第2章 ディレクトリーサーバーからのデータのエクスポート

コマンドラインやウェブコンソールを使って、Directory Server のデータベースから LDIF ファイルにデータをエクスポートすることができます。

注記

書き出し操作には、ディレクトリーデータのみが含まれます。エクスポートには、設定情報 (cn=config)、スキーマ情報 (cn=schema)、監視情報 (cn=monitor) は含まれません。

エクスポート機能を使って

  • 別のディレクトリーサーバーにデータをコピーする。
  • データを他のアプリケーションにエクスポートする。
  • ディレクトリートポロジーの変更後にデータベースを再作成します。
  • データベースを分割します。

2.1. サーバー稼働中にコマンドラインでデータを書き出す

ディレクトリーサーバーインスタンスの実行中にデータをエクスポートするには、dsconf backend export コマンドを使用します。

前提条件

  • dirsrv ユーザーに、バックアップ先ディレクトリーの書き込みパーミッションがある。
  • Directory Server インスタンスが実行している。

手順

  1. データを LDIF ファイルにエクスポートするには、dsconf backend export コマンドを使用します。

    たとえば、userRoot データベースをエクスポートするには、以下のコマンドを実行します。

    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com backend export userRoot
    The export task has finished successfully

    デフォルトでは、dsconf は、エクスポートを /var/lib/dirsrv/slapd-instance_name/export/ ディレクトリーの instance_name_database_name-time_stamp.ldif という名前のファイルに保存します。または、コマンドに -l file_name オプションを追加して、別の場所を指定します。

  2. バックアップ中の問題について、/var/log/dirsrv/slapd-instance_name/errors ログを検索します。

関連資料