5.2.324. shadowLastChange

shadowLastChange 属性には、1970 年 1 月 1 日からユーザーパスワードの最終更新時日と日の間の日数が含まれます。たとえば、アカウントのパスワードが 2016 年 11 月 4 日に最後に設定されている場合、シャドウLastChange 属性は 0に設定されます。

以下の例外が既存のものになります。

  • cn=config エントリーで passwordMustChange パラメーターを有効にすると、新しいアカウントでは shadowLastChange 属性に 0 が設定されています。
  • パスワードなしでアカウントを作成すると、シャドウLastChange 属性が追加されません。

shadowLastChange 属性は、Active Directory から同期されたアカウントに対して自動的に更新されます。

注記

shadowLastChange 属性は、Directory Server の 10rfc2307.ldif で定義されます。更新された RFC 2307 スキーマを使用するには、10rfc2307.ldif ファイルを削除し、/usr/share/dirsrv/data ディレクトリーの 10rfc2307bis.ldif ファイルを /etc/dirsrv/slapd-instance/schema ディレクトリーにコピーします。

OID

1.3.6.1.1.1.1.5

構文

整数

多値または単一値

単一値

定義される場所

RFC 2307