Menu Close

2.2. データベースアクティビティーの監視

注記
サーバーによって監視される Directory Server データベース属性のカウンターによっては、32 ビットシステム上であっても、64 ビットの整数(エントリーキャッシュヒット数、エントリーキャッシュ試行数、現在のカッシュサイズ、および最大キャッシュサイズ)が使用されます。大規模なシステムでは、これにより、カウンターのローリングが速すぎたり、監視データが歪んだりするのを防ぎます。

2.2.1. コマンドラインを使用したデータベースアクティビティーの監視

データベースの現在のアクティビティーを監視するには、以下を実行します。
# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com monitor backend
以下の表は、コマンドが返す属性について説明しています。

表2.3 データベースモニタリングの属性

属性 説明
readonly データベースが読み取り専用モード(1)であるか、読み取り/書き込みモード(0)であるかを示します。
entrycachehits 成功したエントリーキャッシュルックアップの合計数。この値は、データベースからリロードせずにサーバーがエントリーキャッシュからエントリーを取得できる合計回数です。
entrycachetries インスタンスを起動した後のエントリーキャッシュルックアップの合計数。この値は、インスタンスが起動しているため、合計数です。{DS} はエントリーキャッシュからエントリーを取得しようとしました。
entrycachehitratio
エントリーキャッシュが正常に検索されるよう試行するエントリーキャッシュの数。この数は、最後にインスタンスを起動した後の合計ルックアップとヒットに基づいています。エントリーキャッシュヒット率は 100% に近いため、パフォーマンスが向上します。
操作がエントリーキャッシュに存在しないエントリーの検索を試みるたびに、サーバーはエントリーを取得するためにデータベースにアクセスする必要があります。したがって、この比率はゼロに切り替わり、ディスクアクセスの数が増大し、ディレクトリー検索のパフォーマンスが低下します。この比率を改善するには、データベースのエントリーキャッシュのサイズを増やします。
この比率を改善するには、cn=database_name, cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-cachememsize 属性の値を増やすことでエントリーキャッシュのサイズを増やします。
currententrycachesize
エントリーキャッシュに現在存在するディレクトリーエントリーの合計サイズ(バイト単位)。
キャッシュに存在するエントリーのサイズを増やすには、cn=database_name, cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-cachememsize 属性の値を増やします。
maxentrycachesize
{DS} がエントリーキャッシュで保持できるディレクトリーエントリーの最大サイズ(バイト単位)。
キャッシュに存在するエントリーのサイズを増やすには、cn=database_name, cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-cachememsize 属性の値を増やします。
currententrycachecount 特定のバックエンドのエントリーキャッシュに保存されているエントリーの現在の数。
maxentrycachecount
データベースのエントリーキャッシュに保存されるエントリーの最大数。
この値をチューニングするには、cn=database _name,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=confignsslapd-cachesize 属性の値を増やします。
dncachehits 再度正規化するのではなく、DN キャッシュから正規化された識別名(DN)を取得して、サーバーが要求を処理できる回数。
dncachetries インスタンスを起動した後の DN キャッシュアクセスの合計数。
dncachehitratio キャッシュが正常な DN キャッシュヒットに対する比率。この値が 100% に近いほど、優れています。
currentdncachesize
DN キャッシュに現在存在する DN の合計サイズ(バイト単位)。
DN キャッシュに存在するエントリーのサイズを増やすには、cn=database_name, cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-dncachememsize 属性の値を増やします。
maxdncachesize
{DS} が DN キャッシュで維持できる DN の最大サイズ(バイト単位)。
キャッシュに存在するエントリーのサイズを増やすには、cn=database_name, cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-dncachememsize 属性の値を増やします。
currentdncachecount DN キャッシュに現在存在する DN の数。
maxdncachecount DN キャッシュで許可される DN の最大数。