第1章 Directory Server のバックアップ

Directory Server のバックアップには以下が含まれます。

  • データベースのインデックス化された属性が含まれる LDIF ファイル dse_index.ldif
  • インスタンスの設定属性が含まれる LDIF ファイル dse_instance.ldif
  • データベースで定義されたインデックスの .db ファイルが含まれる、各バックエンドのディレクトリー (userRoot など)
  • トランザクションログファイル log.*
  • データベースのバージョンファイル DBVERSION

Directory Server は個別のデータベースのバックアップをサポートしない点に注意してください。

設定などの他の重要なファイルのバックアップに関する詳細は、設定ファイル、証明書データベース、およびカスタムスキーマファイルのバックアップ を参照してください。

バックアップとは対照的に、Directory Server からのデータのエクスポート で説明されているようにデータをエクスポートできます。エクスポート機能を使用して、サブツリーなどの特定のデータをサーバーから LDIF 形式でエクスポートします。

1.1. インスタンスの実行中コマンドラインを使用した全データベースのバックアップ

実行中の Directory Server インスタンスのデータベースをすべてバックアップするには、dsconf backup create コマンドを使用します。

前提条件

  • dirsrv ユーザーに、バックアップ先ディレクトリーの書き込みパーミッションがある。
  • Directory Server インスタンスが実行している。

手順

  1. すべてのデータベースをバックアップします。

    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com backup create
    The backup create task has finished successfully

    デフォルトでは、dsconf は、バックアップを /var/lib/dirsrv/slapd-instance_name/bak/ ディレクトリーの instance_name-YYYY_MM_DD_hh_mm_ss というサブディレクトリーに保存します。別の場所を指定するには、コマンドにディレクトリー名を追加します。

  2. バックアップ中の問題について、/var/log/dirsrv/slapd-instance_name/errors ログを検索します。

関連情報