Menu Close

第1章 DirectoryServer パフォーマンスチューニングの概要

この記事では、管理者が Red Hat Directory Server デプロイメントのパフォーマンスを最適化するために使用できる手順とオプションについて説明します。Directory Server インスタンスのパフォーマンスチューニングは、マシン環境、ディレクトリーサイズとデータタイプ、負荷とネットワークの使用、さらにはユーザーとクライアントが実行する操作のタイプがサーバーごとに異なるため、各サーバーで異なります。
このガイドの目的は、Red Hat Directory Server がサーバーとデータベースのパフォーマンスを追跡および評価するために提供する機能を強調することです。サーバーのパフォーマンスを調整するのに役立つ手順もあります。ただし、詳細なプランニング情報は、『For more in-depth planning information, however, check out the Red Hat Directory Server Deployment Guide』、コマンドラインおよび UI ベースの管理手順については、『Red Hat Directory Server Administration Guide』を参照してください。

1.1. Directory Server パフォーマンスに関するゴールの設定

パフォーマンスチューニング は、サーバーの通常の動作環境における潜在的な(または実際の)ボトルネックを特定し、それらのボトルネックを軽減するための手順を実行するための簡単な方法です。
パフォーマンスチューニングの一般的な計画は以下のとおりです。
  1. 環境を評価します。その使用法、負荷、ネットワーク接続と信頼性、最も一般的な操作、その上の物理マシン、およびそのリソースをめぐって競合するサービスなど、Directory Server の周りをすべて確認します。
  2. 現在の Directory Server のパフォーマンスを測定し、ベースラインを確立します。
  3. 改善できるサーバー領域を特定します。
  4. Directory Server 設定に変更を加え、場合によってはホストマシンにも変更を加えます。
  5. Directory Server のパフォーマンスを再度測定し、変更がどのようにパフォーマンスにどのように影響したかを確認します。
Directory Server は、次の 3 つの領域で何らかの監視を提供します。
  • サーバープロセス(カウンターおよびログ)
  • データベース (カウンター)
  • データベースリンク(カウンター)
Directory Server では、ほとんどのパフォーマンス測定値は、Director yServer が情報を取得してクライアントに配信する度合いになります。これを考慮すると、これらは最高の Directory Server のパフォーマンスを実現するために調整できるサーバー領域です(これらをこの記事で取り上げます)。
  • 検索操作
  • インデックス作成のパフォーマンス(検索操作と書き込み操作の両方に影響します)
  • データベーストランザクション
  • データベースおよびエントリーキャッシュの設定
  • データベースリンク
ホストマシンの設定またはハードウェアに他の変更を加えることができます。これは、Directory Server のパフォーマンスにも影響を与える可能性があります。
  • 利用可能なメモリー(ディレクトリーのサイズに基づく)
  • 同じマシン(リソースと競合する可能性がある)で実行されている他のサーバー
  • 他のマシンにある他の Directory Server インスタンスへのユーザーデータベースの分散
  • ネットワークパフォーマンスによるサーバー負荷の分散
これらの変更は、インスタンスに追加可能な変更よりも、効果的な Directory Server デプロイメントの計画に大きく関係します。『Deployment Guide』 で、最適なエンタープライズデプロイメントを計画する方法の詳細を確認できます。