1.4.2. エントリーの名前を変更するときの相対的な識別名の動作の制御

エントリーの名前を変更すると、deleteOldRDN 属性は、古い相対識別名 (RDN) を削除するか保持するかを制御します。

deleteOldRDN: 0

既存の RDN は、新しいエントリーの値として保持されます。生成されるエントリーには、古い属性と新しい共通名 (CN) を持つ 2 つの cn 属性が含まれます。

たとえば、以下の属性は、deleteOldRDN 属性を 0 に設定して、cn=old_group,dc=example,dc=com から cn=new_group,dc=example,dc=com に名前を変更したグループに属しています。

dn: cn=new_group,ou=Groups,dc=example,dc=com
objectClass: top
objectClass: groupOfUniqueNames
cn: old_group
cn: new_group
deleteOldRDN: 1

Directory Server は古いエントリーを削除し、新しい RDN を使用して新しいエントリーを作成します。新しいエントリーには、新しいエントリーの cn 属性のみが含まれます。

たとえば、以下のグループは、deleteOldRDN 属性を 1 に設定して、cn=new_group,dc=example,dc=com に名前を変更しました。

dn: cn=new_group,ou=Groups,dc=example,dc=com
objectClass: top
objectClass: groupofuniquenames
cn: new_group