10.6. Web コンソールを使用した DN キャッシュサイズの設定

ディレクトリーサーバーは entryrdn インデックスを使用して、識別名 (DN) および相対識別名 (RDN) をエントリーに関連付けます。これにより、サーバーは効率的にサブツリーの名前を変更し、エントリーを移動し、moddn 操作を実行できます。サーバーは DN キャッシュを使用して entryrdn インデックスのメモリー内表現をキャッシュし、コストのかかるファイル I/O および変換操作を回避します。

自動チューニング機能を使用しない場合、特にエントリーの名前変更と移動操作で最高のパフォーマンスを得るには、DN キャッシュを、ディレクトリーサーバーがデータベース内のすべての DN をキャッシュできるサイズに設定します。

DN がキャッシュに保存されていない場合、Directory Server は entryrdn.db インデックスデータベースファイルから DN を読み取り、オンディスクフォーマットからインメモリーフォーマットに DN を変換します。キャッシュに保存されている DN により、サーバーはディスク I/O および変換の手順をスキップできます。

前提条件

  • Web コンソールでインスタンスにログインしている。

手順

  1. DatabaseSuffixessuffix_name に移動します。
  2. DN Cache Size フィールドに DN キャッシュサイズをバイト単位で入力します。
  3. Save Configuration をクリックします。
  4. 右上隅の Actions をクリックし、Restart Instance を選択します。