3.2. 通常ユーザーとしてのエクスポートの実行

cn=Directory Manager ではなく、通常のユーザーとしてエクスポートを実行できます。

前提条件

  • cn=export_users,ou=groups,dc=example,dc=com グループのメンバーがデータをエクスポートするのを許可している。
  • エクスポートの実行に使用するユーザーが cn=export_users,ou=groups,dc=example,dc=com グループのメンバーである。

手順

  • 以下の方法のいずれかを使用してエクスポートタスクを作成します。

    • dsconf backend export コマンドの使用:

      # dsconf -D "uid=example,ou=People,dc=example,dc=com" ldap://server.example.com backend export userRoot
    • タスクの手動での作成:

      # ldapadd -D "uid=example,ou=People,dc=example,dc=com" -W -H ldap://server.example.com
      
      dn: cn=userRoot-2021_07_23_12:55_00,cn=export,cn=tasks,cn=config
      changetype: add
      objectClass: extensibleObject
      nsFilename: /var/lib/dirsrv/slapd-instance_name/ldif/None-userroot-2021_07_23_12:55_00.ldif
      nsInstance: userRoot
      cn: export-2021_07_23_12:55_00

検証

  • バックアップが作成されたことを確認します。

    # ls -l /var/lib/dirsrv/slapd-instance_name/ldif/*.ldif
    total 0
    -rw-------. 1 dirsrv dirsrv 10306 Jul 23 12:55 None-userroot-2021_07_23_12_55_00.ldif
    ...