9.2. Web コンソールを使用したデータベースチェックポイント間隔の変更

ディレクトリーサーバーは定期的に、トランザクションログに記録されたトランザクションをデータベースファイルに書き込み、データベーストランザクションログにチェックポイントエントリーを記録します。チェックポイントエントリーは、データベースに既に書き込まれた変更を示すことにより、トランザクションログからの復元を開始する場所を示し、復元プロセスを高速化します。

デフォルトでは、ディレクトリーサーバーは 60 秒ごとにデータベーストランザクションログにチェックポイントエントリーを送信します。チェックポイントの間隔を長くすると、ディレクトリーの書き込み操作のパフォーマンスが向上する可能性があります。ただし、異常シャットダウン後にディレクトリーデータベースを回復するのに必要な時間が長くなり、データベーストランザクションログファイルが大きいため、より多くのディスク領域が必要になる可能性もあります。

前提条件

  • Web コンソールでインスタンスにログインしている。

手順

  1. DatabaseGlobal Database Configuration に移動します。
  2. Show Advanced Settings をクリックします。
  3. Database Checkpoint Interval フィールドの値を更新します。
  4. Save Configuration をクリックします。