Menu Close

7.2. スレッド数の手動設定

特定の状況では、自動スレッドチューニングを使用する代わりに、一定数の Directory Server スレッドを手動で設定する必要がある場合があります。
注記
たとえば、Directory Server インスタンスを実行する仮想マシンの CPU コアを増やすため、ハードウェアスレッドの数が変更された場合は、スレッド数を手動で更新する必要があります。最適化および自動設定の使用に関する詳細は、「自動スレッドチューニング」 を参照してください。

7.2.1. コマンドラインを使用したスレッド数の手動設定

コマンドラインを使用してスレッド数を手動で設定するには、以下を実行します。
  1. スレッドの数を設定します。
    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config replace nsslapd-threadnumber="64"
    このコマンドは、スレッド数を 64 に設定します。
  2. Directory Server インスタンスを再起動します。
    # dsctl instance_name restart