10.3. コマンドラインを使用したデータベースキャッシュサイズの設定

データベースキャッシュには、データベースの Berkeley データベースインデックスファイルが含まれます。つまり、データベースによる属性のインデックス化に使用されるすべての *.db およびその他のファイルになります。この値は、Berkeley DB API 関数 set_cachesize() に渡されます。このキャッシュサイズは、エントリーキャッシュサイズに比べて Directory Server のパフォーマンスへの影響は少ないですが、エントリーキャッシュサイズを設定した後に RAM に余裕がある場合は、データベースキャッシュに割り当てるメモリー量を増やします。

手順

  1. Automatic Cache Tuning を無効にします。

    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com backend config set --cache-autosize=0
  2. データベースのキャッシュサイズを手動で設定します。

    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com backend config set --dbcachesize=268435456

    データベースのキャッシュサイズをバイト単位で指定します。この例では、コマンドはデータベースキャッシュを 256 MB に設定します。

  3. インスタンスを再起動します。

    # dsctl instance_name restart