8.3. Web コンソールを使用したローカルディスク監視の設定

ディレクトリーサーバーは、設定、トランザクションログ、およびデータベースディレクトリーを含むファイルシステムの空きディスク容量をモニターできます。残りの空き容量に応じて、ディレクトリーサーバーは特定のログ機能を無効にするかシャットダウンします。

前提条件

  • Web コンソールでインスタンスにログインしている。

手順

  1. ServerServer SettingsDisk Monitoring に移動します。
  2. Enable Disk Space Monitoring を有効にするを選択します。しきい値をバイト単位で、猶予期間を分単位で設定します。

    ローカルディスク容量のモニタリングを設定する

    この例では、監視しきい値を 3 GB(3,221,225,472 バイト) に設定し、Directory Server がしきい値に達してからインスタンスをシャットダウンするまでの時間を 60 分に設定します。

  3. オプション: Preserve Logs Even If Disk Space Gets Low を選択します
  4. Save settings をクリックします。
  5. 右上隅の Actions をクリックし、Restart Instance を選択します。