Menu Close

6.4. DN キャッシュのサイズ設定

entryrdn インデックスは、DN と RDN をエントリーに関連付けるために使用されます。これにより、サーバーは サブツリーの rename、エントリーの move、および moddn 操作を効率的に実行できます。DN キャッシュは、コストの高いファイル I/O および変換操作を回避するために、entryrdn インデックスのメモリー内表現をキャッシュするために使用されます。特にエントリーの rename および move 操作で最高のパフォーマンスを得るには、Directory Server がデータベース内のすべての DN をキャッシュできるサイズに DN キャッシュを設定します。
DN がキャッシュに保存されていない場合、Directory Server は entryrdn.db インデックスデータベースファイルから DN を読み取り、オンディスクフォーマットからインメモリーフォーマットに DN を変換します。キャッシュに保存されている DN により、サーバーはディスク I/O および変換の手順をスキップできます。

6.4.1. コマンドラインを使用した DN キャッシュのサイズ設定

コマンドラインを使用してデータベースの DN キャッシュサイズを設定するには、以下を実行します。
  1. 接尾辞とそれに対応するバックエンドを表示します。
    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com suffix list
    dc=example,dc=com (userroot)
    このコマンドにより、各接尾辞の横にバックエンドデータベースが表示されます。次の手順で、接尾辞のデータベース名が必要です。
  2. 以下のコマンドを使用して DN キャッシュサイズを設定します。
    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com backend suffix set --dncache-memsize=20971520 userRoot
    このコマンドは、userRoot データベースの DN キャッシュを 20 メガバイトに設定します。
  3. Directory Service インスタンスを再起動します。
    # dsctl instance_name restart