールします。以下に例を示します。
    grub-install --root-directory=/mnt /dev/sdb
  15. USB フラッシュドライブに /boot/grub ディレクトリーがあることを確認します。存在しない場合は、以下のようにディレクトリーを手動で作成します。
    mkdir -p /mnt/boot/grub
  16. 次のようにフラッシュドライブに boot/grub/grub.conf ファイルを作成します。
    default=0
    timeout=5
    root (hd1,0)
    title Red Hat Enterprise Linux installer
    kernel /vmlinuz
    initrd /initrd.img
  17. フラッシュドライブをアンマウントします。以下に例を示します。
    umount /dev/sdb1
  18. USB フラッシュドライブをデタッチします。
  19. Red Hat Enterprise Linux をインストールするシステムに USB ディスクを割り当てます。
  20. USB フラッシュドライブからターゲットシステムを起動します。

2.4.2. インストールブート CD-ROM の作成

isolinux (Itanium システムには利用できません)は、Red Hat Enterprise Linux インストール CD の起動に使用されます。独自の CD-ROM を作成してインストールプログラムを起動するには、以下の手順に従います。
以下のコマンドを使用して、isolinux/ ディレクトリーを Red Hat Enterprise Linux DVD または CD #1 から一時ディレクトリー(ここでは < path-to-workspace> と呼びます)にコピーします。
cp -r <path-to-cd>/isolinux/ <path-to-workspace>
ディレクトリーを、作成した <path-to-workspace&gt; ディレクトリーに移動します。
cd <path-to-workspace>
コピーしたファイルに適切なパーミッションがあることを確認します。
chmod u+w isolinux/*
最後に、以下のコマンドを実行して ISO イメージファイルを作成します。
mkisofs -o file.iso -b isolinux.bin -c boot.cat -no-emul-boot \  
-boot-load-size 4 -boot-info-table -R -J -v -T isolinux/
注記
上記のコマンドは、印刷目的でのみ 2 行に分割されました。このコマンドを実行する場合は、必ず 1 つのコマンドとして入力し、すべて同じ行に入力します。
作成される ISO イメージ(名前は file.iso )を、通常通り < path-to-workspace>)に書き込みます。

2.5. ネットワークからのインストールの準備

CD、DVD、またはフラッシュドライブなどの USB ストレージデバイスで使用可能なブートメディアがあることを確認します。
Red Hat Enterprise Linux インストールメディアは、ネットワークインストール (NFS、FTP、または HTTP 経由) またはローカルストレージ経由のインストールに使用できる必要があります。NFS、FTP、または HTTP インストールを実行している場合は、次の手順を使用します。
ネットワーク経由でインストールに使用する NFS、FTP、または HTTP サーバーは、インストール DVD-ROM またはインストール CD-ROM の完全なコンテンツを提供できる別のマシンである必要があります。
注記
Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムでは、インストールメディアの整合性をテストする機能があります。これは、CD、DVD、ハードドライブ ISO、および NFS ISO のインストール方法で動作します。Red Hat は、インストールプロセスを開始する前に、およびインストール関連のバグを報告する前に、すべてのインストールメディアをテストすることを推奨します(CD が不適切に書き込まれたため、報告されたバグの多くは実際には多数あります)。このテストを使用するには、boot: プロンプトで以下のコマンドを入力します(Itanium システムの elilo を先頭)。
linux mediacheck
注記
以下の例では、インストールファイルが含まれるインストールステージングサーバーのディレクトリーは /location/of/disk/space として指定されます。FTP、NFS、または HTTP 経由で一般に公開されるディレクトリーは、/publicly/available/directory として指定されます。たとえば、/location/of/disk/space は、/var/isos という名前のディレクトリーになります。HTTP インストールの場合、/publicly/available/directory/var/www/html/rhel5 である可能性があります。
インストール DVD または CD-ROM から、インストールステージングサーバーとして動作する Linux マシンにファイルをコピーするには、以下の手順を実行します。
  • 次のコマンド(DVD の場合)を使用して、インストールディスクから iso イメージを作成します。
    dd if=/dev/dvd of=/location/of/disk/space/RHEL5.iso
    ここで、dvd は DVD ドライブデバイスを指します。

2.5.1. FTP および HTTP インストールの準備

NFS、FTP、または HTTP インストールのインストールツリーを設定する場合は、RELEASE-NOTES ファイルとすべてのファイルを、すべてのオペレーティングシステムの ISO イメージにある RedHat ディレクトリーからコピーする必要があります。Linux および UNIX システムでは、以下のプロセスがサーバーにターゲットディレクトリーを適切に設定します(CD-ROM/ISO イメージごとに繰り返します)。
  1. CD-ROM または DVD-ROM を挿入します。
  2. mount /media/cdrom
  3. Server バリアントをインストールする場合は、cp -a /media/cdrom/Server < target-directory> を実行します。
    Client バリアントをインストールする場合は、cp -a /media/cdrom/Client < target-directory> を実行します。
  4. cp /media/cdrom/RELEASE-NOTES* <target-directory> (インストール CD 1 または DVD のみ)
  5. cp /media/cdrom/images &lt ;target-directory&gt; (インストール CD 1 または DVD のみ)
  6. umount /media/cdrom
(ここで は、<target-directory > はインストールツリーを含むディレクトリーへのパスを表します)。
注記
Supplementary ISO イメージまたはレイヤード製品の ISO イメージは、Anaconda の適切な操作に必要なファイルを上書きするため、コピーし ない でください。
これらの ISO イメージは、Red Hat Enterprise Linux のインストール にインストールする必要があります。
次に、/publicly/available/directory ディレクトリーが FTP または HTTP で共有されていることを確認し、クライアントアクセスを確認します。ディレクトリーがサーバー自体からアクセスできるかどうかを確認してから、インストールする同じサブネット上の別のマシンから確認することができます。

2.5.2. NFS インストールの準備

NFS をインストールする場合は、iso イメージをマウントする必要はありません。iso イメージ自体を NFS 経由で使用できるようにするだけで十分です。これは、iso イメージまたはイメージを NFS エクスポートされたディレクトリーに移動することで実行できます。
  • DVD の場合:
    mv /location/of/disk/space/RHEL5.iso /publicly/available/directory/
  • CDROM の場合:
    mv /location/of/disk/space/disk*.iso /publicly/available/directory/
/publicly/available/directory ディレクトリーが、/etc/exports のエントリーを介して NFS 経由でエクスポートされていることを確認します。
特定のシステムにエクスポートするには、次のコマンドを実行します。
/publicly/available/directory client.ip.address
すべてのシステムにエクスポートするには、以下のようなエントリーを使用します。
/publicly/available/directory *
NFS デーモンを起動します(Red Hat Enterprise Linux システムでは、/sbin/service nfs startを使用します)。NFS がすでに実行中の場合は、設定ファイルを再読み込みします(Red Hat Enterprise Linux システムでは /sbin/service nfs reloadを使用します)。
Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイドの指示に従って NFS 共有をテストするようにしてください。

2.6. ハードドライブのインストールの準備

注記
ハードドライブのインストールは、ext2、ext3、または FAT のファイルシステムでのみ機能します。reiserfs など、ここにリストされているファイルシステム以外のファイルシステムがある場合は、ハードドライブのインストールを行うことができません。
ハードドライブのインストールには、ISO (または DVD/CD-ROM)イメージを使用する必要があります。ISO イメージは、DVD/CD-ROM イメージの正確なコピーを含むファイルです。必要な ISO イメージ(バイナリー Red Hat Enterprise Linux DVD/CD-ROM)をディレクトリーに配置したら、ハードドライブからインストールを選択します。次に、そのディレクトリーでインストールプログラムを指定して、インストールを実行できます。
CD、DVD、またはフラッシュドライブなどの USB ストレージデバイスで使用可能なブートメディアがあることを確認します。
ハードドライブのインストール用にシステムを準備するには、以下のいずれかの方法でシステムを設定する必要があります。
  • CD-ROM または DVD のセットの使用 - 各インストール CD-ROM または DVD から ISO イメージファイルを作成します。CD-ROM ごとに(DVD を 1 回)、Linux システムで以下のコマンドを実行します。
    dd if=/dev/cdrom of=/tmp/file-name.iso
  • ISO イメージの使用 - これらのイメージを、インストールするシステムに転送します。
    インストールを試行する前に ISO イメージがないことを確認することは、問題を回避するのに役立ちます。インストールを実行する前に ISO イメージがそのままであることを確認するには、md5sum プログラムを使用します(さまざまなオペレーティングシステムで md5sum プログラムを複数利用できます)。md5sum プログラムは、ISO イメージと同じ Linux マシンで利用できるようにする必要があります。
注記
Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムでは、インストールメディアの整合性をテストする機能があります。これは、CD/DVD、ハードドライブ ISO、および NFS ISO のインストール方法で動作します。Red Hat は、インストールプロセスを開始する前に、およびインストール関連のバグを報告する前に、すべてのインストールメディアをテストすることを推奨します(CD が不適切に書き込まれたため、報告されたバグの多くは実際には多数あります)。このテストを使用するには、boot: プロンプトで以下のコマンドを入力します(Itanium システムの elilo を先頭)。
linux mediacheck
また、インストールする場所に updates.img というファイルが存在する場合は、インストールプログラムである anaconda への更新に使用されます。Red Hat Enterprise Linux のインストール方法とインストールプログラムの更新を適用する方法は、anaconda RPM パッケージの install-methods.txt ファイルを参照してください。

第3章 システム仕様一覧

サポートされるハードウェアの最新の一覧については、http://hardware.redhat.com/hcl/ を参照してください。
このシステム仕様リストは、現在のシステム設定と要件の記録を保持するのに役立ちます。以下の一覧で、Red Hat Enterprise Linux のインストールをスムーズに行うのに役立つ便利なリファレンスとして、システムに関する該当する情報を入力します。
  • ハードドライブ:タイプ、ラベル、サイズ(IDE hda=40 GB など)
  • パーティション: パーティションとマウントポイントのマップ。例: /dev/hda1=/home/dev/hda2=/ (存在する場合がわかったら入力)
  • メモリー: システムにインストールされている RAM 容量(例:512 MB、1 GB)
  • CD-ROM: インターフェイスタイプ(SCSI、IDE (ATAPI)など)
  • SCSI アダプター: 存在する場合、製造元およびモデル番号(例:BusLogic SCSI Adapter、Adaptec 2940UW)
  • ネットワークカード: 製造元およびモデル番号(例:Tulip、3COM 3C590)
  • マウス: タイプ、プロトコル、ボタン数(汎用 3 ボタン PS/2 マウス、MouseMan 2 ボタンのシリアルマウスなど)
  • モニター: メーカー、モデル、製造元の仕様(例:Optiquest Q53、ViewSonic G773)
  • ビデオカード: VRAM のメーカー、モデル番号、サイズ(Creative Labs Graphics Blaster 3D、8MB など)
  • サウンドカード: メーカー、チップセット、およびモデル番号(S3 SonicVibes、Sound Blaster 32/64 AWE など)
  • IP、DHCP、および BOOTP のアドレス
  • netmask
  • ゲートウェイの IP アドレス
  • 1 つ以上のネームサーバーの IP アドレス (DNS)
  • ドメイン名: 組織に指定された名前(例: example.com
  • ホスト 名:コンピューターの名前。たとえば、クッキーsouthparkなど、個人の名前。
上記のネットワークに関する要件や用語が不明な場合は、ネットワーク管理者にお問い合わせください。

第4章 Intel® および AMD システムへのインストール

本章では、グラフィカルマウスベースのインストールプログラムを使用して、DVD/CD-ROM から Red Hat Enterprise Linux インストールを実行する方法を説明します。以下のトピックについて説明します。
  • インストールプログラムのユーザーインターフェイスに慣れる
  • インストールプログラムの起動
  • インストール方法の選択
  • インストール中の設定手順(言語、キーボード、マウス、パーティション設定など)
  • インストールの完了

4.1. グラフィカルインストールプログラムのユーザーインターフェイス

前に グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI) を使用した場合は、このプロセスをすでに理解しているので、マウスを使って画面を移動したり、ボタンをクリックしたり、テキストフィールドに入力したりします。
キーボードを使用して、インストールに移動することもできます。Tab キーを使用すると、画面内を移動してリストをスクロールできます。+ キーと - キーはリストを展開および折りたたむことができます。一方、Space および Enter は強調表示された項目を選択または削除します。また、Alt+X キーコマンドの組み合わせをボタンをクリックして選択したり、他の画面を選択したりすることもできます。X は、その画面に表示される改行文字に置き換えられます。
注記
x86、AMD64、または Intel® 64 システムを使用し、GUI インストールプログラムを使用しない場合は、テキストモードのインストールプログラムも利用できます。テキストモードのインストールプログラムを起動するには、boot: プロンプトで以下のコマンドを使用します。
linux text
テキストモードのインストール手順の概要は、「テキストモードのインストールプログラムユーザーインターフェイス」 を参照してください。
GUI インストールプログラムを使用してインストールを行うことが強く推奨されます。GUI インストールプログラムは、テキストモードのインストール時に利用できない LVM 設定など、Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムの完全な機能を提供します。
テキストモードのインストールプログラムを使用する必要があるユーザーは、GUI インストールの指示に従い、必要な情報をすべて取得できます。
注記
Itanium システムを使用していて、GUI インストールプログラムを使用しない場合は、テキストモードのインストールプログラムも使用できます。テキストモードのインストールプログラムを起動するには、EFI Shell プロンプトで以下のコマンドを入力します。
elilo linux text

4.1.1. 仮想コンソールに関する注記

Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムでは、インストールプロセスのダイアログボックスが多く提供されます。いくつかの診断メッセージを利用できます。また、シェルプロンプトからコマンドを入力することもできます。インストールプログラムは、これらのメッセージを 5 つの 仮想コンソール に表示されます。その中で、1 つのキーストロークの組み合わせを使用して切り替えることができます。
仮想コンソールは、非グラフィカル環境のシェルプロンプトで、リモートではなく物理マシンからアクセスします。複数の仮想コンソールを同時にアクセスできます。
これらの仮想コンソールは、Red Hat Enterprise Linux のインストール中に問題が発生した場合に役に立ちます。インストールまたはシステムコンソールに表示されるメッセージは、問題の特定に役立ちます。仮想コンソール、それらへの切り替えに使用するキーストローク、その内容の一覧は、表4.1「コンソール、キーストローク、およびコンテンツ」 を参照してください。
通常、インストール問題を診断しようとしない限り、グラフィカルインストールにはデフォルトのコンソール(仮想コンソール #6)のままにする理由はありません。

表4.1 コンソール、キーストローク、およびコンテンツ

console キーストローク コンテンツ
1 Ctrl+alt+f1 インストールダイアログ
2 Ctrl+alt+f2 シェルプロンプト
3 Ctrl+alt+f3 ログのインストール(インストールプログラムからのメッセージ)
4 Ctrl+alt+f4 システム関連のメッセージ
5 Ctrl+alt+f5 その他のメッセージ
6 Ctrl+alt+f6 X グラフィカルディスプレイ

4.2. インストール時のスクリーンショット

Anaconda では、インストールプロセス時にスクリーンショットを取ることができます。インストール時にいつでも Shift+Print Screenanaconda を押して、スクリーンショットを /root/anaconda-screenshots に保存します。
キックスタートインストールを実行している場合は、autostep --autoscreenshot オプションを使用して、インストールの各ステップのスクリーンショットを自動的に生成します。キックスタートファイルの設定に関する詳細は、「キックスタートファイルの作成」 を参照してください。

4.3. テキストモードのインストールプログラムユーザーインターフェイス

Red Hat Enterprise Linux テキストモードのインストールプログラムは、グラフィカルユーザーインターフェイスで一般的に表示される画面上の ウィジェット のほとんどを含む画面ベースのインターフェイスを使用します。図4.1「ブートローダーの設定にあるように、インストールプログラムのウィジェット」および 図4.2「Disk Druid に表示されるインストールプログラムウィジェット」 は、インストールプロセス時に表示される画面を示しています。
注記
テキストモードのインストールは明示的に文書化されていませんが、テキストモードのインストールプログラムを使用するものは、GUI インストールの指示に従うことを簡単に実行できます。注意すべき点の 1 つは、LVM (Logical Volume Management)ディスクボリュームの操作はグラフィカルモードでのみ可能であることです。テキストモードでは、デフォルトの LVM 設定を表示および受け入れることしかできません。

図4.1 ブートローダーの設定にあるように、インストールプログラムのウィジェット

ブートローダーの設定にあるように、インストールプログラムのウィジェット

図4.2 Disk Druid に表示されるインストールプログラムウィジェット

Disk Druid に表示されるインストールプログラムウィジェット
  • window: Windows (通常はマニュアルの ダイアログ と呼ばれます)は、インストールプロセス時に画面に表示されます。あるウィンドウで別のウィンドウをオーバーレイすることができます。このような場合には、上部のウィンドウのみと対話できます。そのウィンドウで終了すると、ウィンドウが消え、下のウィンドウで作業を継続できます。
  • チェックボックス - チェックボックスを使用すると、機能の選択または選択解除が可能になります。ボックスには、アスタリスク(選択済み)またはスペース(選択されていない)のいずれかが表示されます。カーソルがチェックボックス内にある場合は、Space を押して機能を選択または選択解除します。
  • テキスト入力:テキスト入力行は、インストールプログラムで必要な情報を入力できる領域です。カーソルがテキスト入力行に移動したら、その行で情報を入力または編集できます。
  • テキストウィジェット:テキストウィジェットは、テキスト表示用の画面領域です。時折、テキストウィジェットにチェックボックスなどの他のウィジェットを含めることもできます。テキストウィジェットに、予約されているスペースで表示できる情報よりも多くの情報が含まれる場合、スクロールバーが表示されます。テキストウィジェット内のカーソルを置きた場合は、Up および Down の矢印キーを使用して、利用可能なすべての情報をスクロールできます。現在の位置は、# 文字でスクロールバーに表示されます。これにより、スクロールバーが上に移動し、スクロールダウンします。
  • スクロールバー - ウィンドウの下部にスクロールバーが表示され、現在ウィンドウのフレームにリストまたはドキュメントのどの部分があるかを制御します。スクロールバーを使用すると、ファイルの任意の部分に簡単に移動できます。
  • ボタンウィジェット:ボタンウィジェットは、インストールプログラムと対話する主要な方法です。Tab キーおよび Enter キーを使用してこれらのボタンをナビゲートし、インストールプログラムのウィンドウに移動します。ボタンは強調表示されたときに選択できます。
  • カーソル:ウィジェットではありませんが、カーソルは特定のウィジェットの選択(および対話)に使用されます。カーソルが widget から widget に移動すると、ウィジェットが色を変更するか、カーソル自体がウィジェットの位置内または隣の隣にのみ表示されることがあります。

4.3.1. キーボードを使用した移動

インストールダイアログを介したナビゲーションは、簡単なキーセットを介して実行されます。カーソルを移動するには、左、 Up、および Down の矢印キーを使用します。TabShift:Tab を使用して、画面上の各ウィジェットを前方または後方で循環させます。下部の下部には、ほとんどの画面に、利用可能なカーソル位置するキーの概要が表示されます。
ボタンを非表示にするには、カーソルをボタンの上に配置し(例: Tab を使用)、Space または Enter を押します。アイテムの一覧から項目を選択するには、カーソルを選択する項目に移動し、Enter を押します。チェックボックスのある項目を選択するには、カーソルをチェックボックスに移動し、Space を押して項目を選択します。選択を解除するには、Space を 2 回押します。
F12 を押すと現在の値を受け入れ、次のダイアログに進みます。OK ボタンを押すのと同じです。
Warning
ダイアログボックスが入力を待機している場合を除き、インストールプロセス時にキーを押しないでください(そうしないと、予期しない動作が発生する可能性があります)。

4.4. インストールプログラムの起動

インストールプログラムを起動するには、まずインストールに必要なリソースがすべて揃っていることを確認します。2章開始するための手順 をすでに読み終えた方は、その指示に従っていれば、インストールプロセスを開始する準備ができているはずです。開始準備が整っていることを確認したら、Red Hat Enterprise Linux DVD または CD-ROM #1、または作成した起動メディアを使用してインストールプログラムを起動します。
注記
インストール中に、ハードウェアコンポーネントによっては ドライバーディスク が必要になる場合があります。ドライバーディスケットにより、インストールプログラムでサポートされていないハードウェアのサポートが追加されます。詳細は、7章Intel および AMD システムへのインストール時のドライバーの更新 を参照してください。

4.4.1. x86、AMD64、および Intel® 64 システムでのインストールプログラムの起動

以下のメディアのいずれかを使用してインストールプログラムを起動できます(システムがサポートできる内容により異なります)。
  • Red Hat Enterprise Linux DVD/CD-ROM - マシンは起動可能な DVD/CD-ROM ドライブをサポートし、Red Hat Enterprise Linux CD-ROM または DVD を設定している。
  • Boot CD-ROM - マシンは起動可能な CD-ROM ドライブをサポートし、ネットワークまたはハードドライブのインストールを実行します。
  • USB pen ドライブ: お使いのマシンは USB デバイスからの起動をサポートします。
  • ネットワーク経由の PXE ブート:マシンはネットワーク からの起動をサポートします。これは高度なインストールパスです。この方法の詳細については、34章PXE ネットワークインストール を参照してください。
ブート CD-ROM を作成するか、または USB pen ドライブをインストール用に準備するには、「代替起動方法」 を参照してください。
ブートメディアを挿入し、システムを再起動します。CD-ROM または USB デバイスから起動できるようにするには、BIOS 設定を変更する必要がある場合があります。
注記
x86、AMD64、または Intel® 64 システムで BIOS 設定を変更するには、コンピューターの初回起動時にディスプレイに記載されている手順を確認します。テキストの行が表示され、どのキーを押して BIOS 設定を入力するかを指示します。
BIOS セットアッププログラムを入力したら、ブートシーケンスを変更できるセクションを見つけます。デフォルトは頻繁に C、A、または A です(ハードドライブ [C] または diskette ドライブ [A] から起動するかによって異なります)。このシーケンスを変更して、CD-ROM が起動順序の最初のものであり、C または A (通常の起動デフォルト)が 2 番目のものになるように変更します。これにより、最初に起動可能なメディアについて CD-ROM ドライブを検索するようコンピューターに指示します。CD-ROM ドライブに起動可能なメディアが見つからない場合は、ハードドライブまたはディスケットドライブを確認します。
BIOS を終了する前に変更を保存します。詳細は、お使いのシステムに記載されているドキュメントを参照してください。
しばらくすると、boot: プロンプトを含む画面が表示されます。画面には、さまざまな起動オプションに関する情報が含まれます。各起動オプションには、1 つ以上のヘルプ画面も関連付けられています。ヘルプ画面にアクセスするには、画面下部の 行に一覧表示されているように適切な関数キーを押します。
インストールプログラムを起動すると、以下の 2 つの問題に注意してください。
  • boot: プロンプトが表示されると、1 分以内に操作を行わないとインストールプログラムが自動的に開始されます。この機能を無効にするには、ヘルプ画面機能キーのいずれかを押します。
  • ヘルプ画面の関数キーを押すと、起動メディアからヘルプ画面を読み取る間に若干の遅延が発生します。
通常、起動するには Enter を押すだけで済みます。Linux カーネルがハードウェアを検出しているかどうかを確認するために、必ずブートメッセージを確認してください。ハードウェアが適切に検出された場合は、次のセクションに進みます。ハードウェアを適切に検出しない場合は、インストールを再起動して、8章Intel® および AMD システムの追加の起動オプション に記載されている起動オプションのいずれかを使用する必要があります。

4.4.2. Itanium システムでのインストールプログラムの起動

Itanium システムは、Red Hat Enterprise Linux CD #1 から直接 Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムを起動できる必要があります。CD-ROM (またはハードドライブ、NFS、FTP、または HTTP インストールを実行する場合は)からインストールプログラムを起動できない場合は、LS-120 ディスケットから起動する必要があります。詳細は、「LS-120 ディスクからのインストールプログラムの起動」 を参照してください。

4.4.2.1. DVD/CD-ROM からのインストールプログラムの起動

Red Hat Enterprise Linux CD #1 から起動するには、以下の手順に従います。
  1. Red Hat Enterprise Linux CD #1 以外のすべてのメディアを削除します。
  2. Boot Option メニューから EFI Shell を選択します。
  3. Shell> プロンプトで、CD-ROM のファイルシステムに移動します。たとえば、上記のサンプル マップ 出力では、CD-ROM のシステムパーティションは fs1 です。fs1 ファイルシステムに変更するには、プロンプトで fs1 と入力します。
  4. インストールプログラムで起動するには、elilo linux と入力します。
  5. 4章Intel® および AMD システムへのインストール にアクセスし、インストールを開始します。

4.4.2.2. LS-120 ディスクからのインストールプログラムの起動

Itanium が Red Hat Enterprise Linux CD #1 から起動できない場合は、LS-120 ディスケットから起動する必要があります。ハードドライブ、NFS、FTP、または HTTP インストールを実行する場合は、ブート LS-120 ディスケットから起動する必要があります。
CD #1: images/boot.img のブートイメージファイルから LS-120 ブートイメージファイルディスクを作成する必要があります。Linux でこのディスクを作成するには、空の LS-120 ディスケットを挿入し、シェルプロンプトで以下のコマンドを入力します。
dd if=boot.img of=/dev/hda bs=180k
boot.img は、ブートイメージファイルへのフルパスに置き換え、/dev/hda を、LS-120 ディスケットドライブの正しいデバイス名に置き換えます。
Red Hat Enterprise Linux CD を使用していない場合、インストールプログラムはテキストモードで起動し、システムの基本オプションをいくつか選択する必要があります。
CD-ROM を使用してインストールプログラムを読み込む場合は、4章Intel® および AMD システムへのインストール に記載されている手順に従います。
LS-120 ディスクから起動するには、以下の手順に従います。
  1. ブートイメージファイル boot.img から作成した LS-120 ディスケットを挿入します。ローカルの CD-ROM インストールを実行しているものの、LS-120 ディスケットから起動する場合は、Red Hat Enterprise Linux CD #1 も挿入します。ハードドライブ、NFS、FTP、または HTTP のインストールを実行している場合は、CD-ROM は必要ありません。
  2. Boot Option メニューから EFI Shell を選択します。
  3. Shell> プロンプトで、上記の マップ 出力例を使用して、コマンド fs0: を入力してデバイスを LS-120 ドライブに変更します。
  4. インストールプログラムで起動するには、elilo linux と入力します。
  5. 4章Intel® および AMD システムへのインストール にアクセスし、インストールを開始します。

4.4.3. 追加の起動オプション

CD-ROM を使用して起動し、グラフィカルインストールを実行するのが最も簡単ですが、別の方法で起動するインストールシナリオが必要になる場合があります。このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux で利用可能な追加の起動オプションを説明します。
Itanium ユーザーの場合:
Itanium システムのブートローダーにオプションを渡すには、EFI Shell プロンプトで以下を入力します。
elilo linux option
x86、AMD64、および Intel® 64 ユーザーの場合:
x86、AMD64、または Intel® 64 システムのブートローダーにオプションを渡すには、以下のブートローダーオプションのサンプルに記載されている手順を使用します。
注記
このセクションで説明されていない追加の起動オプションは、8章Intel® および AMD システムの追加の起動オプション を参照してください。
  • テキストモードのインストールを実行するには、インストールブートプロンプトで以下を入力します。
    linux text
  • ISO イメージには md5sum が埋め込まれています。ISO イメージのチェックサムの整合性をテストするには、インストールブートプロンプトで以下を入力します。
    linux mediacheck
    インストールプログラムにより、CD を挿入したり、テストする ISO イメージを選択したり、OK を選択してチェックサム操作を実行するように求められます。このチェックサム操作は Red Hat Enterprise Linux CD で実行できますが、特定の順序で実行する必要はありません(CD #1 は検証の最初の CD である必要はありません)。ダウンロードした ISO イメージから作成されたすべての Red Hat Enterprise Linux CD でこの操作を実行することが強く推奨されます。このコマンドは、CD、DVD、ハードドライブ ISO、および NFS ISO のインストール方法で機能します。
  • また、images/ ディレクトリーの は boot.iso ファイルでもあります。このファイルは、インストールプログラムを起動するために使用できる ISO イメージです。boot.iso を使用するには、コンピューターが CD-ROM ドライブから起動でき、その BIOS 設定をそのように設定する必要があります。次に、boot.iso ファイルを、記録可能/書き換え可能な CD-ROM に書き込む必要があります。
  • 順次モード でインストールを実行する必要がある場合は、以下のコマンドを入力します。
    linux console=<device>
    テキストモードのインストールの場合は、以下を使用します。
    linux text console=<device>
    上記のコマンドでは、& lt;device& gt; は、使用しているデバイス(ttyS0、ttyS1 など)である必要があります。たとえば、linux テキスト console=ttyS0 です。
    ターミナルが UTF-8 をサポートしている場合、シリアルターミナルを使用したテキストモードのインストールは最適に機能します。UNIX および Linux では、Kermit は UTF-8 をサポートします。Windows の場合は、Kermit '95 が正常に機能します。非 UTF-8 対応ターミナルは、インストールプロセス中に英語のみが使用されている限り機能します。インストールプログラムにブート時のオプションとして utf8 コマンドを渡すと、強化されたシリアルディスプレイを使用できます。以下に例を示します。
    linux console=ttyS0 utf8

4.4.3.1. カーネルオプション

オプションはカーネルに渡すこともできます。たとえば、フロッピーディスクから anaconda インストールプログラムの更新を適用するには、次のコマンドを実行します。
linux updates
テキストモードのインストールの場合は、以下を使用します。
linux text updates
このコマンドにより、anaconda の更新を含むフロッピーディスクを挿入するように求められます。ネットワークインストールを実行し、サーバー上の rhupdates/ に updates イメージコンテンツを配置している場合は、これは必要ありません。
オプションを入力したら、Enter を押してそれらのオプションを使用して起動します。
ハードウェアを識別するために起動オプションを指定する必要がある場合は、書き留めてください。起動オプションは、インストールのブートローダー設定部分時に必要になります(詳細は、「x86、AMD64、および Intel® 64 ブートローダーの設定」 を参照してください)。
カーネルオプションの詳細は、8章Intel® および AMD システムの追加の起動オプション を参照してください。

4.5. インストール方法の選択

どのタイプのインストール方法を使用しますか ?以下のインストール方法を使用できます。
DVD/CD-ROM
DVD/CD-ROM ドライブと Red Hat Enterprise Linux CD-ROM または DVD がある場合は、この方法を使用できます。DVD/CD-ROM のインストール手順は、「DVD/CD-ROM からのインストール」 を参照してください。
ハードドライブ
Red Hat Enterprise Linux ISO イメージをローカルハードドライブにコピーした場合は、この方法を使用できます。ブート CD-ROM が必要です( linux の askmethod 起動オプションを使用)。ハードドライブのインストール手順は、「ハードドライブからのインストール」 を参照してください。
NFS
ISO イメージまたは Red Hat Enterprise Linux のミラーイメージを使用して NFS サーバーからインストールする場合は、この方法を使用できます。ブート CD-ROM が必要です( linux の askmethod 起動オプションを使用)。ネットワークのインストール手順については、「NFS 経由でのインストール」 を参照してください。NFS インストールは GUI モードでも実行できることに注意してください。
FTP
FTP サーバーから直接インストールする場合は、この方法を使用します。ブート CD-ROM が必要です( linux の askmethod 起動オプションを使用)。FTP のインストール手順については、「FTP 経由でのインストール」 を参照してください。
HTTP
HTTP (Web)サーバーから直接インストールする場合は、この方法を使用します。ブート CD-ROM が必要です( linux の askmethod 起動オプションを使用)。HTTP インストール手順については、「HTTP 経由でのインストール」 を参照してください。

4.6. DVD/CD-ROM からのインストール

DVD/CD-ROM から Red Hat Enterprise Linux をインストールするには、DVD/CD-ROM ドライブに DVD または CD #1 を配置して、DVD/CD-ROM からシステムを起動します。
次に、インストールプログラムはシステムをプローブし、CD-ROM ドライブの特定を試行します。IDE (ATAPI とも呼ばれる) CD-ROM ドライブを検索することから開始します。
注記
この時点でインストールプロセスを中断するには、マシンを再起動してから起動メディアを取り出します。About to Install 画面前に、任意の時点でインストールを安全にキャンセルできます。詳細は、「インストールの準備」 を参照してください。
CD-ROM ドライブが検出されておらず、SCSI CD-ROM の場合は、インストールプログラムが SCSI ドライバーを選択するよう要求します。アダプターに最も類似するドライバーを選択します。必要に応じてドライバーのオプションを指定できますが、ほとんどのドライバーは SCSI アダプターを自動的に検出します。
DVD/CD-ROM ドライブが見つかり、ドライバーがロードされている場合は、インストーラーが DVD/CD-ROM でメディアチェックを実行するオプションを提示します。これには少し時間がかかるため、この手順をスキップすることもできます。ただし、後でインストーラーで問題が発生した場合には、サポートを呼び出す前に、再起動してメディアチェックを実行する必要があります。メディアチェックダイアログから、インストールプロセスの次の段階に進みます( 「Red Hat Enterprise Linux へようこそ」を参照してください)。

4.7. ハードドライブからのインストール

パーティションの 選択 画面 は、ディスクパーティションからインストールする場合にのみ適用されます(つまり、プロンプト方式 起動オプションを使用し、インストール方法 ダイアログで ハードドライブ を選択している場合)。このダイアログでは、Red Hat Enterprise Linux のインストール元となるディスクパーティションとディレクトリーに名前を付けることができます。repo=hd 起動オプションを使用している場合は、パーティションをすでに指定している。

図4.3 ハードドライブのインストール用のパーティションダイアログの選択

ハードドライブのインストール用のパーティションダイアログの選択
Red Hat Enterprise Linux ISO イメージを含むパーティションのデバイス名を入力します。このパーティションは ext2 または vfat ファイルシステムでフォーマットする必要があり、論理ボリュームにすることはできません。また、Directory holding images というラベルが付いたフィールドもあります。
ISO イメージがパーティションのルート(トップレベル)ディレクトリーにある場合は、/ を入力します。ISO イメージがマウントされたパーティションのサブディレクトリーにある場合は、そのパーティション内の ISO イメージを保持するディレクトリーの名前を入力します。たとえば、ISO イメージが正常に /home/ としてマウントされ、イメージが /home/new/ にある場合は、/new/ を入力します。
ディスクパーティションを特定すると、Welcome ダイアログが表示されます。

4.8. ネットワークインストールの実行

ネットワークインストールを実行し、Prompt method 起動オプションで起動すると、TCP/IP の設定 ダイアログが表示されます。このダイアログには、IP およびその他のネットワークアドレスが求められます。デバイスの IP アドレスと Netmask は、DHCP を介して設定するか、手動で設定することができます。手動で IPv4 や IPv6 の情報を入力するオプションがあります。インストール時に使用している IP アドレスを 入力 し、Enter を押します。NFS インストールを実行する場合は、IPv4 情報を提供する必要があります。

図4.4 TCP/IP 設定

TCP/IP 設定

4.9. NFS 経由でのインストール

NFS ダイアログは、NFS サーバーからインストールする場合にのみ適用されます( インストール方法NFS イメージを 選択している場合)。
NFS サーバーのドメイン名または IP アドレスを入力します。たとえば、ドメイン example.comeastcoast という名前のホストからインストールする場合は、NFS Server フィールドに eastcoast.example.com を入力します。
次に、エクスポートしたディレクトリーの名前を入力します。「ネットワークからのインストールの準備」 で説明されている設定に従う場合は、ディレクトリー /export/directory/ を入力します。
NFS サーバーが Red Hat Enterprise Linux インストールツリーのミラーをエクスポートする場合は、インストールツリーのルートを含むディレクトリーを入力します。インストールに使用するサブディレクトリーを決定するプロセスで、後でインストールキーを入力します。すべてが正しく指定された場合は、Red Hat Enterprise Linux のインストールプログラムが実行していることを示すメッセージが表示されます。

図4.5 NFS 設定ダイアログ

NFS 設定ダイアログ
NFS サーバーが Red Hat Enterprise Linux CD-ROM の ISO イメージをエクスポートする場合は、ISO イメージが含まれるディレクトリーを入力します。
次に、ようこそ ダイアログが表示されます。

4.10. FTP 経由でのインストール

FTP ダイアログは、FTP サーバーからインストールする場合(つまり、Prompt method 起動オプションを使用し、Installation Method ダイアログで FTP を選択した場合)にのみ適用されます。このダイアログでは、Red Hat Enterprise Linux のインストール元となる FTP サーバーを特定できます。repo=ftp 起動オプションを使用している場合は、サーバーおよびパスをすでに指定しています。

図4.6 FTP 設定ダイアログ

FTP 設定ダイアログ
インストール元の FTP サイトの名前または IP アドレスと、アーキテクチャーの バリアント/ ディレクトリーを含むディレクトリーの名前を入力します。たとえば、FTP サイトにディレクトリー /mirrors/redhat/arch/バリアント;/ が含まれている場合は、/mirrors/redhat/ arch/ を入力します( arch は、i386、ia64、ppc、s390x など)、インストールするバリアントです。すべてが正しく指定されている場合は、ファイルがサーバーから取得されていることを示すメッセージボックスが表示されます。
次に、ようこそ ダイアログが表示されます。
注記
すでにサーバーにコピーした ISO イメージを使用することで、ディスク容量を節約できます。これを行うには、ループバックでマウントすることにより、ISO イメージを使用して Red Hat Enterprise Linux を 1 つのツリーにコピーします。各 ISO イメージについて以下を実行します。
mkdir ディスクX
mount -o loop RHEL5-discX.iso discX
X を対応するディスク番号に置き換えます。

4.11. HTTP 経由でのインストール

HTTP ダイアログは、HTTP サーバーからインストールする場合(つまり、askmethod 起動オプションを使用し、Installation Method ダイアログで HTTP を選択した場合)にのみ適用されます。このダイアログで、Red Hat Enterprise Linux のインストール元となる HTTP サーバーに関する情報の入力が求められます。repo=http 起動オプションを使用した場合は、サーバーおよびパスをすでに指定しています。
インストールする HTTP サイトの名前または IP アドレスと、アーキテクチャーの バリアント/ ディレクトリーが含まれるディレクトリーの名前を入力します。たとえば、HTTP サイトに /mirrors/redhat/arch/バリアント/ が含まれている場合は、/mirrors/redhat/ arch/ を入力します( arch は、i386、ia64、ppc、s390x、および variant など)のシステムのアーキテクチャータイプに置き換えられます。すべてが正しく指定されている場合は、ファイルがサーバーから取得されていることを示すメッセージボックスが表示されます。

図4.7 HTTP セットアップダイアログ

HTTP セットアップダイアログ
次に、ようこそ ダイアログが表示されます。
注記
すでにサーバーにコピーした ISO イメージを使用することで、ディスク容量を節約できます。これを行うには、ループバックでマウントすることにより、ISO イメージを使用して Red Hat Enterprise Linux を 1 つのツリーにコピーします。各 ISO イメージについて以下を実行します。
mkdir ディスクX
mount -o loop RHEL5-discX.iso discX
X を対応するディスク番号に置き換えます。

4.12. Red Hat Enterprise Linux へようこそ

Welcome 画面では入力を求めるプロンプトは表示されません。この画面から、Release Notes ボタンをクリックすると、Red Hat Enterprise Linux 5.11 のリリースノートにアクセスできます。
Next ボタンをクリックして続行します。

4.13. 言語の選択

マウスを使って、インストールに使用する言語を選択します( 図4.8「言語の選択」を参照してください)。
ここで選択する言語は、インストール後にオペレーティングシステムのデフォルト言語になります。適切な言語を選択すると、インストール後にタイムゾーン設定をターゲットにすることもできます。インストールプログラムは、この画面で指定する内容に基づいて適切なタイムゾーンを定義しようとします。

図4.8 言語の選択

言語の選択
適切な言語を選択したら、Next をクリックして続行します。

4.14. キーボードの設定

マウスを使って正しいレイアウトタイプを選択します(例:U.S)。英語)インストールとシステムのデフォルトとして使用したいキーボードの場合(以下の図を参照)。
選択が完了したら、Next をクリックして続行します。

図4.9 キーボードの設定

キーボードの設定
注記
インストール完了後にキーボードレイアウトタイプを変更するには、キーボード 設定ツール を使用します
シェルプロンプトで system-config-keyboard コマンドを入力して、キーボード 設定ツール を起動します。root でない場合は、続行するために root パスワードを求めるプロンプトが表示されます。

4.15. インストール番号の入力

インストール番号を入力します( 図4.10「インストール番号」を参照してください)。この数字は、インストーラーで利用可能なパッケージ選択セットを決定します。インストール番号の入力を省略する場合は、後でインストールするパッケージの基本的な選択が表示されます。

図4.10 インストール番号

インストール番号

4.16. ディスクパーティション設定

パーティション分割により、ハードドライブを分離セクションに分割し、各セクションが独自のハードドライブとして動作します。パーティションは、複数のオペレーティングシステムを実行する場合に特に便利です。システムのパーティション設定方法が不明な場合は、26章ディスクパーティションの概要 を参照してください。
この画面では、デフォルトのレイアウトを作成するか、Disk Druid の Create custom layout オプションを使用して手動パーティションを選択できます。
最初の 3 つのオプションでは、ドライブをパーティション分割せずに自動インストールを実行できます。システムのパーティション設定に慣れていない場合は、カスタムレイアウトの作成は選択 せず、代わりにインストールプログラムのパーティションを作成することが推奨されます。
インストール用に iSCSI ターゲットを設定するか、この画面から dmraid デバイスを無効にするには、Advanced storage configuration ボタンをクリックします。詳細は、「 高度なストレージオプション 」 を参照してください。
Warning
Update Agent は、デフォルトで更新パッケージを /var/cache/yum/ にダウンロードします。システムを手動でパーティションし、別の /var/ パーティションを作成する場合は、パッケージの更新をダウンロードするのに十分な大きさのパーティション(3.0 GB 以上)を作成してください。

図4.11 ディスクパーティション設定

ディスクパーティション設定
Disk Druid を使用してカスタムレイアウトを作成する場合は、「システムのパーティション設定」 を参照してください。
Warning
インストールの ディスクパーティション設定 フェーズの後に以下のようなエラーが発生した場合は、エラーが発生します。
"the partition table on device hda was unreadable.新しいパーティションを作成するには、初期化する必要があります。これにより、このドライブで すべて の DATA が失われました。"
そのドライブにはパーティションテーブルがない場合や、ドライブ上のパーティションテーブルが、インストールプログラムで使用されるパーティションソフトウェアで認識できない可能性があります。
EZ-BIOS などのプログラムを使用した場合は、同様の問題が発生し、データが失われます(インストールの開始前にデータのバックアップが行われていないことを前提とします)。
実行しているインストールのタイプに関係なく、システム上の既存データのバックアップは常に行う必要があります。
重要 - マルチパスデバイス
複数のパスからアクセスできるネットワークデバイスに Red Hat Enterprise Linux をインストールするには、このインストールウィンドウに使用するドライブの選択を解除し、代わりに mapper/mpath というラベルが付いたデバイスを選択します。
既存の Red Hat Enterprise Linux インストールの root ファイルシステムを、シングルパスストレージからマルチパスストレージに移行できないことに注意してください。root ファイルシステムをマルチパスデバイスに移行するには、新規インストールを実行する必要があります。したがって、それに応じてインストールを計画する必要があります。詳細は、https://access.redhat.com/site/solutions/66501 を参照してください。

4.17. 高度なストレージオプション

図4.12 高度なストレージオプション

高度なストレージオプション
この画面から dmraid デバイスを無効にすることを選択できます。この場合は、dmraid デバイスの個々の要素が別のハードドライブとして表示されます。iSCSI (SCSI over TCP/IP)ターゲットの設定を選択することもできます。
ISCSI ターゲットを設定するには、Add ISCSI target を選択し、Add Drive ボタンをクリックして Configure ISCSI Parameters ダイアログを呼び出します。ネットワーク接続がまだアクティブでない場合は、インストーラーはネットワークインターフェイスの詳細を指定するように求められます。ドロップダウンメニューからネットワークインターフェイスを選択してから、Use dynamic IP configuration ボックスをオンのままにするか、選択を解除して、システムの IP アドレスとネットワーク上のゲートウェイおよびネームサーバーの IP アドレスを入力します。Enable IPv4 ボックスがオンのままであることを確認します。

図4.13 ネットワークインターフェイスの有効化

ネットワークインターフェイスの有効化
iSCSI ターゲット IP の詳細を入力し、一意の iSCSI イニシエーター名を指定して、このシステムを特定します。iSCSI ターゲットが認証に Challenge Handshake Authentication Protocol (CHAP)を使用する場合は、CHAP のユーザー名とパスワードを入力します。ご使用の環境で 2 方向 CHAP (Mutual CHAP とも呼ばれる)を使用する場合は、リバース CHAP のユーザー名とパスワードも入力します。Add target ボタンをクリックして、この情報を使用して ISCSI ターゲットへの接続を試みます。

図4.14 iSCSI パラメーターの設定

iSCSI パラメーターの設定
別の ISCSI ターゲット IP で再試行するには誤って入力する必要がありますが、ISCSI イニシエーター名を変更するには、インストールを再起動する必要があることに注意してください。

4.18. デフォルトレイアウトの作成

デフォルトのレイアウトを作成すると、システムから削除されたデータ(存在する場合)に関してある程度制御できます。オプションは以下のとおりです。
  • 選択し たドライブ上のすべてのパーティションを削除し、デフォルトレイアウトを作成 します。このオプションを選択して、ハードドライブ上のすべてのパーティションを削除します(これには、Windows VFAT パーティションや NTFS パーティションなどの他のオペレーティングシステムによって作成されたパーティションが含まれます)。
    Warning
    このオプションを選択すると、選択したハードドライブにあるすべてのデータがインストールプログラムにより削除されます。Red Hat Enterprise Linux をインストールするハードドライブの情報がある場合は、このオプションを選択しないでください。
  • 選択し たドライブで Linux パーティションを削除し、デフォルトレイアウトを作成 します。このオプションを選択して、Linux パーティション(以前の Linux インストールから作成したパーティション)のみを削除します。これにより、ハードドライブ(VFAT や FAT32 パーティションなど)にある可能性のある他のパーティションは削除されません。
  • 選択し たドライブで空き領域を使用し、デフォルトのレイアウトを作成 します。ハードドライブで利用可能な空きスペースが十分にある場合は、このオプションを選択して、現在のデータおよびパーティションを保持します。

図4.15 デフォルトレイアウトの作成

デフォルトレイアウトの作成
マウスを使って、Red Hat Enterprise Linux をインストールするストレージドライブを選択します。2 つ以上のドライブがある場合は、このインストールを含める必要があるドライブを選択できます。選択したドライブとその中のデータには影響はありません。
Warning
システムにあるデータのバックアップを作成することが推奨されます。たとえば、デュアルブートシステムをアップグレードまたは作成する場合は、ドライブに保持するデータのバックアップを作成してください。間違いが発生し、すべてのデータが失われる可能性があります。
注記
RAID カードをお持ちの場合は、BIOS によっては RAID カードからの起動に対応していないことに注意してください。このような場合、/boot/ パーティションは、別のハードドライブなど、RAID アレイ以外のパーティションに作成する必要があります。問題のある RAID カードとのパーティション作成には、内部ハードドライブが必要です。
また、/boot パーティションはソフトウェア RAID の設定にも必要になります。
システムのパーティション設定を自動で選択した場合は、レビュー を選択して、/boot/ パーティションを手動で編集する必要があります。
自動パーティション設定で作成されたパーティションに必要な変更を確認して行うには、Review オプションを選択します。Review を選択して Next をクリックして前方に移動すると、Disk Druid に作成されたパーティションが表示されます。必要でない場合は、これらのパーティションに変更を加えることができます。
選択が完了したら Next をクリックして続行します。

4.19. システムのパーティション設定

3 つの自動パーティション設定オプションのいずれかを選択し、Review を選択しなかった場合は、「Network Configuration」 に進んでください。
自動パーティション設定オプションの 1 つを選択し、確認 を選択した場合は、現在のパーティション設定を受け入れるか( Nextをクリックして)、Disk Druid を使用して設定を変更できます。
注記
テキストモードでは、既存の設定を表示する以外に、LVM (論理ボリューム)では機能しないことに注意してください。LVM は、グラフィカルインストールでグラフィカルディスク Druid プログラムを使用してのみ設定できます。
カスタムレイアウトを作成する場合は、インストールプログラムに Red Hat Enterprise Linux のインストール場所を指示する必要があります。これには、Red Hat Enterprise Linux がインストールされている 1 つ以上のディスクパーティションのマウントポイントを定義します。この時点でパーティションを作成したり削除したりする必要がある場合があります。
注記
パーティションの設定方法を計画していない場合は、26章ディスクパーティションの概要 および 「推奨されるパーティション設定スキーム」 を参照してください。少なくとも、適切にサイズのルートパーティションと、スワップパーティションがシステムにある RAM 容量の 2 倍以下である必要があります。/boot/efi/ パーティションには、約 100 MB とタイプ FAT (VFAT)のパーティション、512 MB 以上の swap パーティション、および適切にサイズのルート(/)パーティションが必要です。

図4.16 x86、AMD64、および Intel® 64 システムでの ディスク Druid を使用したパーティション設定

x86、AMD64、および Intel® 64 システムでの ディスク Druid を使用したパーティション設定
インストールプログラムが使用するパーティション設定ツールは、Disk Druid です。特定の状況を除き、Disk Druid は一般的なインストールのパーティション要件を処理できます。

4.19.1. ハードドライブのグラフィカル表示

ディスク Druid は、ハードドライブをグラフィカルに表示します。
マウスを使って 1 回クリックし、グラフィカル表示で特定のフィールドを強調表示します。ダブルクリックして既存のパーティションを編集するか、既存の空き領域からパーティションを作成します。
表示の上に、ドライブの名前(/dev/hda など)、サイズ(MB 単位)、およびインストールプログラムで検出されるモデルを確認できます。

4.19.2. Disk Druid のボタン

これらのボタンは、Disk Druid のアクションを 制御します。これらは、パーティションの属性(ファイルシステムタイプやマウントポイントなど)を変更し、RAID デバイスを作成するために使用されます。この画面のボタンは、行った変更を受け入れるか、Disk Druid を終了するためにも使用されます。詳細については、各ボタンを順番に確認してください。
  • 新規: 新しいパーティションの要求に使用します。選択すると、入力する必要のあるフィールド(マウントポイントやサイズフィールドなど)を含むダイアログボックスが表示されます。
  • edit: Partitions セクションで現在選択されているパーティションの属性を変更するのに使用します。Edit を選択すると、ダイアログボックスが開きます。パーティション情報がすでにディスクに書き込まれるかどうかによって、一部のフィールドまたはすべてのフィールドを編集できます。
    グラフィカルディスプレイで示したように、空き領域を編集して、そのスペース内に新しいパーティションを作成することもできます。空き領域を強調表示し、Edit ボタンを選択するか、空き領域をダブルクリックして編集します。
  • RAID デバイスを作成するには、まずソフトウェア RAID パーティションを作成(または既存のものを再利用)する必要があります。2 つ以上のソフトウェア RAID パーティションを作成したら、Make RAID を選択して、ソフトウェア RAID パーティションを RAID デバイスに参加させます。
  • 削除: 現在 のディスクパーティションセクションで現在強調表示されているパーティションを削除するのに使用 します。パーティションの削除を確認するように求められます。
  • reset: ディスク Druid を元の状態に復元するために使用されます。パーティションを リセット すると、加えた変更はすべて失われます。
  • RAID: ディスクパーティションまたはすべてのディスクパーティションに冗長性を提供するのに使用します。RAID の使用経験がある場合にのみ使用してください。RAID の詳細は、Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド を参照してください。
    RAID デバイスを作成するには、まずソフトウェア RAID パーティションを作成する必要があります。2 つ以上のソフトウェア RAID パーティションを作成したら、RAID を選択して、ソフトウェア RAID パーティションを RAID デバイスに参加させます。
  • lvm: LVM 論理ボリュームを作成できます。LVM (Logical Volume Manager)のロールは、ハードドライブなどの基礎となる物理ストレージ領域の論理ビューを表示することです。LVM は、個別の物理ディスクを管理します。つまり、個々のパーティションはより正確に管理されます。LVM の使用経験がある場合にのみ使用してください。LVM の詳細は、Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド を参照してください。LVM は、グラフィカルインストールプログラムでのみ使用できることに注意してください。
    LVM 論理ボリュームを作成するには、最初に物理ボリューム(LVM)のパーティションを作成する必要があります。物理ボリューム(LVM)パーティションを作成したら、LVM を選択して LVM 論理ボリュームを作成します。

4.19.3. パーティションフィールド

パーティション階層の上には、作成するパーティションに関する情報を表示するラベルがあります。ラベルは以下のように定義されます。
  • device: このフィールドは、パーティションのデバイス名を表示します。
  • マウントポイント/RAID/ボリューム: マウントポイントは、ボリュームが存在するディレクトリー階層内の場所です。この場所にボリュームはマウントされています。このフィールドは、パーティションがマウントされる場所を示します。パーティションが存在していても設定されていない場合は、マウントポイントを定義する必要があります。パーティションをダブルクリックしるか、編集 ボタンをクリックします。
  • type: このフィールドは、パーティションのファイルシステムタイプ(ext2、ext3、vfat など)を表示します。
  • Format: このフィールドは、作成されるパーティションがフォーマットされるかどうかを示します。
  • サイズ(MB): このフィールドは、パーティションのサイズ(MB 単位)を表示します。
  • start: このフィールドは、パーティションが開始するハードドライブのシリンダーを表示します。
  • end: このフィールドは、パーティションが終わるハードドライブのシリンダーを表示します。
RAID デバイス/LVM ボリュームグループメンバーの 非表示:作成された RAID デバイスまたは LVM ボリュームグループメンバーを表示したくない場合は、このオプションを選択します。

4.19.4. 推奨されるパーティション設定スキーム

4.19.4.1. Itanium システム

特に理由がない限り、Itanium システム用に次のパーティションを作成することが推奨されます。
  • /boot/efi/ パーティション(最低 100 MB): /boot/efi/ にマウントされたパーティションには、インストールされているカーネル、initrd イメージ、および ELILO 設定ファイルがすべて含まれます。
    Warning
    タイプ VFAT の /boot/efi/ パーティションと、最初のプライマリーパーティションとしてサイズ 100 MB を作成する必要があります。
  • スワップパーティション(256 MB 以上): swap パーティションは仮想メモリーに対応するために使用されます。つまり、システムが処理しているデータを格納する RAM が不足すると、そのデータが swap パーティションに書き込まれます。
    過去数年、推奨されるスワップ領域のサイズは、システムの RAM サイズに比例して増加していました。ただし、最新のシステムのメモリー量が数百ギガバイトに増加するため、システムが必要とするスワップ領域が、そのシステムで実行しているメモリーワークロードの機能であることが認識されるようになりました。ただし、通常スワップ領域がインストール時に指定されており、システムのメモリーワークロードを事前に決定することが困難な場合は、以下の表を使用してシステムスワップを決定することが推奨されます。

    表4.2 システムの推奨 swap 領域

    システム内の RAM の容量 推奨されるスワップ領域
    4GB 以下の RAM 最小 2GB のスワップ領域
    4GB から 16GB の RAM 最小 4GB のスワップ領域
    16GB から 64GB の RAM 最小 8GB のスワップ領域
    64GB から 256GB の RAM 最小 16GB のスワップ領域
    256GB から 512GB の RAM 最小 32GB のスワップ領域
    特に高速ドライブ、コントローラー、インターフェイスを備えたシステムでは、複数のストレージデバイスにスワップ領域を分散することで、パフォーマンスが向上します。
  • ルートパーティション(3.0 GB - 5.0 GB)-/" (root ディレクトリー)が配置される場所です。この設定では、すべてのファイル( /boot/efiに保存されているファイルを除く)は root パーティション上にあります。
    3.0 GB のパーティションを使用すると最小インストールを実行できますが、5.0 GB のルートパーティションでは、すべてのパッケージグループを選択してフルインストールを実行できます。

4.19.4.2. x86、AMD64、および Intel® 64 システム

特に理由がない限り、x86、AMD64、および Intel® 64 のシステム用に以下のパーティションを作成することが推奨 されます。
  • スワップパーティション(256 MB 以上): swap パーティションは仮想メモリーに対応するために使用されます。つまり、システムが処理しているデータを格納する RAM が不足すると、そのデータが swap パーティションに書き込まれます。
    過去数年、推奨されるスワップ領域のサイズは、システムの RAM サイズに比例して増加していました。ただし、最新のシステムのメモリー量が数百ギガバイトに増加するため、システムが必要とするスワップ領域が、そのシステムで実行しているメモリーワークロードの機能であることが認識されるようになりました。ただし、通常スワップ領域がインストール時に指定されており、システムのメモリーワークロードを事前に決定することが困難な場合は、以下の表を使用してシステムスワップを決定することが推奨されます。

    表4.3 システムの推奨 swap 領域

    システム内の RAM の容量 推奨されるスワップ領域
    4GB 以下の RAM 最小 2GB のスワップ領域
    4GB から 16GB の RAM 最小 4GB のスワップ領域
    16GB から 64GB の RAM 最小 8GB のスワップ領域
    64GB から 256GB の RAM 最小 16GB のスワップ領域
    256GB から 512GB の RAM 最小 32GB のスワップ領域
    特に高速ドライブ、コントローラー、インターフェイスを備えたシステムでは、複数のストレージデバイスにスワップ領域を分散することで、パフォーマンスが向上します。
  • /boot/ パーティション(250 MB)- /boot/ にマウントされたパーティションには、オペレーティングシステムのカーネル(システムの Red Hat Enterprise Linux の起動を可能にする)と、ブートストラッププロセス中に使用されるファイルが含まれます。制限があるため、これらのファイルを保持するネイティブの ext3 パーティションを作成する必要があります。ほとんどのユーザーの場合は、250 MB のブートパーティションで十分です。
    注記
    ハードドライブが 1024 を超えるシリンダ(お使いのシステムが 2 年以上前)である場合は、/ (root)パーティションにハードドライブの残りの領域をすべて使用する場合は、/boot/ パーティションを作成する必要があります。
    注記
    RAID カードをお持ちの場合は、BIOS によっては RAID カードからの起動に対応していないことに注意してください。このような場合、/boot/ パーティションは、別のハードドライブなど、RAID アレイ以外のパーティションに作成する必要があります。
  • ルート パーティション(3.0 GB - 5.0 GB)-/" (root ディレクトリー)が配置される場所です。この設定では、すべてのファイル( /bootに保存されているファイルを除く)は root パーティション上にあります。
    3.0 GB のパーティションを使用すると最小インストールを実行できますが、5.0 GB のルートパーティションでは、すべてのパッケージグループを選択してフルインストールを実行できます。
  • ホーム パーティション(100 MB 以上): システムデータとは別にユーザーデータを保存する場合これは、/home ディレクトリーのボリュームグループ内の専用パーティションになります。こうすることで、ユーザーデータのファイルを消去せずに Red Hat Enterprise Linux をアップグレードしたり、再インストールしたりできるようになります。
警告 - ネットワークストレージに /var を配置しないでください。
Red Hat Enterprise Linux 5.11 は、ネットワークファイルシステム(NFS、iSCSI、NBD など)に個別の /var を持つことをサポートしていません。/var ディレクトリーには、ネットワークサービスを確立する前に起動プロセス中に読み書きする必要がある重要なデータが含まれます。
ただし、完全な /var ファイルシステムだけでなく、別のネットワークディスクに /var/spool/var/www、またはその他のサブディレクトリーがある可能性があります。

4.19.5. パーティションの追加

新しいパーティションを追加するには、New ボタンを選択します。ダイアログボックスが表示されます( 図4.17「新しいパーティションの作成」を参照してください)。
注記
このインストールには、少なくとも 1 つのパーティションを割り当てる必要があり、必要に応じてこれを指定する必要があります。詳細は、26章ディスクパーティションの概要 を参照してください。

図4.17 新しいパーティションの作成

新しいパーティションの作成
  • マウントポイント: パーティションのマウントポイントを入力します。たとえば、このパーティションを root パーティションにする必要がある場合は / を入力します。/boot パーティションの場合は /boot と入力します。プルダウンメニューを使用して、パーティションの正しいマウントポイントを選択することもできます。swap パーティションの場合、マウントポイントは設定しないでください。ファイルシステムタイプを swap に設定するだけで十分です。
  • File System Type: プルダウンメニューを使用して、このパーティションに適切なファイルシステムタイプを選択します。ファイルシステムの種類の詳細は、「ファイルシステムのタイプ」 を参照してください。
  • 許容 可能なドライブ: このフィールドには、システムにインストールされているハードディスクの一覧が含まれます。ハードディスクのボックスが強調表示されると、そのハードディスク上に必要なパーティションを作成できます。ボックスにチェックが付けられて いない 場合、そのハードディスクに パーティションは作成されません。別のチェックボックス設定を使用して、必要に応じてディスクダッシップパーティションを配置したり、 Disk Druid にパーティションの移動先を決定したりできます。
  • サイズ(MB): パーティションのサイズ(メガバイト単位)を入力します。このフィールドは 100 MB で始まります。変更しない限り、100 MB のパーティションのみが作成されます。
  • 追加のサイズオプション: このパーティションを固定サイズに保持するか、特定ポイントまで拡大(利用可能なハードドライブ領域を入力します)を許可するか、利用可能な残りのハードドライブ領域を埋めるようにするかを選択します。
    (MB)までの領域をすべて表示する 場合は、このオプションの右側にある フィールドにサイズの制約を指定する必要があります。これにより、今後使用するためにハードドライブに一定領域を確保できます。
  • force to be a primary パーティション: 作成したパーティションをハードドライブの最初の 4 つのパーティションの 1 つに指定するかどうかを選択します。選択されていない場合は、パーティションが論理パーティションとして作成されます。詳細は、「パーティション内のパーティション - 拡張パーティションの概要」 を参照してください。
  • encrypt: ストレージデバイスが別のシステムに接続されている場合でもパスフレーズなしで保存されているデータにアクセスできないように、パーティションを 暗号 化するかどうかを選択します。ストレージデバイスの暗号化については、29章ディスク暗号化ガイド を参照してください。このオプションを選択すると、パーティションがディスクに書き込まれる前にパスフレーズの入力が求められます。
  • OK: 設定に満足し、パーティションを作成する必要がある場合は OK を選択します。
  • 取り消し: パーティションを作成しない場合は Cancel を選択します。

4.19.5.1. ファイルシステムのタイプ

Red Hat Enterprise Linux では、使用するファイルシステムに基づいて、異なるパーティションタイプを作成できます。以下は、利用可能なさまざまなファイルシステムとその使用方法を簡単に説明しています。
  • ext3 — ext3 ファイルシステムは ext2 ファイルシステムをベースとし、ジャーナリング機能という大きな利点を備えています。ジャーナリングファイルシステムを使用すると、fsckが必要ないため、クラッシュ後のファイルシステムの復旧に費やす時間を短縮します。 [2] ファイルシステム。ext3 では、最大 16TB のファイルシステムがサポートされます。ext3 ファイルシステムはデフォルトで選択されるため、強く推奨されます。
  • ext2: ext2 ファイルシステムは標準の Unix ファイルタイプ(通常のファイル、ディレクトリー、シンボリックリンクなど)をサポートします。最大 255 文字までの長いファイル名を割り当てることができます。
  • 物理ボリューム(LVM) - 1 つ以上の物理ボリューム(LVM)パーティションを作成すると、LVM 論理ボリュームを作成できます。LVM は、物理ディスクを使用する場合にパフォーマンスを向上させることができます。LVM の詳細は、Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド を参照してください。
  • ソフトウェア RAID — 複数のソフトウェア RAID パーティションを作成して 1 台の RAID デバイスとして設定します。RAID の詳細は、Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド の 『RAID (Redundant Array of Independent Disks)』 の章を参照してください。
  • swap — Swap パーティションは仮想メモリーに対応するため使用されます。つまり、システムが処理しているデータを格納する RAM が不足すると、そのデータが swap パーティションに書き込まれます。詳細は、Red Hat Enterprise Linux Deployment Guide を参照してください。
  • vfat - VFAT ファイルシステムは、FAT ファイルシステムの Microsoft Windows の長いファイル名と互換性がある Linux ファイルシステムです。このファイルシステムは、Itanium システムの /boot/efi/ パーティションに使用する必要があります。

4.19.6. パーティションの編集

パーティションを編集するには、編集 ボタンを選択するか、既存のパーティションをダブルクリックします。
注記
パーティションがディスクに存在する場合は、パーティションのマウントポイントのみを変更できます。その他の変更を行うには、パーティションを削除して再作成する必要があります。

4.19.7. パーティションの削除

パーティションを削除するには、パーティションセクションで強調表示して、削除 ボタンをクリックします。プロンプトが表示されたら、削除を確定します。
x86、AMD64、および Intel® 64 システムの追加のインストール手順は、「x86、AMD64、および Intel® 64 ブートローダーの設定」 に進みます。
Itanium システムの他のインストール手順は、「Network Configuration」 に進みます。


[2] fsck アプリケーションは、ファイルシステムでメタデータの整合性を確認し、1 つ以上の Linux ファイルシステムを修復するために使用されます。

4.20. x86、AMD64、および Intel® 64 ブートローダーの設定

ブートメディアを使用せずにシステムを起動するには、通常ブートローダーをインストールする必要があります。ブートローダーは、コンピューターの起動時に実行する最初のソフトウェアプログラムです。これは、オペレーティングシステムカーネルソフトウェアへの制御の読み込みおよび転送を行います。次にカーネルは、残りのオペレーティングシステムを初期化します。
デフォルトでインストールされる GRUB (GRand Unified Bootloader)は非常に強力なブートローダーです。GRUB は、さまざまな空きオペレーティングシステムや、チェーン読み込み(DOS や Windows などのサポート対象外のオペレーティングシステムを読み込むメカニズム)を別のブートローダーを読み込むプロプライエタリーオペレーティングシステムを読み込むことができます。

図4.18 ブートローダーの設定

ブートローダーの設定
ブートローダーとして GRUB をインストールしない場合は、ブートローダーの 変更 をクリックします。ここで、ブートローダーをインストールしないよう選択できます。
Red Hat Enterprise Linux をブートできるブートローダーがすでにあり、現在のブートローダーを上書きしたくない場合は、ブートローダーの 変更 ボタンをクリックして ブートローダーをインストールしない を選択してください
Warning
何らかの理由で GRUB をインストールしない場合は、システムを直接起動できず、別の起動方法(商用ブートローダーアプリケーションなど)を使用する必要があります。このオプションは、システムを起動する別の方法がある場合にのみ使用してください。
他のオペレーティングシステムが使用するパーティションなど、起動可能なパーティションがすべて一覧表示されます。システムの root ファイルシステムを保持するパーティションには、Red Hat Enterprise Linuxラベル (GRUB 用)があります。他のパーティションにはブートラベルが含まれる場合があります。インストールプログラムで検出された他のパーティションのブートラベルを追加または変更するには、パーティションで 1 回クリックして選択します。選択したら、Edit ボタンをクリックしてブートラベルを変更できます。
優先するブートパーティションの横にある デフォルト を選択して、デフォルトの起動可能な OS を選択します。デフォルトのブートイメージを選択しない限り、インストールを進めることはできません。
注記
ラベル コラムに は、任意のオペレーティングシステムを起動するために、ブートプロンプトにグラフィカル以外のブートローダーに入力する必要のあるものが一覧表示されます。
GRUB ブート画面を読み込んだら、矢印キーを使用してブートラベルを選択するか、編集には e と入力します。選択したブートラベルの設定ファイルに項目の一覧が表示されます。
ブートローダーパスワードは、サーバーへの物理的なアクセスが可能な環境でセキュリティーメカニズムを提供します。
ブートローダーをインストールする場合は、システムを保護するパスワードを作成する必要があります。ブートローダーのパスワードがないと、システムにアクセスできるユーザーはカーネルにオプションを渡すことができ、システムのセキュリティーが危険にさらされる可能性があります。ブートローダーパスワードが導入されている場合、標準以外の起動オプションを選択する前に、最初にパスワードを入力する必要があります。ただし、BIOS が対応している場合でも、マシンに物理的にアクセスできるユーザーが diskette、CD-ROM、または USB メディアから起動することは可能です。ブートローダーパスワードを含むセキュリティープランでも、別の起動方法に対応する必要があります。
ブートローダーパスワードを使用してシステムセキュリティーを強化する場合は、Use a boot loader password のラベルが付いたチェックボックスを必ず選択してください。
選択したら、パスワードを入力して確認します。
GRUB が QWERTY キーボードレイアウトのみを認識
GRUB パスワードを選択する場合は、システムに実際に接続されているキーボードに関係なく、GRUB は QWERTY キーボードレイアウトのみを認識していることに注意してください。レイアウトが非常に異なるキーボードを使用する場合は、パターンが生成する単語ではなくキーストロークのパターンを記憶する方が効果的な場合があります。
ドライブの順序の変更やカーネルにオプションを渡すなど、より高度なブートローダーオプションを設定するには、Next をクリックする前に Configure advanced boot loader options が選択されていることを確認してください。
重要 - マルチパスデバイス
複数のパスからアクセスできるネットワークデバイスに Red Hat Enterprise Linux をインストールする場合は、Next をクリックする前に Configure advanced boot loader オプション を選択してください。

4.20.1. 高度なブートローダー設定

インストールするブートローダーを選択したので、ブートローダーのインストール先を決定することもできます。ブートローダーは、以下の 2 つの場所のいずれかにインストールできます。
  • マスターブートレコード(MBR): MBR が別のオペレーティングシステムローダー(System Commander など)を起動していない限り、ブートローダーをインストールすることが推奨されます。MBR は、ご使用のコンピューターの BIOS によって自動的に読み込まれるハードドライブの特別な領域で、ブートローダーがブートプロセスを制御できる最速点となります。MBR にインストールする場合、マシンのブート時に GRUB にブートプロンプトが表示されます。その後、Red Hat Enterprise Linux またはブートローダーを起動用に設定したその他のオペレーティングシステムを起動できます。
  • ブートパーティションの最初のセクター:これは、システムで別のブートローダーをすでに使用している場合に推奨されます。この場合、他のブートローダーが最初に制御されます。その後、ブートローダーが GRUB を開始し、その後 Red Hat Enterprise Linux を起動するように設定できます。

図4.19 ブートローダーのインストール

ブートローダーのインストール
注記
RAID カードをお持ちの場合は、BIOS によっては RAID カードからの起動に対応していないことに注意してください。このような場合、ブートローダー は RAID アレイの MBR にインストールしない でください。代わりに、ブートローダーは、/boot/ パーティションと同じドライブの MBR にインストールする必要があります。
お使いのシステムで Red Hat Enterprise Linux のみを使用する場合は、MBR を選択する必要があります。
ドライブの順序を再編成する場合や、BIOS が正しいドライブの順序を返しない場合は、ドライブの順序の 変更 ボタンをクリックします。ドライブの順序の変更は、複数の SCSI アダプター、または SCSI アダプターと IDE アダプターの両方があり、SCSI デバイスから起動する場合に便利です。
Force LBA32 (通常は必要ありません) オプションを使用すると、/boot/ パーティションの 1024 シリンダー制限を超えることができます。1024 シリンダー制限を超えてオペレーティングシステムを起動する LBA32 拡張機能をサポートするシステムがあり、/boot/ パーティションをシリンダー 1024 の上に配置する場合は、このオプションを選択する必要があります。
注記
ハードドライブのパーティション設定中、古いシステムの BIOS はハードドライブの最初の 1024 個以上のシリンダーにアクセスできないことに注意してください。この場合は、ハードドライブの最初の 1024 シリンダーの /boot Linux パーティション用の領域を確保して、Linux を起動する容量を残します。他の Linux パーティションは、シリンダー 1024 以降にすることができます。
parted では、1024 シリンダーは 528MB に相当します。詳細は、以下を参照してください。
http://www.pcguide.com/ref/hdd/bios/sizeMB504-c.html
起動コマンドにデフォルトのオプションを追加するには、カーネルパラメーター フィールドに入力します。入力したオプションは、システムの起動時に毎回 Linux カーネルに渡されます。
重要 - マルチパスデバイス
複数のパスを介してアクセス可能なネットワークデバイスに Red Hat Enterprise Linux をインストールする場合は、GRUB が /dev/mapper/mpath0 の MBR にインストールされていることを確認してください。

4.20.2. レスキューモード

レスキューモードでは、システムのハードドライブではなく、ブートメディアまたはその他の起動方法から、小規模の Red Hat Enterprise Linux 環境全体を起動する機能を提供します。システムのハードドライブ上のファイルにアクセスするのに十分な数の Red Hat Enterprise Linux を稼働できない場合もあります。レスキューモードを使用すると、ハードドライブから Red Hat Enterprise Linux を実際に実行できない場合でも、システムのハードドライブに保存されているファイルにアクセスできます。レスキューモードを使用する必要がある場合は、以下の方法を試してください。
  • CD-ROM を使用して x86、AMD64、または Intel® 64 システムを起動し、インストール起動プロンプトに linux rescue と入力します。Itanium ユーザーは elilo linux rescue と入力してレスキューモードに入る必要があります。
詳細は、Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド を参照してください。

4.20.3. 代替ブートローダー

ブートローダーを使用しない場合は、いくつかの代替手段があります。
LOADLIN
MS-DOS から Linux を読み込むことができます。ただし、これには、MS-DOS パーティションで利用可能な Linux カーネル(および SCSI アダプターがある場合は初期 RAM ディスク)のコピーが必要になります。これを実現する唯一の方法は、他の方法(たとえば、ブート CD-ROM から)を使用して Red Hat Enterprise Linux システムを起動し、カーネルを MS-DOS パーティションにコピーすることです。LOADLIN は以下から入手できます。
および関連付けられたミラーサイト。
SYSLINUX
SYSLINUX は、LOADLIN と非常に似た MS-DOS プログラムです。また、以下からも利用できます。
および関連付けられたミラーサイト。
商用ブートローダー
商用ブートローダーを使用して Linux を読み込むことができます。たとえば、System Commander および Partition NORMAL は Linux をブートできます(ただし、引き続き GRUB を Linux root パーティションにインストールする必要があります)。
注記
LOADLIN や System Commander などのブートローダーはサードパーティーのブートローダーと見なされ、Red Hat では対応していません。

4.20.4. SMP マザーボードおよび GRUB

以前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux には、2 つの異なるカーネルバージョン(uniprocessor バージョンと SMP バージョン)がありました。Red Hat Enterprise Linux 5.11 では、カーネルはデフォルトで SMP を有効にし、複数のコア、ハイパースレッディング、および複数の CPU 機能(存在する場合)を利用します。この同じカーネルは、単一のコアを持つ単一の CPU で実行でき、ハイパースレッディングは実行できません。

4.21. Network Configuration

ネットワークデバイスがない場合は、この画面はインストール時に表示されません。「タイムゾーンの設定」 に進んでください。

図4.20 Network Configuration

Network Configuration
インストールプログラムは、使用しているネットワークデバイスを自動的に検出し、ネットワーク デバイス 一覧に表示します。
ネットワークデバイスを選択したら、Edit をクリックします。Edit Interface ダイアログから、DHCP を使用するか、静的設定を使用するために、デバイスの IP アドレスと Netmask (IPv4 - Prefix for IPv6)の設定を選択できます。DHCP クライアントへのアクセスがない場合や、ここで何を提供するかわからない場合は、ネットワーク管理者に連絡してください。

図4.21 ネットワークデバイスの編集

ネットワークデバイスの編集
注記
この設定例にあるように数字を使用しないでください。これらの値は、独自のネットワーク設定では機能しません。入力する値が不明な場合は、ネットワーク管理者に連絡してください。
ネットワークデバイスのホスト名(完全修飾ドメイン名)がある場合は、DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol)が自動的に検出されるように選択するか、指定したフィールドにホスト名を手動で入力することもできます。
最後に、IP および Netmask の情報を手動で入力した場合は、ゲートウェイアドレスとプライマリーおよびセカンダリー DNS アドレスも入力できます。
注記
コンピューターがネットワークに含まれていない場合でも、システムのホスト名を入力できます。名前を入力しない場合、システムは localhost と呼ばれます。
注記
インストールの完了後にネットワーク設定を変更するには、Network Administration Tool を使用します。
シェルプロンプトで system-config-network コマンドを入力して、Network Administration Tool を起動します。root でない場合は、続行するために root パスワードを求めるプロンプトが表示されます。

4.22. タイムゾーンの設定

お使いのコンピューターの物理的な場所に最も近い都市を選択して、タイムゾーンを設定します。地図をクリックして、世界の特定の地理的地域に拡大します。
ここから、タイムゾーンを選択する方法は 2 つあります。
  • マウスを使ってインタラクティブマップをクリックして、特定の都市を選択します(黄色のドットで表示)。選択したことを示す赤い X が表示されます。
  • また、画面の下部にあるリストをスクロールしてタイムゾーンを選択することもできます。マウスを使って場所をクリックし、選択内容を強調表示します。
システムが UTC に設定されていることがわかっている場合は、System Clock uses UTC を選択します。
注記
インストール完了後にタイムゾーン設定を変更するには、Time and Date Properties Tool を使用します。
シェルプロンプトで system-config-date コマンドを入力して、日付と時刻のプロパティーツールを起動します。root でない場合は、続行するために root パスワードを求めるプロンプトが表示されます。
テキストベースのアプリケーションとして Time および Date プロパティーツール を実行するには、timeconfig コマンドを使用します。

4.23. root パスワードの設定

root アカウントとパスワードの設定は、インストール中に最も重要な手順の 1 つです。root アカウントは、Windows NT マシンで使用される管理者アカウントと似ています。root アカウントは、パッケージのインストール、RPM のアップグレード、およびほとんどのシステムメンテナーンスの実行に使用されます。root でログインすると、システムを完全に制御できます。
注記
root ユーザー(スーパーユーザーとも呼ばれる)には、システム全体に対する完全なアクセス権があります。そのため、root ユーザーとしてログインすることは、システムのメンテナーンスや管理 のみ を実行するのが最適です。

図4.22 root パスワード

root パスワード
root アカウントはシステム管理にのみ使用してください。すぐに何か修正する必要がある場合は、root で一般的な使用用の非 root アカウントを作成し、su - を root に作成します。これらの基本ルールは、誤字や誤ったコマンドでシステムに破損する可能性を最小限に抑えます。
注記
root になるには、ターミナルウィンドウにシェルプロンプトで su -入力 し、Enter を押します。次に root パスワードを入力し、Enter を押します。
インストールプログラムにより、root パスワードの設定が求められます。[3] システム用です。root パスワードを入力しなくても、インストールプロセスの次の段階に進むことはできません。
root パスワードは 6 文字以上である必要があります。入力したパスワードは画面にエコーされません。パスワードを 2 回入力する必要があります。2 つのパスワードが一致しない場合、インストールプログラムにより再度入力が求められます。
root パスワードは覚えておくことができるはずですが、他者にとっては簡単に推測できません。名前、電話番号、Q wertyパスワード、root、 123456、および anteater は、すべて不正なパスワードの例です。適切なパスワードは、大文字、小文字で、辞書の単語は含まれません(例: Aard387vark または 420BMttNT )。パスワードは大文字と小文字を区別することに注意してください。パスワードを入力した場合は、安全な場所に保持してください。ただし、作成するパスワードやパスワードを書き留めないことが推奨されます。
注記
このマニュアルに記載されているサンプルパスワードは使用しないでください。これらのパスワードのいずれかを使用して、セキュリティーリスクと見なされる可能性があります。
注記
インストール完了後に root パスワードを変更するには、Root Password Tool を使用します。
シェルプロンプトで system-config-rootpassword コマンドを入力して、Root Password Tool を起動します。root でない場合は、続行するために root パスワードを求めるプロンプトが表示されます。


[3] root パスワードは、Red Hat Enterprise Linux システムの管理パスワードです。システムメンテナーンスに必要な場合にのみ、root でログインする必要があります。root アカウントは、通常のユーザーアカウントに設定された制限内では動作しないため、root で行った変更はシステム全体に影響を与える可能性があります。

4.24. パッケージグループの選択

インストールにほとんどの選択肢を行ったので、デフォルトのパッケージ選択を確認するか、システムのパッケージをカスタマイズすることができます。
パッケージの インストールデフォルト 画面 が表示され、Red Hat Enterprise Linux インストールのデフォルトパッケージセットの詳細が表示されます。この画面は、インストールする Red Hat Enterprise Linux のバージョンによって異なります。
現在のパッケージリストを受け入れることを選択した場合は、「インストールの準備」 に進んでください。
パッケージセットをさらにカスタマイズするには、画面の Customize now オプションを選択します。 へ をクリックすると、パッケージグループの選択 画面に移動します。
機能( X Window SystemEditorsなど)、個々のパッケージ、またはこの 2 つの組み合わせに従ってコンポーネントをグループ化するパッケージグループを選択できます。
注記
32 ビットアプリケーションの開発や実行をサポートする Itanium システムのユーザーは、互換性アーカイブ サポートおよび 互換性 Arch Development Support パッケージを選択して、システムのアーキテクチャー固有のサポートをインストールすることが推奨されます。
コンポーネントを選択するには、そのコンポーネントの横にあるチェックボックスをクリックします( 図4.23「パッケージグループの選択」を参照してください)。

図4.23 パッケージグループの選択

パッケージグループの選択
インストールする各コンポーネントを選択します。
パッケージグループを選択すると、オプションのコンポーネントが利用できる場合には、Optional packages をクリックして、デフォルトでインストールされているパッケージを表示し、そのグループからオプションのパッケージを追加または削除できます。オプションのコンポーネントがない場合は、ボタンが無効になります。

図4.24 パッケージグループの詳細

パッケージグループの詳細

4.25. インストールの準備

4.25.1. インストールの準備

これで、Red Hat Enterprise Linux のインストール準備の画面が表示されます。
参考までに、システムを再起動すると、インストールの完全なログは /root/install.log にあります。
Warning
何らかの理由でインストールプロセスを続行しない場合は、プロセスを安全にキャンセルしてマシンを再起動できます。Next ボタンを押すと、パーティションが書き込まれ、パッケージがインストールされます。インストールを中断する場合は、ハードドライブの既存の情報が書き換える前に再起動する必要があります。
このインストールプロセスをキャンセルするには、コンピューターの Reset ボタンを押すか、Control+Alt+Delete キーの組み合わせを使用してマシンを再起動します。

4.26. パッケージのインストール

この時点で、すべてのパッケージがインストールされるまで、何も実行しません。この速度は、選択したパッケージの数とコンピューターの速度によって異なります。

4.27. インストールの完了

お疲れさまでした。Red Hat Enterprise Linux のインストールが完了しました。
インストールプログラムにより、システム再起動の準備を求めるプロンプトが表示されます。再起動時にインストールメディアが自動的に取り出されない場合は、忘れず取り出してください。
コンピューターの通常の電源アップシーケンスが完了すると、グラフィカルブートローダープロンプトが表示され、以下のいずれかを実行できます。
  • Enter - をクリックすると、デフォルトのブートエントリーが起動します。
  • ブートラベルを選択し、Enter - を押すと、ブートローダーがブートラベルに対応するオペレーティングシステムを起動します。
  • 何もしません。ブートローダーのタイムアウト期間(デフォルトでは 5 秒)後、ブートローダーはデフォルトのブートエントリーを自動的に起動します。
Red Hat Enterprise Linux の起動に適した操作を行います。メッセージの 1 つ以上の画面がスクロールされるはずです。最終的には、login: プロンプトまたは GUI ログイン画面が表示されます(X Window System をインストールしていて、X を自動的に起動した場合)。
Red Hat Enterprise Linux システムをランレベル 5 (グラフィカルランレベル)で初めて起動すると、セットアップエージェント が表示され、Red Hat Enterprise Linux の設定を順を追って説明します。このツールを使用して、システムの時刻と日付の設定、ソフトウェアのインストール、Red Hat Network へのマシンの登録などを行うことができます。Setup Agent を使用すると、最初に環境を設定して、Red Hat Enterprise Linux システムをすぐに使い始めることができます。
Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションを登録する方法は、25章システムの登録およびサブスクリプションの適用 を参照してください。

4.28. Itanium システム - マシンの起動とインストール後の設定

本セクションでは、Itanium を Red Hat Enterprise Linux で起動する方法と、マシンの電源がオンの際に Red Hat Enterprise Linux が自動的に起動されるように EFI コンソール変数を設定する方法を説明します。
インストールプログラムの最後にシステムを再起動したら、以下のコマンドを入力して Red Hat Enterprise Linux を起動します。
elilo
elilo を入力すると、/boot/efi/elilo.conf 設定ファイルに一覧表示されているデフォルトのカーネルが読み込まれます。(ファイルに一覧表示される最初のカーネルがデフォルトです。)
別のカーネルを読み込む場合は、elilo コマンドの後に /boot/efi/elilo.conf ファイルからカーネルのラベル名を入力します。たとえば、linux という名前のカーネルを読み込むには、以下のコマンドを入力します。
elilo linux
インストールされているカーネルの名前がわからない場合は、以下の手順に従って EFI で /boot/efi/elilo.conf ファイルを表示できます。
  1. Shell> プロンプトで、システムのパーティションにデバイスを変更します(Linux では /boot/efi としてマウントされます)。たとえば、fs0 がシステムブートパーティションの場合は、EFI Shell プロンプトで fs0: と入力します。
  2. fs0:\>ls と入力して、正しいパーティションが存在することを確認します。
  3. 次に、以下を入力します。
    Shell>type elilo.conf
    このコマンドは、設定ファイルの内容を表示します。各スタンザには、label で始まる行とそれに続くカーネルのラベル名が含まれます。ラベル名は、異なるカーネルを起動するために elilo の後に入力するものです。

4.28.1. インストール後のブートローダーオプション

ロードするカーネルを指定するだけでなく、Red Hat Enterprise Linux が 1024 MB のメモリーを使用するように強制するには single など、他の起動オプションを入力することもできます。mem=1024Mブートローダーにオプションを渡すには、EFI Shell プロンプトで以下のコマンドを入力します( linux を、起動するカーネルのラベル名に、option をカーネルに渡す起動オプションに置き換えます。
elilo linux option

4.28.2. Red Hat Enterprise Linux の自動起動

Red Hat Enterprise Linux をインストールした後、Itanium システムを起動するたびに、EFI Shell プロンプトで elilo と起動オプションを入力できます。ただし、Red Hat Enterprise Linux で自動的に起動するようにシステムを設定する場合は、EFI Boot Manager を設定する必要があります。
EFI Boot Manager を設定するには(ハードウェアによって若干異なる可能性があります)。
  1. EFI Boot Manager メニューから Itanium システムを起動し、Boot option maintenance メニュー を選択します。
  2. メインメニューから Add a Boot Option を選択します。
  3. Linux で /boot/efi/ としてマウントされているシステムパーティションを選択します。
  4. elilo.efi ファイルを選択します。
  5. Enter New Description: プロンプトで、Red Hat Enterprise Linux 5 または EFI Boot Manager メニューに表示される名前を入力します。
  6. ELILO ブートローダーにオプションを指定 ない場合は、Enter Boot Option Data Type: プロンプトで N を入力します。このオプションはほとんどの場合に機能します。ブートローダーにオプションを渡す場合は、代わりに /boot/efi/elilo.conf 設定ファイルで設定できます。
  7. Save changes to NVRAM プロンプトに Yes と答えます。これにより、EFI Boot Maintenance Manager メニューに戻ります。
  8. 次に、Red Hat Enterprise Linux 5 メニュー項目をデフォルトにします。起動オプションの一覧が表示されます。Red Hat Enterprise Linux 5 メニューアイテムを、矢印キーで選択し、u キーを押してリストを上に移動して、リストの上部まで移動します。リストで項目を移動できます。そのためには、その項目を選択して d キーを押します。ブート順序を変更したら、Save changes to NVRAM を選択します。Exit を選択して、メインメニューに戻ります。
  9. 必要に応じて、メインメニューから Set Auto Boot TimeOut => Set Timeout Value を選択して、ブートタイムアウト値を変更できます。
  10. Exit を選択して EFI Boot Manager に戻ります。

4.28.2.1. 起動スクリプトの使用

Red Hat Enterprise Linux を自動的に起動するように ELILO Boot Manager を設定することが推奨されます。ただし、ELILO ブートローダーを起動する前に追加のコマンドを実行する必要がある場合は、startup.nsh という名前の起動スクリプトを作成できます。最後のコマンドは、Linux で起動するには elilo である必要があります。
startup.nsh スクリプトは、/boot/efi パーティション( /boot/efi/startup.nsh )にあり、以下のテキストが含まれている必要があります。
echo -off your set of commands elilo
ブートローダーにオプションを渡す場合には( 「インストール後のブートローダーオプション」を参照)、elilo の後にオプションを追加します。
Red Hat Enterprise Linux で起動した後にこのファイルを作成するか、EFI シェルに組み込まれているエディターを使用できます。EFI シェルを使用するには、Shell> プロンプトで、デバイスをシステムパーティションに変更します(Linux では /boot/efi としてマウントされます)。たとえば、fs0 がシステムブートパーティションの場合は、EFI Shell プロンプト で fs 0 と入力します。ls を入力して、正しいパーティションであることを確認します。次に、edit startup.nsh を入力します。ファイルの内容を入力して保存します。
次にシステムが起動すると、EFI は startup.nsh ファイルを検出し、それを使用してシステムを起動します。EFI がファイルをロードしないようにするには、Ctrl+c と入力します。これによりプロセスが中止され、EFI シェルプロンプトに戻ります。

第5章 Red Hat Enterprise Linux の削除

x86 ベースのシステムから Red Hat Enterprise Linux をアンインストールするには、マスターブートレコード(MBR)から Red Hat Enterprise Linux ブートローダー情報を削除する必要があります。
注記
システムにあるデータのバックアップを作成することが推奨されます。間違いが発生し、すべてのデータが失われる可能性があります。
DOS および Windows では、Windows fdisk ユーティリティーを使用して、文書化されていない フラグ /mbr で新しい MBR を作成します。これは MBR のみ を書き換えて、プライマリー DOS パーティションを起動します。コマンドは以下のようになります。
fdisk /mbr
ハードドライブから Linux を削除して、デフォルトの DOS (Windows) fdisk でこれを行った場合は、パーティションが存在しますが、問題はありません。DOS 以外のパーティションを削除する最適な方法として、DOS 以外のパーティションを理解するツールを使用できます。
まず、Red Hat Enterprise Linux CD #1 を挿入し、システムを起動します。CD から起動すると、ブートプロンプトが表示されます。ブートプロンプトで、linux rescue と入力します。これにより、レスキューモードプログラムが起動します。
キーボードと言語の要件を求めるプロンプトが出されます。Red Hat Enterprise Linux のインストール時に必要な値を入力します。
次に、プログラムが Red Hat Enterprise Linux のインストールをレスキューに見つけようとしたことを示す画面が表示されます。この画面で Skip を選択します。
Skip を選択すると、削除するパーティションにアクセスできるコマンドプロンプトが表示されます。
まず、コマンド list-harddrives を入力します。このコマンドは、インストールプログラムで認識できるシステム上のすべてのハードドライブと、メガバイト単位でサイズを一覧表示します。
Warning
必要な Red Hat Enterprise Linux パーティションのみを削除するように注意してください。他のパーティションを削除すると、データ損失やシステム環境が破損する可能性があります。
パーティションを削除するには、パーティション設定ユーティリティー parted を使用します。parted を起動します。ここで、/dev/hda は、パーティションを削除するデバイスです。
parted /dev/hda
print コマンドを使用して現在のパーティションテーブルを表示し、削除するパーティションのマイナー番号を確認します。
print
print コマンドは、パーティションのタイプ(linux-swap、ext2、ext3 など)も表示します。パーティションのタイプを把握すると、パーティションを削除するかどうかを決定するのに役立ちます。
rm コマンドでパーティションを削除します。例えば、マイナー番号 3 のパーティションを削除するのは以下のコマンドです。
rm 3
重要な影響
[Enter] を押すと変更が反映されるため、押す前にコマンドを再度確認してください。
パーティションを削除したら、print コマンドを使用して、パーティションテーブルから削除されていることを確認します。
Linux パーティションを削除し、必要なすべての変更を行ったら、quit と入力して parted を終了します。
parted を終了したら、起動プロンプトに exit と入力してレスキューモードを終了し、インストールを続行するのではなく、システムを再起動します。システムが自動的に再起動します。そうでない場合は、Control+Alt+Delete を使用してコンピューターを再起動できます。

第6章 Intel® または AMD システムへのインストールのトラブルシューティング

この付録では、一般的なインストールの問題とその解決策を説明します。

6.1. Red Hat Enterprise Linux を起動できない

6.1.1. RAID カードから起動できない

インストールを実行し、システムを適切に起動できない場合は、再インストールして別のパーティションを作成する必要がある場合があります。
BIOS によっては、RAID カードからの起動に対応していないものもあります。インストールの最後には、ブートローダーのプロンプトを表示するテキストベースの画面(例: GRUB: )とフラッシュカーソルがすべて表示される場合があります。この場合は、システムのパーティションを再設定する必要があります。
自動パーティションまたは手動パーティションのどちらを選択するかにかかわらず、別のハードドライブなど、RAID アレイの外部で /boot パーティションをインストールする必要があります。問題のある RAID カードとのパーティション作成には、内部ハードドライブが必要です。
また、RAID アレイ以外のドライブの MBR に、希望するブートローダー(GRUB または LILO)をインストールする必要があります。これは、/boot/ パーティションをホストするドライブと同じである必要があります。
このような変更が行われたら、インストールを完了し、システムを適切に起動できるはずです。

6.1.2. signal 11 エラーが表示される

シグナル 11 エラー(通常は セグメンテーションフォールト として知られている)は、プログラムが、割り当てられていないメモリーの場所にアクセスすることを意味します。シグナル 11 エラーは、インストールされているソフトウェアプログラムのいずれかまたは障害のあるハードウェアのバグが原因である可能性があります。
インストール時に致命的な signal 11 エラーが発生した場合は、おそらくシステムのバスのメモリーでハードウェアエラーが発生している可能性があります。他のオペレーティングシステムと同様に、Red Hat Enterprise Linux はシステムのハードウェアに独自の要求を配置します。このハードウェアの一部は、別の OS で適切に動作している場合でも、これらの要求に対応できない可能性があります。
Red Hat の最新のインストール更新およびイメージがあることを確認します。オンラインエラータを確認して、新しいバージョンが利用可能かどうかを確認します。最新のイメージがまだ失敗すると、ハードウェアに問題がある可能性があります。通常、これらのエラーはメモリーまたは CPU キャッシュにあります。お使いのシステムがこれに対応している場合は、このエラーの解決策として BIOS で CPU キャッシュをオフにすることができます。マザーボードスロットの周りのメモリーをスワップして、問題がスロットまたはメモリーに関連しているかどうかを確認することもできます。
もう 1 つのオプションは、インストール CD-ROM でメディアチェックを実行することです。Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムでは、インストールメディアの整合性をテストする機能があります。これは、CD、DVD、ハードドライブ ISO、および NFS ISO のインストール方法で動作します。Red Hat は、インストールプロセスを開始する前に、およびインストール関連のバグを報告する前に、すべてのインストールメディアをテストすることを推奨します(CD が不適切に書き込まれたため、報告されたバグの多くは実際には多数あります)。このテストを使用するには、boot: または yaboot: プロンプトで以下のコマンドを入力します(Itanium システムの場合、elilo で事前入力してください)。
	linux mediacheck
シグナル 11 エラーに関する詳細は、以下を参照してください。
	http://www.bitwizard.nl/sig11/

6.2. インストール開始時の問題

6.2.1. グラフィカルインストールの起動に関連する問題

グラフィカルなインストールプログラムでの起動に問題があるビデオカードがいくつかあります。インストールプログラムがデフォルト設定を使用して実行しない場合は、低い解像度モードで実行しようとします。それでも動作が失敗する場合、インストールプログラムはテキストモードによる実行を試行します。
考えられる解決策の 1 つは、resolution= 起動オプションの使用を試みることです。このオプションは、ラップトップのユーザーに最も役立ちます。試行するもう 1 つの解決策は、ビデオカード用に読み込むドライバーを指定する driver= オプションです。これが機能する場合は、インストーラーがビデオカードの自動検出に失敗したため、バグとして報告する必要があります。起動オプションの詳細は、8章Intel® および AMD システムの追加の起動オプション を参照してください。
注記
フレームバッファーのサポートを無効にして、インストールプログラムがテキストモードで実行できるようにするには、nofb 起動オプションの使用を試行します。このコマンドは、一部の画面読み取りハードウェアへのアクセスに必要になる場合があります。

6.3. インストール中の問題

6.3.1. No devices found to install Red Hat Enterprise Linux Error Message (Red Hat Enterprise Linux のエラーメッセージをインストールするデバイスが見つかりませんでした)

No devices found to install Red Hat Enterprise Linux というエラーメッセージが表示される場合は、インストールプログラムで認識されない SCSI コントローラーが存在する可能性があります。
ハードウェアベンダーの Web サイトを確認して、問題を修正するドライバーディスクイメージが利用可能かどうかを確認します。ドライバーディスクの詳細は、7章Intel および AMD システムへのインストール時のドライバーの更新 を参照してください。
また、以下のオンラインの 『Red Hat Hardware Compatibility List』 を参照してください。

6.3.2. ディスケットドライブのないトレースメッセージの保存

インストール時にトレースバックエラーメッセージが表示される場合は、通常はこれをディスクに保存できます。
システムにディスクドライブがない場合は、リモートシステムにエラーメッセージを scp できます。
トレースバックダイアログが表示されると、トレースバックエラーメッセージは /tmp/anacdump.txt という名前のファイルに自動的に書き込まれます。ダイアログが表示されたら、キー Ctrl+Alt+F2 を押すと、/tmp/anacdump.txt に書き込まれたメッセージを既知の稼働中のリモートシステムに書き込んで、新しい tty (仮想コンソール)に切り替えます。

6.3.3. パーティションテーブルに関する問題

インストールの ディスクパーティションセットアップ(「ディスクパーティション設定」)フェーズの 後に、以下のようなエラーが表示されます。
デバイス hda のパーティションテーブルが読み取れませんでした。新しいパーティションを作成するには、初期化する必要があります。これにより、このドライブ上の すべて の DATA が失われてしまいます。
そのドライブにはパーティションテーブルがない場合や、ドライブ上のパーティションテーブルが、インストールプログラムで使用されるパーティションソフトウェアで認識できない可能性があります。
EZ-BIOS などのプログラムを使用した場合は同様の問題が発生し、データが失われる(インストールの開始前にデータのバックアップが行われていないと仮定)は、復元できませんでした。
実行しているインストールのタイプに関係なく、システム上の既存データのバックアップは常に行う必要があります。

6.3.4. 残りの領域の使用

swap パーティションと / (root)パーティションが作成され、残りの領域を使用するようにルートパーティションを選択しているが、ハードドライブがいっぱいになっていない。
ハードドライブが 1024 を超えるシリンダーである場合は、/ (root)パーティションでハードドライブ上の残りの領域をすべて使用する場合は、/boot パーティションを作成する必要があります。

6.3.5. その他のパーティション設定の問題

Disk Druid を使用してパーティションを作成し、次の画面に移動できない場合は、Disk Druid の依存関係を満たすために必要なパーティションがすべて作成されていない可能性があります。
最低必要条件として次のパーティションがあることを確認してください。
  • / (ルート) パーティション
  • タイプ swap の <swap> パーティション
注記
パーティションのタイプを swap として定義する場合は、マウントポイントを割り当てないでください。Disk Druid は、自動的にマウントポイントを割り当てます。

6.3.6. Itanium システムユーザー向けのその他のパーティション設定の問題

Disk Druid を使用してパーティションを作成し、次の画面に移動できない場合は、Disk Druid の依存関係を満たすために必要なパーティションがすべて作成されていない可能性があります。
最低必要条件として次のパーティションがあることを確認してください。
  • VFAT タイプの /boot/efi/ パーティション
  • / (ルート) パーティション
  • タイプ swap の <swap> パーティション
注記
パーティションのタイプを swap として定義する際、マウントポイントを割り当てる必要はありません。Disk Druid は、自動的にマウントポイントを割り当てます。

6.3.7. Python エラーが表示されていますか ?

Red Hat Enterprise Linux のアップグレードまたはインストール時に、インストールプログラム( anacondaとも呼ばれます)が Python またはトレースバックエラーで失敗する可能性があります。このエラーは、個々のパッケージの選択後、または /tmp/ディレクトリーにアップグレードログを保存しようとする際に発生する可能性があります。エラーは以下のようになります。
Traceback (innermost last):
File "/var/tmp/anaconda-7.1//usr/lib/anaconda/iw/progress_gui.py", line 20, in run
rc = self.todo.doInstall ()    
File "/var/tmp/anaconda-7.1//usr/lib/anaconda/todo.py", line 1468, in doInstall 
self.fstab.savePartitions ()    
File "fstab.py", line 221, in savePartitions      
sys.exit(0)  
SystemExit: 0   
Local variables in innermost frame:  
self: <fstab.GuiFstab instance at 8446fe0>  
sys: <module 'sys' (built-in)>  
ToDo object:  (itodo  ToDo  p1  (dp2  S'method'  p3  (iimage  CdromInstallMethod  
p4  (dp5  S'progressWindow'  p6   <failed>
このエラーは、/tmp/ へのリンクが他の場所へのシンボリックリンクであるか、作成後に変更されたシステムで発生します。これらのシンボリックリンクまたは変更されたリンクはインストールプロセス時に無効であるため、インストールプログラムは情報を書き込めず、失敗します。
このようなエラーが発生した場合は、まず anaconda で利用可能なエラータをダウンロードします。エラータは以下にあります。
http://www.redhat.com/support/errata/
anaconda の Web サイトは役立つリファレンスで、以下のオンラインで参照できます。
http://fedoraproject.org/wiki/Anaconda
また、この問題に関連するバグレポートを検索することもできます。Red Hat のバグ追跡システムを検索するには、以下に移動します。
http://bugzilla.redhat.com/bugzilla/
最後に、このエラーに関連する問題が発生している場合は、製品を登録し、サポートチームにお問い合わせください。製品を登録するには、以下に移動します。
http://www.redhat.com/apps/activate/

6.4. インストール後の問題

6.4.1. x86 ベースのシステムでグラフィカル GRUB 画面に関する問題

GRUB で問題が発生した場合は、グラフィカルブート画面を無効にする必要がある場合があります。これを行うには、root ユーザーになり、/boot/grub/grub.conf ファイルを編集します。
grub.conf ファイル内で、行の先頭に # 文字を挿入して、splashimage で始まる行をコメントアウトします。
Enter を押して編集モードを終了します。
ブートローダー画面が返されたら、b と入力してシステムを起動します。
再起動すると、grub.conf ファイルは再読み込みされ、変更が反映されます。
上記の行を grub.conf ファイルにコメント解除(または追加)し、グラフィカルブート画面を再度有効にできます。

6.4.2. グラフィカル環境での起動

Red Hat Enterprise Linux システムにログインした後に X Window System をインストールしていてグラフィカルデスクトップ環境が表示されない場合は、コマンド startx を使用して X Window System グラフィカルインターフェイスを起動できます。
このコマンドを入力し、Enter をクリックすると、グラフィカルデスクトップ環境が表示されます。
ただし、手動による起動はその場限りで、次回からのログインプロセスを変更するわけではないことに注意してください。
グラフィカルログイン画面でログインできるようにシステムを設定するには、runlevel セクションの数字を 1 つだけ変更して、1 つのファイル /etc/inittab を編集する必要があります。設定を終えたらコンピューターを再起動します。次回のログイン時には、グラフィカルログインプロンプトが表示されます。
シェルプロンプトを開きます。ユーザーアカウントでログインしている場合は su コマンドで root になります。
ここで、gedit /etc/inittab と入力して、gedit でファイルを編集します。/etc/inittab ファイルが開きます。最初の画面では、以下のような ファイルの セクションが表示されます。
# Default runlevel. The runlevels used by RHS are: 
#   0 - halt (Do NOT set initdefault to this) 
#   1 - Single user mode 
#   2 - Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking) 
#   3 - Full multiuser mode 
#   4 - unused 
#   5 - X11 
#   6 - reboot (Do NOT set initdefault to this) 
#  id:3:initdefault:
コンソールからグラフィカルログインに変更するには、id:3:initdefault: の行の番号を 3 から 5 に変更する必要があります。
Warning
デフォルトランレベルの数 のみ3 から 5 に変更します。
変更した行は、以下のようになります。
	 id:5:initdefault: 
変更に問題がなければ、Ctrl+Q キーを使用してファイルを保存して終了します。ウィンドウが表示され、変更を保存するかどうかを尋ねられます。Save をクリックします。
システムを再起動してから次回ログインすると、グラフィカルログインプロンプトが表示されます。

6.4.3. X Window System (GUI)に関する問題

X (X Window System)の起動に問題がある場合は、インストール時にインストールされていない可能性があります。
X を使用する場合は、Red Hat Enterprise Linux CD-ROM からパッケージをインストールするか、アップグレードを実行できます。
アップグレードを選択した場合は、X Window System パッケージを選択し、アップグレードパッケージの選択プロセスで GNOME、KDE、またはその両方を選択します。

6.4.4. X サーバーのクラッシュと非 root ユーザーの問題

root 以外のログイン以外の場所に X サーバーがクラッシュする際に問題が発生した場合は、完全なファイルシステム(または利用可能なハードドライブ領域がない)がある可能性があります。
これが発生したことを確認するには、以下のコマンドを実行します。
df -h
df コマンドは、どのパーティションが満杯かの診断に役立ちます。df の詳細と、利用可能なオプション(この例では -h オプションなど)の詳細は、シェルプロンプトで man df と入力して df を参照してください。
キーインジケーターは 100% 完全であるか、パーティションで 90% または 95% を超える割合です。/home/ パーティションおよび /tmp/ パーティションは、ユーザーファイルですぐにいっぱいになる場合があります。古いファイルを削除することで、そのパーティションに部屋を確保できます。ディスク領域の一部を解放したら、以前に失敗したユーザーとして X を実行してみてください。

6.4.5. ログインの試行時の問題

Setup Agent でユーザーアカウントを作成していない場合は、root としてログインし、root に割り当てたパスワードを使用します。
root パスワードを覚えていない場合は、システムを linux single として起動します。
Itanium ユーザーは、elilo でブートコマンドを入力し、その後に起動コマンドを入力する必要があります。
x86 ベースのシステムを使用しており、GRUB がインストールされているブートローダーの場合は、e と入力して、GRUB ブート画面が読み込まれたときに編集します。選択したブートラベルの設定ファイルに項目の一覧が表示されます。
kernel で始まる行を選択し、e と入力してこのブートエントリーを編集します。
カーネル 行の最後に、以下を追加します。
	single
Enter を押して編集モードを終了します。
ブートローダー画面が返されたら、b と入力してシステムを起動します。
シングルユーザーモードで起動して # プロンプトにアクセスできる場合は、passwd root と入力すると、root の新しいパスワードを入力できます。この時点で shutdown -r と入力し、新しい root パスワードを使用してシステムを再起動することができます。
ユーザーアカウントのパスワードを記憶できない場合は、root になる必要があります。root になるには、su - と入力し、プロンプトが表示されたら root パスワードを入力します。次に、passwd <username> と入力し ます。これにより、指定したユーザーアカウントの新しいパスワードを入力することができます。
グラフィカルログイン画面が表示されない場合は、ハードウェアで互換性の問題を確認してください。『ハードウェア互換性一覧』 については、以下を参照してください。
	http://hardware.redhat.com/hcl/

6.4.6. RAM が認識されませんか ?

カーネルがすべてのメモリー(RAM)を認識しない場合があります。これは、cat /proc/meminfo コマンドで確認できます。
表示される数量が、システム内の既知の RAM 容量と同じであることを確認します。これが等しくない場合は、以下の行を /boot/grub/grub.conf に追加します。
mem=xxM
xx を、メガバイト単位の RAM 容量に置き換えます。
/boot/grub/grub.conf では、上記の例は以下のようになります。
# NOTICE: You have a /boot partition. This means that 
#  all kernel paths are relative to /boot/ 
default=0 
timeout=30 
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz 
title Red Hat Enterprise Linux (2.6.9-5.EL)         
root (hd0,0)         
kernel /vmlinuz-2.6.9-5.EL ro root=/dev/hda3 mem=128M
再起動すると、grub.conf への変更はシステムに反映されます。
GRUB ブート画面を読み込んだら、e と入力して編集します。選択したブートラベルの設定ファイルに項目の一覧が表示されます。
kernel で始まる行を選択し、e と入力してこのブートエントリーを編集します。
カーネル 行の最後に、を追加します。
mem=xxM
ここでの xx は、システムの RAM 容量になります。
Enter を押して編集モードを終了します。
ブートローダー画面が返されたら、b と入力してシステムを起動します。
Itanium ユーザーは、elilo でブートコマンドを入力し、その後に起動コマンドを入力する必要があります。
xx をシステムの RAM 容量に置き換えることを忘れないでください。Enter を押して起動します。

6.4.7. プリンターが機能しなくなる

プリンターの設定方法がわからない場合、または正常に機能しない場合は、Printer Configuration Tool の使用を試行します。
シェルプロンプトで system-config-printer コマンドを入力して、Printer Configuration Tool を起動します。root でない場合は、続行するために root パスワードを求めるプロンプトが表示されます。

6.4.8. サウンド設定に関する問題

何らかの理由でサウンドとサウンドカードがインストールされていることが分からない場合は、Sound Card Configuration Tool (system-config-soundcard)ユーティリティーを実行できます。
Sound Card Configuration Tool を使用するには、Main Menu => System => Administration => Soundcard Detection in GNOME または Main Menu => Administration => Administration => Soundcard Detection (KDE の Main Menu => Administration => Soundcard Detection )を選択します。root パスワードの入力を求める小さなテキストボックスが表示されます。
シェルプロンプトで system-config-soundcard コマンドを入力して、Sound Card Configuration Tool を起動することもできます。root でない場合は、続行するために root パスワードを求めるプロンプトが表示されます。
Sound Card Configuration Tool が機能しない場合(サンプルが再生されておらず、まだオーディオサウンドがない場合)、サウンドカードが Red Hat Enterprise Linux でサポートされていない可能性があります。

6.4.9. 起動時に Apache ベースの httpd サービス/Sendmail Hangs

Apache ベースの httpd サービスまたは Sendmail が起動時にハングする問題がある場合は、以下の行が /etc/hosts ファイルにあることを確認します。
127.0.0.1  localhost.localdomain  localhost

第7章 Intel および AMD システムへのインストール時のドライバーの更新

ほとんどの場合、Red Hat Enterprise Linux にはシステムを設定するデバイスのドライバーがすでに含まれています。しかし、かなり最近にリリースされたハードウェアが搭載されている場合、そのハードウェア用のドライバーはまだ含まれていない可能性があります。新しいデバイスのサポートを提供するドライバー更新は、Red Hat またはハードウェアベンダー( ISO イメージファイル または rpm パッケージ )から入手できる場合があります。これらの形式はいずれも、ドライバーの更新を設定するすべてのファイルを 1 つのファイルで提供します。
インストールプロセス中に新しいハードウェアが必要になることはほぼありません。たとえば、ローカルのハードドライブへのインストールに DVD を使用する場合は、ネットワークカード用のドライバーがなくてもインストールは成功します。このような状況では、インストールを完了し、その後のハードウェアサポートを追加します。ドライバー更新 rpm パッケージを使用したこのサポートの追加に関する詳細は、「ドライバー更新 rpm パッケージ」 を参照してください。
他の状況では、インストールプロセスでデバイスのドライバーを追加して特定の設定に対応する必要がある場合があります。たとえば、ネットワークデバイスまたはストレージアダプターカードのドライバーをインストールして、インストーラーにシステムが使用するストレージデバイスへのアクセス権限を付与する場合があります。ドライバー更新イメージファイルを使用して、インストール時に以下の 3 つの方法のいずれかでサポートを追加できます。
  1. インストーラーがアクセスできる場所にイメージファイルを配置します。
    1. ローカル IDE ハードドライブ
    2. USB フラッシュドライブなどの USB ストレージデバイス
    3. ローカルネットワーク上の FTP サーバー、HTTP サーバー、または NFS サーバー(または別のユーザーがイメージファイルを配置したインターネット上の場所を書き留めておきます)
  2. イメージファイルを解凍して ドライバー更新ディスク を作成します。
    1. CD (コンピューターに IDE 光学ドライブがある場合)
    2. DVD (コンピューターに IDE 光学ドライブがある場合)
    3. フロッピーディスク
    4. USB フラッシュドライブなどの USB ストレージデバイス
  3. イメージファイルから 初期 ramdisk 更新 を作成し、PXE サーバーに保存します。これは、他の方法でドライバーの更新を実行できない場合にのみ考慮する必要がある高度な手順です。
Red Hat、ハードウェアの製造元、または信頼できるサードパーティーなどによってインストール中のドライバー更新が必要であることが明示されている場合には、本章で説明している方法の中から 1 つ選択し、検証してからインストールを実行するようにしてください。逆に、お使いのシステムでドライバーの更新が必要かどうかが不明な場合には、ドライバーは更新しないでください。不要なドライバー更新をインストールすると害は発生しませんが、想定されていないシステムにドライバーが存在するとサポートが複雑になる可能性があります。

7.1. インストール中にドライバーを更新する場合の制約

ただし、インストール中にドライバー更新を使用してドライバーを提供できない状況もあります。
すでに使用されているデバイス
ドライバー更新を使用して、インストールプログラムがすでに読み込まれているドライバーを置き換えることはできません。代わりに、インストールプログラムがロードしたドライバーでインストールを完了し、インストール後に新しいドライバーに更新する必要があります。インストールプロセスに新しいドライバーが必要な場合は、初期 RAM ディスクドライバーの更新の実行を検討してください。「初期 RAM ディスク更新の準備」 を参照してください。
同等のデバイスを持つデバイスが利用可能です
同じタイプのすべてのデバイスが一緒に初期化されるため、インストールプログラムが同様のデバイス用にドライバーを読み込んだ場合は、デバイスのドライバーを更新できません。たとえば、2 つの異なるネットワークアダプターを持つシステムについて考えてみましょう。そのうちの 1 つはドライバー更新です。インストールプログラムは両方のアダプターを同時に初期化するため、このドライバー更新を使用することはできません。ここでも、インストールプログラムにより読み込まれたドライバーのインストールを完了し、インストール後に新しいドライバーに更新するか、初期 RAM ディスクドライバーの更新を使用します。

7.2. インストール中にドライバーを更新するための準備

ドライバー更新が必要で、ハードウェアで利用可能な場合には、ハードウェアベンダーなどの信頼できるサードパーティーは、ISO 形式のイメージファイルで提供されます。ドライバー更新を実行するには、インストールプログラムでイメージファイルを利用できるようにする必要がある場合があります。また、ドライバー更新ディスクの作成にはイメージファイルを使用する必要があります。また、初期 RAM ディスクの更新を準備する必要があります。
イメージファイル自体を使用するメソッド
  • ローカルハードドライブ(IDE のみ)
  • USB ストレージデバイス(USB フラッシュドライブなど)
  • ネットワーク(HTTP、FTP、NFS)
イメージファイルから生成されたドライバー更新ディスクを使用する方法
  • フロッピーディスク
  • cd (IDE のみ)
  • DVD (IDE のみ)
  • USB ストレージデバイス(USB フラッシュドライブなど)
初期 RAM ディスクの更新を使用するメソッド
  • PXE
ドライバー更新を提供する方法を選択し、「ドライバー更新イメージファイルを使用するための準備」「ドライバー更新ディスクの準備」 または 「初期 RAM ディスク更新の準備」 を参照してください。USB ストレージデバイスを使用して、イメージファイルを提供するか、ドライバー更新ディスクとして提供できることに注意してください。
SATA および SCSI
インストール時に、SATA または SCSI 接続を持つデバイスによって読み取られるメディアにドライバーの更新を提供することはできません。たとえば、お使いのシステムの光学ドライブが SATA 接続を持つ DVD ドライブである場合、CD または DVD でドライバーの更新を行うことはできません。

7.2.1. ドライバー更新イメージファイルを使用するための準備

7.2.1.1. ローカルストレージでイメージファイルを使用するための準備

USB フラッシュドライブ、USB ハードドライブ、ローカル IDE ハードドライブなどのローカルストレージで ISO イメージファイルを利用できるようにするには、ファイルをストレージデバイスにコピーします。ファイルを変更すると、ファイル名を変更することができますが、ファイル名の拡張子は変更しないでください。これは .iso のままにする必要があります。以下の例では、ファイルの名前は dd.iso です。

図7.1 ドライバー更新イメージファイルを保持する USB フラッシュドライブの内容

ドライバー更新イメージファイルを保持する USB フラッシュドライブの内容
この方法を使用すると、ストレージデバイスには単一のファイルのみが含まれることに注意してください。これは、多くのファイルを含む CD や DVD などの形式のドライバー更新ディスクとは異なります。ISO イメージファイルには、通常ドライバー更新ディスクにあるすべてのファイルが含まれます。
インストール中にドライバー更新ディスクを使用する方法については、「インストーラーがドライバー更新を求めるプロンプトを表示します。」 および 「ドライバー更新ディスクを指定するには、起動オプションを使用します。」 を参照してください。
デバイスのファイルシステムラベルを OEMDRV に変更すると、インストールプログラムはドライバーの更新の有無を自動的に確認し、検出したものをロードします。この動作は、デフォルトで有効になっている dlabel=on 起動オプションによって制御されます。「インストーラーがドライバー更新ディスクを自動的に検索させます。」 を参照してください。

7.2.1.2. ネットワークを介して利用可能なイメージファイルを使用するための準備

ISO イメージファイルをローカルネットワーク上で利用できるようにするには、HTTP、FTP、または NFS サーバーの一般にアクセス可能なフォルダーに配置します。インターネット経由ですでに公開されているイメージファイルを使用する場合は、特別な準備は必要ありません。いずれの場合も、URL をメモし、インストールを開始する前にネットワーク上の別のマシンから ファイルにアクセスできることを確認します。

7.2.2. ドライバー更新ディスクの準備

さまざまなメディアを使用して、CD、DVD、フロッピーディスク、USB フラッシュドライブなどの USB ストレージデバイスなど、ドライバー更新ディスクを作成できます。

7.2.2.1. CD または DVD でのドライバー更新ディスクの作成

この手順では、GNOME デスクトップを使用していることを前提としています。
CD/DVD Creator は GNOME デスクトップの一部です。別の Linux デスクトップ、または別のオペレーティングシステムを使用する場合は、別のソフトウェアを使用して CD または DVD を作成する必要があります。手順は通常同様です。
選択したソフトウェアが、イメージファイルから CD または DVD を作成できることを確認します。これは、ほとんどの CD および DVD 書き込みソフトウェアに当てはまりますが、例外が存在します。burn from image or similar というラベルが付いたボタンまたはメニューエントリーを探します。ソフトウェアにこの機能がない場合や、ソフトウェアを選択しない場合、作成されるディスクはイメージファイルのコンテンツではなくイメージファイル自体のみを保持します。
  1. デスクトップファイルマネージャーを使用して、Red Hat またはハードウェアベンダーが提供するドライバー更新 ISO イメージファイルを見つけます。

    図7.2 ファイルマネージャーウィンドウに表示される通常の .iso ファイル

    ファイルマネージャーウィンドウに表示される通常の .iso ファイル
  2. このファイルを右クリックし、Write to disc を選択します。以下のようなウィンドウが表示されます。

    図7.3 CD/DVD クリエーターの Disc への書き込みダイアログ

    CD/DVD クリエーターの Disc への書き込みダイアログ
  3. Write ボタンをクリックします。空のディスクがドライブにない場合は、CD/DVD 作成者によりディスク を挿入するように求められます。
ドライバー更新ディスク CD または DVD を作成したら、システムにディスクを挿入し、ファイルマネージャーを使用して参照して、ディスクが正常に作成されたことを確認します。以下のようなファイルの一覧が表示されます。

図7.4 CD または DVD 上の一般的なドライバー更新ディスクの内容

CD または DVD 上の一般的なドライバー更新ディスクの内容
末尾が .iso のファイルが 1 つしかない場合は、ディスクが正しく作成されていないため、再試行する必要があります。GNOME 以外の Linux デスクトップや Linux 以外のオペレーティングシステムを使用している場合は、イメージの書き込み などのオプションを選択しているか確認してください。
インストール中にドライバー更新ディスクを使用する方法については、「インストーラーがドライバー更新を求めるプロンプトを表示します。」 および 「ドライバー更新ディスクを指定するには、起動オプションを使用します。」 を参照してください。

7.2.2.2. フロッピーディスクまたは USB ストレージデバイスでのドライバー更新ディスクの作成

この手順では、Linux の使用を前提としています。
以下の手順は、Linux を使用してドライバー更新ディスクを作成していることを前提としています。別のオペレーティングシステムを使用してドライバー更新ディスクを作成するには、ISO イメージからファイルを抽出できるツールを見つける必要があります。次に、展開したファイルをリムーバブルディスクまたは USB ストレージデバイスに配置する必要があります。
これらの命令によりデータが破棄される可能性がある
すでにデータが含まれているディスクまたは USB ストレージデバイスでこの手順を実行すると、このデータは警告なしで破棄されます。正しいディスクまたは USB ストレージデバイスを指定し、このディスクまたはストレージデバイスに保持するデータが含まれていないことを確認します。
  1. 空のフォーマットされたフロッピーディスクを利用可能なドライブに挿入するか、空の USB ストレージデバイス(USB フラッシュドライブなど)をコンピューターに接続します。このディスクに割り当てられるデバイス名(たとえば、システム上の最初のフロッピードライブ内のフロッピーディスクの /dev/fd0 など)をメモします。
    デバイス名が分からない場合は、root になり、コマンドラインで fdisk -l コマンドを使用します。システムで利用可能なストレージデバイスの一覧が表示されます。ディスクが挿入されたり、ストレージデバイスが接続されている場合に、ディスクが削除されるか、ストレージデバイスが切断されている場合に、fdisk -l の出力を比較します。
  2. コマンドラインで、イメージファイルが含まれるディレクトリーに移動します。
  3. コマンドラインで以下を入力します。
    dd if=image of=device
    ここで、image はイメージファイル、device はデバイス名です。たとえば、ドライバー更新イメージファイル dd.iso からフロッピーディスク /dev/fd0 にドライバーディスクを作成するには、以下を使用します。
    dd if=dd.iso of=/dev/fd0
ドライバー更新ディスクを作成したら、ドライバー更新ディスクを挿入(ディスクを使用した場合は)するか、アタッチ(USB ストレージデバイスを使用している場合)し、ファイルマネージャーを使用してこれを参照します。図7.4「CD または DVD 上の一般的なドライバー更新ディスクの内容」 に記載されているようなファイルのリストが表示された場合は、ドライバー更新ディスクを正しく作成したことがわかっています。
インストール中にドライバー更新ディスクを使用する方法については、「インストーラーがドライバー更新を求めるプロンプトを表示します。」 および 「ドライバー更新ディスクを指定するには、起動オプションを使用します。」 を参照してください。

7.2.3. 初期 RAM ディスク更新の準備

高度な手順
これは、他の方法でドライバーの更新を実行できない場合にのみ考慮する必要がある高度な手順です。
Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムは、RAM ディスクからインストールプロセスの初期段階で更新を読み込むことができます。これは、ディスク であるかのように一時的に動作するコンピューターのメモリー領域です。これと同じ機能を使用して、ドライバーの更新を読み込むことができます。インストール時にドライバーの更新を実行するには、コンピューターが PXE ( preboot execution environment )サーバーから起動でき、PXE サーバーがネットワーク上で利用可能である必要があります。インストール時に PXE を使用する方法については、34章PXE ネットワークインストール を参照してください。
PXE サーバーでドライバーの更新を利用できるようにするには、以下を実行します。
  1. ドライバー更新イメージファイルを PXE サーバーに配置します。通常、これは、Red Hat またはハードウェアベンダーが指定したインターネット上の場所から PXE サーバーにダウンロードすることで行います。ドライバー更新イメージファイルの名前は、.iso で終わります。
  2. ドライバー更新イメージファイルを /tmp/initrd_update ディレクトリーにコピーします。
  3. ドライバー更新イメージファイルの名前を dd.img に変更します。
  4. コマンドラインで、/tmp/initrd_update ディレクトリーに移動し、以下のコマンドを入力して、Enter を押します。
    find . | cpio --quiet -c -o | gzip -9 >/tmp/initrd_update.img
    
  5. /tmp/initrd_update.img ファイルを、インストールに使用するターゲットを保持しているディレクトリーにコピーします。このディレクトリーは、/tftpboot/pxelinux/ ディレクトリーの下にあります。たとえば、/tftpboot/pxelinux/r5su3/ は、Red Hat Enterprise Linux 5.3 Server の PXE ターゲットを保持する可能性があります。
  6. /tftpboot/pxelinux/pxelinux.cfg/default ファイルを編集し、作成した初期 RAM ディスクの更新を含むエントリーを以下の形式で追加します。
    label target-dd
    kernel target/vmlinuz
    append initrd=target/initrd.img,target/dd.img
    
    ここで、target は、インストールに使用するターゲットに置き換えます。

例7.1 ドライバー更新イメージファイルからの初期 RAM ディスク更新の準備

この例では、driver_update.iso はインターネットから PXE サーバーのディレクトリーにダウンロードしたドライバー更新イメージファイルです。PXE ブートのターゲットは、/tftpboot/pxelinux/r5su3にあります。
コマンドラインで、ファイルを保持するディレクトリーに移動し、以下のコマンドを入力します。
$ cp driver_update.iso /tmp/initrd_update/dd.img
$ cd /tmp/initrd_update
$ find . | cpio --quiet -c -o | gzip -9 >/tmp/initrd_update.img
$ cp /tmp/initrd_update.img /tftpboot/pxelinux/r5su3/dd.img
/tftpboot/pxelinux/pxelinux.cfg/default ファイルを編集し、以下のエントリーを追加します。
label r5su3-dd
kernel r5su3/vmlinuz
append initrd=r5su3/initrd.img,r5su3/dd.img
インストール時に初期 RAM ディスクの更新を使用する方法については、「ドライバー更新を含む PXE ターゲットを選択します。」 を参照してください。

7.3. インストール中のドライバー更新

インストール中にドライバーの更新は、以下の方法で実行できます。
  • インストーラーがドライバー更新ディスクを自動的に検索させます。
  • インストーラーがドライバーの更新を求めるプロンプトを出します。
  • ドライバー更新ディスクを指定するには、起動オプションを使用します。
  • 起動オプションを使用して、ネットワーク上でドライバー更新イメージファイルを指定します。
  • ドライバー更新を含む PXE ターゲットを選択します。

7.3.1. インストーラーがドライバー更新ディスクを自動的に検索させます。

インストールプロセスを開始する前に、ファイルシステムラベル OEMDRV でブロックデバイスを接続します。インストーラーはデバイスを自動的に検査し、検出したドライバーの更新を読み込み、プロセス中にプロンプトを表示しません。インストーラーが検索できるようにストレージデバイスを準備するには、「ローカルストレージでイメージファイルを使用するための準備」 を参照してください。

7.3.2. インストーラーがドライバー更新を求めるプロンプトを表示します。

  1. 選択した方法であれば、通常インストールを開始します。インストーラーがインストールプロセスに不可欠なハードウェアのドライバーをロードできない場合(たとえば、ネットワークまたはストレージコントローラーを検出できない場合など)、ドライバー更新ディスクを挿入するように求められます。

    図7.5 ドライバーが見つかりませんダイアログ

    ドライバーが見つかりませんダイアログ

7.3.3. ドライバー更新ディスクを指定するには、起動オプションを使用します。

この方法は、完全に新しいドライバーに対してのみ選択してください。
この方法は、既存のドライバーを更新せずに、完全に新しいドライバーの導入のみを行います。
  1. インストールプロセスの開始時に、起動プロンプトに linux dd入力 し、Enter を押します。インストーラーは、ドライバーディスクがあることを確認するように求められます。

    図7.6 ドライバーディスクプロンプト

    ドライバーディスクプロンプト
  2. CD、DVD、フロッピーディスク、または USB ストレージデバイスで作成したドライバー更新ディスクを挿入し、Yes を選択します。インストーラーは検出できるストレージデバイスを検査します。ドライバーディスクを保持できる場所が 1 つしかない場合(たとえば、インストーラーがフロッピーディスクの存在を検出しますが、他のストレージデバイスはない)、この場所で見つかったドライバー更新が自動的に読み込まれます。
    インストーラーがドライバー更新を保持できる複数の場所を見つけると、更新の場所を指定するように求められます。「ドライバー更新イメージファイルの場所またはドライバー更新ディスクの指定」 を参照してください。

7.3.4. ブートオプションを使用して、ネットワーク上でドライバー更新イメージファイルを指定します。

この方法は、完全に新しいドライバーに対してのみ選択してください。
この方法は、既存のドライバーを更新せずに、完全に新しいドライバーの導入のみを行います。
インストールプロセスの開始時に、起動プロンプトに linux dd= URL (URL はドライバー更新イメージの HTTP、FTP、または NFS アドレス)と 入力 し、Enter を押します。インストーラーは、そのアドレスからドライバー更新イメージを取得し、インストール時にこれを使用します。

7.3.5. ドライバー更新を含む PXE ターゲットを選択します。

  1. コンピューターの BIOS または起動メニューで ネットワークブート を選択します。このオプションを指定する手順は、コンピューターごとに大きく異なります。お使いのコンピューターに関連する具体的な情報については、ハードウェアのドキュメントまたはハードウェアベンダーを参照してください。
  2. PXE (preexecution boot environment)で、PXE サーバーに準備したブートターゲットを選択します。たとえば、PXE サーバーの /tftpboot/pxelinux/pxelinux.cfg/default ファイルでこの環境 r5su3-dd のラベルを付けた場合は、プロンプトで r5su3-dd入力 し、Enter を押します。
インストール時の更新の実行に PXE を使用する手順については、「初期 RAM ディスク更新の準備」 および 34章PXE ネットワークインストール を参照してください。これは高度な手順であり、ドライバー更新を実行する他の方法が失敗しない限り、試行しないでください。

7.4. ドライバー更新イメージファイルの場所またはドライバー更新ディスクの指定

インストーラーが、ドライバー更新を保持できる複数のデバイスを検出すると、正しいデバイスを選択するように求められます。ドライバー更新の保存先のデバイスを表すオプションが不明な場合は、正しいオプションを見つけるまで、さまざまなオプションを試してください。

図7.7 ドライバーディスクソースの選択

ドライバーディスクソースの選択
選択したデバイスに適切な更新メディアが含まれていない場合、インストーラーは別の選択を促します。
フロッピーディスク、CD、DVD、または USB ストレージデバイスでドライバー更新ディスクを行うと、インストーラーはドライバーの更新を読み込むようになりました。ただし、選択したデバイスが複数のパーティションを含むことができるデバイスのタイプである場合(現在複数のパーティションがあるかどうかに関係なく)、インストーラーはドライバー更新を保持するパーティションを選択するように求める場合があります。

図7.8 ドライバーディスクパーティションの選択

ドライバーディスクパーティションの選択
インストーラーは、ドライバーの更新が含まれるファイルを指定するよう要求します。

図7.9 ISO イメージの選択

ISO イメージの選択
ドライバー更新を内部ハードドライブまたは USB ストレージデバイスに保存した場合、これらの画面が表示されます。ドライバーの更新がフロッピーディスク、CD、または DVD にある場合は、表示されないはずです。
イメージファイルまたはドライバー更新ディスクのどちらの形式でドライバーの更新を提供しているかにかかわらず、インストーラーは適切な更新ファイルを一時的なストレージ領域(ディスク上ではなく)にコピーするようになりました。インストーラーは、追加のドライバー更新を使用するかどうかを尋ねる場合があります。Yes を選択すると、追加の更新が順番にロードされます。読み込むドライバーの更新がない場合は、No を選択します。ドライバー更新を削除可能なメディアに保存した場合、ディスクまたはデバイスを安全に取り出しまたは切断できるようになりました。インストーラーはドライバーの更新を必要としなくなり、他の目的でメディアを再利用できます。

第8章 Intel® および AMD システムの追加の起動オプション

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムで利用可能な追加のブートおよびカーネル起動オプションを説明します。
ここで表示される起動オプションのいずれかを使用するには、インストール boot: プロンプトで呼び出すコマンドを入力します。

起動時間コマンド引数

askmethod
このコマンドにより、Red Hat Enterprise Linux CD-ROM から起動する際に使用するインストール方法を選択するように求められます。
apic
この x86 ブートコマンドは、Intel 440GX チップセット BIOS で一般的に発生するバグを回避します。これは、インストールプログラムのカーネルでのみ実行する必要があります。
dd
この引数により、インストールプログラムはドライバーディスクの使用を要求します。
dd=url
この引数により、インストールプログラムは、指定した HTTP、FTP、または NFS ネットワークアドレスからのドライバーイメージの使用を求めるプロンプトを出します。
display=ip:0
このコマンドにより、リモートディスプレイ転送が可能になります。このコマンドでは、ip をディスプレイを表示するシステムの IP アドレスに置き換える必要があります。
ディスプレイを表示するシステムで、コマンド xhost + remotehostname を実行する必要があります。remotehostname は、元のディスプレイを実行しているホストの名前になります。コマンド xhost +remotehostname を使用すると、リモートディスプレイターミナルへのアクセスを制限し、リモートアクセスを特に許可していないユーザーやシステムからのアクセスを許可しません。
driverdisk
このコマンドは、dd コマンドと同じ機能を実行し、Red Hat Enterprise Linux のインストール時にドライバーディスクを使用するプロンプトを表示します。
Linux upgradeany
このコマンドは、/etc/redhat-release ファイルのチェックの一部を緩和します。/etc/redhat-release ファイルがデフォルトから変更されている場合、Red Hat Enterprise Linux 5 へのアップグレードの試行時に Red Hat Enterprise Linux インストールが見つからないことがあります。このオプションは、既存の Red Hat Enterprise Linux インストールが検出されない場合にのみ使用してください。
mediacheck
このコマンドを使用すると、インストールソースの整合性をテストするオプションが提供されます(ISO ベースの方法の場合)。このコマンドは、CD、DVD、ハードドライブ ISO、および NFS ISO のインストール方法で機能します。インストール前に ISO イメージの整合性を検証することで、インストール中に何度も遭遇する問題を回避することができます。
mem=xxxm
このコマンドを使用すると、カーネルがマシンを検出するメモリー容量をオーバーライドできます。これは、16 MB のみが検出され、ビデオカードがメインメモリーとビデオメモリーを共有する一部の新しいマシンで必要になる場合があります。このコマンドを実行する場合は、xxx をメガバイト単位で置き換える必要があります。
mpath
マルチパスサポートを有効にします。
重要 - マルチパスデバイスへのインストールに必須
複数のパスからアクセスできるネットワークストレージデバイスに Red Hat Enterprise Linux 5.11 をインストールする場合は、このオプションを使用してインストールプロセスを起動する必要があります。起動時にこのオプションを指定しないとインストールに失敗するか、インストールの完了後にシステムの起動に失敗します。
nmi_watchdog=1
このコマンドにより、組み込みのカーネルのデッドロック検出が有効になります。このコマンドは、ハードカーネルのロックアップのデバッグに使用できます。定期的な NMI (マスク不可割り込み)割り込みを実行することで、カーネルは、CPU がロックされたかどうかを監視し、必要に応じてデバッグメッセージを出力できます。
noapic
この x86 ブートコマンドは、カーネルに APIC チップを使用しないように指示します。一部のマザーボードでは、不正な APIC (Abit BP6 など)やバグの bios があると便利です。nvidia nforce3 チップセットに基づくシステム(Asus SK8N など)は、システムの起動時に IDE の検出中にハングすることがわかっているか、他の割り込み再配信の問題を表示することが分かりました。
noeject
インストール後に光学ディスクを取り出しないでください。このオプションは、後でトレイを閉じるのが困難なリモートインストールで役に立ちます。
nomce
この x86 ブートコマンドは、CPU で実行される自己診断チェックを無効にします。カーネルは、デフォルトで CPU で自己診断を有効にします( マシンチェック例外と呼ばれます)。初期の Compaq Pentium システムはプロセッサーエラーチェックを正しくサポートしないため、このオプションが必要になる場合があります。その他いくつかのラップトップ(特に、Radeon IGP チップセットを使用するラップトップ)もこのオプションが必要になる場合があります。
nonet
このコマンドは、ネットワークハードウェアのプローブを無効にします。
nopass
このコマンドは、キーボードとマウスの情報をインストールプログラムのステージ 2 に渡すことを無効にします。ネットワークインストールの実行時に、インストールプログラムの第 2 段階の 2 段階でキーボードとマウスの設定画面をテストするために使用できます。
nopcmcia
このコマンドは、システム内の PCMCIA コントローラーを無視します。
noprobe
このコマンドは、ハードウェアの検出を無効にし、代わりにユーザーにハードウェア情報の入力を求めます。
noshell
このコマンドは、インストール時に仮想コンソール 2 のシェルアクセスを無効にします。
nostorage
このコマンドは、SCSI および RAID のストレージハードウェアのプロービングを無効にします。
nousb
このコマンドは、インストール時に USB サポートの読み込みを無効にします。インストールプログラムがプロセスの初期段階でハングする傾向がある場合は、このコマンドが役に立つ場合があります。
nousbstorage
このコマンドは、インストールプログラムのローダーで usbstorage モジュールの読み込みを無効にします。SCSI システムでのデバイスの順序付けに役立つ場合があります。
numa=off
Red Hat Enterprise Linux は AMD64 アーキテクチャー上の NUMA (非均一メモリーアクセス)をサポートします。すべての cpus は numa サポートなしですべてのメモリーにアクセスできますが、更新されたカーネルに存在する numa サポートは、可能な限り発生する CPU を優先し、CPU 間のメモリートラフィックを最小化します。これにより、特定のアプリケーションでパフォーマンスが大幅に改善される可能性があります。NUMA 以外の元の動作に戻すには、この起動オプションを指定します。
reboot=b
この x86、AMD64、および Intel® EM64T ブートコマンドにより、カーネルがマシンの再起動を試行する方法が変更されます。システムのシャットダウン中にカーネルがハングした場合、このコマンドを実行すると、システムが正常に再起動することがあります。
rescue
このコマンドは、レスキューモードを実行します。レスキューモードの詳細は、27章基本的なシステムの復元 を参照してください。
resolution=
インストールプログラムに対して、実行するビデオモードを指定します。640x480800x6001024x768 などの標準解像度も使用できます。
serial
このコマンドは、シリアルコンソールのサポートを有効にします。
text
このコマンドは、グラフィカルインストールプログラムを無効にし、インストールプログラムをテキストモードで実行します。
updates
このコマンドにより、anaconda インストールプログラムの更新(バグ修正)を含むフロッピーディスクを挿入するように求められます。ネットワークインストールを実行し、サーバー上の rhupdates/ に updates イメージコンテンツを配置している場合は、これは必要ありません。
updates=
このコマンドを使用すると、anaconda インストールプログラムの更新(バグ修正)を取得する URL を指定できます。
vnc
このコマンドを使用すると、VNC サーバーからインストールできます。
vncpassword=
このコマンドは、VNC サーバーへの接続に使用されるパスワードを設定します。
重要
他のカーネル起動オプションは、anaconda に特別な意味がなく、インストールプロセスには影響しません。ただし、このオプションを使用してインストールシステムを起動すると、anaconda はブートローダー設定に保存されます。

第9章 GRUB ブートローダー

Red Hat Enterprise Linux のコンピューターがオンになると、ブートローダー と呼ばれる特別なプログラムでオペレーティングシステムがメモリーに読み込まれます。ブートローダーは通常、システムのプライマリーハードドライブ(またはその他のメディアデバイス)に存在し、必要なファイルや(場合によっては)他のオペレーティングシステムをメモリーにロードする唯一のロールを果たします。

9.1. ブートローダーおよびシステムアーキテクチャー

Red Hat Enterprise Linux を実行できる各アーキテクチャーは、別のブートローダーを使用します。以下の表には、各アーキテクチャーで利用可能なブートローダーをまとめています。

表9.1 アーキテクチャー別のブートローダー

アーキテクチャー ブートローダー
AMD® AMD64 GRUB
IBM® eServerSystem i OS/400®
IBM® eServerSystem p YABOOT
IBM® System z® z/IPL
IBM® System z® z/IPL
Intel® Itanium ELILO
x86 GRUB
本章では、x86 アーキテクチャー用の Red Hat Enterprise Linux に含まれる GRUB ブートローダーのコマンドと設定オプションについて説明します。

9.2. GRUB

GNU GRand Unified Boot loader (GRUB)は、システム起動時にインストールされているオペレーティングシステムまたはカーネルの選択を可能にするプログラムです。また、ユーザーはカーネルに引数を渡すことができます。

9.2.1. GRUB および x86 ブートプロセス

本セクションでは、x86 システムを起動する際の特定のロール GRUB プレイについて説明します。ブートプロセス全体を確認するには、「ブートプロセスの詳細」 を参照してください。
GRUB は、以下の段階でメモリーに読み込みます。
  1. Stage 1 またはプライマリーブートローダーは、MBR から BIOS によってメモリーに読み込まれます。[4].プライマリーブートローダーは、MBR 内の 512 バイト未満のディスク領域に存在し、Stage 1.5 または Stage 2 ブートローダーのいずれかを読み込むことができます。
  2. Stage 1.5 ブートローダーは、必要に応じて Stage 1 ブートローダーによってメモリーに読み込まれます。一部のハードウェアには、Stage 2 ブートローダーを取得するために中間ステップが必要です。これは、/boot/ パーティションがハードドライブの 1024 シリンダーヘッドを上回る場合や、LBA モードを使用する場合に該当します。Stage 1.5 ブートローダーは、/boot/ パーティション上、または MBR と /boot/ パーティションの一部にあります。
  3. Stage 2 またはセカンダリーブートローダーはメモリーに読み込まれます。セカンダリーブートローダーには、GRUB メニューおよびコマンド環境が表示されます。このインターフェイスを使用すると、ユーザーは起動するカーネルまたはオペレーティングシステムを選択したり、カーネルに引数を渡すか、システムパラメーターを確認できます。
  4. セカンダリーブートローダーは、オペレーティングシステムまたはカーネルと、/boot/sysroot/ の内容をメモリーに読み取ります。GRUB が起動するオペレーティングシステムまたはカーネルを決定したら、それをメモリーに読み込み、マシンの制御をそのオペレーティングシステムに転送します。
ブートローダーはオペレーティングシステムを直接ロードするため、Red Hat Enterprise Linux 起動に使用される方法は 直接ロード と呼ばれます。ブートローダーとカーネルの間に中間はありません。
他のオペレーティングシステムで使用される起動プロセスは異なる場合があります。たとえば、Microsoft® Windows® オペレーティングシステムや他のオペレーティングシステムは、チェーン ロードを使用してロードされます。この方法では、MBR はオペレーティングシステムを保持するパーティションの最初のセクターを指し、そのオペレーティングシステムを実際に起動するのに必要なファイルを見つけます。
GRUB は、直接読み込みとチェーンロードブート方法の両方をサポートしているため、ほとんどすべてのオペレーティングシステムを起動できます。
Warning
インストール時に、Microsoft の DOS および Windows のインストールプログラムは MBR を完全に上書きし、既存のブートローダーを破棄します。デュアルブートシステムを作成する場合は、最初に Microsoft オペレーティングシステムをインストールすることが推奨されます。

9.2.2. GRUB の機能

GRUB には、x86 アーキテクチャーで利用可能な他のブートローダーを使用することが推奨されます。以下は、重要な機能の一部の部分的なリストです。
  • GRUB は、x86 マシンで実際のコマンドベースのプレ OS 環境を提供します。この機能は、指定したオプションでオペレーティングシステムを読み込む場合や、システムに関する情報の収集に柔軟性を持たせることができます。長年、x86 以外のアーキテクチャーの多くは、コマンドラインからのシステム起動を可能にする OS 前環境を使用しています。
  • GRUB は、論理ブロックアドレス指定(LBA) モードをサポートします。LBA は、ハードドライブのファームウェア内のファイルの検索に使用されるアドレス指定変換を配置し、多くの IDE およびすべての SCSI ハードドライブで使用されます。LBA より前は、ブートローダーが 1024 シリンダー BIOS の制限が発生した場合に、ディスクの 1024 シリンダーヘッドの後に BIOS がファイルを見つけられませんでした。LBA サポートを使用すると、システム BIOS が LBA モードをサポートしている限り、GRUB は 1024 リンダー制限を超えるパーティションからオペレーティングシステムを起動できます。最新の BIOS リビジョンのほとんどは、LBA モードをサポートしています。
  • GRUB は ext2 パーティションを読み取ることができます。この機能により、GRUB はシステムの起動時に毎回設定ファイル /boot/grub/grub.conf にアクセスでき、設定が変更された場合に、ユーザーが第 1 ステージブートローダーを MBR に書き込める必要がなくなります。MBR に GRUB を再インストールする必要があるのは、/boot/ パーティションの物理的な場所がディスク上で移動した場合のみです。MBR に GRUB をインストールする方法は、「GRUB のインストール」 を参照してください。


[4] システム BIOS および MBR の詳細は、「BIOS について」 を参照してください。

9.3. GRUB のインストール

インストールプロセス中に GRUB がインストールされていない場合は、その後にインストールできます。インストールが完了すると、自動的にデフォルトのブートローダーになります。
GRUB をインストールする前に、利用可能な最新の GRUB パッケージを使用するか、インストール CD-ROM から GRUB パッケージを使用してください。パッケージのインストール方法は、Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド の 『RPM を使用したパッケージ管理』 の章を参照してください。
GRUB パッケージをインストールしたら、root シェルプロンプトを開き、コマンド /sbin/grub-install < location > を実行します。ここで、<location> は GRUB Stage 1 ブートローダーのインストール場所です。たとえば、次のコマンドは、プライマリー IDE バス上のマスター IDE デバイスの MBR に GRUB をインストールします。
/sbin/grub-install /dev/hda
次回のシステム起動時に、カーネルがメモリーに読み込む前に GRUB グラフィカルブートローダーメニューが表示されます。
重要:GRUB および RAID
GRUB はソフトウェア RAID を作成できません。したがって、/boot ディレクトリーは、1 つの特定のディスクパーティションに存在する必要があります。/boot ディレクトリーは、RAID レベル 0 と同様に、複数のディスクにストライプ化できません。システムでレベル 0 RAID を使用するには、/boot を、RAID 以外の別のパーティションに配置します。
同様に、/boot ディレクトリーは単一の特定のディスクパーティションに存在する必要があるため、そのパーティションを保持しているディスクに障害が発生したり、システムから削除したりすると、GRUB はシステムを起動することができません。これは、ディスクがレベル 1 RAID でミラーリングされている場合でも該当します。以下の Red Hat ナレッジベースアーティクルでは、ミラーリングされたセット内の別のディスクからシステムを起動可能にする方法を説明します。http://kbase.redhat.com/faq/docs/DOC-7095
これらの問題は、アレイを設定する個々のディスクがシステム上の個々のディスクとして表示されるソフトウェアに実装されている RAID にのみ適用されることに注意してください。これらの問題は、複数のディスクが 1 つのデバイスとして表されるハードウェア RAID には適用されません。

9.4. GRUB の用語

GRUB を使用する前に理解しておくべき最も重要な点の 1 つは、ハードドライブやパーティションなどのデバイスを参照するプログラムです。この情報は、複数のオペレーティングシステムをブートするように GRUB を設定する場合に特に重要です。

9.4.1. デバイス名

GRUB で特定のデバイスを参照する場合は、次の形式を使用します(括弧とコンマは非常に重要な構文であることに注意してください)。
(<type-of-device><bios-device-number>,<partition-number>)
&lt ;type-of-device> は、GRUB が起動するデバイスのタイプを指定します。最も一般的な 2 つのオプションは、ハードディスクの場合は hd、3.5 ディスケットの場合は fd です。あまり使用されないデバイス種別は、ネットワークディスクに対して nd と呼ばれることもあります。ネットワーク経由で起動するように GRUB を設定する手順は、オンライン( http://www.gnu.org/software/grub/manual/ )を参照してください。
& lt;bios-device-number&gt; は BIOS デバイス番号です。プライマリー IDE ハードドライブの番号は 0 で、セカンダリー IDE ハードドライブには 1 の番号が付けられます。この構文は、カーネルによりデバイスに使用されるものとほぼ同等です。たとえば、カーネルの hda の は、GRUB の hd 0 の 0 に類似しており、hdbbhd 1 の 1 に類似しています。
&lt ;partition-number&gt; は、デバイスのパーティションの数を指定します。< bios-device-number > と同様に、ほとんどのパーティションには 0 から始まる番号が付けられます。ただし、BSD パーティションは文字を使用して指定 0 に対応するb、b などを指定します。
注記
GRUB 下のデバイスの番号付けシステムは、常に 1 ではなく 0 で始まります。これを区別できないのは、新規ユーザーによる最も一般的な間違いの 1 つです。
たとえば、システムに複数のハードドライブがある場合、GRUB は最初のハードドライブを (hd0)として、2 つ目は(hd 1)として参照し ます。同様に、GRUB は最初のドライブの最初のパーティションを (hd0,0) として、2 番目のハードドライブの 3 番目のパーティション (hd1,2) を参照します。
通常、GRUB でデバイスおよびパーティションの命名時に、以下のルールが適用されます。
  • システムのハードドライブが IDE または SCSI である場合でも、ハードドライブはすべて hd 文字で始まります。3.5 ディスケットの指定には fd 文字が使用されます。
  • パーティションを使用せずにデバイス全体を指定するには、コンマとパーティション番号のままにします。これは、特定のディスクに MBR を設定するように GRUB に指示する場合に重要です。たとえば、(hd0 )は最初のデバイスの MBR を指定し、(hd3) は 4 番目のデバイスの MBR を指定します。
  • システムに複数のドライブデバイスがある場合は、BIOS でドライブの起動順序の設定方法を把握することが重要です。これは、システムに IDE ドライブまたは SCSI ドライブしかないものの、デバイスを混在させる場合は、最初に起動パーティションがあるドライブの種類に最初にアクセスすることが重要になります。

9.4.2. ファイル名およびブロックリスト

メニューリストなどのファイルを参照する GRUB にコマンドを入力する場合は、デバイスとパーティション番号の直後に絶対パスを指定する必要があります。
以下は、このようなコマンドの構造を示しています。
(<device-type><device-number>,<partition-number>)</path/to/file>
この例では、< device-type>hdfd、または nd に置き換えます。&lt ;device-number&gt; をデバイスの整数に置き換えます。& lt;/path/to/file&gt; は、デバイスの最上位に対する絶対パスに置き換えます。
パーティションの最初のいくつかのブロックに表示されるチェーンローダーなど、ファイルシステムに実際に表示されない GRUB にファイルを指定することもできます。このようなファイルを読み込むには、パーティションの中にファイルが配置されているブロックでブロックを指定するブロック リスト を指定します。ファイルは、いくつかの異なるブロックセットで設定されることが多いため、拒否リストでは特別な構文を使用します。ファイルを含む各ブロックは、ブロックのオフセット番号と、そのオフセットポイントのブロック数で指定されます。ブロックオフセットは、コンマ区切りのリストで順次一覧表示されます。
以下は、ブロックリストの例です。
0+50,100+25,200+1
このサンプルブロックリストでは、パーティションの最初のブロックから開始し、49 から 100 から 100 から 124、および 200 までのブロックを使用するファイルを指定します。
GRUB を使用してチェーンロードが必要なオペレーティングシステムを読み込む際には、ブロックリストの書き込み方法を把握しておくと便利です。ブロックのオフセット番号は、ブロック 0 から始まる場合は省略できます。たとえば、最初のハードドライブの最初のパーティションにあるチェーンロードファイルの名前は以下のようになります。
(hd0,0)+1
以下は、正しいデバイスとパーティションを root に設定した後に、GRUB コマンドラインで同様のブロックリストの指定を持つ chainloader コマンドを示しています。
chainloader +1

9.4.3. ルートファイルシステムと GRUB

root ファイルシステム という用語の使用は、GRUB に関して異なる意味を持ちます。GRUB の root ファイルシステムでは、Linux の root ファイルシステムで行うことはない点を覚えておくことが重要です。
GRUB root ファイルシステムは、指定されたデバイスのトップレベルです。たとえば、イメージファイル (hd0,0) /grub/ splash.xpm.gz は、( hd0,0)パーティションの最上位(または root)の /grub/ ディレクトリー内にあります(実際にはシステムの /boot/ パーティション)
次に、kernel コマンドは、オプションとして kernel ファイルの場所で実行されます。Linux カーネルが起動すると、Linux ユーザーが理解している root ファイルシステムを設定します。元の GRUB root ファイルシステムとそのマウントは忘れられ、カーネルファイルを起動するためにのみ存在しました。
詳細は、「GRUB コマンド」root コマンドおよび kernel コマンドを参照してください。

9.5. GRUB インターフェイス

GRUB は、さまざまなレベルの機能を提供する 3 つのインターフェイスを特長としています。これらの各インターフェイスを使用すると、ユーザーは Linux カーネルまたは別のオペレーティングシステムを起動できます。
インターフェイスは以下のとおりです。
注記
以下の GRUB インターフェイスにアクセスするには、GRUB メニューバイパス画面の 3 秒以内に任意のキーを押します。
メニューインターフェイス
これは、インストールプログラムにより GRUB が設定されている場合に表示されるデフォルトのインターフェイスです。オペレーティングシステムまたは事前設定されたカーネルのメニューは、名前で順序付けされた一覧として表示されます。矢印キーを使用してオペレーティングシステムまたはカーネルバージョンを選択し、Enter キーを押して起動します。この画面に何も行わない場合は、時間が経過すると GRUB がデフォルトオプションを読み込みます。
e キーを押して、エントリーエディターインターフェイスまたは c キーを押して、コマンドラインインターフェイスを読み込みます。
このインターフェイスの設定に関する詳細は、「GRUB メニュー設定ファイル」 を参照してください。
メニューエントリーエディターインターフェイス
メニューエントリーエディターにアクセスするには、ブートローダーメニューから e キーを押します。そのエントリーの GRUB コマンドはここに表示され、ユーザーはコマンドラインを追加することにより、オペレーティングシステムを起動する前にこれらのコマンドラインを変更できます(現在の行の後に新しい行を挿入し、O は新しい行を挿入してから挿入)、編集(e)、または 1 つ(d)を削除します。
すべての変更を行った後、b キーはコマンドを実行し、オペレーティングシステムを起動します。Esc キーはすべての変更を破棄し、標準メニューインターフェイスを再度読み込みます。c キーは、コマンドラインインターフェイスを読み込みます。
注記
GRUB メニューエントリーエディターを使用したランレベルの変更に関する詳細は、「起動時のランレベルの変更」 を参照してください。
コマンドラインインターフェイス
コマンドラインインターフェイスは最も基本的な GRUB インターフェイスですが、制御が最も多いインターフェイスでもあります。コマンドラインでは、関連する GRUB コマンドを入力し、その後に Enter キーを押して実行できます。このインターフェイスには、コンテキストに基づく Tab キー補完や、行の最後に移動する Ctrl+a などのコマンドの入力時のCtrlキーの組み合わせなど、高度なシェルのような機能が含まれています。 さらに、矢印、HomeEnd、および Delete キーは、bash シェルと同じように機能します。
一般的なコマンドの一覧は、「GRUB コマンド」 を参照してください。

9.5.1. インターフェイスのロード順

GRUB が第 2 ステージブートローダーを読み込むと、まず設定ファイルを検索します。見つかったら、メニューインターフェイスのバイパス画面が表示されます。キーを 3 秒以内に押すと、GRUB はメニュー一覧を構築し、メニューインターフェイスを表示します。キーを押しても、GRUB メニューのデフォルトのカーネルエントリーが使用されます。
設定ファイルが見つからない場合や、設定ファイルが読み取れない場合は、GRUB はコマンドラインインターフェイスを読み込み、ユーザーが起動プロセスを完了するためにコマンドを入力できるようにします。
設定ファイルが有効でない場合は、GRUB はエラーを出力して入力を要求します。これは、問題が発生した場所を正確に確認するのに役立ちます。キーを押すとメニューインターフェイスが再読み込みされ、メニューオプションを編集して、GRUB が報告するエラーに基づいて問題を修正できます。修正に失敗すると、GRUB はエラーを報告し、メニューインターフェイスを再読み込みします。

9.6. GRUB コマンド

GRUB では、コマンドラインインターフェイスで便利なコマンドを複数使用できます。コマンドによっては、名前の後にオプションを受け付けます。これらのオプションは、コマンドと、その行の他のオプションを空白文字で区切る必要があります。
以下は、便利なコマンドの一覧です。
  • boot - 最後に読み込まれたオペレーティングシステムまたはチェーンローダーを起動します。
  • chainloader & lt;/path/to/file>: 指定したファイルをチェーンローダーとして読み込みます。指定されたパーティションの最初のセクターにファイルが存在する場合は、ファイル名ではなく、ブロック リスト表記 +1 を使用します。
    以下は chainloader コマンドの例です。
    chainloader +1
  • displaymem: BIOS からの情報に基づいて、メモリーの現在の使用状況を表示します。これは、システムを起動する前にシステムに必要な RAM 容量を判断するのに役立ちます。
  • initrd </path/to/initrd&gt;: 起動時に使用する初期 RAM ディスクを指定できるようにします。ルートパーティションが ext3 ファイルシステムでフォーマットされている場合など、カーネルが適切に起動するために特定のモジュールが必要な場合は initrd が必要です。
    以下は initrd コマンドの例です。
    initrd /initrd-2.6.8-1.523.img
  • install & lt;stage-1& gt; < install-disk > < stage-2 > p config-file - GRUB をシステム MBR にインストールします。
    • <stage- 1> - (hd0,0)/grub/stage1 など、最初のブートローダーイメージがあるデバイス、パーティション、およびファイルに署名します。
    • <install-disk >: (hd0) など、ステージ 1 ブートローダーをインストールするディスクを指定します。
    • <stage- 2>: stage 2 ブートローダーの場所を (hd0,0)/grub/stage2 などのステージ 1 ブートローダーに渡します。
    • p < config-file > - このオプションは、install コマンドに、< config-file> で指定されたメニュー設定ファイル を検索するように指示します (例:(hd0,0)/grub/grub.conf )。
    Warning
    install コマンドは、MBR にある情報をすべて上書きします。
  • kernel & lt;/path/to/kernel > < option-1 > < option-N > ... - オペレーティングシステムの起動時にロードするカーネルファイルを指定します。&lt ;/path/to/kernel> を、root コマンドで指定されたパーティションの絶対パスに置き換えます。& lt;option-1 > を、Linux カーネルのオプション( root=/dev/VolGroup00/LogVol00 など)に置き換え、システムのルートパーティションが置かれているデバイスを指定します。複数のオプションをスペース区切りの一覧でカーネルに渡すことができます。
    以下は、カーネル コマンドの例です。
    kernel /vmlinuz-2.6.8-1.523 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    上記の例の オプションは、Linux の root ファイルシステムが hda5 パーティションにあることを指定します。
  • root (<device-type> <device-number > , <partition>): GRUB のルートパーティションを設定します(例: (hd0,0))。パーティションをマウントします。
    以下は、root コマンドの例です。
    root (hd0,0)
  • rootnoverify (<device-type> <device-number > , <partition>): root コマンドと同様に GRUB のルートパーティションを設定しますが、パーティションはマウントしません。
他のコマンドも利用できます。コマンドの全リストには help --all と入力します。すべての GRUB コマンドの説明は、http://www.gnu.org/software/grub/manual/ でオンラインで利用可能なドキュメントを参照してください。

9.7. GRUB メニュー設定ファイル

設定ファイル(/boot/grub/grub.conf)は、GRUB のメニューインターフェイスで起動するオペレーティングシステムの一覧を作成するために使用されます。これは基本的に、実行するコマンドの事前設定グループを選択できます。「GRUB コマンド」 に記載されているコマンドと、設定ファイルでのみ利用可能ないくつかの特別なコマンドを使用できます。

9.7.1. 設定ファイルの構造

GRUB メニューインターフェイスの設定ファイルは /boot/grub/grub.conf です。メニューインターフェイスのグローバル設定を行うコマンドは、ファイルの最上部に配置され、続いてメニューにリストされている各オペレーティングシステムまたはオペレーティングシステムのスタンザが続きます。
以下は、Red Hat Enterprise Linux または Microsoft Windows 2000 のいずれかを起動するように設計された、非常に基本的な GRUB メニュー設定ファイルです。
default=0 
timeout=10 
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz 
hiddenmenu 
title Red Hat Enterprise Linux Server (2.6.18-2.el5PAE)         
root (hd0,0)         
kernel /boot/vmlinuz-2.6.18-2.el5PAE ro root=LABEL=/1 rhgb quiet       
initrd /boot/initrd-2.6.18-2.el5PAE.img

# section to load Windows 
title Windows         
rootnoverify (hd0,0)         
chainloader +1
このファイルは、Red Hat Enterprise Linux をデフォルトのオペレーティングシステムとして構築するように GRUB を設定し、10 秒後に自動ブートするように設定します。システムディスクのパーティションテーブルに固有のコマンドと共に、オペレーティングシステムのエントリーごとに 1 つのセクションが示されています。
注記
デフォルトは整数として指定されることに注意してください。これは、GRUB 設定ファイルの最初の title 行を参照します。上記の例で Windows セクションをデフォルトとして設定するには、default= 0 を default =1 に変更し ます
複数のオペレーティングシステムをブートするための GRUB メニュー設定ファイルの設定は、本章の範囲外になります。関連情報の一覧は、「関連情報」 を参照してください。

9.7.2. 設定ファイルのディレクティブ

以下は、GRUB メニュー設定ファイルで一般的に使用されるディレクティブです。
  • chainloader & lt;/path/to/file>: 指定したファイルをチェーンローダーとして読み込みます。& lt;/path/to/file> をチェーンローダーへの絶対パスに置き換えます。指定されたパーティションの最初のセクターにファイルが存在する場合は、ブロックリスト表記 +1 を使用し ます
  • color & lt;normal-color > < selected-color >: メニューで特定の色を使用できるようにします。2 つの色がフォアグラウンドと背景として設定されます。red/black などの単純な色名を使用します。以下に例を示します。
    color red/black green/blue
  • default= &lt;integer& gt;: < integer > を、メニューインターフェイスがタイムアウトした場合に読み込まれるデフォルトのエントリータイトル番号に置き換えます。
  • fallback= &lt;integer&gt;: < integer > を、最初の試行に失敗した場合に試行するエントリータイトル番号に置き換えます。
  • hiddenmenu - GRUB メニューインターフェイスが表示されず、タイムアウト 期間が過ぎると デフォルト のエントリーが読み込まれます。Esc キーを押して、標準の GRUB メニューを表示できます。
  • initrd </path/to/initrd&gt;: 起動時に使用する初期 RAM ディスクを指定できるようにします。& lt;/path/to/initrd> を初期 RAM ディスクへの絶対パスに置き換えます。
  • kernel & lt;/path/to/kernel > < option-1 > < option-N > - オペレーティングシステムの起動時にロードするカーネルファイルを指定します。&lt ;/path/to/kernel> を、root ディレクティブで指定されたパーティションの絶対パスに置き換えます。ロード時に、複数のオプションをカーネルに渡すことができます。
  • password=<password > - このメニューオプションのエントリーの編集からパスワードが分からないユーザーを削除します。
    必要に応じて、password = <password > ディレクティブの後に別のメニュー設定ファイルを指定できます。この場合、GRUB は第 2 段階のブートローダーを再起動し、指定した別の設定ファイルを使用してメニューを構築します。別のメニュー設定ファイルが コマンド外 に残される場合、パスワードを知っているユーザーは現在の設定ファイルを編集できます。
    GRUB のセキュリティー保護に関する詳細は、Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド の 『Workstation Security』 の章を参照してください。
  • root (<device-type> <device-number > , <partition>): GRUB のルートパーティションを設定します(例: (hd0,0))。パーティションをマウントします。
  • rootnoverify (<device-type> <device-number > , <partition>): root コマンドと同様に GRUB のルートパーティションを設定しますが、パーティションはマウントしません。
  • timeout= &lt;integer > - デフォルト コマンドで指定されたエントリーを読み込む前に GRUB が待機する間隔を秒単位で指定します。
  • splashimage= &lt;path-to-image& gt;: GRUB の起動時に使用されるスプラッシュ画面イメージの場所を指定します。
  • title group-title - カーネルまたはオペレーティングシステムのロードに使用される特定のコマンドのグループで使用するタイトルを指定します。
人間が判読できるコメントをメニュー設定ファイルに追加するには、行頭にハッシュマーク記号#を付けます。

9.8. 起動時のランレベルの変更

Red Hat Enterprise Linux では、システムの起動時にデフォルトのランレベルを変更できます。
単一のブートセッションのランレベルを変更するには、次の手順を使用します。
  • 起動時に GRUB メニューバイパス画面が表示されたら、任意のキーを押して GRUB メニューに移動します(最初の 3 秒以内に)。
  • キーを押して カーネル コマンドに を追加します。
  • 起動オプション行の最後 に &lt;space> <runlevel > を追加して、目的のランレベルで起動します。たとえば、以下のエントリーは、ランレベル 3 で起動プロセスを開始します。
    grub append> ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb quiet 3

9.9. 関連情報

本章は、GRUB の概要としてのみ意図されています。GRUB の仕組みの詳細については、以下のリソースを参照してください。

9.9.1. インストールされているドキュメント

  • /usr/share/doc/grub- <version-number> / - このディレクトリーには、GRUB の使用および設定に関する適切な情報が含まれています。< version-number > はインストールされている GRUB パッケージのバージョンに対応します。
  • info grub: GRUB 情報ページにはチュートリアル、ユーザーリファレンスガイド、プログラマーリファレンスガイド、GRUB とその使用方法に関する FAQ などが含まれています。

9.9.2. 便利な Web サイト

第10章 Itanium および Linux に関するその他のリソース

Itanium システムでの Red Hat Enterprise Linux の実行に関連するその他のリファレンス資料は、Web で入手できます。利用可能なリソースは以下のとおりです。

パート II. IBM POWER アーキテクチャー - インストールと起動

Red Hat Enterprise Linux Installation Guide』 for IBM POWER Systems では、Red Hat Enterprise Linux のインストールと基本的なインストール後のトラブルシューティングについて説明しています。高度なインストールオプションについては、このマニュアルの後半で説明します。

第11章 開始するための手順

11.1. アップグレードまたはインストールの選択

アップグレードまたはインストールを実行するかどうかを判断するのに役立つ情報は、24章現在のシステムのアップグレード を参照してください。

11.2. IBM eServer System p と System i の準備

IBM eServer System p システムおよび IBM eServer System i システムには、パーティション設定、仮想デバイスまたはネイティブデバイス、およびコンソールに関する多くのオプションが導入されました。システムの両方のバージョンで同じカーネルが使用され、システム設定によっては同じオプションが多数利用可能です。
パーティションが分割されていないシステムの p システムを使用している場合は、インストール前の設定は必要ありません。HVSI シリアルコンソールを使用するシステムの場合には、コンソールを T2 シリアルポートに接続します。
パーティションが設定されたシステムを使用する場合、IBM System p または IBM System のいずれでも、パーティションを作成してインストールを開始する手順をほとんど同じです。HMC でパーティションを作成し、CPU、メモリーのリソース、SCSI、イーサネットのリソースなどを適宜割り当てます。仮想、ネイティブいずれでも構いません。HMC のパーティション作成ウィザードを使用すると手順を追って作成することができます。
パーティションの作成に関する詳細は、オンラインで利用可能な 『Linux 論理パーティションの設定 の』 IBM の Infocenter アーティクル( http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/eserver/v1r3s/index.jsp?topic=/iphbi/iphbikickoff.htm)を参照してください。
ネイティブではなく仮想の SCSI リソースを使用する場合には、まず先に仮想 SCSI によるパーティションへのリンクを設定してから、仮想 SCSI 提供のパーティション自体を設定してください。HMC で仮想 SCSI クライアントとサーバーのスロット間にリンクを作成します。使用しているモデルおよびオプションに応じて、AIX または i5/OS のいずれかで仮想 SCSI サーバーを設定できます。
IBM Redbooks やその他のオンラインリソースを含む仮想デバイスの使用方法は、http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/eserver/v1r3s/index.jsp?topic=/iphbi/iphbirelated.htmを参照してください。
仮想化 eServer i5 の詳細は、IBM Redbook SG24-6388-01、『Implementing POWER Linux on IBM System i Platform』 を参照してください。これには、http://www.redbooks.ibm.com/redpieces/abstracts/sg246388.html?Openからアクセスできます。
システムの設定が完了したら、HMC からアクティベートするか電源をオンにする必要があります。実行するインストールのタイプによっては、システムをインストールプログラムで正しく起動するように SMS を設定する必要がある場合があります。

11.3. 十分なディスク容量がありますか?

現代のほぼすべてのオペレーティングシステム (OS) は ディスクパーティション を使用しており、Red Hat Enterprise Linux も例外ではありません。Red Hat Enterprise Linux をインストールするとき、ディスクパーティションの操作が必要になる場合があります。以前にディスクパーティションを使用していない場合(または、基本的な概念を素早く確認する必要がある場合は、26章ディスクパーティションの概要 を参照してから先に進んでください)。
Red Hat Enterprise Linux が使用するディスク領域は、システムにインストールしている可能性のある他の OS が使用するディスク領域から分離する必要があります。
インストールプロセスを開始する前に、以下を行う必要があります。
  • unpartitioned (未パーティション化)が十分である[5] Red Hat Enterprise Linux インストールのディスク領域
  • 削除可能なパーティションが 1 つ以上あるため、Red Hat Enterprise Linux をインストールするのに十分なディスク領域が解放されます。
実際に必要な容量をよりよく理解するには、「推奨されるパーティション設定スキーム」 で説明している、推奨されるパーティション設定サイズを参照してください。


[5] パーティションが分割されていないディスク領域とは、インストールするハードドライブで利用可能なディスク領域が、データ用のセクションに分割されていないことを意味します。ディスクをパーティション分割すると、各パーティションは個別のディスクドライブのように動作します。

11.4. CD-ROM または DVD を使用してインストールできますか ?

CD-ROM または DVD からインストールするには、Red Hat Enterprise Linux 製品を購入し、Red Hat Enterprise Linux 5.11 CD-ROM または DVD が必要です。また、システムに DVD/CD-ROM ドライブがある。

11.5. ネットワークからのインストールの準備

CD、DVD、またはフラッシュドライブなどの USB ストレージデバイスで使用可能なブートメディアがあることを確認します。
Red Hat Enterprise Linux インストールメディアは、ネットワークインストール (NFS、FTP、または HTTP 経由) またはローカルストレージ経由のインストールに使用できる必要があります。NFS、FTP、または HTTP インストールを実行している場合は、次の手順を使用します。
ネットワーク経由でインストールに使用する NFS、FTP、または HTTP サーバーは、インストール DVD-ROM またはインストール CD-ROM の完全なコンテンツを提供できる別のマシンである必要があります。
注記
Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムでは、インストールメディアの整合性をテストする機能があります。これは、CD/DVD、ハードドライブ ISO、および NFS ISO のインストール方法で動作します。Red Hat は、インストールプロセスを開始する前に、およびインストール関連のバグを報告する前に、すべてのインストールメディアをテストすることを推奨します(CD が不適切に書き込まれたため、報告されたバグの多くは実際には多数あります)。このテストを使用するには、yaboot: プロンプトで以下のコマンドを入力します。
	linux mediacheck
注記
以下の例では、インストールファイルが含まれるインストールステージングサーバーのディレクトリーは /location/of/disk/space として指定されます。FTP、NFS、または HTTP 経由で一般に公開されるディレクトリーは、/publicly/available/directory として指定されます。たとえば、/location/of/disk/space は、/var/isos という名前のディレクトリーになります。HTTP インストールの場合、/publicly/available/directory/var/www/html/rhel5 である可能性があります。
インストール DVD または CD-ROM から、インストールステージングサーバーとして動作する Linux マシンにファイルをコピーするには、以下の手順を実行します。
  • 次のコマンド(DVD の場合)を使用して、インストールディスクから iso イメージを作成します。
    dd if=/dev/dvd of=/location/of/disk/space/RHEL5.iso
    ここで、dvd は DVD ドライブデバイスを指します。

11.5.1. FTP および HTTP インストールの準備

NFS、FTP、または HTTP インストールのインストールツリーを設定する場合は、RELEASE-NOTES ファイルとすべてのファイルを、すべてのオペレーティングシステムの ISO イメージにある RedHat ディレクトリーからコピーする必要があります。Linux および UNIX システムでは、以下のプロセスがサーバーにターゲットディレクトリーを適切に設定します(CD-ROM/ISO イメージごとに繰り返します)。
  1. CD-ROM または DVD-ROM を挿入します。
  2. mount /media/cdrom
  3. Server バリアントをインストールする場合は、cp -a /media/cdrom/Server < target-directory> を実行します。
    Client バリアントをインストールする場合は、cp -a /media/cdrom/Client < target-directory> を実行します。
  4. cp /media/cdrom/RELEASE-NOTES* <target-directory> (インストール CD 1 または DVD のみ)
  5. cp /media/cdrom/images &lt ;target-directory&gt; (インストール CD 1 または DVD のみ)
  6. umount /media/cdrom
(ここで は、<target-directory > はインストールツリーを含むディレクトリーへのパスを表します)。
注記
Supplementary ISO イメージまたはレイヤード製品の ISO イメージは、Anaconda の適切な操作に必要なファイルを上書きするため、コピーし ない でください。
これらの ISO イメージは、Red Hat Enterprise Linux のインストール にインストールする必要があります。
次に、/publicly/available/directory ディレクトリーが FTP または HTTP で共有されていることを確認し、クライアントアクセスを確認します。ディレクトリーがサーバー自体からアクセスできるかどうかを確認してから、インストールする同じサブネット上の別のマシンから確認することができます。

11.5.2. NFS インストールの準備

NFS をインストールする場合は、iso イメージをマウントする必要はありません。iso イメージ自体を NFS 経由で使用できるようにするだけで十分です。これは、iso イメージまたはイメージを NFS エクスポートされたディレクトリーに移動することで実行できます。
  • DVD の場合:
    mv /location/of/disk/space/RHEL5.iso /publicly/available/directory/
  • CDROM の場合:
    mv /location/of/disk/space/disk*.iso /publicly/available/directory/
/publicly/available/directory ディレクトリーが、/etc/exports のエントリーを介して NFS 経由でエクスポートされていることを確認します。
特定のシステムにエクスポートするには、次のコマンドを実行します。
/publicly/available/directory client.ip.address
すべてのシステムにエクスポートするには、以下のようなエントリーを使用します。
/publicly/available/directory *
NFS デーモンを起動します(Red Hat Enterprise Linux システムでは、/sbin/service nfs startを使用します)。NFS がすでに実行中の場合は、設定ファイルを再読み込みします(Red Hat Enterprise Linux システムでは /sbin/service nfs reloadを使用します)。
Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイドの指示に従って NFS 共有をテストするようにしてください。

11.6. ハードドライブのインストールの準備

注記
ハードドライブのインストールは、ext2、ext3、または FAT のファイルシステムでのみ機能します。reiserfs など、ここにリストされているファイルシステム以外のファイルシステムがある場合は、ハードドライブのインストールを行うことができません。
CD、DVD、またはフラッシュドライブなどの USB ストレージデバイスで使用可能なブートメディアがあることを確認します。
ハードドライブのインストールには、ISO (または DVD/CD-ROM)イメージを使用する必要があります。ISO イメージは、DVD/CD-ROM イメージの正確なコピーを含むファイルです。必要な ISO イメージ(バイナリー Red Hat Enterprise Linux DVD/CD-ROM)をディレクトリーに配置したら、ハードドライブからインストールを選択します。次に、そのディレクトリーでインストールプログラムを指定して、インストールを実行できます。
ハードドライブのインストール用にシステムを準備するには、以下のいずれかの方法でシステムを設定する必要があります。
  • CD-ROM または DVD のセットの使用 - 各インストール CD-ROM または DVD から ISO イメージファイルを作成します。CD-ROM ごとに(DVD を 1 回)、Linux システムで以下のコマンドを実行します。
    dd if=/dev/cdrom of=/tmp/file-name.iso
  • ISO イメージの使用 - これらのイメージを、インストールするシステムに転送します。
    インストールを試行する前に ISO イメージがないことを確認することは、問題を回避するのに役立ちます。インストールを実行する前に ISO イメージがそのままであることを確認するには、md5sum プログラムを使用します(さまざまなオペレーティングシステムで md5sum プログラムを複数利用できます)。md5sum プログラムは、ISO イメージと同じ Linux マシンで利用できるようにする必要があります。
また、インストールする場所に updates.img というファイルが存在する場合は、インストールプログラムである anaconda への更新に使用されます。Red Hat Enterprise Linux のインストール方法とインストールプログラムの更新を適用する方法は、anaconda RPM パッケージの install-methods.txt ファイルを参照してください。

第12章 IBM System i および IBM System p システムへのインストール

本章では、グラフィカルマウスベースのインストールプログラムを使用して、DVD/CD-ROM から Red Hat Enterprise Linux インストールを実行する方法を説明します。以下のトピックについて説明します。
  • インストールプログラムのユーザーインターフェイスに慣れる
  • インストールプログラムの起動
  • インストール方法の選択
  • インストール中の設定手順(言語、キーボード、マウス、パーティション設定など)
  • インストールの完了

12.1. グラフィカルインストールプログラムのユーザーインターフェイス

前に グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI) を使用した場合は、このプロセスをすでに理解しているので、マウスを使って画面を移動したり、ボタンをクリックしたり、テキストフィールドに入力したりします。
キーボードを使用して、インストールに移動することもできます。Tab キーを使用すると、画面内を移動してリストをスクロールできます。+ キーと - キーはリストを展開および折りたたむことができます。一方、Space および Enter は強調表示された項目を選択または削除します。また、Alt+X キーコマンドの組み合わせをボタンをクリックして選択したり、他の画面を選択したりすることもできます。X は、その画面に表示される改行文字に置き換えられます。
パーティション化されたシステムなど、その機能を持たないシステムでグラフィカルインストールを使用する場合は、VNC またはディスプレイ転送を使用できます。VNC およびディスプレイ転送オプションには、インストール中にアクティブなネットワークとブート時の引数を使用する必要があります。利用可能なブート時間オプションの詳細は、を参照してください。 15章IBM Power Systems の追加の起動オプション
注記
GUI インストールプログラムを使用しない場合は、テキストモードのインストールプログラムも使用できます。テキストモードのインストールプログラムを起動するには、yaboot: プロンプトで以下のコマンドを使用します。
linux text
テキストモードのインストール手順の概要は、「テキストモードのインストールプログラムユーザーインターフェイス」 を参照してください。
GUI インストールプログラムを使用してインストールを行うことが強く推奨されます。GUI インストールプログラムは、テキストモードのインストール時に利用できない LVM 設定など、Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムの完全な機能を提供します。
テキストモードのインストールプログラムを使用する必要があるユーザーは、GUI インストールの指示に従い、必要な情報をすべて取得できます。

12.2. IBM System i または IBM System p インストールプログラムの起動

CD-ROM から IBM System i または IBM System p システムを起動するには、System Management Services (SMS)メニューでインストールブートデバイスを指定する必要があります。
システム管理サービス (System Management Services) GUI に入るには、ブートプロセスでチャイムが聞こえたら 1 キーを押します。これにより、このセクションに説明してあるグラフィカルインターフェイスと同様の画面が立ち上がります。
テキストコンソール上では、セルフテストでテスト済みのコンポーネントと一緒にバナーが表示されている時に 1 を押します。

図12.1 SMS コンソール

SMS コンソール
SMS メニュー内に入ったら、ブートオプションの選択 (Select Boot Options) からオプションを選びます。このメニュー内で、インストールデバイスまたはブートデバイスの選択 (Select Install or Boot a Device) を指定します。そこで CD/DVD を選択したらバスタイプを選びます (ほとんどの場合、SCSI)。どのタイプか分からない場合は、すべてのデバイスを表示できます。これにより、ネットワークアダプターやハードドライブなど、ブートデバイスに使用できるすべてのバスがスキャンされます。
最後に、インストール CD が含まれるデバイスを選択します。YABOOT はこのデバイスからロードされ、boot: プロンプトが表示されます。Enter を押すか、インストールが開始するまでタイムアウトが期限切れになるまで待機します。
ネットワーク経由で起動する場合は、CD #1 の images/netboot/ppc64.img ファイルを使用します。

12.3. Linux 仮想コンソールに関する注記

この情報は、コンソールとしてビデオカードを使用するパーティション化されていないシステム p システムのユーザーにのみ適用されます。パーティション化されたシステム i および System p システムのユーザーは、「HMC vterm の使用」 をスキップする必要があります。
Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムでは、インストールプロセスのダイアログボックスが多く提供されます。いくつかの診断メッセージを利用できます。また、シェルプロンプトからコマンドを入力することもできます。インストールプログラムは、これらのメッセージを 5 つの 仮想コンソール に表示されます。その中で、1 つのキーストロークの組み合わせを使用して切り替えることができます。
仮想コンソールは、非グラフィカル環境のシェルプロンプトで、リモートではなく物理マシンからアクセスします。複数の仮想コンソールを同時にアクセスできます。
これらの仮想コンソールは、Red Hat Enterprise Linux のインストール中に問題が発生した場合に役に立ちます。インストールまたはシステムコンソールに表示されるメッセージは、問題の特定に役立ちます。仮想コンソール、それらへの切り替えに使用するキーストローク、その内容の一覧は、表12.1「コンソール、キーストローク、およびコンテンツ」 を参照してください。
通常、インストール問題を診断しようとしない限り、グラフィカルインストールにはデフォルトのコンソール(仮想コンソール #6)のままにする理由はありません。

表12.1 コンソール、キーストローク、およびコンテンツ

console キーストローク コンテンツ
1 Ctrl+alt+f1 インストールダイアログ
2 Ctrl+alt+f2 シェルプロンプト
3 Ctrl+alt+f3 ログのインストール(インストールプログラムからのメッセージ)
4 Ctrl+alt+f4 システム関連のメッセージ
5 Ctrl+alt+f5 その他のメッセージ
6 Ctrl+alt+f6 X グラフィカルディスプレイ

12.4. HMC vterm の使用

HMC vterm は、パーティション化された IBM System p または IBM System i システム用のコンソールです。これは、HMC でパーティションを右クリックし、Open Terminal Window を選択して開きます。1 度にコンソールに接続することができるのは 1 つの vterm のみで、vterm 以外にパーティション化されたシステムのコンソールアクセスはありません。これは、多くの場合、'virtual console' と呼ばれますが、「Linux 仮想コンソールに関する注記」 の仮想コンソールとは異なります。

12.5. テキストモードのインストールプログラムユーザーインターフェイス

Red Hat Enterprise Linux テキストモードのインストールプログラムは、グラフィカルユーザーインターフェイスで一般的に表示される画面上の ウィジェット のほとんどを含む画面ベースのインターフェイスを使用します。図12.2「ブートローダーの設定にあるように、インストールプログラムのウィジェット」および 図12.3「Disk Druid に表示されるインストールプログラムウィジェット」 は、インストールプロセス時に表示される画面を示しています。
注記
テキストモードのインストールは明示的に文書化されていませんが、テキストモードのインストールプログラムを使用するものは、GUI インストールの指示に従うことを簡単に実行できます。注意すべき点の 1 つは、LVM (Logical Volume Management)ディスクボリュームの操作はグラフィカルモードでのみ可能であることです。テキストモードでは、デフォルトの LVM 設定を表示および受け入れることしかできません。

図12.2 ブートローダーの設定にあるように、インストールプログラムのウィジェット

ブートローダーの設定にあるように、インストールプログラムのウィジェット

図12.3 Disk Druid に表示されるインストールプログラムウィジェット

Disk Druid に表示されるインストールプログラムウィジェット
  • window: Windows (通常はマニュアルの ダイアログ と呼ばれます)は、インストールプロセス時に画面に表示されます。あるウィンドウで別のウィンドウをオーバーレイすることができます。このような場合には、上部のウィンドウのみと対話できます。そのウィンドウで終了すると、ウィンドウが消え、下のウィンドウで作業を継続できます。
  • チェックボックス - チェックボックスを使用すると、機能の選択または選択解除が可能になります。ボックスには、アスタリスク(選択済み)またはスペース(選択されていない)のいずれかが表示されます。カーソルがチェックボックス内にある場合は、Space を押して機能を選択または選択解除します。
  • テキスト入力:テキスト入力行は、インストールプログラムで必要な情報を入力できる領域です。カーソルがテキスト入力行に移動したら、その行で情報を入力または編集できます。
  • テキストウィジェット:テキストウィジェットは、テキスト表示用の画面領域です。時折、テキストウィジェットにチェックボックスなどの他のウィジェットを含めることもできます。テキストウィジェットに、予約されているスペースで表示できる情報よりも多くの情報が含まれる場合、スクロールバーが表示されます。テキストウィジェット内のカーソルを置きた場合は、Up および Down の矢印キーを使用して、利用可能なすべての情報をスクロールできます。現在の位置は、# 文字でスクロールバーに表示されます。これにより、スクロールバーが上に移動し、スクロールダウンします。
  • スクロールバー - ウィンドウの下部にスクロールバーが表示され、現在ウィンドウのフレームにリストまたはドキュメントのどの部分があるかを制御します。スクロールバーを使用すると、ファイルの任意の部分に簡単に移動できます。
  • ボタンウィジェット:ボタンウィジェットは、インストールプログラムと対話する主要な方法です。Tab キーおよび Enter キーを使用してこれらのボタンをナビゲートし、インストールプログラムのウィンドウに移動します。ボタンは強調表示されたときに選択できます。
  • カーソル:ウィジェットではありませんが、カーソルは特定のウィジェットの選択(および対話)に使用されます。カーソルが widget から widget に移動すると、ウィジェットが色を変更するか、カーソル自体がウィジェットの位置内または隣の隣にのみ表示されることがあります。図12.2「ブートローダーの設定にあるように、インストールプログラムのウィジェット」 では、カーソルは OK ボタンに配置されます。図12.3「Disk Druid に表示されるインストールプログラムウィジェット」は、Edit ボタンにカーソルを表示します。

12.5.1. キーボードを使用した移動

インストールダイアログを介したナビゲーションは、簡単なキーセットを介して実行されます。カーソルを移動するには、左、 Up、および Down の矢印キーを使用します。TabShift:Tab を使用して、画面上の各ウィジェットを前方または後方で循環させます。下部の下部には、ほとんどの画面に、利用可能なカーソル位置するキーの概要が表示されます。
ボタンを非表示にするには、カーソルをボタンの上に配置し(例: Tab を使用)、Space または Enter を押します。アイテムの一覧から項目を選択するには、カーソルを選択する項目に移動し、Enter を押します。チェックボックスのある項目を選択するには、カーソルをチェックボックスに移動し、Space を押して項目を選択します。選択を解除するには、Space を 2 回押します。
F12 を押すと現在の値を受け入れ、次のダイアログに進みます。OK ボタンを押すのと同じです。
Warning
ダイアログボックスが入力を待機している場合を除き、インストールプロセス時にキーを押しないでください(そうしないと、予期しない動作が発生する可能性があります)。

12.6. インストールの開始

12.6.1. DVD/CD-ROM からのインストール

DVD/CD-ROM から Red Hat Enterprise Linux をインストールするには、DVD/CD-ROM ドライブに DVD または CD #1 を配置して、DVD/CD-ROM からシステムを起動します。
次に、インストールプログラムはシステムをプローブし、CD-ROM ドライブの特定を試行します。IDE (ATAPI とも呼ばれる) CD-ROM ドライブを検索することから開始します。
CD-ROM ドライブが検出されておらず、SCSI CD-ROM の場合は、インストールプログラムが SCSI ドライバーを選択するよう要求します。アダプターに最も類似するドライバーを選択します。必要に応じてドライバーのオプションを指定できますが、ほとんどのドライバーは SCSI アダプターを自動的に検出します。
DVD/CD-ROM ドライブが見つかり、ドライバーがロードされている場合は、インストーラーが DVD/CD-ROM でメディアチェックを実行するオプションを提示します。これには少し時間がかかるため、この手順をスキップすることもできます。ただし、後でインストーラーで問題が発生した場合には、サポートを呼び出す前に、再起動してメディアチェックを実行する必要があります。メディアチェックダイアログから、インストールプロセスの次の段階に進みます( 「Red Hat Enterprise Linux へようこそ」を参照してください)。

12.7. ハードドライブからのインストール

パーティションの 選択 画面 は、ディスクパーティションからインストールする場合にのみ適用されます(つまり、プロンプト方式 起動オプションを使用し、インストール方法 ダイアログで ハードドライブ を選択している場合)。このダイアログでは、Red Hat Enterprise Linux のインストール元となるディスクパーティションとディレクトリーに名前を付けることができます。repo=hd 起動オプションを使用している場合は、パーティションをすでに指定している。

図12.4 ハードドライブのインストール用のパーティションダイアログの選択

ハードドライブのインストール用のパーティションダイアログの選択
Red Hat Enterprise Linux ISO イメージを含むパーティションのデバイス名を入力します。このパーティションは ext2 または vfat ファイルシステムでフォーマットする必要があり、論理ボリュームにすることはできません。また、Directory holding images というラベルが付いたフィールドもあります。
ISO イメージがパーティションのルート(トップレベル)ディレクトリーにある場合は、/ を入力します。ISO イメージがマウントされたパーティションのサブディレクトリーにある場合は、そのパーティション内の ISO イメージを保持するディレクトリーの名前を入力します。たとえば、ISO イメージが正常に /home/ としてマウントされ、イメージが /home/new/ にある場合は、/new/ を入力します。
ディスクパーティションを特定すると、Welcome ダイアログが表示されます。

12.8. ネットワークインストールの実行

ネットワークインストールを実行し、Prompt method 起動オプションで起動すると、TCP/IP の設定 ダイアログが表示されます。このダイアログには、IP およびその他のネットワークアドレスが求められます。デバイスの IP アドレスと Netmask は、DHCP を介して設定するか、手動で設定することができます。手動で IPv4 や IPv6 の情報を入力するオプションがあります。インストール時に使用している IP アドレスを 入力 し、Enter を押します。NFS インストールを実行する場合は、IPv4 情報を提供する必要があります。

図12.5 TCP/IP 設定

TCP/IP 設定

12.9. NFS 経由でのインストール

NFS ダイアログは、NFS サーバーからインストールする場合にのみ適用されます( インストール方法NFS イメージを 選択している場合)。
NFS サーバーのドメイン名または IP アドレスを入力します。たとえば、ドメイン example.comeastcoast という名前のホストからインストールする場合は、NFS Server フィールドに eastcoast.example.com を入力します。
次に、エクスポートしたディレクトリーの名前を入力します。「ネットワークからのインストールの準備」 で説明されている設定に従う場合は、バリアント/ ディレクトリーを含むディレクトリー /export/directory/ を入力します。
NFS サーバーが Red Hat Enterprise Linux インストールツリーのミラーをエクスポートする場合は、インストールツリーのルートを含むディレクトリーを入力します。インストールに使用するサブディレクトリーを決定するプロセスで、後でインストールキーを入力します。すべてが正しく指定された場合は、Red Hat Enterprise Linux のインストールプログラムが実行していることを示すメッセージが表示されます。

図12.6 NFS 設定ダイアログ

NFS 設定ダイアログ
NFS サーバーが Red Hat Enterprise Linux CD-ROM の ISO イメージをエクスポートする場合は、ISO イメージが含まれるディレクトリーを入力します。
次に、ようこそ ダイアログが表示されます。

12.10. FTP 経由でのインストール

FTP ダイアログは、FTP サーバーからインストールする場合(つまり、Prompt method 起動オプションを使用し、Installation Method ダイアログで FTP を選択した場合)にのみ適用されます。このダイアログでは、Red Hat Enterprise Linux のインストール元となる FTP サーバーを特定できます。repo=ftp 起動オプションを使用している場合は、サーバーおよびパスをすでに指定しています。

図12.7 FTP 設定ダイアログ

FTP 設定ダイアログ
インストール元の FTP サイトの名前または IP アドレスと、アーキテクチャーの バリアント/ ディレクトリーを含むディレクトリーの名前を入力します。たとえば、FTP サイトにディレクトリー /mirrors/redhat/arch/バリアント;/ が含まれている場合は、/mirrors/redhat/ arch/ を入力します( arch は、i386、ia64、ppc、s390x など)、インストールするバリアントです。すべてが正しく指定されている場合は、ファイルがサーバーから取得されていることを示すメッセージボックスが表示されます。
次に、ようこそ ダイアログが表示されます。
注記
すでにサーバーにコピーした ISO イメージを使用することで、ディスク容量を節約できます。これを行うには、ループバックでマウントすることにより、ISO イメージを使用して Red Hat Enterprise Linux を 1 つのツリーにコピーします。各 ISO イメージについて以下を実行します。
mkdir ディスクX
mount -o loop RHEL5-discX.iso discX
X を対応するディスク番号に置き換えます。

12.11. HTTP 経由でのインストール

HTTP ダイアログは、HTTP サーバーからインストールする場合(つまり、askmethod 起動オプションを使用し、Installation Method ダイアログで HTTP を選択した場合)にのみ適用されます。このダイアログで、Red Hat Enterprise Linux のインストール元となる HTTP サーバーに関する情報の入力が求められます。repo=http 起動オプションを使用した場合は、サーバーおよびパスをすでに指定しています。
インストールする HTTP サイトの名前または IP アドレスと、アーキテクチャーの バリアント/ ディレクトリーが含まれるディレクトリーの名前を入力します。たとえば、HTTP サイトに /mirrors/redhat/arch/バリアント/ が含まれている場合は、/mirrors/redhat/ arch/ を入力します( arch は、i386、ia64、ppc、s390x、および variant など)のシステムのアーキテクチャータイプに置き換えられます。すべてが正しく指定されている場合は、ファイルがサーバーから取得されていることを示すメッセージボックスが表示されます。

図12.8 HTTP セットアップダイアログ

HTTP セットアップダイアログ
次に、ようこそ ダイアログが表示されます。
注記
すでにサーバーにコピーした ISO イメージを使用することで、ディスク容量を節約できます。これを行うには、ループバックでマウントすることにより、ISO イメージを使用して Red Hat Enterprise Linux を 1 つのツリーにコピーします。各 ISO イメージについて以下を実行します。
mkdir ディスクX
mount -o loop RHEL5-discX.iso discX
X を対応するディスク番号に置き換えます。

12.12. Red Hat Enterprise Linux へようこそ

Welcome 画面では入力を求めるプロンプトは表示されません。この画面から、Release Notes ボタンをクリックすると、Red Hat Enterprise Linux 5.11 のリリースノートにアクセスできます。
Next ボタンをクリックして続行します。

12.13. 言語の選択

マウスを使って、インストールに使用する言語を選択します( 図12.9「言語の選択」を参照してください)。
ここで選択する言語は、インストール後にオペレーティングシステムのデフォルト言語になります。適切な言語を選択すると、インストール後にタイムゾーン設定をターゲットにすることもできます。インストールプログラムは、この画面で指定する内容に基づいて適切なタイムゾーンを定義しようとします。

図12.9 言語の選択

言語の選択
適切な言語を選択したら、Next をクリックして続行します。

12.14. キーボードの設定

マウスを使って正しいレイアウトタイプを選択します(例:U.S)。英語)インストールとシステムのデフォルトとして使用するキーボードの場合( 図12.10「キーボードの設定」を参照してください)。
選択が完了したら、Next をクリックして続行します。

図12.10 キーボードの設定

キーボードの設定
注記
インストール完了後にキーボードレイアウトタイプを変更するには、キーボード 設定ツール を使用します
シェルプロンプトで system-config-keyboard コマンドを入力して、キーボード 設定ツール を起動します。root でない場合は、続行するために root パスワードを求めるプロンプトが表示されます。

12.15. インストール番号の入力

インストール番号を入力します( 図12.11「インストール番号」を参照してください)。この数字は、インストーラーで利用可能なパッケージ選択セットを決定します。インストール番号の入力を省略する場合は、後でインストールするパッケージの基本的な選択が表示されます。

図12.11 インストール番号

インストール番号

12.16. ディスクパーティション設定

パーティション分割により、ハードドライブを分離セクションに分割し、各セクションが独自のハードドライブとして動作します。パーティションは、複数のオペレーティングシステムを実行する場合に特に便利です。システムのパーティション設定方法が不明な場合は、26章ディスクパーティションの概要 を参照してください。
この画面では、デフォルトのレイアウトを作成するか、Disk Druid の Create custom layout オプションを使用して手動パーティションを選択できます。
最初の 3 つのオプションでは、ドライブをパーティション分割せずに自動インストールを実行できます。システムのパーティション設定に慣れていない場合は、カスタムレイアウトの作成は選択 せず、代わりにインストールプログラムのパーティションを作成することが推奨されます。
インストール用に iSCSI ターゲットを設定するか、この画面から dmraid デバイスを無効にするには、Advanced storage configuration ボタンをクリックします。詳細は、「 高度なストレージオプション 」 を参照してください。
Warning
Update Agent は、デフォルトで更新パッケージを /var/cache/yum/ にダウンロードします。システムを手動でパーティションし、別の /var/ パーティションを作成する場合は、パッケージの更新をダウンロードするのに十分な大きさのパーティション(3.0 GB 以上)を作成してください。

図12.12 ディスクパーティション設定

ディスクパーティション設定
Disk Druid を使用してカスタムレイアウトを作成する場合は、「システムのパーティション設定」 を参照してください。
Warning
インストールの ディスクパーティション設定 フェーズの後に以下のようなエラーが発生した場合は、エラーが発生します。
"the partition table on device hda was unreadable.新しいパーティションを作成するには、初期化する必要があります。これにより、このドライブで すべて の DATA が失われました。"
実行しているインストールのタイプに関係なく、システム上の既存データのバックアップは常に行う必要があります。
重要 - マルチパスデバイス
複数のパスからアクセスできるネットワークデバイスに Red Hat Enterprise Linux をインストールするには、このインストールウィンドウに使用するドライブの選択を解除し、代わりに mapper/mpath というラベルが付いたデバイスを選択します。
既存の Red Hat Enterprise Linux インストールの root ファイルシステムを、シングルパスストレージからマルチパスストレージに移行できないことに注意してください。root ファイルシステムをマルチパスデバイスに移行するには、新規インストールを実行する必要があります。したがって、それに応じてインストールを計画する必要があります。詳細は、https://access.redhat.com/site/solutions/66501 を参照してください。

12.17. 高度なストレージオプション

図12.13 高度なストレージオプション

高度なストレージオプション
この画面から dmraid デバイスを無効にすることを選択できます。この場合は、dmraid デバイスの個々の要素が別のハードドライブとして表示されます。iSCSI (SCSI over TCP/IP)ターゲットの設定を選択することもできます。
ISCSI ターゲットを設定するには、Add ISCSI target を選択し、Add Drive ボタンをクリックして Configure ISCSI Parameters ダイアログを呼び出します。ネットワーク接続がまだアクティブでない場合は、インストーラーはネットワークインターフェイスの詳細を指定するように求められます。ドロップダウンメニューからネットワークインターフェイスを選択してから、Use dynamic IP configuration ボックスをオンのままにするか、選択を解除して、システムの IP アドレスとネットワーク上のゲートウェイおよびネームサーバーの IP アドレスを入力します。Enable IPv4 ボックスがオンのままであることを確認します。

図12.14 ネットワークインターフェイスの有効化

ネットワークインターフェイスの有効化
iSCSI ターゲット IP の詳細を入力し、一意の iSCSI イニシエーター名を指定して、このシステムを特定します。iSCSI ターゲットが認証に Challenge Handshake Authentication Protocol (CHAP)を使用する場合は、CHAP のユーザー名とパスワードを入力します。ご使用の環境で 2 方向 CHAP (Mutual CHAP とも呼ばれる)を使用する場合は、リバース CHAP のユーザー名とパスワードも入力します。Add target ボタンをクリックして、この情報を使用して ISCSI ターゲットへの接続を試みます。

図12.15 iSCSI パラメーターの設定

iSCSI パラメーターの設定
別の ISCSI ターゲット IP で再試行するには誤って入力する必要がありますが、ISCSI イニシエーター名を変更するには、インストールを再起動する必要があることに注意してください。

12.18. デフォルトレイアウトの作成

デフォルトのレイアウトを作成すると、システムから削除されたデータ(存在する場合)に関してある程度制御できます。オプションは以下のとおりです。
  • 選択し たドライブ上のすべてのパーティションを削除し、デフォルトレイアウトを作成 します。このオプションを選択して、ハードドライブ上のすべてのパーティションを削除します(これには、Windows VFAT パーティションや NTFS パーティションなどの他のオペレーティングシステムによって作成されたパーティションが含まれます)。
    Warning
    このオプションを選択すると、選択したハードドライブにあるすべてのデータがインストールプログラムにより削除されます。Red Hat Enterprise Linux をインストールするハードドライブの情報がある場合は、このオプションを選択しないでください。
  • 選択し たドライブで Linux パーティションを削除し、デフォルトレイアウトを作成 します。このオプションを選択して、Linux パーティション(以前の Linux インストールから作成したパーティション)のみを削除します。これにより、ハードドライブ(VFAT や FAT32 パーティションなど)にある可能性のある他のパーティションは削除されません。
  • 選択し たドライブで空き領域を使用し、デフォルトのレイアウトを作成 します。ハードドライブで利用可能な空きスペースが十分にある場合は、このオプションを選択して、現在のデータおよびパーティションを保持します。

図12.16 デフォルトレイアウトの作成

デフォルトレイアウトの作成
マウスを使って、Red Hat Enterprise Linux をインストールするストレージドライブを選択します。2 つ以上のドライブがある場合は、このインストールを含める必要があるドライブを選択できます。選択したドライブとその中のデータには影響はありません。
Warning
システムにあるデータのバックアップを作成することが推奨されます。たとえば、デュアルブートシステムをアップグレードまたは作成する場合は、ドライブに保持するデータのバックアップを作成してください。間違いが発生し、すべてのデータが失われる可能性があります。
注記
[このテキストは、iSeries のシステムユーザーには適用されません。]
RAID カードをお持ちの場合は、BIOS によっては RAID カードからの起動に対応していないことに注意してください。このような場合、/boot/ パーティションは、別のハードドライブなど、RAID アレイ以外のパーティションに作成する必要があります。問題のある RAID カードとのパーティション作成には、内部ハードドライブが必要です。
また、/boot パーティションはソフトウェア RAID の設定にも必要になります。
システムのパーティション設定を自動で選択した場合は、レビュー を選択して、/boot/ パーティションを手動で編集する必要があります。
自動パーティション設定で作成されたパーティションに必要な変更を確認して行うには、Review オプションを選択します。Review を選択して Next をクリックして前方に移動すると、Disk Druid に作成されたパーティションが表示されます。必要でない場合は、これらのパーティションに変更を加えることができます。
選択が完了したら Next をクリックして続行します。

12.19. システムのパーティション設定

3 つの自動パーティション設定オプションのいずれかを選択し、Review を選択しなかった場合は、「Network Configuration」 に進んでください。
自動パーティション設定オプションの 1 つを選択し、確認 を選択した場合は、現在のパーティション設定を受け入れるか( Nextをクリックして)、Disk Druid を使用して設定を変更できます。
注記
テキストモードでは、既存の設定を表示する以外に、LVM (論理ボリューム)では機能しないことに注意してください。LVM は、グラフィカルインストールでグラフィカルディスク Druid プログラムを使用してのみ設定できます。
カスタムレイアウトを作成する場合は、インストールプログラムに Red Hat Enterprise Linux のインストール場所を指示する必要があります。これには、Red Hat Enterprise Linux がインストールされている 1 つ以上のディスクパーティションのマウントポイントを定義します。
注記
パーティションの設定方法を計画していない場合は、26章ディスクパーティションの概要 および 「推奨されるパーティション設定スキーム」 を参照してください。少なくとも、適切なサイズのルート(/)パーティション、/boot/ パーティション、PPC PReP ブートパーティション、およびシステムにある RAM 容量の 2 倍の swap パーティションが必要です。

図12.17 IBM System p および System i システムでの ディスク Druid を使用したパーティション設定

IBM System p および System i システムでの ディスク Druid を使用したパーティション設定
インストールプログラムが使用するパーティション設定ツールは、Disk Druid です。特定の状況を除き、Disk Druid は一般的なインストールのパーティション要件を処理できます。

12.19.1. ハードドライブのグラフィカル表示

ディスク Druid は、ハードドライブをグラフィカルに表示します。
マウスを使って 1 回クリックし、グラフィカル表示で特定のフィールドを強調表示します。ダブルクリックして既存のパーティションを編集するか、既存の空き領域からパーティションを作成します。
表示の上に、ドライブの名前(/dev/hda など)、サイズ(MB 単位)、およびインストールプログラムで検出されるモデルを確認できます。

12.19.2. Disk Druid のボタン

これらのボタンは、Disk Druid のアクションを 制御します。これらは、パーティションの属性(ファイルシステムタイプやマウントポイントなど)を変更し、RAID デバイスを作成するために使用されます。この画面のボタンは、行った変更を受け入れるか、Disk Druid を終了するためにも使用されます。詳細については、各ボタンを順番に確認してください。
  • 新規: 新しいパーティションの要求に使用します。選択すると、入力する必要のあるフィールド(マウントポイントやサイズフィールドなど)を含むダイアログボックスが表示されます。
  • edit: Partitions セクションで現在選択されているパーティションの属性を変更するのに使用します。Edit を選択すると、ダイアログボックスが開きます。パーティション情報がすでにディスクに書き込まれるかどうかによって、一部のフィールドまたはすべてのフィールドを編集できます。
    グラフィカルディスプレイで示したように、空き領域を編集して、そのスペース内に新しいパーティションを作成することもできます。空き領域を強調表示し、Edit ボタンを選択するか、空き領域をダブルクリックして編集します。
  • RAID デバイスを作成するには、まずソフトウェア RAID パーティションを作成(または既存のものを再利用)する必要があります。2 つ以上のソフトウェア RAID パーティションを作成したら、Make RAID を選択して、ソフトウェア RAID パーティションを RAID デバイスに参加させます。
  • 削除: 現在 のディスクパーティションセクションで現在強調表示されているパーティションを削除するのに使用 します。パーティションの削除を確認するように求められます。
  • reset: ディスク Druid を元の状態に復元するために使用されます。パーティションを リセット すると、加えた変更はすべて失われます。
  • RAID: ディスクパーティションまたはすべてのディスクパーティションに冗長性を提供するのに使用します。RAID の使用経験がある場合にのみ使用してください。RAID の詳細は、Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド を参照してください。
    RAID デバイスを作成するには、まずソフトウェア RAID パーティションを作成する必要があります。2 つ以上のソフトウェア RAID パーティションを作成したら、RAID を選択して、ソフトウェア RAID パーティションを RAID デバイスに参加させます。
  • lvm: LVM 論理ボリュームを作成できます。LVM (Logical Volume Manager)のロールは、ハードドライブなどの基礎となる物理ストレージ領域の論理ビューを表示することです。LVM は、個別の物理ディスクを管理します。つまり、個々のパーティションはより正確に管理されます。LVM の使用経験がある場合にのみ使用してください。LVM の詳細は、Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド を参照してください。LVM は、グラフィカルインストールプログラムでのみ使用できることに注意してください。
    LVM 論理ボリュームを作成するには、最初に物理ボリューム(LVM)のパーティションを作成する必要があります。物理ボリューム(LVM)パーティションを作成したら、LVM を選択して LVM 論理ボリュームを作成します。

12.19.3. パーティションフィールド

パーティション階層の上には、作成するパーティションに関する情報を表示するラベルがあります。ラベルは以下のように定義されます。
  • device: このフィールドは、パーティションのデバイス名を表示します。
  • マウントポイント/RAID/ボリューム: マウントポイントは、ボリュームが存在するディレクトリー階層内の場所です。この場所にボリュームはマウントされています。このフィールドは、パーティションがマウントされる場所を示します。パーティションが存在していても設定されていない場合は、マウントポイントを定義する必要があります。パーティションをダブルクリックしるか、編集 ボタンをクリックします。
  • type: このフィールドは、パーティションのファイルシステムタイプ(ext2、ext3、vfat など)を表示します。
  • Format: このフィールドは、作成されるパーティションがフォーマットされるかどうかを示します。
  • サイズ(MB): このフィールドは、パーティションのサイズ(MB 単位)を表示します。
  • start: このフィールドは、パーティションが開始するハードドライブのシリンダーを表示します。
  • end: このフィールドは、パーティションが終わるハードドライブのシリンダーを表示します。
RAID デバイス/LVM ボリュームグループメンバーの 非表示:作成された RAID デバイスまたは LVM ボリュームグループメンバーを表示したくない場合は、このオプションを選択します。

12.19.4. 推奨されるパーティション設定スキーム

特に理由がない限り、以下のパーティションを作成することが推奨されます。
  • スワップパーティション(256 MB 以上): swap パーティションは仮想メモリーに対応するために使用されます。つまり、システムが処理しているデータを格納する RAM が不足すると、そのデータが swap パーティションに書き込まれます。
    過去数年、推奨されるスワップ領域のサイズは、システムの RAM サイズに比例して増加していました。ただし、最新のシステムのメモリー量が数百ギガバイトに増加するため、システムが必要とするスワップ領域が、そのシステムで実行しているメモリーワークロードの機能であることが認識されるようになりました。ただし、通常スワップ領域がインストール時に指定されており、システムのメモリーワークロードを事前に決定することが困難な場合は、以下の表を使用してシステムスワップを決定することが推奨されます。

    表12.2 システムの推奨 swap 領域

    システム内の RAM の容量 推奨されるスワップ領域
    4GB 以下の RAM 最小 2GB のスワップ領域
    4GB から 16GB の RAM 最小 4GB のスワップ領域
    16GB から 64GB の RAM 最小 8GB のスワップ領域
    64GB から 256GB の RAM 最小 16GB のスワップ領域
    256GB から 512GB の RAM 最小 32GB のスワップ領域
    特に高速ドライブ、コントローラー、インターフェイスを備えたシステムでは、複数のストレージデバイスにスワップ領域を分散することで、パフォーマンスが向上します。
  • ハードドライブの最初のパーティションにある PPC PReP 起動パーティション:PPC PReP 起動パーティションには、YABOOT ブートローダー(他の POWER システムが Red Hat Enterprise Linux を起動できるようにする)が含まれます。 フロッピーまたはネットワークソースから起動する予定がない限り、Red Hat Enterprise Linux を起動するには PPC PReP 起動パーティションが必要です。
    IBM System i および IBM System p ユーザーの場合: PPC PReP ブートパーティションは 10 MB を超えるのではなく、4-8 MB の間でなければなりません。
  • /boot/ パーティション(100 MB)- /boot/ にマウントされたパーティションには、オペレーティングシステムのカーネル(システムの Red Hat Enterprise Linux の起動を可能にする)と、ブートストラッププロセス中に使用されるファイルが含まれます。ほとんどの PC ファームウェアの制限により、これらを保持する小さなパーティションを作成すると良いでしょう。ほとんどのユーザーは、100 MB のブートパーティションで十分です。
    Warning
    RAID カードをお持ちの場合は、Red Hat Enterprise Linux 5.11 は IPR カードでのハードウェア RAID の設定をサポートしていないことに注意してください。インストールの前にスタンドアロン診断 CD を起動して RAID アレイを作成してから、その RAID アレイにインストールを実行します。
  • ルート パーティション(3.0 GB - 5.0 GB)-/" (root ディレクトリー)が配置される場所です。この設定では、すべてのファイル( /bootに保存されているファイルを除く)は root パーティション上にあります。
    3.0 GB のパーティションを使用すると最小インストールを実行できますが、5.0 GB のルートパーティションでは、すべてのパッケージグループを選択してフルインストールを実行できます。
警告 - ネットワークストレージに /var を配置しないでください。
Red Hat Enterprise Linux 5.11 は、ネットワークファイルシステム(NFS、iSCSI、NBD など)に個別の /var を持つことをサポートしていません。/var ディレクトリーには、ネットワークサービスを確立する前に起動プロセス中に読み書きする必要がある重要なデータが含まれます。
ただし、完全な /var ファイルシステムだけでなく、別のネットワークディスクに /var/spool/var/www、またはその他のサブディレクトリーがある可能性があります。

12.19.5. パーティションの追加

新しいパーティションを追加するには、New ボタンを選択します。ダイアログボックスが表示されます( 図12.18「新しいパーティションの作成」を参照してください)。
注記
このインストールには、少なくとも 1 つのパーティションを割り当てる必要があり、必要に応じてこれを指定する必要があります。詳細は、26章ディスクパーティションの概要 を参照してください。

図12.18 新しいパーティションの作成

新しいパーティションの作成
  • マウントポイント: パーティションのマウントポイントを入力します。たとえば、このパーティションを root パーティションにする必要がある場合は / を入力します。/boot パーティションの場合は /boot と入力します。プルダウンメニューを使用して、パーティションの正しいマウントポイントを選択することもできます。swap パーティションの場合、マウントポイントは設定しないでください。ファイルシステムタイプを swap に設定するだけで十分です。
  • File System Type: プルダウンメニューを使用して、このパーティションに適切なファイルシステムタイプを選択します。ファイルシステムの種類の詳細は、「ファイルシステムのタイプ」 を参照してください。
  • 許容 可能なドライブ: このフィールドには、システムにインストールされているハードディスクの一覧が含まれます。ハードディスクのボックスが強調表示されると、そのハードディスク上に必要なパーティションを作成できます。ボックスにチェックが付けられて いない 場合、そのハードディスクに パーティションは作成されません。別のチェックボックス設定を使用して、必要に応じてディスクダッシップパーティションを配置したり、 Disk Druid にパーティションの移動先を決定したりできます。
  • サイズ(MB): パーティションのサイズ(メガバイト単位)を入力します。このフィールドは 100 MB で始まります。変更しない限り、100 MB のパーティションのみが作成されます。
  • 追加のサイズオプション: このパーティションを固定サイズに保持するか、特定ポイントまで拡大(利用可能なハードドライブ領域を入力します)を許可するか、利用可能な残りのハードドライブ領域を埋めるようにするかを選択します。
    (MB)までの領域をすべて表示する 場合は、このオプションの右側にある フィールドにサイズの制約を指定する必要があります。これにより、今後使用するためにハードドライブに一定領域を確保できます。
  • force to be a primary パーティション: 作成したパーティションをハードドライブの最初の 4 つのパーティションの 1 つに指定するかどうかを選択します。選択されていない場合は、パーティションが論理パーティションとして作成されます。詳細は、「パーティション内のパーティション - 拡張パーティションの概要」 を参照してください。
  • encrypt: ストレージデバイスが別のシステムに接続されている場合でもパスフレーズなしで保存されているデータにアクセスできないように、パーティションを 暗号 化するかどうかを選択します。ストレージデバイスの暗号化については、29章ディスク暗号化ガイド を参照してください。このオプションを選択すると、パーティションがディスクに書き込まれる前にパスフレーズの入力が求められます。
  • OK: 設定に満足し、パーティションを作成する必要がある場合は OK を選択します。
  • 取り消し: パーティションを作成しない場合は Cancel を選択します。

12.19.5.1. ファイルシステムのタイプ

Red Hat Enterprise Linux では、使用するファイルシステムに基づいて、異なるパーティションタイプを作成できます。以下は、利用可能なさまざまなファイルシステムとその使用方法を簡単に説明しています。
  • ext3 — ext3 ファイルシステムは ext2 ファイルシステムをベースとし、ジャーナリング機能という大きな利点を備えています。ジャーナリングファイルシステムを使用すると、fsckが必要ないため、クラッシュ後のファイルシステムの復旧に費やす時間を短縮します。 [6] ファイルシステム。ext3 では、最大 16TB のファイルシステムがサポートされます。ext3 ファイルシステムはデフォルトで選択されるため、強く推奨されます。
  • ext2: ext2 ファイルシステムは標準の Unix ファイルタイプ(通常のファイル、ディレクトリー、シンボリックリンクなど)をサポートします。最大 255 文字までの長いファイル名を割り当てることができます。
  • 物理ボリューム(LVM) - 1 つ以上の物理ボリューム(LVM)パーティションを作成すると、LVM 論理ボリュームを作成できます。LVM は、物理ディスクを使用する場合にパフォーマンスを向上させることができます。LVM の詳細は、Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド を参照してください。
  • ソフトウェア RAID — 複数のソフトウェア RAID パーティションを作成して 1 台の RAID デバイスとして設定します。RAID の詳細は、Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド の 『RAID (Redundant Array of Independent Disks)』 の章を参照してください。
  • swap — Swap パーティションは仮想メモリーに対応するため使用されます。つまり、システムが処理しているデータを格納する RAM が不足すると、そのデータが swap パーティションに書き込まれます。詳細は、Red Hat Enterprise Linux Deployment Guide を参照してください。

12.19.6. パーティションの編集

パーティションを編集するには、編集 ボタンを選択するか、既存のパーティションをダブルクリックします。
注記
パーティションがディスクに存在する場合は、パーティションのマウントポイントのみを変更できます。その他の変更を行うには、パーティションを削除して再作成する必要があります。


[6] fsck アプリケーションは、ファイルシステムでメタデータの整合性を確認し、1 つ以上の Linux ファイルシステムを修復するために使用されます。

12.20. Network Configuration

ネットワークデバイス、物理 LAN、または仮想 LAN がない場合は、インストール中にこの画面は表示されないため、「タイムゾーンの設定」 に進んでください。

図12.19 Network Configuration

Network Configuration
インストールプログラムは、使用しているネットワークデバイスを自動的に検出し、ネットワーク デバイス 一覧に表示します。
ネットワークデバイスを選択したら、Edit をクリックします。Edit Interface ダイアログから、DHCP を使用するか、静的設定を使用するために、デバイスの IP アドレスと Netmask (IPv4 - Prefix for IPv6)の設定を選択できます。DHCP クライアントへのアクセスがない場合や、ここで何を提供するかわからない場合は、ネットワーク管理者に連絡してください。

図12.20 ネットワークデバイスの編集

ネットワークデバイスの編集
注記
この設定例にあるように数字を使用しないでください。これらの値は、独自のネットワーク設定では機能しません。入力する値が不明な場合は、ネットワーク管理者に連絡してください。
ネットワークデバイスのホスト名(完全修飾ドメイン名)がある場合は、DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol)が自動的に検出されるように選択するか、指定したフィールドにホスト名を手動で入力することもできます。
最後に、IP および Netmask の情報を手動で入力した場合は、ゲートウェイアドレスとプライマリーおよびセカンダリー DNS アドレスも入力できます。
注記
インストールの完了後にネットワーク設定を変更するには、Network Administration Tool を使用します。
シェルプロンプトで system-config-network コマンドを入力して、Network Administration Tool を起動します。root でない場合は、続行するために root パスワードを求めるプロンプトが表示されます。

12.21. タイムゾーンの設定

お使いのコンピューターの物理的な場所に最も近い都市を選択して、タイムゾーンを設定します。地図をクリックして、世界の特定の地理的地域に拡大します。
ここから、タイムゾーンを選択する方法は 2 つあります。
  • マウスを使ってインタラクティブマップをクリックして、特定の都市を選択します(黄色のドットで表示)。選択したことを示す赤い X が表示されます。
  • また、画面の下部にあるリストをスクロールしてタイムゾーンを選択することもできます。マウスを使って場所をクリックし、選択内容を強調表示します。
システムが UTC に設定されていることがわかっている場合は、System Clock uses UTC を選択します。
注記
インストール完了後にタイムゾーン設定を変更するには、Time and Date Properties Tool を使用します。
シェルプロンプトで system-config-date コマンドを入力して、日付と時刻のプロパティーツールを起動します。root でない場合は、続行するために root パスワードを求めるプロンプトが表示されます。
テキストベースのアプリケーションとして Time および Date プロパティーツール を実行するには、timeconfig コマンドを使用します。

12.22. root パスワードの設定

root アカウントとパスワードの設定は、インストール中に最も重要な手順の 1 つです。root アカウントは、Windows NT マシンで使用される管理者アカウントと似ています。root アカウントは、パッケージのインストール、RPM のアップグレード、およびほとんどのシステムメンテナーンスの実行に使用されます。root でログインすると、システムを完全に制御できます。
注記
root ユーザー(スーパーユーザーとも呼ばれる)には、システム全体に対する完全なアクセス権があります。そのため、root ユーザーとしてログインすることは、システムのメンテナーンスや管理 のみ を実行するのが最適です。

図12.21 root パスワード

root パスワード
root アカウントはシステム管理にのみ使用してください。すぐに何か修正する必要がある場合は、root で一般的な使用用の非 root アカウントを作成し、su - を root に作成します。これらの基本ルールは、誤字や誤ったコマンドでシステムに破損する可能性を最小限に抑えます。
注記
root になるには、ターミナルウィンドウにシェルプロンプトで su -入力 し、Enter を押します。次に root パスワードを入力し、Enter を押します。
インストールプログラムにより、root パスワードの設定が求められます。[7] システム用です。root パスワードを入力しなくても、インストールプロセスの次の段階に進むことはできません。
root パスワードは 6 文字以上である必要があります。入力したパスワードは画面にエコーされません。パスワードを 2 回入力する必要があります。2 つのパスワードが一致しない場合、インストールプログラムにより再度入力が求められます。
root パスワードは覚えておくことができるはずですが、他者にとっては簡単に推測できません。名前、電話番号、Q wertyパスワード、root、 123456、および anteater は、すべて不正なパスワードの例です。適切なパスワードは、大文字、小文字で、辞書の単語は含まれません(例: Aard387vark または 420BMttNT )。パスワードは大文字と小文字を区別することに注意してください。パスワードを入力した場合は、安全な場所に保持してください。ただし、作成するパスワードやパスワードを書き留めないことが推奨されます。
注記
このマニュアルに記載されているサンプルパスワードは使用しないでください。これらのパスワードのいずれかを使用して、セキュリティーリスクと見なされる可能性があります。
注記
インストール完了後に root パスワードを変更するには、Root Password Tool を使用します。
シェルプロンプトで system-config-rootpassword コマンドを入力して、Root Password Tool を起動します。root でない場合は、続行するために root パスワードを求めるプロンプトが表示されます。


[7] root パスワードは、Red Hat Enterprise Linux システムの管理パスワードです。システムメンテナーンスに必要な場合にのみ、root でログインする必要があります。root アカウントは、通常のユーザーアカウントに設定された制限内では動作しないため、root で行った変更はシステム全体に影響を与える可能性があります。

12.23. パッケージグループの選択

インストールにほとんどの選択肢を行ったので、デフォルトのパッケージ選択を確認するか、システムのパッケージをカスタマイズすることができます。
パッケージの インストールデフォルト 画面 が表示され、Red Hat Enterprise Linux インストールのデフォルトパッケージセットの詳細が表示されます。この画面は、インストールする Red Hat Enterprise Linux のバージョンによって異なります。
現在のパッケージリストを受け入れることを選択した場合は、「インストールの準備」 に進んでください。
パッケージセットをさらにカスタマイズするには、画面の Customize now オプションを選択します。 へ をクリックすると、パッケージグループの選択 画面に移動します。
機能( X Window SystemEditorsなど)、個々のパッケージ、またはこの 2 つの組み合わせに従ってコンポーネントをグループ化するパッケージグループを選択できます。
注記
64 ビットアプリケーションの開発または実行のサポートを希望する場合は、互換性アーカイブ サポート および 互換性 Arch Development Support パッケージを選択して、システムのアーキテクチャー固有のサポートをインストールすることが推奨されます。
コンポーネントを選択するには、そのコンポーネントの横にあるチェックボックスをクリックします( 図12.22「パッケージグループの選択」を参照してください)。

図12.22 パッケージグループの選択

パッケージグループの選択
インストールする各コンポーネントを選択します。
パッケージグループを選択すると、オプションのコンポーネントが利用できる場合には、Optional packages をクリックして、デフォルトでインストールされているパッケージを表示し、そのグループからオプションのパッケージを追加または削除できます。オプションのコンポーネントがない場合は、ボタンが無効になります。

図12.23 パッケージグループの詳細

パッケージグループの詳細

12.24. インストールの準備

12.24.1. インストールの準備

これで、Red Hat Enterprise Linux のインストール準備の画面が表示されます。
参考までに、システムを再起動すると、インストールの完全なログは /root/install.log にあります。
Warning
何らかの理由でインストールプロセスを続行しない場合は、プロセスを安全にキャンセルしてマシンを再起動できます。Next ボタンを押すと、パーティションが書き込まれ、パッケージがインストールされます。インストールを中断する場合は、ハードドライブの既存の情報が書き換える前に再起動する必要があります。
このインストールプロセスをキャンセルするには、コンピューターの Reset ボタンを押すか、Control+Alt+Delete キーの組み合わせを使用してマシンを再起動します。

12.25. パッケージのインストール

この時点で、すべてのパッケージがインストールされるまで、何も実行しません。この速度は、選択したパッケージの数とコンピューターの速度によって異なります。

12.26. インストールの完了

お疲れさまでした。Red Hat Enterprise Linux のインストールが完了しました。
インストールプログラムにより、システム再起動の準備を求めるプロンプトが表示されます。
IBM eServer System p and System i - インストールの完了
ブートメディアは必ず削除してください。
再起動したら、開いているファームウェアブートデバイスを、Red Hat Enterprise Linux の PReP および / パーティションを含むディスクに設定する必要があります。これを実現するには、LED インジケーターまたは HMC SRC が E1F1 と表示されるまで待機し、1 を押してシステム管理サービス GUI を入力します。Select Boot Options をクリックします。Boot Devices を選択 します。Configure 1st Boot Device を選択します。Red Hat Enterprise Linux を含むディスクを選択します。他のデバイスを必要に応じて設定します。次に、SMS メニューを終了して、新しいシステムを起動します。
注記
SMS メニューの手順はマシンモデルによって異なる場合があります。
コンピューターの通常の電源アップシーケンスが完了すると、YABOOT のプロンプトが表示されます。これは、以下のいずれかを実行できます。
  • Enter - をクリックすると、YABOOT のデフォルトのブートエントリーが起動します。
  • ブートラベルを選択してから Enter - を指定すると、YABOOT がブートラベルに対応するオペレーティングシステムを起動します。( boot: プロンプトでシステム以外のシステムの Tab を押すと、有効なブートラベルの一覧が表示されます。)
  • do nothing - YABOOT のタイムアウト期間(デフォルトでは 5 秒)の後、YABOOT は自動的にデフォルトのブートエントリーを起動します。
Red Hat Enterprise Linux が起動したら、1 つ以上のメッセージの画面がスクロールされます。最終的には、login: プロンプトまたは GUI ログイン画面が表示されます(X Window System をインストールしていて、X を自動的に起動した場合)。
Red Hat Enterprise Linux システムをランレベル 5 (グラフィカルランレベル)で初めて起動すると、セットアップエージェント が表示され、Red Hat Enterprise Linux の設定を順を追って説明します。このツールを使用して、システムの時刻と日付の設定、ソフトウェアのインストール、Red Hat Network へのマシンの登録などを行うことができます。Setup Agent を使用すると、最初に環境を設定して、Red Hat Enterprise Linux システムをすぐに使い始めることができます。
Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションを登録する方法は、25章システムの登録およびサブスクリプションの適用 を参照してください。

第13章 IBM POWER システムへのインストール時におけるドライバーの更新

ほとんどの場合、Red Hat Enterprise Linux にはシステムを設定するデバイスのドライバーがすでに含まれています。しかし、かなり最近にリリースされたハードウェアが搭載されている場合、そのハードウェア用のドライバーはまだ含まれていない可能性があります。新しいデバイスのサポートを提供するドライバー更新は、Red Hat またはハードウェアベンダー( ISO イメージファイル または rpm パッケージ )から入手できる場合があります。これらの形式はいずれも、ドライバーの更新を設定するすべてのファイルを 1 つのファイルで提供します。
インストールプロセス中に新しいハードウェアが必要になることはほぼありません。たとえば、ローカルのハードドライブへのインストールに DVD を使用する場合は、ネットワークカード用のドライバーがなくてもインストールは成功します。このような状況では、インストールを完了し、その後のハードウェアサポートを追加します。ドライバー更新 rpm パッケージを使用したこのサポートの追加に関する詳細は、「ドライバー更新 rpm パッケージ」 を参照してください。
他の状況では、インストールプロセスでデバイスのドライバーを追加して特定の設定に対応する必要がある場合があります。たとえば、ネットワークデバイスまたはストレージアダプターカードのドライバーをインストールして、インストーラーにシステムが使用するストレージデバイスへのアクセス権限を付与する場合があります。ドライバー更新イメージファイルを使用して、インストール時に以下の 3 つの方法のいずれかでサポートを追加できます。
  1. インストーラーがアクセスできる場所にイメージファイルを配置します。
    1. ローカル IDE ハードドライブ
    2. USB フラッシュドライブなどの USB ストレージデバイス
    3. ローカルネットワーク上の FTP サーバー、HTTP サーバー、または NFS サーバー(または別のユーザーがイメージファイルを配置したインターネット上の場所を書き留めておきます)
  2. イメージファイルを解凍して ドライバー更新ディスク を作成します。
    1. CD (コンピューターに IDE 光学ドライブがある場合)
    2. DVD (コンピューターに IDE 光学ドライブがある場合)
    3. フロッピーディスク
    4. USB フラッシュドライブなどの USB ストレージデバイス
  3. イメージファイルから 初期 ramdisk 更新 を作成し、PXE サーバーに保存します。これは、他の方法でドライバーの更新を実行できない場合にのみ考慮する必要がある高度な手順です。
Red Hat、ハードウェアの製造元、または信頼できるサードパーティーなどによってインストール中のドライバー更新が必要であることが明示されている場合には、本章で説明している方法の中から 1 つ選択し、検証してからインストールを実行するようにしてください。逆に、お使いのシステムでドライバーの更新が必要かどうかが不明な場合には、ドライバーは更新しないでください。不要なドライバー更新をインストールすると害は発生しませんが、想定されていないシステムにドライバーが存在するとサポートが複雑になる可能性があります。

13.1. インストール中にドライバーを更新する場合の制約

ただし、インストール中にドライバー更新を使用してドライバーを提供できない状況もあります。
すでに使用されているデバイス
ドライバー更新を使用して、インストールプログラムがすでに読み込まれているドライバーを置き換えることはできません。代わりに、インストールプログラムがロードしたドライバーでインストールを完了し、インストール後に新しいドライバーに更新する必要があります。インストールプロセスに新しいドライバーが必要な場合は、初期 RAM ディスクドライバーの更新の実行を検討してください。「初期 RAM ディスク更新の準備」 を参照してください。
同等のデバイスを持つデバイスが利用可能です
同じタイプのすべてのデバイスが一緒に初期化されるため、インストールプログラムが同様のデバイス用にドライバーを読み込んだ場合は、デバイスのドライバーを更新できません。たとえば、2 つの異なるネットワークアダプターを持つシステムについて考えてみましょう。そのうちの 1 つはドライバー更新です。インストールプログラムは両方のアダプターを同時に初期化するため、このドライバー更新を使用することはできません。ここでも、インストールプログラムにより読み込まれたドライバーのインストールを完了し、インストール後に新しいドライバーに更新するか、初期 RAM ディスクドライバーの更新を使用します。

13.2. インストール中にドライバーを更新するための準備

ドライバー更新が必要で、ハードウェアで利用可能な場合には、ハードウェアベンダーなどの信頼できるサードパーティーは、ISO 形式のイメージファイルで提供されます。ドライバー更新を実行するには、インストールプログラムでイメージファイルを利用できるようにする必要がある場合があります。また、ドライバー更新ディスクの作成にはイメージファイルを使用する必要があります。また、初期 RAM ディスクの更新を準備する必要があります。
イメージファイル自体を使用するメソッド
  • ローカルハードドライブ(IDE のみ)
  • USB ストレージデバイス(USB フラッシュドライブなど)
  • ネットワーク(HTTP、FTP、NFS)
イメージファイルから生成されたドライバー更新ディスクを使用する方法
  • フロッピーディスク
  • cd (IDE のみ)
  • DVD (IDE のみ)
  • USB ストレージデバイス(USB フラッシュドライブなど)
初期 RAM ディスクの更新を使用するメソッド
  • PXE
ドライバー更新を提供する方法を選択し、「ドライバー更新イメージファイルを使用するための準備」「ドライバー更新ディスクの準備」 または 「初期 RAM ディスク更新の準備」 を参照してください。USB ストレージデバイスを使用して、イメージファイルを提供するか、ドライバー更新ディスクとして提供できることに注意してください。
SATA および SCSI
インストール時に、SATA または SCSI 接続を持つデバイスによって読み取られるメディアにドライバーの更新を提供することはできません。たとえば、お使いのシステムの光学ドライブが SATA 接続を持つ DVD ドライブである場合、CD または DVD でドライバーの更新を行うことはできません。

13.2.1. ドライバー更新イメージファイルを使用するための準備

13.2.1.1. ローカルストレージでイメージファイルを使用するための準備

USB フラッシュドライブ、USB ハードドライブ、ローカル IDE ハードドライブなどのローカルストレージで ISO イメージファイルを利用できるようにするには、ファイルをストレージデバイスにコピーします。ファイルを変更すると、ファイル名を変更することができますが、ファイル名の拡張子は変更しないでください。これは .iso のままにする必要があります。以下の例では、ファイルの名前は dd.iso です。

図13.1 ドライバー更新イメージファイルを保持する USB フラッシュドライブの内容

ドライバー更新イメージファイルを保持する USB フラッシュドライブの内容
この方法を使用すると、ストレージデバイスには単一のファイルのみが含まれることに注意してください。これは、多くのファイルを含む CD や DVD などの形式のドライバー更新ディスクとは異なります。ISO イメージファイルには、通常ドライバー更新ディスクにあるすべてのファイルが含まれます。
インストール中にドライバー更新ディスクを使用する方法については、「インストーラーがドライバー更新を求めるプロンプトを表示します。」 および 「ドライバー更新ディスクを指定するには、起動オプションを使用します。」 を参照してください。
デバイスのファイルシステムラベルを OEMDRV に変更すると、インストールプログラムはドライバーの更新の有無を自動的に確認し、検出したものをロードします。この動作は、デフォルトで有効になっている dlabel=on 起動オプションによって制御されます。「インストーラーがドライバー更新ディスクを自動的に検索させます。」 を参照してください。

13.2.1.2. ネットワークを介して利用可能なイメージファイルを使用するための準備

ISO イメージファイルをローカルネットワーク上で利用できるようにするには、HTTP、FTP、または NFS サーバーの一般にアクセス可能なフォルダーに配置します。インターネット経由ですでに公開されているイメージファイルを使用する場合は、特別な準備は必要ありません。いずれの場合も、URL をメモし、インストールを開始する前にネットワーク上の別のマシンから ファイルにアクセスできることを確認します。

13.2.2. ドライバー更新ディスクの準備

さまざまなメディアを使用して、CD、DVD、フロッピーディスク、USB フラッシュドライブなどの USB ストレージデバイスなど、ドライバー更新ディスクを作成できます。

13.2.2.1. CD または DVD でのドライバー更新ディスクの作成

この手順では、GNOME デスクトップを使用していることを前提としています。
CD/DVD Creator は GNOME デスクトップの一部です。別の Linux デスクトップ、または別のオペレーティングシステムを使用する場合は、別のソフトウェアを使用して CD または DVD を作成する必要があります。手順は通常同様です。
選択したソフトウェアが、イメージファイルから CD または DVD を作成できることを確認します。これは、ほとんどの CD および DVD 書き込みソフトウェアに当てはまりますが、例外が存在します。burn from image or similar というラベルが付いたボタンまたはメニューエントリーを探します。ソフトウェアにこの機能がない場合や、ソフトウェアを選択しない場合、作成されるディスクはイメージファイルのコンテンツではなくイメージファイル自体のみを保持します。
  1. デスクトップファイルマネージャーを使用して、Red Hat またはハードウェアベンダーが提供するドライバー更新 ISO イメージファイルを見つけます。

    図13.2 ファイルマネージャーウィンドウに表示される通常の .iso ファイル

    ファイルマネージャーウィンドウに表示される通常の .iso ファイル
  2. このファイルを右クリックし、Write to disc を選択します。以下のようなウィンドウが表示されます。

    図13.3 CD/DVD クリエーターの Disc への書き込みダイアログ

    CD/DVD クリエーターの Disc への書き込みダイアログ
  3. Write ボタンをクリックします。空のディスクがドライブにない場合は、CD/DVD 作成者によりディスク を挿入するように求められます。
ドライバー更新ディスク CD または DVD を作成したら、システムにディスクを挿入し、ファイルマネージャーを使用して参照して、ディスクが正常に作成されたことを確認します。以下のようなファイルの一覧が表示されます。

図13.4 CD または DVD 上の一般的なドライバー更新ディスクの内容

CD または DVD 上の一般的なドライバー更新ディスクの内容
末尾が .iso のファイルが 1 つしかない場合は、ディスクが正しく作成されていないため、再試行する必要があります。GNOME 以外の Linux デスクトップや Linux 以外のオペレーティングシステムを使用している場合は、イメージの書き込み などのオプションを選択しているか確認してください。
インストール中にドライバー更新ディスクを使用する方法については、「インストーラーがドライバー更新を求めるプロンプトを表示します。」 および 「ドライバー更新ディスクを指定するには、起動オプションを使用します。」 を参照してください。

13.2.2.2. フロッピーディスクまたは USB ストレージデバイスでのドライバー更新ディスクの作成

この手順では、Linux の使用を前提としています。
以下の手順は、Linux を使用してドライバー更新ディスクを作成していることを前提としています。別のオペレーティングシステムを使用してドライバー更新ディスクを作成するには、ISO イメージからファイルを抽出できるツールを見つける必要があります。次に、展開したファイルをリムーバブルディスクまたは USB ストレージデバイスに配置する必要があります。
これらの命令によりデータが破棄される可能性がある
すでにデータが含まれているディスクまたは USB ストレージデバイスでこの手順を実行すると、このデータは警告なしで破棄されます。正しいディスクまたは USB ストレージデバイスを指定し、このディスクまたはストレージデバイスに保持するデータが含まれていないことを確認します。
  1. 空のフォーマットされたフロッピーディスクを利用可能なドライブに挿入するか、空の USB ストレージデバイス(USB フラッシュドライブなど)をコンピューターに接続します。このディスクに割り当てられるデバイス名(たとえば、システム上の最初のフロッピードライブ内のフロッピーディスクの /dev/fd0 など)をメモします。
    デバイス名が分からない場合は、root になり、コマンドラインで fdisk -l コマンドを使用します。システムで利用可能なストレージデバイスの一覧が表示されます。ディスクが挿入されたり、ストレージデバイスが接続されている場合に、ディスクが削除されるか、ストレージデバイスが切断されている場合に、fdisk -l の出力を比較します。
  2. コマンドラインで、イメージファイルが含まれるディレクトリーに移動します。
  3. コマンドラインで以下を入力します。
    dd if=image of=device
    ここで、image はイメージファイル、device はデバイス名です。たとえば、ドライバー更新イメージファイル dd.iso からフロッピーディスク /dev/fd0 にドライバーディスクを作成するには、以下を使用します。
    dd if=dd.iso of=/dev/fd0
ドライバー更新ディスクを作成したら、ドライバー更新ディスクを挿入(ディスクを使用した場合は)するか、アタッチ(USB ストレージデバイスを使用している場合)し、ファイルマネージャーを使用してこれを参照します。図13.4「CD または DVD 上の一般的なドライバー更新ディスクの内容」 に記載されているようなファイルのリストが表示された場合は、ドライバー更新ディスクを正しく作成したことがわかっています。
インストール中にドライバー更新ディスクを使用する方法については、「インストーラーがドライバー更新を求めるプロンプトを表示します。」 および 「ドライバー更新ディスクを指定するには、起動オプションを使用します。」 を参照してください。

13.2.3. 初期 RAM ディスク更新の準備

高度な手順
これは、他の方法でドライバーの更新を実行できない場合にのみ考慮する必要がある高度な手順です。
Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムは、RAM ディスクからインストールプロセスの初期段階で更新を読み込むことができます。これは、ディスク であるかのように一時的に動作するコンピューターのメモリー領域です。これと同じ機能を使用して、ドライバーの更新を読み込むことができます。インストール時にドライバーの更新を実行するには、コンピューターが PXE ( preboot execution environment )サーバーから起動でき、PXE サーバーがネットワーク上で利用可能である必要があります。インストール時に PXE を使用する方法については、34章PXE ネットワークインストール を参照してください。
PXE サーバーでドライバーの更新を利用できるようにするには、以下を実行します。
  1. ドライバー更新イメージファイルを PXE サーバーに配置します。通常、これは、Red Hat またはハードウェアベンダーが指定したインターネット上の場所から PXE サーバーにダウンロードすることで行います。ドライバー更新イメージファイルの名前は、.iso で終わります。
  2. ドライバー更新イメージファイルを /tmp/initrd_update ディレクトリーにコピーします。
  3. ドライバー更新イメージファイルの名前を dd.img に変更します。
  4. コマンドラインで、/tmp/initrd_update ディレクトリーに移動し、以下のコマンドを入力して、Enter を押します。
    find . | cpio --quiet -c -o | gzip -9 >/tmp/initrd_update.img
    
  5. /tmp/initrd_update.img ファイルを、インストールに使用するターゲットを保持しているディレクトリーにコピーします。このディレクトリーは、/tftpboot/pxelinux/ ディレクトリーの下にあります。たとえば、/tftpboot/pxelinux/r5su3/ は、Red Hat Enterprise Linux 5.3 Server の PXE ターゲットを保持する可能性があります。
  6. /tftpboot/pxelinux/pxelinux.cfg/default ファイルを編集し、作成した初期 RAM ディスクの更新を含むエントリーを以下の形式で追加します。
    label target-dd
    kernel target/vmlinuz
    append initrd=target/initrd.img,target/dd.img
    
    ここで、target は、インストールに使用するターゲットに置き換えます。

例13.1 ドライバー更新イメージファイルからの初期 RAM ディスク更新の準備

この例では、driver_update.iso はインターネットから PXE サーバーのディレクトリーにダウンロードしたドライバー更新イメージファイルです。PXE ブートのターゲットは、/tftpboot/pxelinux/r5su3にあります。
コマンドラインで、ファイルを保持するディレクトリーに移動し、以下のコマンドを入力します。
$ cp driver_update.iso /tmp/initrd_update/dd.img
$ cd /tmp/initrd_update
$ find . | cpio --quiet -c -o | gzip -9 >/tmp/initrd_update.img
$ cp /tmp/initrd_update.img /tftpboot/pxelinux/r5su3/dd.img
/tftpboot/pxelinux/pxelinux.cfg/default ファイルを編集し、以下のエントリーを追加します。
label r5su3-dd
kernel r5su3/vmlinuz
append initrd=r5su3/initrd.img,r5su3/dd.img
インストール時に初期 RAM ディスクの更新を使用する方法については、「ドライバー更新を含む PXE ターゲットを選択します。」 を参照してください。

13.3. インストール中のドライバー更新

インストール中にドライバーの更新は、以下の方法で実行できます。
  • インストーラーがドライバー更新ディスクを自動的に検索させます。
  • インストーラーがドライバーの更新を求めるプロンプトを出します。
  • ドライバー更新ディスクを指定するには、起動オプションを使用します。
  • 起動オプションを使用して、ネットワーク上でドライバー更新イメージファイルを指定します。
  • ドライバー更新を含む PXE ターゲットを選択します。

13.3.1. インストーラーがドライバー更新ディスクを自動的に検索させます。

インストールプロセスを開始する前に、ファイルシステムラベル OEMDRV でブロックデバイスを接続します。インストーラーはデバイスを自動的に検査し、検出したドライバーの更新を読み込み、プロセス中にプロンプトを表示しません。インストーラーが検索できるようにストレージデバイスを準備するには、「ローカルストレージでイメージファイルを使用するための準備」 を参照してください。

13.3.2. インストーラーがドライバー更新を求めるプロンプトを表示します。

  1. 選択した方法であれば、通常インストールを開始します。インストーラーがインストールプロセスに不可欠なハードウェアのドライバーをロードできない場合(たとえば、ネットワークまたはストレージコントローラーを検出できない場合など)、ドライバー更新ディスクを挿入するように求められます。

    図13.5 ドライバーが見つかりませんダイアログ

    ドライバーが見つかりませんダイアログ

13.3.3. ドライバー更新ディスクを指定するには、起動オプションを使用します。

この方法は、完全に新しいドライバーに対してのみ選択してください。
この方法は、既存のドライバーを更新せずに、完全に新しいドライバーの導入のみを行います。
  1. インストールプロセスの開始時に、起動プロンプトに linux dd入力 し、Enter を押します。インストーラーは、ドライバーディスクがあることを確認するように求められます。

    図13.6 ドライバーディスクプロンプト

    ドライバーディスクプロンプト
  2. CD、DVD、フロッピーディスク、または USB ストレージデバイスで作成したドライバー更新ディスクを挿入し、Yes を選択します。インストーラーは検出できるストレージデバイスを検査します。ドライバーディスクを保持できる場所が 1 つしかない場合(たとえば、インストーラーがフロッピーディスクの存在を検出しますが、他のストレージデバイスはない)、この場所で見つかったドライバー更新が自動的に読み込まれます。
    インストーラーがドライバー更新を保持できる複数の場所を見つけると、更新の場所を指定するように求められます。「ドライバー更新イメージファイルの場所またはドライバー更新ディスクの指定」 を参照してください。

13.3.4. ブートオプションを使用して、ネットワーク上でドライバー更新イメージファイルを指定します。

この方法は、完全に新しいドライバーに対してのみ選択してください。
この方法は、既存のドライバーを更新せずに、完全に新しいドライバーの導入のみを行います。
インストールプロセスの開始時に、起動プロンプトに linux dd= URL (URL はドライバー更新イメージの HTTP、FTP、または NFS アドレス)と 入力 し、Enter を押します。インストーラーは、そのアドレスからドライバー更新イメージを取得し、インストール時にこれを使用します。

13.3.5. ドライバー更新を含む PXE ターゲットを選択します。

  1. コンピューターの BIOS または起動メニューで ネットワークブート を選択します。このオプションを指定する手順は、コンピューターごとに大きく異なります。お使いのコンピューターに関連する具体的な情報については、ハードウェアのドキュメントまたはハードウェアベンダーを参照してください。
  2. PXE (preexecution boot environment)で、PXE サーバーに準備したブートターゲットを選択します。たとえば、PXE サーバーの /tftpboot/pxelinux/pxelinux.cfg/default ファイルでこの環境 r5su3-dd のラベルを付けた場合は、プロンプトで r5su3-dd入力 し、Enter を押します。
インストール時の更新の実行に PXE を使用する手順については、「初期 RAM ディスク更新の準備」 および 34章PXE ネットワークインストール を参照してください。これは高度な手順であり、ドライバー更新を実行する他の方法が失敗しない限り、試行しないでください。

13.4. ドライバー更新イメージファイルの場所またはドライバー更新ディスクの指定

インストーラーが、ドライバー更新を保持できる複数のデバイスを検出すると、正しいデバイスを選択するように求められます。ドライバー更新の保存先のデバイスを表すオプションが不明な場合は、正しいオプションを見つけるまで、さまざまなオプションを試してください。

図13.7 ドライバーディスクソースの選択

ドライバーディスクソースの選択
選択したデバイスに適切な更新メディアが含まれていない場合、インストーラーは別の選択を促します。
フロッピーディスク、CD、DVD、または USB ストレージデバイスでドライバー更新ディスクを行うと、インストーラーはドライバーの更新を読み込むようになりました。ただし、選択したデバイスが複数のパーティションを含むことができるデバイスのタイプである場合(現在複数のパーティションがあるかどうかに関係なく)、インストーラーはドライバー更新を保持するパーティションを選択するように求める場合があります。

図13.8 ドライバーディスクパーティションの選択

ドライバーディスクパーティションの選択
インストーラーは、ドライバーの更新が含まれるファイルを指定するよう要求します。

図13.9 ISO イメージの選択

ISO イメージの選択
ドライバー更新を内部ハードドライブまたは USB ストレージデバイスに保存した場合、これらの画面が表示されます。ドライバーの更新がフロッピーディスク、CD、または DVD にある場合は、表示されないはずです。
イメージファイルまたはドライバー更新ディスクのどちらの形式でドライバーの更新を提供しているかにかかわらず、インストーラーは適切な更新ファイルを一時的なストレージ領域(ディスク上ではなく)にコピーするようになりました。インストーラーは、追加のドライバー更新を使用するかどうかを尋ねる場合があります。Yes を選択すると、追加の更新が順番にロードされます。読み込むドライバーの更新がない場合は、No を選択します。ドライバー更新を削除可能なメディアに保存した場合、ディスクまたはデバイスを安全に取り出しまたは切断できるようになりました。インストーラーはドライバーの更新を必要としなくなり、他の目的でメディアを再利用できます。

第14章 IBM POWER System でのインストールのトラブルシューティング

この付録では、一般的なインストールの問題とその解決策を説明します。
また、IBM Online Alert Section for System p and System i useful もあります。これは以下にあります。
http://www14.software.ibm.com/webapp/set2/sas/f/lopdiags/info/LinuxAlerts.html
上記の URL は、読みやすくするために 2 つの行に分割されていることに注意してください。改行なしで、ブラウザーに 1 行ずつ入力する必要があります。

14.1. Red Hat Enterprise Linux を起動できない

14.1.1. signal 11 エラーが表示される

シグナル 11 エラー(通常は セグメンテーションフォールト として知られている)は、プログラムが、割り当てられていないメモリーの場所にアクセスすることを意味します。シグナル 11 エラーは、インストールされているソフトウェアプログラムのいずれかまたは障害のあるハードウェアのバグが原因である可能性があります。
インストール時に致命的な signal 11 エラーが発生した場合は、おそらくシステムのバスのメモリーでハードウェアエラーが発生している可能性があります。他のオペレーティングシステムと同様に、Red Hat Enterprise Linux はシステムのハードウェアに独自の要求を配置します。このハードウェアの一部は、別の OS で適切に動作している場合でも、これらの要求に対応できない可能性があります。
Red Hat の最新のインストール更新およびイメージがあることを確認します。オンラインエラータを確認して、新しいバージョンが利用可能かどうかを確認します。最新のイメージがまだ失敗すると、ハードウェアに問題がある可能性があります。通常、これらのエラーはメモリーまたは CPU キャッシュにあります。お使いのシステムがこれに対応している場合は、このエラーの解決策として BIOS で CPU キャッシュをオフにすることができます。マザーボードスロットの周りのメモリーをスワップして、問題がスロットまたはメモリーに関連しているかどうかを確認することもできます。
もう 1 つのオプションは、インストール CD-ROM でメディアチェックを実行することです。Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムでは、インストールメディアの整合性をテストする機能があります。これは、CD、DVD、ハードドライブ ISO、および NFS ISO のインストール方法で動作します。Red Hat は、インストールプロセスを開始する前に、およびインストール関連のバグを報告する前に、すべてのインストールメディアをテストすることを推奨します(CD が不適切に書き込まれたため、報告されたバグの多くは実際には多数あります)。このテストを使用するには、boot: または yaboot: プロンプトで以下のコマンドを入力します(Itanium システムの場合、elilo で事前入力してください)。
	linux mediacheck
シグナル 11 エラーに関する詳細は、以下を参照してください。
	http://www.bitwizard.nl/sig11/

14.2. インストール開始時の問題

14.2.1. グラフィカルインストールの起動に関連する問題

グラフィカルなインストールプログラムでの起動に問題があるビデオカードがいくつかあります。インストールプログラムがデフォルト設定を使用して実行しない場合は、低い解像度モードで実行しようとします。それでも動作が失敗する場合、インストールプログラムはテキストモードによる実行を試行します。
考えられる解決策の 1 つは、resolution= 起動オプションの使用を試みることです。詳細は、15章IBM Power Systems の追加の起動オプション を参照してください。
注記
フレームバッファーのサポートを無効にして、インストールプログラムがテキストモードで実行できるようにするには、nofb 起動オプションの使用を試行します。このコマンドは、一部の画面読み取りハードウェアへのアクセスに必要になる場合があります。

14.3. インストール中の問題

14.3.1. No devices found to install Red Hat Enterprise Linux Error Message (Red Hat Enterprise Linux のエラーメッセージをインストールするデバイスが見つかりませんでした)

No devices found to install Red Hat Enterprise Linux というエラーメッセージが表示される場合は、インストールプログラムで認識されない SCSI コントローラーが存在する可能性があります。
ハードウェアベンダーの Web サイトを確認して、問題を修正するドライバーディスクイメージが利用可能かどうかを確認します。ドライバーディスクの詳細は、13章IBM POWER システムへのインストール時におけるドライバーの更新 を参照してください。
また、以下のオンラインの 『Red Hat Hardware Compatibility List』 を参照してください。

14.3.2. ディスケットドライブのないトレースメッセージの保存

インストール時にトレースバックエラーメッセージが表示される場合は、通常はこれをディスクに保存できます。
システムにディスクドライブがない場合は、リモートシステムにエラーメッセージを scp できます。
この情報は、ヘッドレス IBM System p システムのユーザーには適用されません。
トレースバックダイアログが表示されると、トレースバックエラーメッセージは /tmp/anacdump.txt という名前のファイルに自動的に書き込まれます。ダイアログが表示されたら、キー Ctrl+Alt+F2 を押すと、/tmp/anacdump.txt に書き込まれたメッセージを既知の稼働中のリモートシステムに書き込んで、新しい tty (仮想コンソール)に切り替えます。

14.3.3. パーティションテーブルに関する問題

インストールの ディスクパーティションセットアップ(「ディスクパーティション設定」)フェーズの 後に、以下のようなエラーが表示されます。
デバイス hda のパーティションテーブルが読み取れませんでした。新しいパーティションを作成するには、初期化する必要があります。これにより、このドライブ上の すべて の DATA が失われてしまいます。
そのドライブにはパーティションテーブルがない場合や、ドライブ上のパーティションテーブルが、インストールプログラムで使用されるパーティションソフトウェアで認識できない可能性があります。
実行しているインストールのタイプに関係なく、システム上の既存データのバックアップは常に行う必要があります。

14.3.4. IBM™ POWER System ユーザー向けのその他のパーティション設定の問題

Disk Druid を使用してパーティションを作成し、次の画面に移動できない場合は、Disk Druid の依存関係を満たすために必要なパーティションがすべて作成されていない可能性があります。
最低必要条件として次のパーティションがあることを確認してください。
  • / (ルート) パーティション
  • タイプ swap の <swap> パーティション
  • PPC PReP Boot パーティション。
  • /boot/ パーティション。
注記
パーティションのタイプを swap として定義する場合は、マウントポイントを割り当てないでください。Disk Druid は、自動的にマウントポイントを割り当てます。

14.3.5. Python エラーが表示されていますか ?

Red Hat Enterprise Linux のアップグレードまたはインストール時に、インストールプログラム( anacondaとも呼ばれます)が Python またはトレースバックエラーで失敗する可能性があります。このエラーは、個々のパッケージの選択後、または /tmp/ディレクトリーにアップグレードログを保存しようとする際に発生する可能性があります。エラーは以下のようになります。
Traceback (innermost last):
File "/var/tmp/anaconda-7.1//usr/lib/anaconda/iw/progress_gui.py", line 20, in run
rc = self.todo.doInstall ()    
File "/var/tmp/anaconda-7.1//usr/lib/anaconda/todo.py", line 1468, in doInstall 
self.fstab.savePartitions ()    
File "fstab.py", line 221, in savePartitions      
sys.exit(0)  
SystemExit: 0   
Local variables in innermost frame:  
self: <fstab.GuiFstab instance at 8446fe0>  
sys: <module 'sys' (built-in)>  
ToDo object:  (itodo  ToDo  p1  (dp2  S'method'  p3  (iimage  CdromInstallMethod  
p4  (dp5  S'progressWindow'  p6   <failed>
このエラーは、/tmp/ へのリンクが他の場所へのシンボリックリンクであるか、作成後に変更されたシステムで発生します。これらのシンボリックリンクまたは変更されたリンクはインストールプロセス時に無効であるため、インストールプログラムは情報を書き込めず、失敗します。
このようなエラーが発生した場合は、まず anaconda で利用可能なエラータをダウンロードします。エラータは以下にあります。
http://www.redhat.com/support/errata/
anaconda の Web サイトは役立つリファレンスで、以下のオンラインで参照できます。
http://fedoraproject.org/wiki/Anaconda
また、この問題に関連するバグレポートを検索することもできます。Red Hat のバグ追跡システムを検索するには、以下に移動します。
http://bugzilla.redhat.com/bugzilla/
最後に、このエラーに関連する問題が発生している場合は、製品を登録し、サポートチームにお問い合わせください。製品を登録するには、以下に移動します。
http://www.redhat.com/apps/activate/

14.4. インストール後の問題

14.4.1. Unable to IPL from *NWSSTG

*NWSSTG から IPL を試行する際に問題が発生した場合は、アクティブとして PReP Boot パーティションセットを作成していない可能性があります。

14.4.2. グラフィカル環境での起動

Red Hat Enterprise Linux システムにログインした後に X Window System をインストールしていてグラフィカルデスクトップ環境が表示されない場合は、コマンド startx を使用して X Window System グラフィカルインターフェイスを起動できます。
このコマンドを入力し、Enter をクリックすると、グラフィカルデスクトップ環境が表示されます。
ただし、手動による起動はその場限りで、次回からのログインプロセスを変更するわけではないことに注意してください。
グラフィカルログイン画面でログインできるようにシステムを設定するには、runlevel セクションの数字を 1 つだけ変更して、1 つのファイル /etc/inittab を編集する必要があります。設定を終えたらコンピューターを再起動します。次回のログイン時には、グラフィカルログインプロンプトが表示されます。
シェルプロンプトを開きます。ユーザーアカウントでログインしている場合は su コマンドで root になります。
ここで、gedit /etc/inittab と入力して、gedit でファイルを編集します。/etc/inittab ファイルが開きます。最初の画面では、以下のような ファイルの セクションが表示されます。
# Default runlevel. The runlevels used by RHS are: 
#   0 - halt (Do NOT set initdefault to this) 
#   1 - Single user mode 
#   2 - Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking) 
#   3 - Full multiuser mode 
#   4 - unused 
#   5 - X11 
#   6 - reboot (Do NOT set initdefault to this) 
#  id:3:initdefault:
コンソールからグラフィカルログインに変更するには、id:3:initdefault: の行の番号を 3 から 5 に変更する必要があります。
Warning
デフォルトランレベルの数 のみ3 から 5 に変更します。
変更した行は、以下のようになります。
	 id:5:initdefault: 
変更に問題がなければ、Ctrl+Q キーを使用してファイルを保存して終了します。ウィンドウが表示され、変更を保存するかどうかを尋ねられます。Save をクリックします。
システムを再起動してから次回ログインすると、グラフィカルログインプロンプトが表示されます。

14.4.3. X Window System (GUI)に関する問題

X (X Window System)の起動に問題がある場合は、インストール時にインストールされていない可能性があります。
X を使用する場合は、Red Hat Enterprise Linux CD-ROM からパッケージをインストールするか、アップグレードを実行できます。
アップグレードを選択した場合は、X Window System パッケージを選択し、アップグレードパッケージの選択プロセスで GNOME、KDE、またはその両方を選択します。

14.4.4. X サーバーのクラッシュと非 root ユーザーの問題

root 以外のログイン以外の場所に X サーバーがクラッシュする際に問題が発生した場合は、完全なファイルシステム(または利用可能なハードドライブ領域がない)がある可能性があります。
これが発生したことを確認するには、以下のコマンドを実行します。
df -h
df コマンドは、どのパーティションが満杯かの診断に役立ちます。df の詳細と、利用可能なオプション(この例では -h オプションなど)の詳細は、シェルプロンプトで man df と入力して df を参照してください。
キーインジケーターは 100% 完全であるか、パーティションで 90% または 95% を超える割合です。/home/ パーティションおよび /tmp/ パーティションは、ユーザーファイルですぐにいっぱいになる場合があります。古いファイルを削除することで、そのパーティションに部屋を確保できます。ディスク領域の一部を解放したら、以前に失敗したユーザーとして X を実行してみてください。

14.4.5. ログインの試行時の問題

Setup Agent でユーザーアカウントを作成していない場合は、root としてログインし、root に割り当てたパスワードを使用します。
root パスワードを覚えていない場合は、システムを linux single として起動します。
シングルユーザーモードで起動して # プロンプトにアクセスできる場合は、passwd root と入力すると、root の新しいパスワードを入力できます。この時点で shutdown -r と入力し、新しい root パスワードを使用してシステムを再起動することができます。
ユーザーアカウントのパスワードを記憶できない場合は、root になる必要があります。root になるには、su - と入力し、プロンプトが表示されたら root パスワードを入力します。次に、passwd <username> と入力し ます。これにより、指定したユーザーアカウントの新しいパスワードを入力することができます。
グラフィカルログイン画面が表示されない場合は、ハードウェアで互換性の問題を確認してください。『ハードウェア互換性一覧』 については、以下を参照してください。
	http://hardware.redhat.com/hcl/

14.4.6. プリンターが機能しなくなる

プリンターの設定方法がわからない場合、または正常に機能しない場合は、Printer Configuration Tool の使用を試行します。
シェルプロンプトで system-config-printer コマンドを入力して、Printer Configuration Tool を起動します。root でない場合は、続行するために root パスワードを求めるプロンプトが表示されます。

14.4.7. 起動時に Apache ベースの httpd サービス/Sendmail Hangs

Apache ベースの httpd サービスまたは Sendmail が起動時にハングする問題がある場合は、以下の行が /etc/hosts ファイルにあることを確認します。
127.0.0.1  localhost.localdomain  localhost

第15章 IBM Power Systems の追加の起動オプション

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムで利用可能な追加のブートおよびカーネル起動オプションを説明します。
ここで表示される起動オプションのいずれかを使用するには、インストール boot: プロンプトで呼び出すコマンドを入力します。

起動時間コマンド引数

askmethod
このコマンドにより、Red Hat Enterprise Linux CD-ROM から起動する際に使用するインストール方法を選択するように求められます。
dd
この引数により、インストールプログラムはドライバーディスクの使用を要求します。
dd=url
この引数により、インストールプログラムは、指定した HTTP、FTP、または NFS ネットワークアドレスからのドライバーイメージの使用を求めるプロンプトを出します。
display=ip:0
このコマンドにより、リモートディスプレイ転送が可能になります。このコマンドでは、ip をディスプレイを表示するシステムの IP アドレスに置き換える必要があります。
ディスプレイを表示するシステムで、コマンド xhost + remotehostname を実行する必要があります。remotehostname は、元のディスプレイを実行しているホストの名前になります。コマンド xhost +remotehostname を使用すると、リモートディスプレイターミナルへのアクセスを制限し、リモートアクセスを特に許可していないユーザーやシステムからのアクセスを許可しません。
driverdisk
このコマンドは、dd コマンドと同じ機能を実行し、Red Hat Enterprise Linux のインストール時にドライバーディスクを使用するプロンプトを表示します。
ide=nodma
このコマンドは、すべての IDE デバイスで DMA を無効にし、IDE 関連の問題がある場合に役立ちます。
mediacheck
このコマンドを使用すると、インストールソースの整合性をテストするオプションが提供されます(ISO ベースの方法の場合)。このコマンドは、CD、DVD、ハードドライブ ISO、および NFS ISO のインストール方法で機能します。インストール前に ISO イメージの整合性を検証することで、インストール中に何度も遭遇する問題を回避することができます。
mem=xxxm
このコマンドを使用すると、カーネルがマシンを検出するメモリー容量をオーバーライドできます。これは、16 MB のみが検出され、ビデオカードがメインメモリーとビデオメモリーを共有する一部の新しいマシンで必要になる場合があります。このコマンドを実行する場合は、xxx をメガバイト単位で置き換える必要があります。
mpath
マルチパスサポートを有効にします。
重要 - マルチパスデバイスへのインストールに必須
複数のパスからアクセスできるネットワークストレージデバイスに Red Hat Enterprise Linux 5.11 をインストールする場合は、このオプションを使用してインストールプロセスを起動する必要があります。起動時にこのオプションを指定しないとインストールに失敗するか、インストールの完了後にシステムの起動に失敗します。
noeject
インストール後に光学ディスクを取り出しないでください。このオプションは、後でトレイを閉じるのが困難なリモートインストールで役に立ちます。
nopass
このコマンドは、キーボードとマウスの情報をインストールプログラムのステージ 2 に渡すことを無効にします。ネットワークインストールの実行時に、インストールプログラムの第 2 段階の 2 段階でキーボードとマウスの設定画面をテストするために使用できます。
nopcmcia
このコマンドは、システム内の PCMCIA コントローラーを無視します。
noprobe
このコマンドは、ハードウェアの検出を無効にし、代わりにユーザーにハードウェア情報の入力を求めます。
noshell
このコマンドは、インストール時に仮想コンソール 2 のシェルアクセスを無効にします。
nostorage
このコマンドは、SCSI および RAID のストレージハードウェアのプロービングを無効にします。
nousb
このコマンドは、インストール時に USB サポートの読み込みを無効にします。インストールプログラムがプロセスの初期段階でハングする傾向がある場合は、このコマンドが役に立つ場合があります。
nousbstorage
このコマンドは、インストールプログラムのローダーで usbstorage モジュールの読み込みを無効にします。SCSI システムでのデバイスの順序付けに役立つ場合があります。
rescue
このコマンドは、レスキューモードを実行します。レスキューモードの詳細は、27章基本的なシステムの復元 を参照してください。
resolution=
インストールプログラムに対して、実行するビデオモードを指定します。640x480800x6001024x768 などの標準解像度も使用できます。
serial
このコマンドは、シリアルコンソールのサポートを有効にします。
text
このコマンドは、グラフィカルインストールプログラムを無効にし、インストールプログラムをテキストモードで実行します。
updates
このコマンドにより、anaconda インストールプログラムの更新(バグ修正)を含むフロッピーディスクを挿入するように求められます。ネットワークインストールを実行し、サーバー上の rhupdates/ に updates イメージコンテンツを配置している場合は、これは必要ありません。
vnc
このコマンドを使用すると、VNC サーバーからインストールできます。
vncpassword=
このコマンドは、VNC サーバーへの接続に使用されるパスワードを設定します。

パート III. IBM System z アーキテクチャー - インストールと起動

Red Hat Enterprise Linux Installation Guide』 for IBM System z Architecture Systems では、Red Hat Enterprise Linux のインストールと基本的なインストール後のトラブルシューティングについて説明しています。高度なインストールオプションについては、このマニュアルの後半で説明します。

第16章 開始するための手順

16.1. インストール前

このインストールプロセスは、IBM eServer System z プラットフォームについて基本的に理解していることを前提としています。これらのプラットフォームの詳細については、次の URL にある IBM Redbooks を参照してください。
http://www.redbooks.ibm.com/
本書では、関連する Redbook に精通し、IBM eServer System z システムに論理パーティション(LPAR)および仮想マシン(VM)をセットアップできることを前提としています。
注記
最新の IBM リソースについては、http://www.ibm.com/eserver/zseries/ を参照してください。
Red Hat Enterprise Linux をインストールする前に、以下の手順を実行する必要があります。
  1. DASDを使用した十分なディスクストレージ領域の割り当て [8] または SCSI[9] 適切なディスク容量を提供するパーティション(例:サーバーのインストールには 2 GB で十分ですが、すべてのパッケージをインストールするには 5 GB で十分です)。
    重要 - System z でフォーマットされていない DASD
    キックスタートと cmdline ユーザーインターフェイスを使用してインストールする場合は、Red Hat Enterprise Linux 5 は未フォーマットの DASD を使用できません。DASD がインストール時にフォーマットされるようにする方法は、「キックスタートのオプション」clearpart のドキュメントを参照してください。
  2. Linux 仮想マシン用に指定する 512 MB 以上の RAM (1 GB を強く推奨)を取得します。
  3. スワップ領域が必要かどうか、またその容量がどの程度かを判断します。z/VM に十分なメモリーを割り当て、z/VM が必要なスワップを実行できるようにすることが可能ですが、必要な RAM 容量が予測できない場合もあります。このような場合にはケースバイケースで検討してください。
  4. オペレーティングシステムを実行する環境(LPAR 上、または 1 つ以上の仮想マシン上のゲストオペレーティングシステムとして)を決定します。
  5. 最後に、3.3 から 3.8、および 『IBM Linux for System z Redbook』 のセクション 5 と 6 章を確認することが重要です。zSeries プラットフォームで利用可能なさまざまな設定とインストールシナリオ、および初期の LPAR または Linux 仮想マシン(z/VM)の設定方法について説明しています。

16.2. システム z の追加のハードウェア準備

ネットワーク設定は事前に決定する必要があります。Red Hat Enterprise Linux for IBM System z は、QDIO 対応(Queued Direct I/O)デバイスおよび LCS (LAN チャネル Xeon)デバイスをサポートします。CTC (channel-to-channel)および IUCV (inter-user communication vehicle)は非推奨となり、Red Hat Enterprise Linux ではサポートされていません。
このインストールの目的で、2 GB 以上のディスク領域(2 つの DASD、ダイレクトアクセスストレージデバイス、パーティションまたは同等の IBM System z SCSI LUN など)をインストールプロセスに割り当てることが推奨されます。すべての DASD ディスクの割り当ては、インストールプロセス前に完了する必要があります。インストール後に、必要に応じて DASD または SCSI (IBM System z のみ)のディスクパーティションを追加または削除できます。

16.3. ブート方法の基本的な概要

インストールを準備するには、Linux カーネル(kernel.img)、ram ディスク(initrd.img)、および z/VM を使用している場合は、任意の CMS 設定ファイル(redhat.conf)とパラメーターファイルが必要です。サンプルパラメーターおよび CMS 設定ファイル(redhat.parm および redhat.conf)が提供されます。CMS 設定ファイルを編集し、DASD に関する情報を追加する必要があります。ネットワーク設定に関する情報を追加することもできます。これが IBM System z で起動すると、ネットワークが設定されます。その後、別のコンピューターで ssh を使用してインストールイメージにログインできます。これでインストールスクリプトを起動して、Red Hat Enterprise Linux をインストールできます。

16.4. ネットワークからのインストールの準備

CD、DVD、またはフラッシュドライブなどの USB ストレージデバイスで使用可能なブートメディアがあることを確認します。
Red Hat Enterprise Linux インストールメディアは、ネットワークインストール (NFS、FTP、または HTTP 経由) またはローカルストレージ経由のインストールに使用できる必要があります。NFS、FTP、または HTTP インストールを実行している場合は、次の手順を使用します。
ネットワーク経由でインストールに使用する NFS、FTP、または HTTP サーバーは、インストール DVD-ROM またはインストール CD-ROM の完全なコンテンツを提供できる別のマシンである必要があります。
注記
以下の例では、インストールファイルが含まれるインストールステージングサーバーのディレクトリーは /location/of/disk/space として指定されます。FTP、NFS、または HTTP 経由で一般に公開されるディレクトリーは、/publicly/available/directory として指定されます。たとえば、/location/of/disk/space は、/var/isos という名前のディレクトリーになります。HTTP インストールの場合、/publicly/available/directory/var/www/html/rhel5 である可能性があります。
インストール DVD または CD-ROM から、インストールステージングサーバーとして動作する Linux マシンにファイルをコピーするには、以下の手順を実行します。
  • 次のコマンド(DVD の場合)を使用して、インストールディスクから iso イメージを作成します。
    dd if=/dev/dvd of=/location/of/disk/space/RHEL5.iso
    ここで、dvd は DVD ドライブデバイスを指します。

16.4.1. FTP および HTTP インストールの準備

NFS、FTP、または HTTP インストールのインストールツリーを設定する場合は、RELEASE-NOTES ファイルとすべてのファイルを、すべてのオペレーティングシステムの ISO イメージにある RedHat ディレクトリーからコピーする必要があります。Linux および UNIX システムでは、以下のプロセスがサーバーにターゲットディレクトリーを適切に設定します(CD-ROM/ISO イメージごとに繰り返します)。
  1. CD-ROM または DVD-ROM を挿入します。
  2. mount /media/cdrom
  3. Server バリアントをインストールする場合は、cp -a /media/cdrom/Server < target-directory> を実行します。
    Client バリアントをインストールする場合は、cp -a /media/cdrom/Client < target-directory> を実行します。
  4. cp /media/cdrom/RELEASE-NOTES* <target-directory> (インストール CD 1 または DVD のみ)
  5. cp /media/cdrom/images &lt ;target-directory&gt; (インストール CD 1 または DVD のみ)
  6. umount /media/cdrom
(ここで は、<target-directory > はインストールツリーを含むディレクトリーへのパスを表します)。
注記
Supplementary ISO イメージまたはレイヤード製品の ISO イメージは、Anaconda の適切な操作に必要なファイルを上書きするため、コピーし ない でください。
これらの ISO イメージは、Red Hat Enterprise Linux のインストール にインストールする必要があります。
次に、/publicly/available/directory ディレクトリーが FTP または HTTP で共有されていることを確認し、クライアントアクセスを確認します。ディレクトリーがサーバー自体からアクセスできるかどうかを確認してから、インストールする同じサブネット上の別のマシンから確認することができます。

16.4.2. NFS インストールの準備

NFS をインストールする場合は、iso イメージをマウントする必要はありません。iso イメージ自体を NFS 経由で使用できるようにするだけで十分です。これは、iso イメージまたはイメージを NFS エクスポートされたディレクトリーに移動することで実行できます。
  • DVD の場合:
    mv /location/of/disk/space/RHEL5.iso /publicly/available/directory/
  • CDROM の場合:
    mv /location/of/disk/space/disk*.iso /publicly/available/directory/
/publicly/available/directory ディレクトリーが、/etc/exports のエントリーを介して NFS 経由でエクスポートされていることを確認します。
特定のシステムにエクスポートするには、次のコマンドを実行します。
/publicly/available/directory client.ip.address
すべてのシステムにエクスポートするには、以下のようなエントリーを使用します。
/publicly/available/directory *
NFS デーモンを起動します(Red Hat Enterprise Linux システムでは、/sbin/service nfs startを使用します)。NFS がすでに実行中の場合は、設定ファイルを再読み込みします(Red Hat Enterprise Linux システムでは /sbin/service nfs reloadを使用します)。
Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイドの指示に従って NFS 共有をテストするようにしてください。

16.5. ハードドライブのインストールの準備

注記
DASD または SCSI ソースストレージを使用したハードドライブのインストールは、ネイティブの ext2 パーティションまたは ext3 パーティションからのみ機能します。ネイティブ ext2 または ext3 以外のデバイス(特に RAID または LVM パーティションに基づくファイルシステム)をベースとするファイルシステムがある場合、ハードドライブのインストールを行うためのソースとして使用できません。
CD、DVD、またはフラッシュドライブなどの USB ストレージデバイスで使用可能なブートメディアがあることを確認します。
ハードドライブのインストール用にシステムを準備するには、以下のいずれかの方法でシステムを設定する必要があります。
  • CD-ROM または DVD のセットの使用 - 各インストール CD-ROM または DVD から ISO イメージファイルを作成します。CD-ROM ごとに(DVD を 1 回)、Linux システムで以下のコマンドを実行します。
    dd if=/dev/cdrom of=/tmp/file-name.iso
    このコマンドは、CD-ROM の最後に到達すると、無視できるエラーメッセージが表示されることがあります。作成した ISO イメージは、正しい DASD にコピーされてからインストールに使用できるようになりました。
  • ISO イメージの使用 - インストールするシステム(または正しい DASD デバイスまたは SCSI デバイス)に転送します。
    インストールを試行する前に ISO イメージがないことを確認することは、問題を回避するのに役立ちます。インストールを実行する前に ISO イメージがそのままであることを確認するには、md5sum プログラムを使用します(さまざまなオペレーティングシステムで md5sum プログラムを複数利用できます)。md5sum プログラムは、ISO イメージと同じ Linux マシンで利用できるようにする必要があります。
    新しい仮想マシンまたは LPAR からアクセスできる正しい DASD または SCSI LUN を作成し、インストールを続行します。
    また、インストールする場所に updates.img というファイルが存在する場合は、インストールプログラムである anaconda への更新に使用されます。Red Hat Enterprise Linux のインストール方法とインストールプログラムの更新を適用する方法は、anaconda RPM パッケージの install-methods.txt ファイルを参照してください。

16.6. z/VM へのインストール

Linux ゲストアカウントとして z/VM にログインします。x3270 または c3270 (Red Hat Enterprise Linux の x3270-text パッケージから)を使用して、他の Linux システムから z/VM にログインできます。または、IBM System z 管理コンソールの 3270 端末エミュレーターを使用します。Windows ベースのマシンから作業している場合、Jolly Gianthttp://www.jollygiant.com()は SSL 対応の 3270 エミュレーターを提供します。
CMS モードにない場合は、今すぐ入力します。
i cms
必要に応じて、z/VM の TCP/IP ツールを含むデバイスを CMS ディスクの一覧に追加します。以下に例を示します。
vmlink tcpmaint 592 592
qdio/qeth ベースのネットワーク接続タイプ( OSA expresshipersocketsなど)のいずれかを使用している場合は、仮想マシンゲスト qioassist パラメーターを off に設定します。
set qioassist off
ブートイメージ(kernel.img および initrd.img)を含むマシンに対して FTP を実行し、次のコマンドを実行してください。既存の kernel.img ファイル、initrd.img ファイル、generic.prm ファイル、または redhat.exec ファイルを上書きしている場合は、(repl オプションを使用します。
cd /location/of/boot/images//images/ 
locsite fix 80  
bin 
get kernel.img (repl  
get initrd.img (repl  
ascii  
get generic.prm (repl  
get redhat.exec (repl  
quit
パラメーターファイル(例: redhat.parm)を作成できます。サンプルの parm ファイルの例については、19章パラメーターファイルのサンプル を参照してください。parm ファイルの内容の説明は次のとおりです。
パラメーターファイルには、合計 32 のパラメーター制限があります。パラメーターファイルの制限に対応するために、CMS DASD の新しい設定と DASD 仕様の設定には、CMS DASD の新しい設定ファイルを使用する必要があります。
root=/dev/ram0 ro ip=off ramdisk_size=40000 などの 実際 のカーネルパラメーターには、.parm ファイルが必要です。また、vnc などの変数には割り当てられていない単一のパラメーターが必要です。z/VM インストールで、新しい CMS 設定ファイルでインストールプログラムを参照するように、2 つのパラメーターを .parm ファイルに追加する必要があります。
CMSDASD=191 CMSCONFFILE=redhat.conf
CMSDASD は、設定ファイルを含む CMS 形式の DASD のデバイス ID です。CMSDASD は、多くの場合、z/VM ゲストアカウントの 'A' DASD (通常はディスク 191)になります。設定ファイルの名前は CMSCONFFILE で設定する必要があり、すべて小文字である必要があります。
CMSCONFFILE の構文は、各行に 1 つずつ variable="value" ペアを持つ bash スタイルです。
例: redhat.parm ファイル
root=/dev/ram0 ro ip=off ramdisk_size=40000
CMSDASD=191 CMSCONFFILE=redhat.conf
vnc
Red Hat が同梱する redhat.exec ファイルの内容は以下のとおりです。
/* */                    
'cl rdr'                 
'purge rdr all'          
'spool punch * rdr'      
'PUNCH KERNEL IMG A (NOH'
'PUNCH REDHAT PARM A (NOH'
'PUNCH INITRD IMG A (NOH'
'ch rdr all keep nohold' 
'i 00c'
redhat.conf ファイルの例:
HOSTNAME="foobar.systemz.example.com"
DASD="200-203"
NETTYPE="qeth"
IPADDR="192.168.17.115"
SUBCHANNELS="0.0.0600,0.0.0601,0.0.0602"
PORTNAME="FOOBAR"
NETWORK="192.168.17.0"
NETMASK="255.255.255.0"
BROADCAST="192.168.17.255"
SEARCHDNS="example.com:systemz.example.com"
GATEWAY="192.168.17.254"
DNS="192.168.17.1"
MTU="4096"
以下のパラメーターは必須であり、パラメーターファイルに含める必要があります。
  • DASD=dasd-list
    dasd-list は、Red Hat Enterprise Linux が使用する DASD デバイスの一覧を表します。
    DASD の自動原則はこのパラメーターを省略すると行われますが、デバイス番号(したがってデバイス名)が Red Hat Enterprise Linux ゲストに新しい DASD が追加されると異なる可能性があるため、DASD= パラメーターを追加することが強く推奨されます。これにより、システムが使用できなくなる可能性があります。
    また、SAN ベースの環境では、LPAR ベースのインストールにおけるオートバッフィングでは、DASD ボリュームおよび SCSI ボリュームの数が予期せず大きくなり、他のユーザーが現在使用しているボリュームが含まれている可能性があるため、意図しない影響が出る可能性があります。特に、キックスタートインストール中に(すべてのパーティションをクリアするために自動パーティション設定を有効化している可能性がある)自動操作を行うことは強くお勧めしません。
  • root=file-system
    file-system は、root ファイルシステムがあるデバイスを表します。インストールの目的で、Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムが含まれる ramdisk である /dev/ram0 に設定する必要があります。
ネットワークの設定には、以下のパラメーターが必要です。
  • SUBCHANNELS=
    さまざまなネットワークインターフェイスに必要なデバイスバス ID を提供します。
    qeth: SUBCHANNELS="read_device_bus_id,write_device_bus_id, data_device_bus_id"
    lcs: SUBCHANNELS="read_device_bus_id,write_device_bus_id"
    以下に例を示します (qeth SUBCHANNEL ステートメントの場合)。
    SUBCHANNELS=0.0.0600,0.0.0601,0.0.0602
以下のパラメーターは任意です。
  • HOSTNAME=string
    string は、新たにインストールした Linux ゲストのホスト名です。
  • NETTYPE=type
    typelcs または qeth のいずれかである必要があります。
    以下を使用する場合は lcs を選択します。
    • OSA-2 イーサネット/トークンリング
    • 非 QDIO モードの OSA-Express Fast イーサネット
    • 非 QDIO モードの OSA-Express High Speed トークンリング
    • 非 QDIO モードの Gigabit イーサネット
    以下を使用する場合は qeth を選択します。
    • OSA-Express Fast イーサネット
    • Gigabit イーサネット (1000Base-T を含む)
    • High Speed トークンリング
    • HiperSockets
    • ATM (イーサネット LAN エミュレーションを実行)
  • IPADDR=IP
    IP は、新しい Linux ゲストの IP アドレスです。
  • NETWORK=network
    ここで、network はネットワークのアドレスです。
  • NETMASK=netmask
    netmask はネットマスクです。
  • BROADCAST=broadcast
    broadcast は ブロードキャスト アドレスに置き換えます。
  • GATEWAY=gw
    gw は、eth デバイスの gateway-IP に置き換えます。
  • MTU=mtu
    mtu はこの接続の Maximum Transmission Unit (MTU)です。
  • DNS=server1:server2::serverN
    server1:server2::serverN は、コロンで区切られた DNS サーバーの一覧です。以下に例を示します。
    DNS=10.0.0.1:10.0.0.2
  • SEARCHDNS=domain1:domain2::domainN
    domain1:domain2::domainN は、コロンで区切られた検索ドメインの一覧です。以下に例を示します。
    SEARCHDNS=example.com:example.org
  • PORTNAME=osa_portname | lcs_portnumber
    この変数は、qdio モードまたは non-qdio モードで動作する OSA デバイスに対応します。
    qdio モードを使用する場合: osa_portname は、qeth モードで動作している OSA デバイスで指定されたポート名です。PORTNAME は、APARs VM63308 および PQ73878 を使用しない z/VM 4.3 以前にのみ必要です。
    非 qdio モードを使用する場合: lcs_portnumber は、0 から 15 の範囲で相対ポート番号を整数として渡すために使用されます。
  • FCP_n="device_number SCSI_ID WWPN SCSI_LUN FCP_LUN"
    この変数は、FCP デバイスを備えたシステムで使用して FCP 設定を事前設定でき、インストール後に anaconda で編集できます。値の例は、以下のようになります。
    FCP_1="0.0.5000 0x01 0x5105074308c212e9 0x0 4010"
    • n は整数値です( FCP_1FCP_2 など)。
    • device_number は、FCP デバイスのアドレスを指定するために使用されます(例: デバイス 5000 の場合は 0.0.5000)。
    • SCSI_ID は 16 進値で指定され、通常は連続する値( 0x010x02 ...)が複数の FCP_ 変数で使用されます。
    • WWPN は、ルーティングに使用されるワールドワイドポート名です(マルチパスと併用されることが多い)。16 桁の 16 進数の値( 0x5105074308c212e9など)です。
    • SCSI_LUN はローカルの SCSI 論理ユニット値を指し、通常は 16 進数値(0x00、0x01、... など)が複数の FCP_ 変数で使用されます。
    • FCP_LUN は、ストレージの論理ユニット識別子を指し、16 進数値( 0x4010など)として指定します。
    注記
    FCP パラメーターで使用される各値(FCP_1, FCP_2, ...)はサイト固有で、通常は FCP ストレージ管理者によって提供されます。
Update for Red Hat Enterprise Linux 5.3
Anaconda が、OSA Express3 カードの CHPID の両方のポートに対応するようになりました。インストーラーは、インストールの初期段階でポート番号を求めるプロンプトを出します。ポートに指定された値は、インストールされたネットワークインターフェイスの起動スクリプトにも影響します。ポート 1 を選択すると、値 "portno=1" が ifcfg-eth* ファイルの OPTIONS パラメーターに追加されます。
z/VM 下にインストールする場合は、PORTNO = 0 (ポート 0)または PORTNO =1 (ポート 1 を使用)を CMS 設定ファイルに追加して、モードの入力を要求しないようにすることができます。
Update for Red Hat Enterprise Linux 5.2
Red Hat Enterprise Linux 5. 2 の System z ゲストにインストールする場合は、CMS 設定ファイルに LAYER2 = 0 または LAYER2 =1 のいずれかを追加してモードを永続化できます。OSA がレイヤー 3 モードの場合は LAYER2=0 を使用し、OSA がレイヤー 2 モードの場合は LAYER 2=1 を使用します。
LAYER2=1 を指定する場合、VSWITCH に接続する場合は VSWITCH=1 を指定することもできます。また、OSA に直接接続する場合は VSWITCH=0 を指定することもできます。VSWITCH が使用されていない場合は、MACADDR= <MAC address> パラメーターを使用して CMS 設定ファイルにMAC アドレスを指定します
キックスタートインストールの場合、以下のパラメーターは任意です。
  • RUNKS=value
    ここで、3270 端末でインストールプログラムを非対話型(キックスタート)モードで実行する場合は、value1 と定義さ ます。
  • cmdline
    cmdline を指定すると、3270 ターミナル出力がより読みやすくなります。インストーラーは、unix のようなコンソールに適用されるほとんどのエスケープ端末シーケンスを無効にしますが、3270 コンソールではサポートされていません。
  • cmdline オプションの RUNKS のいずれかを使用する前に、キックスタートファイルに必要なパラメーターがすべて含まれていることを確認してください。
ネットワークを正しく動作させるのに必要なネットワークパラメーターのいずれかが parm ファイルから省略すると、インストールの起動プロセス時にプロンプトが表示されます。
ログアウトした場合は、インストールに設定した z/VM ゲスト ID を使用して再接続し、ログインします。CMS モードにない場合は、今すぐ入力します。
i cms
カーネルイメージの IPL およびインストールの開始に必要なコマンドが含まれるダウンロードした REXX スクリプト redhat.exec を使用します。IPLed CMS を取得し、3270 コンソールで redhat を入力して、Enter キーを押してこのスクリプトを実行します。
初期インストール起動スクリプトは、parm ファイルで必要な情報をすべて指定しない限り、ネットワークと DASD に関する情報の入力を求めます。
すべての質問に回答したら、コアインストールプログラム( ローダー )を開始できます。インストールを続行するには、17章IBM System z Systems へのインストール を参照してください。

16.7. Red Hat Enterprise Linux LPAR CD を使用した LPAR へのインストール

LPAR にインストールする場合は、以下の手順を実施する必要があります。
  • ハードウェアマスターコンソール(HMC)または Support Element Workplace (SEW)に、新しい OS を LPAR にインストールするのに十分な権限を持つユーザーとしてログインします。SYSPROG ユーザーが推奨されます。
  • Images を選択し、インストールする LPAR を選択します。右側にあるフレーム内の矢印を使って CPC Recovery (CPC リカバリー) メニューに進みます。
  • Load from CD-ROM or Server をダブルクリックします。
  • 続いて表示されるダイアログボックスで、Local CD-ROM を選択し、Continue をクリックします。
  • 続いて表示されるダイアログで、generic.ins のデフォルト選択はそのままにして、Continue をクリックします。
  • 続行するには、「LPAR (Common Steps)へのインストール」 に進みます。

16.8. Red Hat Enterprise Linux for System z CD-ROM を使用しない LPAR へのインストール

  • LPAR に新しい OS をインストールするのに十分な権限を持つユーザーとして、Support Element Workplace にログインします。
  • Images を選択し、インストールする LPAR を選択します。
  • 右側にあるフレーム内の矢印を使って CPC Recovery (CPC リカバリー) メニューに進みます。
  • Load from CD-ROM or Server をダブルクリックします。
  • 次に表示されるダイアログボックスで、FTP Source (FTP ソース) を選択し、以下の情報を入力します。
    Host Computer:
    インストール元となる FTP サーバーのホスト名または IP アドレス( ftp.redhat.comなど)
    User ID:
    FTP サーバーのユーザー名(または 匿名
    Password:
    パスワード(匿名でログインする場合はメールアドレスを使用)
    アカウント:
    このフィールドは空のままにします。
    ファイルの場所(空白のまま):
    Red Hat Enterprise Linux for System z を保持する FTP サーバーのディレクトリー(例: /pub/redhat/linux/rawhide/s390x
  • Continue をクリックします。
  • 続いて表示されるダイアログで、redhat.ins のデフォルト選択を維持し、Continue をクリックします。
  • 続行するには、「LPAR (Common Steps)へのインストール」 を参照してください。

16.9. LPAR (Common Steps)へのインストール

インストールプログラムが起動したら(LPAR アイコンの背後にある赤のフィールドが消えた場合)、LPAR を選択して Operating System Messages をダブルクリックします。
初期インストール起動スクリプトは、ネットワーク設定と DASD 設定に関する質問を行います。Red Hat Enterprise Linux では、パラメーターファイル定義の制限が変更され、thirty-two (32)パラメーターが使用されるようになりました。パラメーターファイルに指定されていない情報は、インストールプログラムの質問に回答して指定する必要があります。
すべての質問に回答したら、コアインストールプログラム( ローダー )を開始できます。インストールを続行するには、17章IBM System z Systems へのインストール を参照してください。
注記
ハードドライブのインストールソースがあるネットワーク経由でインストールする場合は、テキストモードのインストールを実行する必要があります。

16.10. 十分なディスク容量がありますか?

現代のほぼすべてのオペレーティングシステム (OS) は ディスクパーティション を使用しており、Red Hat Enterprise Linux も例外ではありません。Red Hat Enterprise Linux をインストールするとき、ディスクパーティションの操作が必要になる場合があります。
Red Hat Enterprise Linux が使用するディスク領域は、システムにインストールしている可能性のある他の OS が使用するディスク領域から分離する必要があります。
ディスクとパーティションの設定に関する詳細は、「推奨されるパーティション設定スキーム」 を参照してください。


[8] Direct Access Storage Devices (または DASD)は、DASD ごとに最大 3 つのパーティションを許可するハードディスクです。たとえば、dasda には dasda[123] があります。
[9] fiber および専用スイッチで zFCP ドライバーを使用すると、SCSI LUN を、ローカルに接続された SCSI ドライブであるかのように Linux ゲストに提供できます。

第17章 IBM System z Systems へのインストール

本章では、グラフィカルマウスベースのインストールプログラムを使用して Red Hat Enterprise Linux のインストールを実行する方法を説明します。以下のトピックについて説明します。
  • インストールプログラムのユーザーインターフェイスに慣れる
  • インストールプログラムの起動
  • インストール方法の選択
  • インストール中の設定手順(言語、キーボード、マウス、パーティション設定など)
  • インストールの完了

17.1. グラフィカルインストールプログラムのユーザーインターフェイス

前に グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI) を使用した場合は、このプロセスをすでに理解しているので、マウスを使って画面を移動したり、ボタンをクリックしたり、テキストフィールドに入力したりします。
キーボードを使用して、インストールに移動することもできます。Tab キーを使用すると、画面内を移動してリストをスクロールできます。+ キーと - キーはリストを展開および折りたたむことができます。一方、Space および Enter は強調表示された項目を選択または削除します。また、Alt+X キーコマンドの組み合わせをボタンをクリックして選択したり、他の画面を選択したりすることもできます。X は、その画面に表示される改行文字に置き換えられます。
注記
テキストモードのインストールは明示的に文書化されていませんが、テキストモードのインストールプログラムを使用するものは、GUI インストールの指示に従うことを簡単に実行できます。注意すべき点の 1 つは、LVM (論理ボリューム管理)ディスクボリュームと zFCP デバイスの設定は、グラフィカルモードでのみ可能であることです。テキストモードでは、デフォルトの LVM 設定を表示および受け入れることしかできません。

17.2. テキストモードのインストールプログラムユーザーインターフェイス

Red Hat Enterprise Linux テキストモードのインストールプログラムは、グラフィカルユーザーインターフェイスで一般的に表示される画面上の ウィジェット のほとんどを含む画面ベースのインターフェイスを使用します。図17.1「Disk Druid に表示されるインストールプログラムウィジェット」 は、インストールプロセス時に表示される画面を示しています。
注記
テキストモードのインストールは明示的に文書化されていませんが、テキストモードのインストールプログラムを使用するものは、GUI インストールの指示に従うことを簡単に実行できます。注意すべき点の 1 つは、LVM (Logical Volume Management)ディスクボリュームの操作はグラフィカルモードでのみ可能であることです。テキストモードでは、デフォルトの LVM 設定を表示および受け入れることしかできません。

図17.1 Disk Druid に表示されるインストールプログラムウィジェット

Disk Druid に表示されるインストールプログラムウィジェット
図17.1「Disk Druid に表示されるインストールプログラムウィジェット」 に表示される最も重要なウィジェットの一覧を以下に示します。
  • テキストウィジェット:テキストウィジェットは、テキスト表示用の画面領域です。時折、テキストウィジェットにチェックボックスなどの他のウィジェットを含めることもできます。テキストウィジェットに、予約されているスペースで表示できる情報よりも多くの情報が含まれる場合、スクロールバーが表示されます。テキストウィジェット内のカーソルを置きた場合は、Up および Down の矢印キーを使用して、利用可能なすべての情報をスクロールできます。現在の位置は、# 文字でスクロールバーに表示されます。これにより、スクロールバーが上に移動し、スクロールダウンします。
  • スクロールバー - ウィンドウの下部にスクロールバーが表示され、現在ウィンドウのフレームにリストまたはドキュメントのどの部分があるかを制御します。スクロールバーを使用すると、ファイルの任意の部分に簡単に移動できます。
  • ボタンウィジェット:ボタンウィジェットは、インストールプログラムと対話する主要な方法です。Tab キーおよび Enter キーを使用してこれらのボタンをナビゲートし、インストールプログラムのウィンドウに移動します。ボタンは強調表示されたときに選択できます。
  • カーソル:ウィジェットではありませんが、カーソルは特定のウィジェットの選択(および対話)に使用されます。カーソルが widget から widget に移動すると、ウィジェットが色を変更するか、カーソル自体がウィジェットの位置内または隣の隣にのみ表示されることがあります。図17.1「Disk Druid に表示されるインストールプログラムウィジェット」は、Edit ボタンにカーソルを表示します。

17.2.1. キーボードを使用した移動

インストールダイアログを介したナビゲーションは、簡単なキーセットを介して実行されます。カーソルを移動するには、左、 Up、および Down の矢印キーを使用します。TabShift:Tab を使用して、画面上の各ウィジェットを前方または後方で循環させます。下部の下部には、ほとんどの画面に、利用可能なカーソル位置するキーの概要が表示されます。
ボタンを非表示にするには、カーソルをボタンの上に配置し(例: Tab を使用)、Space または Enter を押します。アイテムの一覧から項目を選択するには、カーソルを選択する項目に移動し、Enter を押します。チェックボックスのある項目を選択するには、カーソルをチェックボックスに移動し、Space を押して項目を選択します。選択を解除するには、Space を 2 回押します。
F12 を押すと現在の値を受け入れ、次のダイアログに進みます。OK ボタンを押すのと同じです。
Warning
ダイアログボックスが入力を待機している場合を除き、インストールプロセス時にキーを押しないでください(そうしないと、予期しない動作が発生する可能性があります)。

17.3. インストールプログラムの実行

LPAR または仮想マシンシステムを起動するために 16章開始するための手順 で説明されている手順に従って、IBM System z 上の設定済みの Linux インストールシステムに ssh を実行します。
テキストモードのインストールプログラムはほとんどのインストールでデフォルトで実行されますが、オプションで NFS インストール方式を介して VM および LPAR インストールで利用可能なグラフィカルインストールプログラムを実行できます。
注記
ネットワーク接続が遅い場合やテキストベースのインストールを希望する場合は、parm ファイルに DISPLAY= 変数を設定しないでください。テキストベースのインストールはグラフィカルインストールと似ていますが、グラフィカルインストールでは、より多くのパッケージ選択の詳細と、テキストベースのインストールで利用できないその他のオプションを利用できます。可能な場合は、グラフィカルインストールを使用することを強く推奨します。
グラフィカルインストールを実行するには、X Window System サーバーまたは VNC クライアントがインストールされているワークステーションを使用します。X11 転送または Telnet クライアントを許可する SSH クライアントを使用します。SSH は、セキュリティー機能に強く推奨されます。また、X および VNC セッションを転送する機能も可能にします。Linux イメージ(z/VM で実行している Linux ゲスト)に接続する前に、SSH クライアントで X11 転送を有効にします。

17.3.1. X11 転送を使用したインストール

たとえば、Linux イメージに接続し、Linux ワークステーションで OpenSSH と X11 転送を使用してグラフィカルインストールプログラムを表示するには、ワークステーションシェルプロンプトに以下のコマンドを入力します。
ssh -X linuxvm.example.com
-X オプションは、X11 転送を有効にします。
DNS またはホスト名が正しく設定されていない場合や、Linux イメージがディスプレイでアプリケーションを開くことができない場合は、グラフィカルインストールプログラムを起動することができません。これを回避するには、正しい DISPLAY= 変数を設定します。パラメーターファイルに DISPLAY=workstationname:0.0 パラメーターを追加し、workstationname を Linux イメージに接続するクライアントワークステーションのホスト名に置き換えます。Linux イメージがローカルワークステーションで xhost +linuxvm コマンドを使用してワークステーションに接続できるようにします。
NFS 経由でグラフィカルインストールが自動的に開始されない場合は、parm ファイルの DISPLAY= 変数設定を確認します。仮想マシンのインストールを実行している場合は、インストールを再実行して、リーダーに新しい parm ファイルを読み込みます。さらに、転送された X11 のディスプレイを実行する際に、X サーバーがワークステーションマシンで起動されていることを確認してください。最後に、3 つの方法がすべてグラフィカルインストールをサポートしているため、NFS、FTP、または HTTP のいずれかのプロトコルが選択されていることを確認します。

17.3.2. VNC を使用したインストール

VNC を使用している場合は、ワークステーションの SSH ターミナルのメッセージが表示され、VNC クライアントビューアーを起動し、VNC ディスプレイ仕様の詳細を確認できます。SSH ターミナルから VNC クライアントビューアーに仕様を入力し、Linux イメージに接続してインストールを開始します。
Linux イメージにログインすると、ローダー がインストールプログラムを起動します。
ローダー が開始すると、インストール方法を選択するための画面が複数あります。

17.4. ハードドライブ(DASD)からのインストール

パーティションの 選択 画面 は、ディスクパーティションからインストールする場合にのみ適用されます(つまり、プロンプト方式 起動オプションを使用し、インストール方法 ダイアログで ハードドライブ を選択している場合)。このダイアログでは、Red Hat Enterprise Linux のインストール元となるディスクパーティションとディレクトリーに名前を付けることができます。repo=hd 起動オプションを使用している場合は、パーティションをすでに指定している。
Red Hat Enterprise Linux ISO イメージを含むパーティションのデバイス名を入力します。このパーティションは ext2 または vfat ファイルシステムでフォーマットする必要があり、論理ボリュームにすることはできません。また、Directory holding images というラベルが付いたフィールドもあります。
ISO イメージがパーティションのルート(トップレベル)ディレクトリーにある場合は、/ を入力します。ISO イメージがマウントされたパーティションのサブディレクトリーにある場合は、そのパーティション内の ISO イメージを保持するディレクトリーの名前を入力します。たとえば、ISO イメージが正常に /home/ としてマウントされ、イメージが /home/new/ にある場合は、/new/ を入力します。
ディスクパーティションを特定すると、Welcome ダイアログが表示されます。

17.5. NFS 経由でのインストール

NFS ダイアログは、NFS サーバーからインストールする場合にのみ適用されます( インストール方法NFS イメージを 選択している場合)。
NFS サーバーのドメイン名または IP アドレスを入力します。たとえば、ドメイン example.comeastcoast という名前のホストからインストールする場合は、NFS Server フィールドに eastcoast.example.com を入力します。
次に、エクスポートしたディレクトリーの名前を入力します。「ネットワークからのインストールの準備」 で説明されている設定に従う場合は、ディレクトリー /export/directory/ を入力します。
NFS サーバーが Red Hat Enterprise Linux インストールツリーのミラーをエクスポートする場合は、インストールツリーのルートを含むディレクトリーを入力します。インストールに使用するサブディレクトリーを決定するプロセスで、後でインストールキーを入力します。すべてが正しく指定された場合は、Red Hat Enterprise Linux のインストールプログラムが実行していることを示すメッセージが表示されます。

図17.2 NFS 設定ダイアログ

NFS 設定ダイアログ
NFS サーバーが Red Hat Enterprise Linux CD-ROM の ISO イメージをエクスポートする場合は、ISO イメージが含まれるディレクトリーを入力します。
次に、ようこそ ダイアログが表示されます。

17.6. FTP 経由でのインストール

FTP ダイアログは、FTP サーバーからインストールする場合(つまり、Prompt method 起動オプションを使用し、Installation Method ダイアログで FTP を選択した場合)にのみ適用されます。このダイアログでは、Red Hat Enterprise Linux のインストール元となる FTP サーバーを特定できます。repo=ftp 起動オプションを使用している場合は、サーバーおよびパスをすでに指定しています。

図17.3 FTP 設定ダイアログ

FTP 設定ダイアログ
インストール元の FTP サイトの名前または IP アドレスと、アーキテクチャーの バリアント/ ディレクトリーを含むディレクトリーの名前を入力します。たとえば、FTP サイトにディレクトリー /mirrors/redhat/arch/バリアント;/ が含まれている場合は、/mirrors/redhat/ arch/ を入力します( arch は、i386、ia64、ppc、s390x など)、インストールするバリアントです。すべてが正しく指定されている場合は、ファイルがサーバーから取得されていることを示すメッセージボックスが表示されます。
次に、ようこそ ダイアログが表示されます。
注記
すでにサーバーにコピーした ISO イメージを使用することで、ディスク容量を節約できます。これを行うには、ループバックでマウントすることにより、ISO イメージを使用して Red Hat Enterprise Linux を 1 つのツリーにコピーします。各 ISO イメージについて以下を実行します。
mkdir ディスクX
mount -o loop RHEL5-discX.iso discX
X を対応するディスク番号に置き換えます。

17.7. HTTP 経由でのインストール

HTTP ダイアログは、HTTP サーバーからインストールする場合(つまり、askmethod 起動オプションを使用し、Installation Method ダイアログで HTTP を選択した場合)にのみ適用されます。このダイアログで、Red Hat Enterprise Linux のインストール元となる HTTP サーバーに関する情報の入力が求められます。repo=http 起動オプションを使用した場合は、サーバーおよびパスをすでに指定しています。
インストールする HTTP サイトの名前または IP アドレスと、アーキテクチャーの バリアント/ ディレクトリーが含まれるディレクトリーの名前を入力します。たとえば、HTTP サイトに /mirrors/redhat/arch/バリアント/ が含まれている場合は、/mirrors/redhat/ arch/ を入力します( arch は、i386、ia64、ppc、s390x、および variant など)のシステムのアーキテクチャータイプに置き換えられます。すべてが正しく指定されている場合は、ファイルがサーバーから取得されていることを示すメッセージボックスが表示されます。

図17.4 HTTP セットアップダイアログ

HTTP セットアップダイアログ
次に、ようこそ ダイアログが表示されます。
注記
すでにサーバーにコピーした ISO イメージを使用することで、ディスク容量を節約できます。これを行うには、ループバックでマウントすることにより、ISO イメージを使用して Red Hat Enterprise Linux を 1 つのツリーにコピーします。各 ISO イメージについて以下を実行します。
mkdir ディスクX
mount -o loop RHEL5-discX.iso discX
X を対応するディスク番号に置き換えます。

17.8. Red Hat Enterprise Linux へようこそ

Welcome 画面では入力を求めるプロンプトは表示されません。この画面から、Release Notes ボタンをクリックすると、Red Hat Enterprise Linux 5.11 のリリースノートにアクセスできます。
Next ボタンをクリックして続行します。

17.9. 言語の選択

マウスを使って、インストールに使用する言語を選択します( 図17.5「言語の選択」を参照してください)。
ここで選択する言語は、インストール後にオペレーティングシステムのデフォルト言語になります。適切な言語を選択すると、インストール後にタイムゾーン設定をターゲットにすることもできます。インストールプログラムは、この画面で指定する内容に基づいて適切なタイムゾーンを定義しようとします。

図17.5 言語の選択

言語の選択
適切な言語を選択したら、Next をクリックして続行します。

17.10. インストール番号の入力

インストール番号を入力します( 図17.6「インストール番号」を参照してください)。この数字は、インストーラーで利用可能なパッケージ選択セットを決定します。インストール番号の入力を省略する場合は、後でインストールするパッケージの基本的な選択が表示されます。

図17.6 インストール番号

インストール番号

17.11. ディスクパーティション設定

パーティション分割により、ストレージドライブを分離されたセクションに分割し、各セクションが独自のドライブとして動作します。パーティション設定は、複数のオペレーティングシステムを実行する場合や、ストレージパーティション(ユーザー情報を永続的に含む /home パーティションなど)間で論理的または機能を区別するようにする場合に特に便利です。
この画面では、デフォルトのレイアウトを作成するか、Disk Druid の Create custom layout オプションを使用して手動パーティションを選択できます。
最初の 3 つのオプションでは、ドライブをパーティション分割せずに自動インストールを実行できます。システムのパーティション設定に慣れていない場合は、カスタムレイアウトの作成は選択 せず、代わりにインストールプログラムのパーティションを作成することが推奨されます。
インストール用に zFCP LUN を設定するか、この画面から dmraid デバイスを無効にするには、Advanced storage configuration ボタンをクリックします。詳細は、「 高度なストレージオプション 」 を参照してください。
警告 - vdisk、tdisks、およびデフォルトのレイアウト
デフォルトのレイアウトは、インストーラーで利用できるすべてのデバイスを使用します。これには、vdisk、tdisks などの一時的なストレージデバイスが含まれます。デフォルトのレイアウトで一時的なストレージデバイスを使用している場合は、デバイスが再定義され、デバイスのコンテンツが失われると、システムにアクセスできなくなる可能性があります(たとえば、z/VM ゲストのログオフや再ログオン)。パーティションレイアウトを確認し、一時的なデバイスが含まれている場合は戻り、Create custom layout を選択して、これらのデバイスが永続的なシステムデータに使用されないようにします。
Warning
Update Agent は、デフォルトで更新パッケージを /var/cache/yum/ にダウンロードします。システムを手動でパーティションし、別の /var/ パーティションを作成する場合は、パッケージの更新をダウンロードするのに十分な大きさのパーティション(3.0 GB 以上)を作成してください。

図17.7 ディスクパーティション設定

ディスクパーティション設定
Disk Druid を使用してカスタムレイアウトを作成する場合は、「システムのパーティション設定」 を参照してください。
Warning
インストールの ディスクパーティション設定 フェーズの後に以下のようなエラーが発生した場合は、エラーが発生します。
デバイス dasda のパーティションテーブルは読み取れませんでした。新しいパーティションを作成するには、初期化する必要があります。これにより、このドライブで すべて の DATA が失われました。"
そのドライブにはパーティションテーブルがない場合や、ドライブ上のパーティションテーブルが、インストールプログラムで使用されるパーティションソフトウェアで認識できない可能性があります。
実行しているインストールのタイプに関係なく、システム上の既存データのバックアップは常に行う必要があります。
重要 - マルチパスデバイス
複数のパスからアクセスできるネットワークデバイスに Red Hat Enterprise Linux をインストールするには、このインストールウィンドウに使用するドライブの選択を解除し、代わりに mapper/mpath というラベルが付いたデバイスを選択します。
既存の Red Hat Enterprise Linux インストールの root ファイルシステムを、シングルパスストレージからマルチパスストレージに移行できないことに注意してください。root ファイルシステムをマルチパスデバイスに移行するには、新規インストールを実行する必要があります。したがって、それに応じてインストールを計画する必要があります。詳細は、https://access.redhat.com/site/solutions/66501 を参照してください。

17.12. 高度なストレージオプション

17.12.1. FCP デバイス

FCP (ファイバーチャネルプロトコル)デバイスを使用すると、IBM System z が DASD デバイスではなく SCSI デバイスを使用することができます。FCP (ファイバーチャネルプロトコル)デバイスは、従来の DASD デバイスに加えて、zSeries システムが SCSI LUN をディスクデバイスとして使用できるようにするスイッチドファブリックトポロジーを提供します。
通常、オペレーティングシステムがロードされ、ハードウェアの自動プロービングと定義は OS により行われます。ただし、FCP に関連する設定の柔軟性があるため、IBM System z では、インストールプログラムがハードウェアを認識するために、すべての FCP (Fibre Channel プロトコル)デバイスを手動で入力(インストールプログラムに対話的、または CMS conf ファイルの一意のパラメーターエントリーとして指定)する必要があります。ここで入力する値は、セットアップされる各サイトに固有のものです。
注記
zFCP デバイスのインタラクティブな作成は、グラフィカルモードのインストーラーでのみ使用できます。テキストのみのインストールで zFCP デバイスを対話的に設定することはできません。
入力した各値は、システムが正しく動作しない可能性があるので、正しく検証する必要があります。
これらの値の詳細は、システムに付属しているハードウェアのドキュメントを参照し、このシステムのネットワークを設定しているシステム管理者を確認してください。

図17.8 高度なストレージオプション

高度なストレージオプション
ファイバーチャネルプロトコル SCSI デバイスを設定するには、'ZFCP LUN の追加を選択し、'Add Drive' ボタンをクリックして FCP デバイスの追加ダイアログを呼び出します。16 ビットデバイス番号、64 ビット World Wide Port Number (WWPN)、および 64 ビット FCP LUN の詳細を入力します。Add ボタンをクリックして、この情報を使用して FCP デバイスへの接続を試みます。

図17.9 FCP デバイスの設定

FCP デバイスの設定
新たに追加されたデバイスは、インストールの Disk Druid 部分で存在し、使用可能になるはずです。

図17.10 FCP デバイスの設定

FCP デバイスの設定
注記
インストーラーでは、少なくとも 1 つの ECKD DASD を定義する必要があります。SCSI のみのインストールが必要な場合は、DASD= パラメーターを、存在しないデバイス番号を持つ CMS conf ファイルに入力する必要があります。これにより、定義された ECKD DASD に対する Anaconda の要件を満たし、SCSI 専用環境が作成されます。

17.13. デフォルトレイアウトの作成

デフォルトのレイアウトを作成すると、システムから削除されたデータ(存在する場合)に関してある程度制御できます。オプションは以下のとおりです。
  • 選択し たドライブですべてのパーティションを削除し、デフォルトレイアウトを作成 します。このオプションを選択して、ハードドライブ上のすべてのパーティションを削除します(これには、z/VM や z/OS などの他のオペレーティングシステムによって作成されたパーティションが含まれます)。
    Warning
    このオプションを選択すると、選択した DASD および SCSI ストレージドライブ上のすべてのデータがインストールプログラムにより削除されます。Red Hat Enterprise Linux をインストールするストレージドライブに保持する情報がある場合は、このオプションを選択しないでください。
  • 選択し たドライブで Linux パーティションを削除し、デフォルトレイアウトを作成 します。このオプションを選択して、Linux パーティション(以前の Linux インストールから作成したパーティション)のみを削除します。これにより、ストレージドライブ(z/VM パーティションや z/OS パーティションなど)にある可能性のある他のパーティションは削除されません。
  • 選択し たドライブで空き領域を使用し、デフォルトのレイアウトを作成 します。ストレージドライブで利用可能な空きスペースが十分にある場合は、このオプションを選択して現在のデータおよびパーティションを保持します。

図17.11 デフォルトレイアウトの作成

デフォルトレイアウトの作成
マウスを使って、Red Hat Enterprise Linux をインストールするストレージドライブを選択します。2 つ以上のドライブがある場合は、このインストールを含める必要があるドライブを選択できます。選択したドライブとその中のデータには影響はありません。
Warning
システムにあるデータのバックアップを作成することが推奨されます。たとえば、デュアルブートシステムをアップグレードまたは作成する場合は、ドライブに保持するデータのバックアップを作成してください。間違いが発生し、すべてのデータが失われる可能性があります。
自動パーティション設定で作成されたパーティションに必要な変更を確認して行うには、Review オプションを選択します。Review を選択して Next をクリックして前方に移動すると、Disk Druid に作成されたパーティションが表示されます。必要でない場合は、これらのパーティションに変更を加えることができます。
選択が完了したら Next をクリックして続行します。

17.14. システムのパーティション設定

カスタムレイアウトを作成する場合は、インストールプログラムに Red Hat Enterprise Linux のインストール場所を指示する必要があります。これには、Red Hat Enterprise Linux がインストールされている 1 つ以上のディスクパーティションのマウントポイントを定義します。

図17.12 ディスク Druidを使用したパーティション設定

ディスク Druidを使用したパーティション設定
インストールプログラムが使用するパーティション設定ツールは、Disk Druid です。特定の状況を除き、Disk Druid は一般的なインストールのパーティション要件を処理できます。

17.14.1. DASD デバイスのグラフィカル表示

ディスク Druid は、DASD デバイスをグラフィカルに表示します。
マウスを使って 1 回クリックし、グラフィカル表示で特定のフィールドを強調表示します。ダブルクリックして既存のパーティションを編集するか、既存の空き領域からパーティションを作成します。
表示の上に、ドライブ名(/dev/dasda など)、Geom (ハードディスクのジオメトリーが表示され、ハードディスクが報告するシリンダ数、ヘッド、セクターの数を表す 3 つの数字)、およびインストールプログラムで検出されたハードドライブの モデル を確認できます。
最後に、どのデバイスが /boot に関連付けられているかに注意してください。カーネルファイルとブートローダーセクターは、このデバイスに関連付けられます。最も一般的なケースでは、最初の DASD または SCSI LUN が使用されますが、異常なケースではそうでない場合もあります。インストール後のシステムを再登録する際にデバイス番号が使用されます。

17.14.2. Disk Druid のボタン

これらのボタンは、Disk Druid のアクションを 制御します。これらは、パーティションの属性(ファイルシステムタイプやマウントポイントなど)を変更し、RAID デバイスを作成するために使用されます。この画面のボタンは、行った変更を受け入れるか、Disk Druid を終了するためにも使用されます。詳細については、各ボタンを順番に確認してください。
  • edit: Partitions セクションで現在選択されているパーティションの属性を変更するのに使用します。Edit を選択すると、ダイアログボックスが開きます。パーティション情報がすでにディスクに書き込まれるかどうかによって、一部のフィールドまたはすべてのフィールドを編集できます。
  • RAID: ディスクパーティションまたはすべてのディスクパーティションに冗長性を提供するのに使用します。RAID の使用経験がある場合にのみ使用してください。RAID の詳細は、Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド を参照してください。
    RAID デバイスを作成するには、まずソフトウェア RAID パーティションを作成する必要があります。2 つ以上のソフトウェア RAID パーティションを作成したら、RAID を選択して、ソフトウェア RAID パーティションを RAID デバイスに参加させます。

17.14.3. パーティションフィールド

パーティション階層の上には、作成するパーティションに関する情報を表示するラベルがあります。ラベルは以下のように定義されます。
  • device: このフィールドは、パーティションのデバイス名を表示します。
  • マウントポイント/RAID/ボリューム: マウントポイントは、ボリュームが存在するディレクトリー階層内の場所です。この場所にボリュームはマウントされています。このフィールドは、パーティションがマウントされる場所を示します。パーティションが存在していても設定されていない場合は、マウントポイントを定義する必要があります。パーティションをダブルクリックしるか、編集 ボタンをクリックします。
  • type: このフィールドは、パーティションのファイルシステムタイプ(ext2、ext3、vfat など)を表示します。
  • Format: このフィールドは、作成されるパーティションがフォーマットされるかどうかを示します。
  • サイズ(MB): このフィールドは、パーティションのサイズ(MB 単位)を表示します。
  • start: このフィールドは、パーティションが開始するハードドライブのシリンダーを表示します。
  • end: このフィールドは、パーティションが終わるハードドライブのシリンダーを表示します。
RAID デバイス/LVM ボリュームグループメンバーの 非表示:作成された RAID デバイスまたは LVM ボリュームグループメンバーを表示したくない場合は、このオプションを選択します。

17.14.4. 推奨されるパーティション設定スキーム

System z 上の Linux に効率的なスワップ領域を設定することは複雑なタスクです。環境に大きく依存するため、実際にシステムにかかる負荷に応じて調整を行ってください。
詳細や決定については、以下のリソースを参照してください。

17.14.5. パーティションの編集

パーティションを編集するには、編集 ボタンを選択するか、既存のパーティションをダブルクリックします。
注記
パーティションがディスクに存在する場合は、パーティションのマウントポイントのみを変更できます。その他の変更を行うには、パーティションを削除して再作成する必要があります。

17.15. Network Configuration

ネットワークデバイスがない場合は、この画面はインストール時に表示されません。「タイムゾーンの設定」 に進んでください。

図17.13 Network Configuration

Network Configuration
インストールプログラムは、使用しているネットワークデバイスを自動的に検出し、ネットワーク デバイス 一覧に表示します。
ネットワークデバイスを選択したら、Edit をクリックします。Edit Interface ダイアログから、DHCP を使用するか、静的設定を使用するために、デバイスの IP アドレスと Netmask (IPv4 - Prefix for IPv6)の設定を選択できます。DHCP クライアントへのアクセスがない場合や、ここで何を提供するかわからない場合は、ネットワーク管理者に連絡してください。
注記
DHCP は、OSA レイヤー 3 サポートで設定された qdio/qeth デバイスには選択しないでください。レイヤー 3 は MAC アドレスまたはアドレス解決プロトコル(ARP)機能を提供しないため、それらを必要とするネットワークサービスでは使用できません。

図17.14 ネットワークデバイスの編集

ネットワークデバイスの編集
注記
この設定例にあるように数字を使用しないでください。これらの値は、独自のネットワーク設定では機能しません。入力する値が不明な場合は、ネットワーク管理者に連絡してください。
ネットワークデバイスのホスト名(完全修飾ドメイン名)がある場合は、DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol)が自動的に検出されるように選択するか、指定したフィールドにホスト名を手動で入力することもできます。
最後に、IP および Netmask の情報を手動で入力した場合は、ゲートウェイアドレスとプライマリーおよびセカンダリー DNS アドレスも入力できます。

17.16. タイムゾーンの設定

お使いのコンピューターの物理的な場所に最も近い都市を選択して、タイムゾーンを設定します。地図をクリックして、世界の特定の地理的地域に拡大します。
ここから、タイムゾーンを選択する方法は 2 つあります。
  • マウスを使ってインタラクティブマップをクリックして、特定の都市を選択します(黄色のドットで表示)。選択したことを示す赤い X が表示されます。
  • また、画面の下部にあるリストをスクロールしてタイムゾーンを選択することもできます。マウスを使って場所をクリックし、選択内容を強調表示します。
システムが UTC に設定されていることがわかっている場合は、System Clock uses UTC を選択します。
注記
インストール完了後にタイムゾーン設定を変更するには、Time and Date Properties Tool を使用します。
シェルプロンプトで system-config-date コマンドを入力して、日付と時刻のプロパティーツールを起動します。root でない場合は、続行するために root パスワードを求めるプロンプトが表示されます。
テキストベースのアプリケーションとして Time および Date プロパティーツール を実行するには、timeconfig コマンドを使用します。

17.17. root パスワードの設定

root アカウントとパスワードの設定は、インストール中に最も重要な手順の 1 つです。root アカウントは、Windows NT マシンで使用される管理者アカウントと似ています。root アカウントは、パッケージのインストール、RPM のアップグレード、およびほとんどのシステムメンテナーンスの実行に使用されます。root でログインすると、システムを完全に制御できます。
注記
root ユーザー(スーパーユーザーとも呼ばれる)には、システム全体に対する完全なアクセス権があります。そのため、root ユーザーとしてログインすることは、システムのメンテナーンスや管理 のみ を実行するのが最適です。

図17.15 root パスワード

root パスワード
root アカウントはシステム管理にのみ使用してください。すぐに何か修正する必要がある場合は、root で一般的な使用用の非 root アカウントを作成し、su - を root に作成します。これらの基本ルールは、誤字や誤ったコマンドでシステムに破損する可能性を最小限に抑えます。
注記
root になるには、ターミナルウィンドウにシェルプロンプトで su -入力 し、Enter を押します。次に root パスワードを入力し、Enter を押します。
インストールプログラムにより、root パスワードの設定が求められます。[10] システム用です。root パスワードを入力しなくても、インストールプロセスの次の段階に進むことはできません。
root パスワードは 6 文字以上である必要があります。入力したパスワードは画面にエコーされません。パスワードを 2 回入力する必要があります。2 つのパスワードが一致しない場合、インストールプログラムにより再度入力が求められます。
root パスワードは覚えておくことができるはずですが、他者にとっては簡単に推測できません。名前、電話番号、Q wertyパスワード、root、 123456、および anteater は、すべて不正なパスワードの例です。適切なパスワードは、大文字、小文字で、辞書の単語は含まれません(例: Aard387vark または 420BMttNT )。パスワードは大文字と小文字を区別することに注意してください。パスワードを入力した場合は、安全な場所に保持してください。ただし、作成するパスワードやパスワードを書き留めないことが推奨されます。
注記
このマニュアルに記載されているサンプルパスワードは使用しないでください。これらのパスワードのいずれかを使用して、セキュリティーリスクと見なされる可能性があります。
注記
インストール完了後に root パスワードを変更するには、Root Password Tool を使用します。
シェルプロンプトで system-config-rootpassword コマンドを入力して、Root Password Tool を起動します。root でない場合は、続行するために root パスワードを求めるプロンプトが表示されます。


[10] root パスワードは、Red Hat Enterprise Linux システムの管理パスワードです。システムメンテナーンスに必要な場合にのみ、root でログインする必要があります。root アカウントは、通常のユーザーアカウントに設定された制限内では動作しないため、root で行った変更はシステム全体に影響を与える可能性があります。

17.18. パッケージグループの選択

インストールにほとんどの選択肢を行ったので、デフォルトのパッケージ選択を確認するか、システムのパッケージをカスタマイズすることができます。
パッケージの インストールデフォルト 画面 が表示され、Red Hat Enterprise Linux インストールのデフォルトパッケージセットの詳細が表示されます。この画面は、インストールする Red Hat Enterprise Linux のバージョンによって異なります。
現在のパッケージリストを受け入れることを選択した場合は、「インストールの準備」 に進んでください。
パッケージセットをさらにカスタマイズするには、画面の Customize now オプションを選択します。 へ をクリックすると、パッケージグループの選択 画面に移動します。
機能( X Window SystemEditorsなど)、個々のパッケージ、またはこの 2 つの組み合わせに従ってコンポーネントをグループ化するパッケージグループを選択できます。