5.3.105. posixAccount

posixAccount オブジェクトクラスは、POSIX 属性を使用するネットワークアカウントを定義します。このオブジェクトクラスは RFC 2307 で定義され、LDAP をネットワーク情報サービスとして使用するオブジェクトクラスおよび属性を定義します。

注記

このオブジェクトクラスは、Directory Server の 10rfc2307.ldif で定義されています。更新された RFC 2307 スキーマを使用するには、10rfc2307.ldif ファイルを削除し、/usr/share/dirsrv/data ディレクトリーの 10rfc2307bis.ldif ファイルを /etc/dirsrv/slapd-instance/schema ディレクトリーにコピーします。

上級クラス

top

OID

1.3.6.1.1.1.2.0

表5.185 必要な属性

属性定義

「cn (commonName)」

エントリーの共通名を指定します。

「gidNumber」

グループエントリーの一意の数値 ID が含まれ、Unix のグループ名に類似してユーザーエントリーのグループを識別します。

「homeDirectory」

ユーザーのホームディレクトリーのパスが含まれます。

「objectClass」

エントリーに割り当てられたオブジェクトクラスを指定します。

「uid (userID)」

定義されたアカウントのユーザー ID を指定します。

「uidNumber」

Unix のユーザー番号と同様に、ユーザーエントリーの一意の数値 ID が含まれます。

表5.186 使用できる属性

属性定義

「説明」

エントリーのテキスト説明を入力します。

「gecos」

ユーザーの GECOS フィールドを決定するのに使用します。これは、一般名をもとにしており、追加情報が組み込まれています。

「loginShell」

ユーザーがドメインにログインすると自動的に起動するスクリプトへのパスが含まれます。

「userPassword」

エントリーがディレクトリーにバインドできるパスワードを保存します。