2.2. サーバーのオフライン時にコマンドラインでデータをエクスポートする

Directory Server インスタンスがオフラインの場合、dsctl db2ldif コマンドを使用してデータをエクスポートします。

前提条件

  • dirsrv ユーザーに、バックアップ先ディレクトリーの書き込みパーミッションがある。
  • Directory Server インスタンスが実行していない。

手順

  1. データを LDIF ファイルにエクスポートするには、dsctl db2ldif コマンドを使用します。たとえば、userRoot データベースを /var/lib/dirsrv/slapd-instance_name/example.ldif ファイルにエクスポートするには:

    # dsctl instance_name db2ldif userRoot /var/lib/dirsrv/slapd-instance_name/example.ldif
    OK group dirsrv exists
    OK user dirsrv exists
    ldiffile: /var/lib/dirsrv/slapd-instance_name/example.ldif
    [18/Jul/2021:10:46:03.353656777 +0200] - INFO - ldbm_instance_config_cachememsize_set - force a minimal value 512000
    [18/Jul/2021:10:46:03.383101305 +0200] - INFO - ldbm_back_ldbm2ldif - export userRoot: Processed 160 entries (100%).
    [18/Jul/2021:10:46:03.391553963 +0200] - INFO - dblayer_pre_close - All database threads now stopped
    db2ldif successful
  2. バックアップ中の問題について、/var/log/dirsrv/slapd-instance_name/errors ログを検索します。
  3. オプション: インスタンスを起動します。

    # dsctl instance_name start

関連情報