7.2. Web コンソールを使用したアクセスログバッファーの無効化

アクセスログのバッファーリングを無効にすると、ディレクトリーサーバーはログエントリーをディスクに直接書き込みます。これにより、大規模なデプロイメントでのパフォーマンスが向上します。

手順

  1. ServerLoggingAccess LogSettings に移動します。
  2. Access Log Buffering Enabled の選択を解除します。
  3. Save Log Settings をクリックします。
  4. 右上隅の Actions をクリックし、Restart Instance を選択します。

検証

  1. MonitoringLoggingAccess Log に移動します。
  2. Continuously Refresh を選択します。
  3. 検索など、ディレクトリー内でアクションを実行します。
  4. アクセスログをモニターします。ユーザーがディレクトリーでアクションを実行すると、ログエントリーが遅延なく表示されます。