2.4. シャットダウンのローカルディスクの監視

システムで利用可能なディスク領域が小さすぎると、Directory Server プロセスが終了します。結果として、データベースが破損したり、データが失われたりするリスクがあります。
この問題を回避するには、Directory Server を設定して、空きディスク領域を監視します。監視スレッドは、設定、トランザクションログ、データベースディレクトリーを含むファイルシステムの空き領域をチェックします。
残りの空きディスク容量によって、Directory Server の動作は異なります。
  • 空きディスク領域が定義されたしきい値に達すると、Directory Server は以下を行います。
    • 詳細ログを無効にします。
    • アクセスログを無効にします。
    • アーカイブされたログファイルを削除します。
    注記
    Directory Server は、しきい値に達した場合でもエラーログの書き込みを続行します。
  • 空きディスク領域が設定されたしきい値の半分未満の場合、Directory Server は定義された猶予期間内にシャットダウンします。
  • 利用可能なディスク領域が 4 KB 未満の場合は、Directory Server はすぐにシャットダウンします。
ディスク領域が解放されると、Directory Server はシャットダウンプロセスを中止し、以前に無効にしたすべてのログ設定を再度有効にします。

2.4.1. コマンドラインを使用したローカルディスク監視の設定

コマンドラインを使用してローカルディスクの監視を設定するには、以下を実行します。
  1. ディスクの監視機能を有効にし、しきい値および猶予期間を設定します。
    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config replace nsslapd-disk-monitoring=on nsslapd-disk-monitoring-threshold=3000000000 nsslapd-disk-monitoring-grace-period=60
    このコマンドは、空きディスク領域のしきい値を 3 GB に設定し、猶予期間を 60 秒に設定します。
  2. オプションとして、nsslapd-disk-monitoring-logging-critical パラメーターを有効にして、Directory Server がアクセスログを無効にせず、アーカイブされたログを削除しないように設定します。
    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config replace nsslapd-disk-monitoring-logging-critical=on
  3. Directory Server インスタンスを再起動します。
    # dsctl instance_name restart

2.4.2. Web コンソールを使用したローカルディスク監視の設定

Web コンソールを使用してローカルディスクの監視を設定するには、以下を実行します。
  1. Web コンソールで Directory Server ユーザーインターフェイスを開きます。詳細は、『Red Hat Directory Server Administration Guide』のLogging Into Directory Server Using the Web Consoleセクションを参照してください。
  2. インスタンスを選択します。
  3. Server Settings メニューを開いて、Server Configuration を選択します。
  4. Enable Disk Space Monitoring を有効にし、しきい値をバイト単位で、猶予期間を分単位で設定します。
    この例では、監視しきい値を 3 GB (3,221,225,472 バイト) に設定し、しきい値に達してから Directory Server がインスタンスをシャットダウンするまでの時間を 60 分に設定します。
  5. オプションとして、Preserve Logs を選択して、Directory Server がアクセスログを無効にせず、アーカイブされたログを削除しないように設定します。
  6. Save Configuration をクリックします。
  7. Actions ボタンをクリックし、Restart Instance を選択します。