Menu Close

第3章 ロック数の調整

Directory Server のロックメカニズムは、Directory Server プロセスのコピーを同時に実行できる数を制御します。たとえば、インポートジョブ中に Directory Server は、/run/lock/dirsrv/slapd-instance_name/imports/ ディレクトリーにロックを設定し、ns-slapd (Directory Server) プロセスや別のインポートまたはエクスポート操作が実行されないようにします。
サーバーが利用可能なロックが不足すると、以下のエラーが /var/log/dirsrv/slapd-instance_name/errors ファイルに記録されます。
libdb: Lock table is out of available locks
ロックテーブルに使用可能なロックがないことをエラーメッセージが示している場合は、ロックの数を2倍にします。問題が解決しない場合は、値を再度 2 倍にします。

3.1. ロック数の手動監視

コマンドラインを使用してロックの数を監視するには、次のコマンドを実行します。
# ldapsearch -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x
     -s sub -b "cn=database,cn=monitor,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config"
     nsslapd-db-current-locks nsslapd-db-max-locks
監視属性の詳細は、「Directory Server Configuration, Command, and File Reference」の説明を参照してください。