Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

Global File System 2

Red Hat Enterprise Linux 5

Red Hat Global File System 2

エディッション 3

概要

このマニュアルは Red Hat Enterprise Linux 5 対応の Red Hat GFS2 (Red Hat Global File System 2) の インストール、設定、及び維持についての情報を提供しています。

はじめに

Global File System の設定と管理』 ドキュメントへようこそ。 この文書は Red Hat GFS2 (Red Hat Global File System 2) の設定と維持に関する情報を提供します。Red Hat GFS2 は RHEL 5.3 及びそれ以降対応の単独ノード内で、又は Red Hat Cluster Suite 内のクラスター設定の一部として実行することができます。 Red Hat Cluster Suite に関する 情報には、『Red Hat Cluster Suite の概要』、及び 『Red Hat Cluster の設定と管理』 を参照して下さい。
全ての正式な Red Hat Enterprise Linux マニュアルとリリースノートの HTML と PDF バージョンは オンライン:http://www.redhat.com/docs/ で入手することができます。

1. 対象者

この文書は主として、以下の活動に熟知している Linux システム管理者を対象としています:
  • カーネル設定を含む Linux システムの管理手続き
  • Fibre Channel SAN などの共有ストレージネットワークのインストールと設定

3. フィードバック

誤字・脱字を発見された場合や、このマニュアルを改善する方法を考えつかれた場合は、 弊社までご連絡下さい。そして コンポーネント rh-cs に対して Bugzilla (http://bugzilla.redhat.com/bugzilla/)にレポートを提出して下さい。
Be sure to mention the manual's identifier:
rh-gfs2(EN)-5 (2009-01-05T15:15)
By mentioning this manual's identifier, we know exactly which version of the guide you have.
このドキュメントの改善案をお持ちの場合は、出来るだけ詳しく記入して下さい。 間違いを発見された場合は、そのセクション番号と周囲の文章も含めて頂くと 弊社で素早くその場所を発見できます。

第1章 GFS2 の概要

Red Hat GFS2 ファイルシステムは、Linux カーネルファイルシステムインターフェイス(VFS レイヤー)に 直接的に対応するネイティブファイルシステムです。GFS2 ファイルシステムは単独システム内で、あるいは クラスター設定の一部として実装することができます。クラスターファイルシステムの一部として実装された 場合、GFS2 は分散型メタデータと複数ジャーナルを運用します。
A GFS2 file system can be created on an LVM logical volume. A logical volume is an aggregation of underlying block devices that appears as a single logical device. For information on the LVM volume manager, see the 『LVM Administrator's Guide』.
GFS2 は 64-bit アーキテクチャを土台にしており、これは理論的に 8 EB の ファイルシステムを収容することができます。しかし、現在の GFS2 ファイルシステムの 最大サポート可能サイズは 25 TB です。ご使用の GFS2 ファイルシステムが 25 TB 以上を 必要とする場合は、Red Hat サービスの担当者にご連絡ください。
ご使用のファイルシステムのサイズを判定する時には、復元時のニーズを考慮する 必要があります。非常に大きなファイルシステムでの fsck コマンドの実行は長時間とメモリーの大領域を消費します。更には、ディスク/ディスク サブシステムで障害が発生すると、その復元時間は使用するバックアップメディアの 速度によって限定されます。
Red Hat Cluster Suite 内で設定されている場合、Red Hat GFS2 ノードは Red Hat Cluster Suite の 設定と管理ツールでその構成と管理ができます。Red Hat GFS2 はそれから GFS2 ノード全域に渡って1つの 一貫性のあるファイルシステムネームスペース表示で Red Hat クラスター内での GFS2 ノード間のデータ共有を提供します。これにより、異なるノード上のプロセスは、同じノード上のプロセスがローカルファイルシステム上で ファイルを共有するのと同じ方法で、認識できる差を見せないまま GFS2 ファイルを共有できるようになります。 Red Hat Cluster Suite に関する詳細情報には、『Red Hat Cluster の設定と管理』 を 参照して下さい。
LVM logical volumes in a Red Hat Cluster suite are managed with CLVM, which is a cluster-wide implementation of LVM, enabled by the CLVM daemon, clvmd running in a Red Hat Cluster Suite cluster. The daemon makes it possible to use LVM2 to manage logical volumes across a cluster, allowing all nodes in the cluster to share the logical volumes. to any directory on your system. For information on the LVM volume manager, see the 『LVM Administrator's Guide』.
gfs2.ko カーネルモジュールは GFS2 ファイルシステムを 実装して、GFS2 クラスターノードにロードされています。
この章では、ユーザーの GFS2 の理解をお手伝いするための土台として一部基本的な、 省略した情報を提供しています。ここには以下のようなセクションがあります:

1.1. GFS2 を設定する前に

GFS2 をインストールしてセットアップする前に、GFS2 ファイルシステムの 以下の基幹特性に注意を払って下さい:
GFS2 ノード
GFS2 ファイルシステムをマウントする Red Hat Cluster Suite 内のノードを決定します。
ファイルシステムの数量
作成する初期の GFS2 ファイルシステムの数量を決定します。(後で より多くのファイルシステムを追加することができます。)
ファイルシステム名
各ファイルシステム用に独自の名前を決定します。その名前はクラスター上の全ての lock_dlm ファイルシステムと、各ローカルノード上の全ての ファイルシステム(lock_dlm及び lock_nolock)に 対して独自でなければなりません。各ファイルシステム名はパラメータ変数の形式になる 必要があります。例えば、このマニュアルは手順例の中で、ファイルシステム名、 mydata1mydata2 を使用しています。
ジャーナル
Determine the number of journals for your GFS2 file systems. One journal is required for each node that mounts a GFS2 file system. GFS2 allows you to add journals dynamically at a later point as additional servers mount a filesystem. For information on adding journals to a GFS2 file system, see 「ファイルシステムへジャーナルの追加」.
GNBD サーバーノード
GNBD を使用している場合、必要となる GNBD サーバーノードの数量を決定します。 それぞれの GNBD サーバーノードのホスト名と IP アドレスは、後日の GNBD クライアント セットアップの為にメモして置きます。GFS2 を持つ GNBD の使用に関する情報は Global File System を持つ GNBD の使用 ドキュメントでご覧下さい。
ストレージデバイスとパーティション
ファイルシステム内に(CLVM 経由で)論理ボリュームを作成する為に使用する ストレージデバイスとパーティションを決定します。

注記

同じディレクトリ内にある複数のノードから同時に多数の作成と削除の操作が実行されると、 パフォーマンスの問題が発生する可能性があります。このパフォーマンス問題がご使用の システムで発生した場合は、可能な限りノード毎にファイルの作成と削除を そのノード特定のディレクトリを介してローカル化すべきです。

1.2. GFS と GFS2 の相違

このセクションは GFS に比較して GFS2 が提供できる改善と変更を一覧表示します。
Migrating from GFS to GFS2 requires that you convert your GFS file systems to GFS2 with the gfs2_convert utility. For information on the gfs2_convert utility, see 付録A ファイルシステムを GFS から GFS2 に変換.

1.2.1. GFS2 のコマンド名

In general, the functionality of GFS2 is identical to GFS. The names of the file system commands, however, specify GFS2 instead of GFS. 表1.1「GFS と GFS2 のコマンド」 shows the equivalent GFS and GFS2 commands.

表1.1 GFS と GFS2 のコマンド

GFS コマンド GFS2 コマンド 説明
mount mount ファイルシステムをマウントします。システムはファイルシステムが GFS 又は GFS2 のファイルシステムか どうかを判定します。GFS2 マウントオプションに関する情報には、gfs2_mount(8) man ページをご覧下さい。
umount umount ファイルシステムをアンマウント
fsck
gfs_fsck
fsck
fsck.gfs2
アンマウントしたファイルシステムのチェックと修理
gfs_grow gfs2_grow マウントしたファイルシステムの拡張
gfs_jadd gfs2_jadd マウントしたファイルシステムにジャーナルを追加
gfs_mkfs
mkfs -t gfs
mkfs.gfs2
mkfs -t gfs2
ストレージデバイス上にファイルシステムを作成
gfs_quota gfs2_quota マウント済のファイルシステム上で quota を管理
gfs_tool gfs2_tool ファイルシステムを設定、チューン、又は情報収集
gfs_edit gfs2_edit ファイルシステムの内部構造の表示、出力、編集。gfs2_edit コマンドは GFS ファイルシステムと GFS2 ファイルシステム用に使用できます。
GFS2 ファイルシステムコマンド用にサポートされているコマンドの一覧を見るには、 これらのコマンドの man ページをご覧下さい。

1.2.2. GFS と GFS2 のその他の差異

This section summarizes the additional differences in GFS and GFS2 administration that are not described in 「GFS2 のコマンド名」.

コンテキスト依存のパス名

GFS2 file systems do not provide support for context-dependent path names, which allow you to create symbolic links that point to variable destination files or directories. For this functionality in GFS2, you can use the bind option of the mount command. For information on managing pathnames in GFS2, see 「Bind マウントとコンテキスト依存のパス名」.

gfs2.ko モジュール

GFS ファイルシステムを実装するカーネルモジュールは gfs.ko です。 GFS2 ファイルシステムを実装するカーネルモジュールは gfs2.ko です。

GFS2 での Quota 強制を有効にする

In GFS2 file systems, quota enforcement is disabled by default and must be explicitly enabled. To enable and disable quotas for GFS2 file systems, you use the quota=on|off|account option for the mount command. For information on enabling and disabling quota enforcement, see 「Quota 強制の有効化/無効化」.

データジャーナリング

GFS2 file systems support the use of the chattr command to set and clear the j flag on a file or directory. Setting the +j flag on a file enables data journaling on that file. Setting the +j flag on a directory means "inherit jdata", which indicates that all files and directories subsequently created in that directory are journaled. Using the chattr command is the preferred way to enable and disable data journaling on a file.

ジャーナルを動的に追加

In GFS2 file systems, journals are plain (though hidden) files instead of embedded metadata. This means that journals can be dynamically added as additional servers mount a filesystem. For information on adding journals to a GFS2 file system, see 「ファイルシステムへジャーナルの追加」.

atime_quantum パラメータの排除

GFS2 ファイルシステムは atime_quantum チューン可能パラメータを サポートしていません。このパラメータは atime 更新が発生する 頻度を指定するのに GFS ファイルシステムで使用可能でした。その交替として GFS2 では、 relatimenoatime のマウントオプションを サポートします。relatime マウントオプションを使用することで、GFS にあった atime_quantum パラメータのセッティングに似た動作を達成することが 推奨されます。

マウントコマンドの data= オプション

GFS2 ファイルシステムをマウントする場合、mount コマンドの data=ordered、又は data=writeback オプションを指定することができます。data=ordered がセットしてあると、トランザクションによって変更されたユーザーデータは、トランザクションがディスクにコミットされる前にディスクに流されます。これは、ファイル内の初期化していないブロックをクラッシュの後でユーザーが見れないようにするはずです。 data=writeback がセットしてあると、ユーザーデータはそれが改変された後でも、いつでもディスクに書き込まれます。これは ordered モードと同様の一貫性保証を提供しませんが、 一部の作業負荷では少々速くなるはずです。デフォルトは ordered モードです。

gfs2_tool コマンド

gfs2_tool コマンドは、GFS 用の gfs_tool コマンドがサポートするものとは異なるオプションセットを GFS2 用にサポートします。以下を含んでいます:
  • gfs2_tool コマンドは、ファイルシステムが収納するジャーナルの数量を含む、 現在設定済のジャーナルに関する情報を表示する journals パラメータをサポートします。
  • gfs2_tool コマンドは counters フラグを サポートしません。このフラグは gfs_tool コマンドで GFS の 統計を表示するために使用されます。
  • The gfs2_tool command does not support the inherit_jdata flag. To flag a directory as "inherit jdata", you can set the jdata flag on the directory or you can use the chattr command to set the +j flag on the directory. Using the chattr command is the preferred way to enable and disable data journaling on a file.

gfs2_edit コマンド

gfs2_edit コマンドは、gfs_edit コマンドが GFS 用にサポートするのとは異なる GFS2 用のオプションセットをサポートします。

1.2.3. GFS2 のパフォーマンス向上

GFS2 ファイルシステムの多くの機能が、GFS ファイルシステムからのユーザーインターフェイス内で その差を見せませんが、ファイルシステムパフォーマンスは向上します。
GFS2 ファイルシステムは以下の分野で向上したファイルシステムパフォーマンスを 提供します:
  • 単独ディレクトリ内での大量使用の為に向上したパフォーマンス
  • より高速な同期 I/O 演算
  • より速いキャッシュ化読み込み(オーバーヘッドのロックなし)
  • 事前割り当てファイルでのより高速なダイレクト I/O (I/O が 4M など十分に大きいことが 前提)
  • 全般的により高速な I/O 演算
  • df コマンドの実行は、より高速な statfs コールの影響でより速くなります。
  • GFS で比較した場合の atime により生成された書き込み I/O 操作の頻度を低減するために atime モードは 改良されています。
GFS2 ファイルシステムは 以下のような方法でより広くより主流となるサポートを提供します。
  • GFS2 はアップストリームカーネル (2.6.19 内に統合)の一部です。
  • GFS2 は 以下のような機能に対応しています:
    • SELinux の拡張属性
    • 標準 ioctl() コールを経由した lsattr() と chattr() の属性セッティング
    • ナノ秒タイムスタンプ
GFS2 ファイルシステムはファイルシステムの内部効率に対し、以下のような 改善を提供します。
  • GFS2 のカーネルメモリーの使用は少なくなります。
  • GFS2 メタデータ生成の番号を必要としません。
    GFS2 メタデータの割り当ては読み込みを必要としません。複数ジャーナル内の メタデータブロックのコピーは、ロックが開放される前にジャーナルからブロックを 呼び起こすことにより管理されます。
  • GFS2 は、リンクのない inode や quota 変更について認識のないより簡単な ログマネージャを含んでいます。
  • gfs2_growgfs2_jadd のコマンドは ロックを使用して複数インスタンスが同時に稼働するのを防止します。
  • ACL code on は creat() や mkdir() の ようなコールの為に簡素化されました。
  • inode と異なり、quota の変更と statfs の変更は ジャーナルを再マウントしないで復元されます。

第2章 操作の開始

この章では、GFS2 の初期セットアップの手順を説明しており、以下のような セクションを含んでいます:

2.1. 事前要求タスク

Before setting up Red Hat GFS2, make sure that you have noted the key characteristics of the GFS2 nodes (refer to 「GFS2 を設定する前に」). Also, make sure that the clocks on the GFS2 nodes are synchronized. It is recommended that you use the Network Time Protocol (NTP) software provided with your Red Hat Enterprise Linux distribution.

注記

GFS2 ノード内のシステムクロックは相互誤差が数分以内になるようにして不要な inode time-stamp 更新 を防止するようにしなければなりません。不要な inode time-stamp 更新はクラスターのパフォーマンスに かなりの害を与えます。

2.2. 初期セットアップのタスク

初期の GFS2 セットアップは以下のタスクで構成されます:
  1. 論理ボリュームのセットアップ
  2. GFS2 ファイルシステムの作成
  3. ファイルシステムのマウント
これらの手順に従って GFS2 の初期セットアップをします。
  1. LVM を使用して、各 Red Hat GFS2ファイルシステム用に論理ボリュームを作成します。

    注記

    Red Hat Cluster Suite に含まれている init.d スクリプトを 使用して、論理ボリュームのアクティベートとディアクティベートをすることが出来ます。 init.d スクリプトの詳細情報については Red Hat Cluster の設定と管理 を参照して下さい。
  2. Create GFS2 file systems on logical volumes created in Step 1. Choose a unique name for each file system. For more information about creating a GFS2 file system, refer to 「ファイルシステムの作成」.
    以下のいずれかの形式を使用してクラスター化した GFS2 ファイルシステムを 作成することができます:
    mkfs.gfs2 -p lock_dlm -t ClusterName:FSName -j NumberJournals BlockDevice
    mkfs -t gfs2 -p lock_dlm -t LockTableName -j NumberJournals BlockDevice
    以下のいずれかの形式を使用してローカルの GFS2 ファイルシステムを 作成できます:
    mkfs.gfs2 -p lock_nolock -j NumberJournals BlockDevice
    mkfs -t gfs2 -p lock_nolock -j NumberJournals BlockDevice
    For more information on creating a GFS2 file system, see 「ファイルシステムの作成」.
  3. At each node, mount the GFS2 file systems. For more information about mounting a GFS2 file system, see 「ファイルシステムのマウント」.
    コマンドの使用法:
    mount BlockDevice MountPoint
    mount -o acl BlockDevice MountPoint
    -o acl mount オプションは ファイル ACL の操作を可能にします。1つのファイルシステムが -o acl マウントオプションなしでマウントされている場合、ユーザーは(getfacl で) ACL の表示はできますが、(setfacl で)それらをセットすることができません。

    注記

    Red Hat Cluster Suite に収納されている init.d スクリプトを使用して、 GFS2 ファイルシステムのマウントとアンマウントを自動化することができます。init.d スクリプトに関する詳細情報は Red Hat Cluster の設定と管理 をご覧下さい。

第3章 GFS2 の管理

この章では、GFS2 を管理するためのタスクとコマンドを説明しており、以下のような セクションで構成されます:

3.1. ファイルシステムの作成

mkfs.gfs2 コマンドを使用して、GFS2 ファイルシステムを作成します。又は mkfs コマンドに -t gfs2 オプションを指定して使用することもできます。ファイルシステムは起動中の LVM ボリューム上で作成されます。mkfs.gfs2 コマンドを実行するには 以下の情報が必要になります:
  • プロトコル/モジュールのロック名(クラスター用の lock protocol は lock_dlm
  • クラスター名(クラスター設定の一部として実行している場合)
  • ジャーナルの数量(ファイルシステムをマウントするそれぞれのノード毎にジャーナル1つ必要)
GFS ファイルシステムを作成している場合、直接 mkfs.gfs2 を使用するか、又は mkfs コマンドに -t パラメータを付けてタイプ gfs2 の ファイルシステムを指定して、gfs2 ファイルシステムのオプションを続ける ことが出来ます。

使用法

クラスター化した GFS2 ファイルシステムを作成する場合、以下の形式の いずれかを使用できます:
mkfs.gfs2 -p LockProtoName -t LockTableName -j NumberJournals BlockDevice
mkfs -t gfs2 -p LockProtoName -t LockTableName -j NumberJournals BlockDevice
ローカルの GFS2 ファイルシステムを作成している場合、以下の形式のいずれかを 使用できます:
mkfs.gfs2 -p LockProtoName -j NumberJournals BlockDevice
mkfs -t gfs2 -p LockProtoName -j NumberJournals BlockDevice

警告

LockProtoNameLockTableName のパラメータの使用に熟知していることを確認して下さい。LockProtoNameLockTableName のパラメータの間違えた使用をすると、ファイルシステムか ロックスペースが破損する可能性があります。
LockProtoName
使用するロッキングプロトコルの名前を指定します。クラスター用の lock protocol は lock_dlm です。
LockTableName
このパラメータはクラスター設定の GFS2 ファイルシステム用に指定されます。これには、 次の様にコロンで区切った2つの部分(空白なし)で構成されます: ClusterName:FSName
  • ClusterName、Red Hat クラスター用の名前です。このクラスター用に GFS2 ファイルシステムが作成されます。
  • FSName, ファイルシステムの名前で、これは1文字から 16文字までの長さが可能であり、クラスター上の全ての lock_dlm ファイルシステムと 各ローカルノード上の全てのファイルシステム(lock_dlm 及び lock_nolock)に渡って独自の名前でなければなりません。
Number
Specifies the number of journals to be created by the mkfs.gfs2 command. One journal is required for each node that mounts the file system. For GFS2 file systems, more journals can be added later without growing the filesystem, as described in 「ファイルシステムへジャーナルの追加」.
BlockDevice
論理ボリュームか物理ボリュームかを指定します。

この例では、これはクラスター化したファイルシステムですので、lock_dlm は ファイルシステムが使用するロッキングプロトコルです。クラスター名は alpha で、 ファイルシステム名は mydata1 です。このファイルシステムは8つのジャーナルを含み、 /dev/vg01/lvol0 上に作成されています。
mkfs.gfs2 -p lock_dlm -t alpha:mydata1 -j 8 /dev/vg01/lvol0
mkfs -t gfs2 -p lock_dlm -t alpha:mydata1 -j 8 /dev/vg01/lvol0
この例では、2つ目の lock_dlm ファイルシステムが作成されて、それがクラスター alpha 内で使用できます。ファイルシステム名は mydata2 です。このファイルシステムには 8つのジャーナルが 含まれており、/dev/vg01/lvol1 上に作成されています。
mkfs.gfs2 -p lock_dlm -t alpha:mydata2 -j 8 /dev/vg01/lvol1
mkfs -t gfs2 -p lock_dlm -t alpha:mydata2 -j 8 /dev/vg01/lvol1

オプション全種

表3.1「コマンドオプション: mkfs.gfs2 describes the mkfs.gfs2 command options (flags and parameters).

表3.1 コマンドオプション: mkfs.gfs2

フラグ パラメータ 説明
-c Megabytes Sets the initial size of each journal's quota change file to Megabytes.
-D 出力デバグを有効にします。
-h ヘルプ。使用可能なオプションを表示します。
-J MegaBytes ジャーナルのサイズをメガバイトで指定します。デフォルトのジャーナルサイズは 128 メガバイトです。最低サイズは 8 メガバイトです。長いジャーナルはパフォーマンスを 向上しますが、短いジャーナルよりもメモリーを多く消費します。
-j Number mkfs.gfs2 コマンドで作成されるジャーナルの数量を指定します。 ファイルシステムをマウントするそれぞれのノード毎に1つのジャーナルが必要になります。 このオプションが指定されていない場合、1つのジャーナルが作成されます。GFS2 ファイルシステムでは ファイルシステムを拡張することなく、余分のジャーナルを後で追加することができます。
-O mkfs.gfs2 コマンドが、ファイルシステムへの書き込み前に確認を してくることを阻止します。
-p LockProtoName
使用するロッキングプロトコルの名前を指定します。承認されているロッキングプロトコルには 以下があります:
lock_dlm — 標準のロッキングモジュール。クラスター化した ファイルシステムに必要です。
lock_nolock — GFS2 がローカルファイルシステム(1ノードのみ)として 機能している時に使用します。
-q 静寂モード。何も表示しません。
-r MegaBytes リソースグループのサイズをメガバイトで指定します。リソースグループの最低サイズは 32 MB です。 リソースグループの最大サイズは 2048 MB となります。大容量のファイルシステムでは、サイズの大きな リソースグループがパフォーマンスを向上する可能性が高くなります。このサイズが指定されていないと、 mkfs.gfs2 はファイルシステムのサイズを基にしてリソースグループのサイズを選択します。平均的なサイズの ファイルシステムは 256 MB のリソースグループを持ち、それより大きなファイルシステムはより良い パフォーマンスの為により大きなリソースグループサイズを選択します。
-t LockTableName
lock_dlm プロトコルを使用している時に、ロック表のフィールドを 指定する特有の識別子。lock_nolock プロトコルはこのパラメータを 使用しません。
このパラメータはコロンで分離された(空白なし)次の2つの部分を持ちます: ClusterName:FSName.
ClusterName は GFS2 ファイルシステムを作成している Red Hat クラスターの名前です。このクラスターのメンバーのみがこのファイルシステムを 使用することができます。クラスター名は クラスター設定ツール を 介して /etc/cluster/cluster.conf ファイル内でセットされて、 Red Hat Cluster Suite クラスター管理 GUI 内の クラスターステータスツール で 表示されます。
FSName, ファイルシステム名です。1文字から 16文字までの 長さを持ち、名前はクラスター内の全てのファイルシステムで特有のものでなければなりません。
-u MegaBytes Specifies the initial size of each journal's unlinked tag file.
-V コマンドのバージョン情報を表示します。

3.2. ファイルシステムのマウント

Before you can mount a GFS2 file system, the file system must exist (refer to 「ファイルシステムの作成」), the volume where the file system exists must be activated, and the supporting clustering and locking systems must be started (refer to Configuring and Managing a Red Hat Cluster). After those requirements have been met, you can mount the GFS2 file system as you would any Linux file system.
ファイル ACL を操作するには、ファイルシステムを -o acl マウントオプションで マウントする必要があります。ファイルシステムが -o acl マウントオプションなしで マウントされている場合、ユーザーは (getfacl で)ACL を表示できますが、 (setfaclで)それらをセットすることができません。

使用法

Mounting Without ACL Manipulation
mount BlockDevice MountPoint
Mounting With ACL Manipulation
mount -o acl BlockDevice MountPoint
-o acl
ファイル ACL の操作を可能にする GFS2 特有のオプション 。
BlockDevice
GFS2 ファイルシステムが存在するブロックデバイスを指定します。
MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされるディレクトリを指定します。

この例では、/dev/vg01/lvol0 の GFS2 ファイルシステムは /mygfs2 ディレクトリにマウントされています。
mount /dev/vg01/lvol0 /mygfs2

完全な使用法

mount BlockDevice MountPoint -o option
The -o option argument consists of GFS2-specific options (refer to 表3.2「GFS2 特有のマウントオプション」) or acceptable standard Linux mount -o options, or a combination of both. Multiple option parameters are separated by a comma and no spaces.

注記

mount コマンドは Linux のシステムコマンドです。このセクションに 説明してある GFS2 特有のオプションの他にも、標準の mount コマンドの オプション(例えば、-r)を使用することができます。Linux mount コマンドのオプションに関する情報は、Linux mount man ページでご覧下さい。
表3.2「GFS2 特有のマウントオプション」 describes the available GFS2-specific -o option values that can be passed to GFS2 at mount time.

表3.2 GFS2 特有のマウントオプション

オプション 説明
acl ファイル ACL の操作を可能にします。ファイルシステムが acl マウント オプションなしでマウントされている場合、ユーザーは(getfaclで) ACL を表示することはできますが、(setfaclで)それをセットすることはできません。
data=[ordered|writeback] data=ordered がセットされている場合、トランザクションで 変更されたユーザーデータは、トランザクションがディスクにコミットされる前に ディスクに流されます。これによりクラッシュの後にファイル内の初期化していないブロックを ユーザーが見れないようにするはずです。data=writeback モードがセットされていると、 ユーザーデータは、それが改変された後でもいつでもディスクに書き込まれます。これは、 ordered モードと同等の一貫性保証は提供しませんが、一部の作業負荷では、 少々速くなります。デフォルト値は ordered モードです。
ignore_local_fs
注意: このオプションは、GFS2 ファイルシステムが共有してある場合には 使用すべきではありません
GFS2 がファイルシステムをマルチホストファイルシステムとして扱うように強制します。 デフォルトでは、lock_nolock の使用が自動的に localcachinglocalflocks のフラグをオンにします。
localcaching
注意: このオプションは、GFS2 ファイルシステムが共有してある場合には 使用すべきではありません
GFS2 に対してそれがローカルファイルシステムとして実行していることを 伝えます。そうすると GFS2 はクラスターモードで実行している時には 利用できなかった最適化機能の選択をオンにします。localcaching フラグは lock_nolock によって自動的にオンにされます。
localflocks
注意: このオプションは、GFS2 ファイルシステムが共有されている場合には 使用すべきではありません。
GFS2 に対して VFS (virtual file system) レイヤーに全ての flock と fcntl を させるように告げます。localflocks フラグは lock_nolock に よって自動的にオンにされます。
lockproto=LockModuleName ユーザーが、ファイルシステムで使用するロッキングプロトコルを指定できるように します。LockModuleName が指定されていない場合、 ファイルシステムのスーパーブロックからロッキングプロトコル名が読み込まれます。
locktable=LockTableName ユーザーがファイルシステムで使用するロッキング表を指定できるようにします。
quota=[off/account/on] ファイルシステムの quota でオン/オフを切り替えます。account の状態の 中に quota をセットすると UID/GID 毎の使用統計がファイルシステムで正しく維持され、limit (限界) と warn (警告)の値は無視されます。デフォルト値は off です。
upgrade ファイルシステムのオンディスク形式をアップグレードして、GFS2 の新バージョンで 使用できるようにします。

3.3. ファイルシステムのアンマウント

GFS2 ファイルシステムは他の Linux ファイルシステムと同じ方法でアンマウントできます。 — umount コマンドを使用します。

注記

umount コマンドは Linux のシステムコマンドです。 このコマンドに関する情報には、Linux umount コマンドの man ページをご覧下さい。

使用法

umount MountPoint
MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされるディレクトリを指定します。

3.4. GFS2 Quota の管理

ファイルシステム quota(割り当て)はユーザーやグループが使用できるファイルシステムの 領域量を制限するのに使われます。ユーザーやグループは quota がセットされるまで、その 使用限度を持ちません。GFS2 は 制限が設定されていない時でも、各ユーザーとグループで 使用される領域を記録します。GFS2 はトランザクションの方法で quota 情報を更新して、 システムクラッシュの後でも quota 設定が再構成を必要としないようにします。
To prevent a performance slowdown, a GFS2 node synchronizes updates to the quota file only periodically. The "fuzzy" quota accounting can allow users or groups to slightly exceed the set limit. To minimize this, GFS2 dynamically reduces the synchronization period as a "hard" quota limit is approached.
GFS2 はその gfs2_quota コマンドを使用して、quota を 管理します。他の Linux quota 機能は GFS2 では使用できません。

3.4.1. Quota の設定

2つの quota 設定が それぞれの ユーザーID (UID) 又は、グループ ID (GID) 用に 使用できます。hard limit (ハードリミット)と warn limit (警告リミット)です。
hard limit は 使用できる領域の厳格な量を示します。ファイルシステムはこのディスク領域量 以上をユーザーやグループに使用させません。hard limit の値が zero の 場合、制限がないことを意味します。
warn limit は通常、hard limit よりも低い値です。ファイルシステムは、warn limit に 到達した時点でユーザーやグループに使用している量についての警告を出します。 warn limit の値が zero の場合、制限がないことを意味します。
これらの使用限度は gfs2_quota コマンドを使用してセットされます。 コマンドは、GFS2 がマウントされている単独ノード上で実行するだけで十分です。
By default, quota enforcement is not set on GFS2 file systems. To enable quota accounting, use the quota= of the mount command when mounting the GFS2 file system, as described in 「Quota 強制の有効化/無効化」.

使用法

Setting Quotas, Hard Limit
gfs2_quota limit -u User -l Size -f MountPoint
gfs2_quota limit -g Group -l Size -f MountPoint
Setting Quotas, Warn Limit
gfs2_quota warn -u User -l Size -f MountPoint
gfs2_quota warn -g Group -l Size -f MountPoint
User
制限、又は警告する為のユーザー ID です。これはパスワードファイルからのユーザー名か、 あるいは UID 番号です。
Group
制限、又は警告する為のグループ ID です。これはグループファイルからのグループ名か、 あるいは GID 番号です。
Size
制限、又は警告する為の新規の値を指定します。デフォルトでこの値は、メガバイトの 単位で示します。追加として -k-s-b のフラグを使用すると、この単位をそれぞれキロバイト、セクター、 ファイルシステムブロックに変更します。
MountPoint
設定が適用される GFS2 ファイルシステムを指定します。

この例では、ユーザー Bert 用の hard limit は ファイルシステム /mygfs2 で 1024 メガバイト(1ギガバイト)に セットしています。
gfs2_quota limit -u Bert -l 1024 -f /mygfs2
この例では、グループ ID 21 用にファイルシステム /mygfs2 で warn limit を 50 キロバイトにセットしています。
gfs2_quota warn -g 21 -l 50 -k -f /mygfs2

3.4.2. Quota 制限の表示と使用法

Quota 限度と 現在の使用量は、gfs2_quota get コマンドを 使用して特定のユーザーやグループ用に表示することができます。この quota ファイルの 全内容は gfs2_quota list を使用して表示可能で、その場合、 ゼロ以外の hard limit、warn limit、又はその値を持つ全ての ID が一覧表示されます。

使用法

Displaying Quota Limits for a User
gfs2_quota get -u User -f MountPoint
Displaying Quota Limits for a Group
gfs2_quota get -g Group -f MountPoint
Displaying Entire Quota File
gfs2_quota list -f MountPoint
User
特定のユーザーに関する情報を表示するユーザー ID です。これはパスワードファイルからの、又は、UID 番号からのユーザー名となります。
Group
特定のグループに関する情報を表示する為のグループ ID です。これはグループファイルからの、 又は、GID 番号からのグループ名となります。
MountPoint
設定が適用される GFS2 ファイルシステムを指定します。

コマンドの出力

gfs2_quota コマンドからの GFS2 quota 情報は 以下のように表示されます:
user User: limit:LimitSize warn:WarnSize value:Value

group Group: limit:LimitSize warn:WarnSize value:Value

LimitSizeWarnSize、及び Value の数(値)はデフォルトでメガバイトの単位です。 -k や、-sや、-b の フラグをコマンド行に付けると、その単位をそれぞれキロバイト、セクター、ファイルシステム ブロックに変換します。
User
データが関連するユーザー名、又は ID
Group
データが関連するグループ名、又は ID
LimitSize
ハードリミットはユーザー、又はグループ用にセットできます。リミットがセット されていないと、この値は 0です。
Value
ユーザー、又はグループで使用されるディスク容量の実際のサイズ

コメント

quota 情報を表示している時、 -n オプションがコマンドラインに追加されていると、 gfs2_quota コマンドは、UID と GID を名前に解決しません。
Space allocated to GFS2's hidden files can be left out of displayed values for the root UID and GID by adding the -d option to the command line. This is useful when trying to match the numbers from gfs2_quota with the results of a du command.

この例は、ファイルシステム /mygfs2 上で制限がセットしてある、又は ディスクスペースを使用している全てのユーザーやグループの quota 情報を表示しています。
gfs2_quota list -f /mygfs2
この例は、ファイルシステム /mygfs2 でグループ users 用の セクター内の quota 情報を表示しています。
gfs2_quota get -g users -f /mygfs2 -s

3.4.3. Quota の同期化

GFS2 はディスク上のそれ自身の内部ファイルにある全ての quota を保存します。 GFS2 ノードは全てのファイルシステムの書き込みでこの quota ファイルを更新 するのではなく、60 秒に一度だけ quota ファイルを更新します。これは、ノード群に よる quota ファイルへの書き込みの競合を避ける為に必要であり、そのような競合は パフォーマンス低下の原因になります。
ユーザーかグループが彼らの quota 限度に近づくと、GFS2 は動的にその quota ファイルの 更新の間隔時間を短縮して限度が超過されることを防止します。quota 同期の通常の 間隔はチューン可能なパラメータ quota_quantum で、これは gfs2_tool コマンドを使用して変更できます。デフォルトでは、 この期間は 60秒です。また、quota_quantum パラメータは各ノード上で ファイルシステムがマウントされる度にセットする必要があります。(quota_quantum パラメータへの変更は unmount の後には固執しません)
gfs2_quota sync コマンドを使用して、GFS2 によって実行される 自動更新の時間外にノードからディスク上 quota ファイルへの quota 情報を同期化することができます。

使用法

Synchronizing Quota Information
gfs2_quota sync -f MountPoint
MountPoint
設定が適用される GFS2 ファイルシステムを指定します。
Tuning the Time Between Synchronizations
gfs2_tool settune MountPoint quota_quantum Seconds
MountPoint
設定が適用される GFS2 ファイルシステムを指定します。
Seconds
GFS2 による通常の quota ファイル同期化の間隔の新しい時間を指定します。 小さな値は競合を増加するのでパフォーマンスを低下することになります。

この例は、実行しているノードからの quota 情報を ファイルシステム /mygfs2 へ 同期化します。
gfs2_quota sync -f /mygfs2
この例は、通常の quota ファイル更新の間隔時間を、単独ノード上のファイルシステム /mygfs2 用に 1時間(3600 秒)に変更します。
gfs2_tool settune /mygfs2 quota_quantum 3600

3.4.4. Quota 強制の有効化/無効化

GFS2 ファイルシステムでは、デフォルトで quota 強制は無効になっています。 ファイルシステム用に quota 強制 を有効にするには、quota=on オプションを 指定してファイルシステムをマウントします。

使用法

mount -o quota=on BlockDevice MountPoint
quota 強制を無効にした状態でファイルシステムをマウントするには、quota=off オプションを指定してファイルシステムをマウントします。これはデフォルトの設定です。
mount -o quota=off BlockDevice MountPoint
-o quota={on|off}
ファイルシステムがマウントされた時に Quota 強制が有効か無効かを指定します。
BlockDevice
GFS2 ファイルシステムが存在するブロックデバイスを指定します。
MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされるディレクトリを指定します。

この例では、/dev/vg01/lvol0 の GFS2 ファイルシステムは quota 強制を有効にして /mygfs2 ディレクトリにマウントされています。
mount -o quota=on /dev/vg01/lvol0 /mygfs2

3.4.5. Quota アカウントの有効化

使用限度の強制や警告値を使用しないで各ユーザーやグループ用にディスク使用の管理と quota アカウントの維持が可能です。これを行うには、quota=account オプションを指定してファイルシステムをマウントします。

使用法

mount -o quota=account BlockDevice MountPoint
-o quota=account
quota limit が強制されていない場合でもファイルシステムでユーザーとグループの ディスク使用統計が維持されることを指定します。
BlockDevice
GFS2 ファイルシステムが存在するブロックデバイスを指定します。
MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされるディレクトリを指定します。

この例では、/dev/vg01/lvol0 上の GFS2 ファイルシステムが quota アカウントを有効にした状態で /mygfs2 ディレクトリに マウントされています。
mount -o quota=account /dev/vg01/lvol0 /mygfs2

3.5. ファイルシステムの拡張

gfs2_grow コマンドを使用すると、ファイルシステムが 存在するデバイスが拡大された後に、GFS2 ファイルシステムを拡張することができます。 既存の GFS2 ファイルシステム上で gfs2_grow コマンドを 実行することで、ファイルシステムの現在の限界とデバイスの限界との間の余分領域を新規に 初期化された GFS2 ファイルシステム拡張で埋めることができます。この埋め込み操作が 終了すると、ファイルシステムのリソースインデックスが更新されます。クラスター内の 全てのノードはその後、追加されたストレージ領域を使用できます。
gfs2_grow コマンドはマウント済のファイルシステムで実行 する必要がありますが、クラスター内の1つのノードで実行するだけで十分です。他の全ての ノードは、拡張が達成されたことを自動的に感知して新規の領域を使い始めます。

使用法

gfs2_grow MountPoint
MountPoint
設定が適用される GFS2 ファイルシステムを指定します。

コメント

gfs2_grow コマンドを実行する前に:
  • ファイルシステム上の重要なデータをバックアップします。
  • df MountPoint コマンドの 実行によって拡張されることになるファイルシステムで使用するボリュームを決定します。
  • Expand the underlying cluster volume with LVM. For information on administering LVM volumes, see the LVM Administrator's Guide
gfs2_grow コマンドを実行した後は、df コマンドを使用して、ファイルシステム内で利用できる新規領域をチェックします。

この例では、/mygfs2fs ディレクトリ上のファイルシステムが 拡張されています。
[root@dash-01 ~]# gfs2_grow /mygfs2fs
FS: Mount Point: /mygfs2fs
FS: Device:      /dev/mapper/gfs2testvg-gfs2testlv
FS: Size:        524288 (0x80000)
FS: RG size:     65533 (0xfffd)
DEV: Size:       655360 (0xa0000)
The file system grew by 512MB.
gfs2_grow complete.

完全な使用法

gfs2_grow [Options] {MountPoint | Device} [MountPoint | Device]

MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされているディレクトリを指定しています。
Device
ファイルシステムのデバイスノードを指定します。
表3.3「ファイルシステムを拡張している間に利用できる GFS2 特有のオプション」 describes the GFS2-specific options that can be used while expanding a GFS2 file system.

表3.3 ファイルシステムを拡張している間に利用できる GFS2 特有のオプション

オプション 説明
-h ヘルプ。使用法について短いメッセージを表示
-q 静寂(Quiet)。冗長レベルを下げます。
-r MegaBytes 新規のリソースグループを指定します。デフォルトサイズは 256MB です。
-T テスト。全ての計算をしますが、ディスクへの書き込みとファイルシステムの 拡張はしません。
-V コマンドのバージョン情報を表示します。

3.6. ファイルシステムへジャーナルの追加

gfs2_jadd コマンドを使用してジャーナルを GFS2 ファイルシステムに 追加することができます。背後にある論理ボリュームを拡大することなく、いつでも動的に GFS2 ファイルシステムにジャーナルを追加することができます。gfs2_jadd コマンドはマウント済のファイルシステム上で実行する必要がありますが、クラスター内の1つのノードで 実行するだけで十分です。他の全てのノードは拡張が達成されたことを感知します。
ジャーナルを GFS ファイルシステムに追加する前に、gfs2_tool コマンドで journals オプションを使用して、GFS2 ファイルシステムが現在保有している ジャーナルの数量を確認できます。以下の例では、/mnt/gfs2 にマウントしてある ファイルシステム内のジャーナルの数量とサイズを表示しています。
[root@roth-01 ../cluster/gfs2]# gfs2_tool journals /mnt/gfs2
journal2 - 128MB
journal1 - 128MB
journal0 - 128MB
3 journal(s) found.

使用法

gfs2_jadd -j Number MountPoint
Number
新規に追加されるジャーナルの数を指定します。
MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされているディレクトリを指定しています。

この例では、1つのジャーナルが /mygfs2 ディレクトリの ファイルシステムに追加されます。
gfs2_jadd -j1 /mygfs2
この例では、2つのジャーナルが /mygfs2 ディレクトリの ファイルシステムに追加されます。
gfs2_jadd -j2 /mygfs2

完全な使用法

gfs2_jadd [Options] {MountPoint | Device} [MountPoint | Device]
MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされているディレクトリを指定しています。
Device
ファイルシステムのデバイスノードを指定します。
表3.4「ジャーナル追加時に利用できる GFS2 特有のオプション」 describes the GFS2-specific options that can be used when adding journals to a GFS2 file system.

表3.4 ジャーナル追加時に利用できる GFS2 特有のオプション

フラグ パラメータ 説明
-h ヘルプ。使用法について短いメッセージ表示
-J MegaBytes 新規ジャーナルのサイズをメガバイトで指定します。デフォルトのジャーナルサイズは、 128 メガバイトです。最低限サイズは 32 メガバイトです。異なるサイズのジャーナルを ファイルシステムに追加するには、各サイズのジャーナル毎に gfs2_jadd コマンドを実行する必要があります。指定するサイズは切り捨て値を使用して、ファイルシステムが 作成された時に指定してあるジャーナルセグメントサイズの数倍値になるようにします。
-j Number gfs2_jadd コマンドにより追加される新規ジャーナルの数を 指定します。デフォルト値は 1です。
-q 静寂(Quiet)。冗長レベルを下げます。
-V コマンドのバージョン情報を表示します。

3.7. データジャーナリング

Ordinarily, GFS2 writes only metadata to its journal. File contents are subsequently written to disk by the kernel's periodic sync that flushes file system buffers. An fsync() call on a file causes the file's data to be written to disk immediately. The call returns when the disk reports that all data is safely written.
データジャーナリングでは、メタデータに加えて更にファイルデータがジャーナルに 書き込まれるため、特に小さなファイルでは fsync() 時間を 低減する結果となります。fsync() はデータがジャーナルに 書き込まれるとすぐに戻ります。これによりファイルデータをメインのファイルシステムに 書き込む時間よりもかなり速くなります。
fsync() に依存してファイルデータを同期するアプリケーションは データジャーナリングによってパフォーマンスの向上を受けます。データジャーナリングは フラグ付きディレクトリ(及び、そのサブディレクトリ)内に作成された GFS2 ファイル用に 自動的に有効にされます。0 の長さの既存のファイルもデータジャーナリングをオン/オフに 切り替えることができます。
Enabling data journaling on a directory sets the directory to "inherit jdata", which indicates that all files and directories subsequently created in that directory are journaled. You can enable and disable data journaling on a file or a directory with either of the following methods:
  • chattr +j あるいは、chattr -j コマンドをファイルかディレクトリで実行する
  • ファイル又はディレクトリにある jdata フラグを gfs2_tool setflag あるいは、gfs2_tool clearflag コマンドでセットするか抹消する
chattr コマンドの使用が、ファイル、又はディレクトリでデータ ジャーナリングを有効/無効にする推奨手法です。

3.7.1. chattr コマンドを使用したデータジャーナリングの有効化/無効化

chattr コマンドを使用すると、ファイル上のデータジャーナリングを有効にしたり無効にしたり することができます。以下のコマンド群は /mnt/gfs2/gfs2_dir/newfile ファイルのデータジャーナリング を有効にして、それからフラグが正しくセットされていることをチェックします。
[root@roth-01 ~]# chattr +j /mnt/gfs2/gfs2_dir/newfile
[root@roth-01 ~]# lsattr /mnt/gfs2/gfs2_dir
---------j--- /mnt/gfs2/gfs2_dir/newfile
以下のコマンド群は /mnt/gfs2/gfs2_dir/newfile ファイル上のデータジャーナリングを 無効にして、それからフラグが正しくセットされていることをチェックします。
[root@roth-01 ~]# chattr -j /mnt/gfs2/gfs2_dir/newfile
[root@roth-01 ~]# lsattr /mnt/gfs2/gfs2_dir
------------- /mnt/gfs2/gfs2_dir/newfile
また、chattr を使用して、ディレクトリ上に j フラグをセットすることもできます。このフラグがディレクトリ用にセットされると、 このディレクトリに以後に作成される全てのファイルとディレクトリがジャーナル化されます。以下のコマンドのセットは gfs2_dir ディレクトリに j フラグをセットして、そのフラグが正しくセットしてあることをチェックします。その後、コマンドの セットは /mnt/gfs2/gfs2_dir ディレクトリに newfile と 言う新しいファイルを作成して、そのファイル用に j フラグが正しくセットしてあることを チェックします。j フラグは そのディレクトリ用にセットしてあるため、newfile も ジャーナリングが有効になっているはずです。
[root@roth-01 ~]# chattr -j /mnt/gfs2/gfs2_dir
[root@roth-01 ~]# lsattr /mnt/gfs2
---------j--- /mnt/gfs2/gfs2_dir
[root@roth-01 ~]# touch /mnt/gfs2/gfs2_dir/newfile
[root@roth-01 ~]# lsattr /mnt/gfs2/gfs2_dir
---------j--- /mnt/gfs2/gfs2_dir/newfile

3.7.2. gfs2_tool コマンドでデータジャーナリングを有効/無効にする

以下のコマンドは GFS2 ファイル /mnt/gfs2/gfs2file でデータジャーナリングを有効にします。
[root@roth-01 ~]# gfs2_tool setflag jdata /mnt/gfs2/gfs2file 
lsattr コマンドを使用すると、jdata フラグが セットされたことを確認できます。
[root@roth-01 ~]# lsattr /mnt/gfs2
---------j--- /mnt/gfs2/gfs2file
ディレクトリに jdata フラグがセットしてあると、そのディレクトリ内で それ以後に作成される全てのファイルとディレクトリはジャーナル化されます。
以下のコマンドセットは /mnt/gfs2 ディレクトリ内に gfs2_dir と呼ばれる新規のサブディレクトリを作成して、 そのディレクトリに jdata フラグをセットし、その後、 フラグが正しくセットされたことをチェックします。それからこのコマンドセットは そのディレクトリ内にファイル gfs2file を作成して、 フラグがこのファイル用に正しくセットしてあることを確認します。
[root@roth-01 ~]# mkdir /mnt/gfs2/gfs2_dir
[root@roth-01 ~]# gfs2_tool setflag jdata /mnt/gfs2/gfs2_dir
[root@roth-01 ~]# lsattr /mnt/gfs2
---------j--- /mnt/gfs2/gfs2_dir
[root@roth-01 ~]# touch /mnt/gfs2/gfs2_dir/newfile
[root@roth-01 ~]# lsattr /mnt/gfs2/gfs2_dir
---------j--- /mnt/gfs2/gfs2_dir/newfile
ファイルやディレクトリから jdata フラグを抹消するには、 以下の例のようにして、gfs2_tool clearflag jdata コマンドを 使用します。
[root@roth-01 ~]# gfs2_tool clearflag jdata /mnt/gfs2/gfs2file 
[root@roth-01 ~]# lsattr /mnt/gfs2
------------- /mnt/gfs2/gfs2file

3.8. atime 更新の設定

それぞれのファイル inode とディレクトリ inode はそれに関連する3つのタイムスタンプを持ちます:
  • ctime — inode が最後に変更になった時刻
  • mtime — ファイル(又はディレクトリ)データが最後に 修正された時刻
  • atime — ファイル(又はディレクトリ)データが最後に アクセスされた時刻
GFS2 と 他の Linux ファイルシステム上でデフォルト設定になっているように atime 更新が 有効な場合は、ファイルが読み込まれる度に inode は更新される必要があります。
atime によって提供される情報を使用するアプリケーションが少ししか ないため、これらの更新はかなりの量の不要な書き込みトラフィックとファイルロッキングトラフィックを 浪費する可能性があります。そのようなトラフィックはパフォーマンスを低下するため、 atime 更新はオフにするか、低減するほうが良いでしょう。
atime 更新の影響を低減するのに2つの方法が使用できます:
  • relatime (相対的 atime)でマウントすると、以前の atime 更新が mtime 又は ctime の更新より古い場合に、atime を 更新します。
  • noatime でのマウントは、ファイルシステム上の atime 更新を無効にします。

3.8.1. relatime でマウント

relatime (相対的 atime) Linux マウントオプションは、 ファイルシステムがマウントされる時点に指定できます。これは以前の atime 更新が mtime あるいは ctime の更新より古い場合に atime を更新 するように指定します。

使用法

mount  BlockDevice MountPoint -o relatime
BlockDevice
GFS2 ファイルシステムが存在するブロックデバイスを指定します。
MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされるディレクトリを指定します。

この例では、GFS2 ファイルシステムは /dev/vg01/lvol0 に存在し、ディレクトリ /mygfs2 にマウントしてあります。 atime 更新は以前の atime 更新が mtime 又は ctime の更新より古い場合に のみ実行されます。
mount /dev/vg01/lvol0 /mygfs2 -o relatime

3.8.2. noatime でマウント

Linux マウントオプション noatime は、ファイルシステムのマウント時に指定できます。これはファイルシステムでの atime 更新を無効にします。

使用法

mount BlockDevice MountPoint -o noatime
BlockDevice
GFS2 ファイルシステムが存在するブロックデバイスを指定します。
MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされるディレクトリを指定します。

この例では、GFS2 ファイルシステムは /dev/vg01/lvol0 に存在し、ディレクトリ /mygfs2atime 更新を オフにしてマウントしてあります。
mount /dev/vg01/lvol0 /mygfs2 -o noatime

3.9. ファイルシステム上の動作の休止

gfs2_tool freeze コマンドを 使用すると、ファイルシステムへの書き込み動作を休止することができます。 書き込み動作の休止により、ハードウェアベースデバイスのスナップショットを使用して ファイルシステムを一貫した状態でキャプチャーできるようになります。gfs2_tool unfreeze コマンドで休止を解除します。

使用法

Start Suspension
gfs2_tool freeze MountPoint
End Suspension
gfs2_tool unfreeze MountPoint
MountPoint
ファイルシステムを指定します。

この例では、ファイルシステム /mygfs2 への書き込みを休止します。
gfs2_tool freeze /mygfs2
この例はファイルシステム /mygfs2 への書き込み休止を 終了します。
gfs2_tool unfreeze /mygfs2

3.10. ファイルシステムの修復

ファイルシステムをマウントしたまま、ノードが故障すると、ファイルシステムジャーナリングにより、 迅速な復元が可能になります。しかし、ストレージデバイスが電源を無くしたり、物理的に切断されると、 ファイルシステムの破損が発生する可能性があります。(ジャーナリングはストレージサブシステムの故障からの復元には使用できません) この種の破損が発生した場合、GFS2 ファイルシステムは fsck.gfs2 コマンドの使用で復元することができます。

警告

fsck.gfs2 コマンドは、全てのノードからアンマウントされた ファイルシステム上でのみ実行される必要があります。

注記

以前に GFS ファイルシステムで gfs_fsck コマンドを使用した経験がある場合、fsck.gfs2 コマンドは 以下の部分に於いて gfs_fsck の以前のリリースから異なることに注意して下さい:
  • Ctrl+C でのインタラクティブモードは セットできません。Ctrl+C を押すと、 fsck.gfs2 コマンドをキャンセルします。キャンセルしたくない場合は、 Ctrl+C押さないでください。
  • -v フラグを使用して冗長レベルを高めることが出来ます。2つめの -v フラグを追加するとそのレベルを更に高めます。
  • -q フラグを使用して冗長レベルを低下することができます。 2つめの -q フラグを追加すると更にそのレベルを低下できます。
  • -n オプションの使用でファイルシステムを読み込み専用として開き、 クエリに対して自動的に no と答えます。このオプションは fsck.gfs2 コマンドの効力を発揮しない状態でエラーを見つけるためのコマンドの試行法を提供します。
その他のコマンドオプションについての情報には、gfs2.fsck の man ページを参照して下さい。

使用法

fsck.gfs2 -y BlockDevice
-y
-y フラグは、全ての質問に対して yes で答えるようにします。-y フラグが指定してあると、fsck.gfs2 コマンドは 変更するまではプロンプトで答えを要求しません。
BlockDevice
GFS2 ファイルシステムが存在するブロックデバイスを指定します。

この例では、ブロックデバイス /dev/testvol/testlv に存在する GFS2 ファイルシステムが修復されています。修復への全てのクエリは自動的に yes で回答されます。
[root@dash-01 ~]# fsck.gfs2 -y /dev/testvg/testlv
Initializing fsck
Validating Resource Group index.
Level 1 RG check.
(level 1 passed)
Clearing journals (this may take a while)...
Journals cleared.
Starting pass1
Pass1 complete
Starting pass1b
Pass1b complete
Starting pass1c
Pass1c complete
Starting pass2
Pass2 complete
Starting pass3
Pass3 complete
Starting pass4
Pass4 complete
Starting pass5
Pass5 complete
Writing changes to disk
fsck.gfs2 complete

3.11. Bind マウントとコンテキスト依存のパス名

GFS2 ファイルシステムはコンテキスト依存のパス名 (CDPN) をサポートしません。CDPN は ユーザーが使用できる目的地ファイルやディレクトリへポイントするシンボリックリンクを作成 できるようにするものです。GFS2 内でのこの機能には、mount コマンドで bind オプションを使います。
mount コマンドの bind オプションにより、 ユーザーはファイル階級の一部を本来の場所でまだ使用できる間に別の場所で再マウントできる ようになります。このコマンドの形式は以下のようになります。
mount --bind olddir newdir
このコマンドを実行した後、olddir ディレクトリの内容は、2つの 場所、 olddirnewdir で利用できるようになります。 また、このオプションを使用して個別ファイルを2つの場所で利用できるようにすることが可能です。
例えば、以下のコマンド群を実行した後は、/root/tmp の内容は 以前にマウントされていた /var/log ディレクトリの内容と同一に なります。
[root@menscryfa ~]# cd ~root
[root@menscryfa ~]# mkdir ./tmp
[root@menscryfa ~]# mount --bind /var/log /tmp
別の方法として、/etc/fstab ファイル内のエントリを使用して、 マウント時に同じ結果を達成できます。以下の /etc/fstab エントリは /root/tmp の内容が /var/log ディレクトリの 内容と同一になる結果を得ます。
/var/log                /root/tmp               none    bind            0 0
ファイルシステムをマウントした後、mount コマンドを使用して、 以下の例のようにファイルシステムがマウントされていることを確認できます。
[root@menscryfa ~]# mount | grep /tmp
/var/log on /root/tmp type none (rw,bind)
コンテキスト依存のパス名をサポートするファイルシステムでは、/bin ディレクトリを コンテキスト依存のパス名として定義しておくと、それがシステムアーキテクチャに応じて以下のパスの1つへ 解決されるでしょう。
/usr/i386-bin
/usr/x86_64-bin
/usr/ppc64-bin
これと同じ機能は空の /bin ディレクトリを作成することで 達成できます。その後は、スクリプトか、/etc/fstab ファイル内の エントリを使用して、mount -bind コマンドで、個別アーキテクチャディレクトリの それぞれを /bin ディレクトリにマウントできます。例えば、スクリプト内の1行として 以下のコマンドを使用することができます。
mount --bind /usr/i386-bin /bin
別の方法として、/etc/fstab ファイル内に以下のエントリを使用できます。
/usr/1386-bin             /bin               none    bind            0 0
bind マウントはコンテキスト依存のパス名よりもより大きな柔軟性を提供します。 この機能を使用して、定義する如何なる基準(ファイルシステムの %fill の値など)に応じても異なるディレクトリにマウントすることができます。 コンテキスト依存のパス名はそれらが担当できるものに限定されます。しかし、%fill の値などの基準に応じてマウントの為の自分のスクリプトを書く必要が あることに注意してください。

警告

オリジナルのファイルシステムが rw でマウントされている場合、ro フラグを使用して bind オプションでファイルシステムをマウントしても、 新規のファイルシステムは rw でマウントされます。 ro フラグは少々無視されます。このケースでは、新規のファイルシステムは /proc/mounts ディレクトリ内で ro とマークが 付くかもしれませんが、これは間違いとなります。

付録A ファイルシステムを GFS から GFS2 に変換

GFS ファイルシステムを GFS2 ファイルシステムに変換するには、 gfs2_convert コマンドを使用します。
  1. クラスター内の全てのノード群から GFS ファイルシステムをアンマウントします。
  2. GFS ファイルシステム上で gfs_fsck コマンドを実行して、 ファイルシステムに破損がないことを確認します。
  3. 既存の GFS ファイルシステムを再マウントしてバックアップを取ります。
  4. ファイルシステムをアンマウントして gfs2_convert gfsfilesystem を実行します。 システムは警告と確認の質問を表示してから、gfsfilesystem を GFS2 に変換します。
以下の例では ブロックデバイス /dev/testvg/testlv 上の GFS ファイルシステムを GFS2 ファイルシステムに 変換しています。
[root@dash-01 ~]# gfs2_convert /dev/testvg/testlv
gfs2_convert version 2 (built Sep 25 2007 12:41:29)
Copyright (C) Red Hat, Inc.  2004-2006  All rights reserved.

This program will convert a gfs1 filesystem to a gfs2 filesystem.
WARNING: This can't be undone.  It is strongly advised that you:

   1. Back up your entire filesystem first.
   2. Run gfs_fsck first to ensure filesystem integrity.
   3. Make sure the filesystem is NOT mounted from any node.
   4. Make sure you have the latest software versions.
Convert /dev/testvg/testlv from GFS1 to GFS2? (y/n)y
Converting resource groups.
Converting inodes.
6 inodes converted.
Fixing file and directory information.
1 directories, 2 dirents fixed.
Converting journals.
Converting journal space to rg space.
Building system structures.
Removing obsolete gfs1 structures.
Committing changes to disk.
/dev/gfs2testvg/gfs2testlv: filesystem converted successfully to gfs2.
[root@dash-01 ~]#

付録B 改訂履歴

改訂履歴
改訂 3-10.4002013-10-31Rüdiger Landmann
Rebuild with publican 4.0.0
改訂 3-102012-07-18Anthony Towns
Rebuild for Publican 3.0
改訂 1.0-0Thu Jan 29 2009

索引

A

adding journals to a file system, ファイルシステムへジャーナルの追加
atime, configuring updates, atime 更新の設定
mounting with noatime , noatime でマウント
mounting with relatime , relatime でマウント
audience, 対象者

C

configuration, before, GFS2 を設定する前に
configuration, initial, 操作の開始
prerequisite tasks, 事前要求タスク

G

GFS2
atime, configuring updates, atime 更新の設定
mounting with noatime , noatime でマウント
mounting with relatime , relatime でマウント
managing, GFS2 の管理
quota management, GFS2 Quota の管理
displaying quota limits, Quota 制限の表示と使用法
enabling quota accounting, Quota アカウントの有効化
enabling/disabling quota enforcement, Quota 強制の有効化/無効化
setting quotas, Quota の設定
synchronizing quotas, Quota の同期化
GFS2 file system maximum size, GFS2 の概要
GFS2-specific options for adding journals table, 完全な使用法
GFS2-specific options for expanding file systems table, 完全な使用法
growing a file system, ファイルシステムの拡張

I

initial tasks
setup, initial, 初期セットアップのタスク
introduction, はじめに
audience, 対象者

M

making a file system, ファイルシステムの作成
managing GFS2, GFS2 の管理
maximum size, GFS2 file system, GFS2 の概要
mkfs.gfs2 command options table, オプション全種
mount table, 完全な使用法
mounting a file system, ファイルシステムのマウント

O

overview, GFS2 の概要
configuration, before, GFS2 を設定する前に

P

path names, context-dependent (CDPNs), Bind マウントとコンテキスト依存のパス名
preface (参照 introduction)
prerequisite tasks
configuration, initial, 事前要求タスク

Q

quota management, GFS2 Quota の管理
displaying quota limits, Quota 制限の表示と使用法
enabling quota accounting, Quota アカウントの有効化
enabling/disabling quota enforcement, Quota 強制の有効化/無効化
setting quotas, Quota の設定
synchronizing quotas, Quota の同期化

R

repairing a file system, ファイルシステムの修復

S

setup, initial
initial tasks, 初期セットアップのタスク
suspending activity on a file system, ファイルシステム上の動作の休止

T

tables
GFS2-specific options for adding journals, 完全な使用法
GFS2-specific options for expanding file systems, 完全な使用法
mkfs.gfs2 command options, オプション全種
mount options, 完全な使用法

法律上の通知

Copyright © 2009 Red Hat Inc..
This document is licensed by Red Hat under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License. If you distribute this document, or a modified version of it, you must provide attribution to Red Hat, Inc. and provide a link to the original. If the document is modified, all Red Hat trademarks must be removed.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat Software Collections is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。