4.15. POSIX Winsync API プラグイン属性

デフォルトでは、Posix 関連の属性は、Active Directory と Red Hat Directory Server 間で同期されません。Linux システムでは、システムユーザーおよびグループは Posix エントリーとして識別され、LDAP Posix 属性に必要な情報が含まれています。しかし、Windows ユーザーが同期すると、Windows アカウントであることを示す ntUser 属性および ntGroup 属性が自動的に追加されますが、Posix 属性は同期されず (Active Directory エントリーに存在していても)、Directory Server 側でも Posix 属性は追加されません。

POSIX Winsync API プラグインは、Active Directory エントリーと Directory Server エントリーとの間で POSIX 属性を同期します。

注記

すべての POSIX 属性( uidNumbergidNumber、および homeDirectory)は、Active Directory と Directory Server エントリー間で同期されます。ただし、新しい POSIX エントリーまたは POSIX 属性が Directory Server の既存のエントリーに追加されると、POSIX 属性のみが Active Directory に対応するエントリーと同期します。POSIX オブジェクトクラス(ユーザーのposixAccount、およびグループの posixGroup )は Active Directory エントリーに追加されません。

このプラグインはデフォルトで無効にされ、Active Directory エントリーから Directory Server エントリーに Posix 属性を同期する前に有効にする必要があります。

4.15.1. posixWinsyncCreateMemberOfTask

この属性は、同期ユーザーのグループメンバーシップを更新するために、同期実行の直後に memberOf fix-up タスクを実行するかどうかを設定します。memberOf 修正タスクはリソース集約型であり、頻繁に実行されるとパフォーマンスの問題が発生する可能性があるため、デフォルトでは無効になっています。

パラメーター説明

エントリー DN

cn=Posix Winsync API Plugin,cn=plugins,cn=config

有効な範囲

true | false

デフォルト値

false

posixWinsyncCreateMemberOfTask: false