4.4.2.11. nsslapd-db-logbuf-size

この属性は、ログ情報バッファーサイズを指定します。ログ情報は、バッファーがいっぱいになるまでメモリーに保存されるか、トランザクションのコミットが強制的にバッファーをディスクに書き込むまでメモリーに保存されます。バッファーサイズが大きいと、長時間実行されるトランザクション、非常に同時アプリケーション、またはトランザクションが大量のデータを生成するため、スループットが大幅に向上します。ログ情報バッファーサイズは、4 つで除算されるトランザクションログのサイズです。

nsslapd-db-logbuf-size 属性は、ns slapd-db-durable-transactions 属性が on に設定されている場合に限り有効です。

パラメーター説明

エントリー DN

cn=bdb,cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config

有効な範囲

32 ビット整数まで最大 32 ビット(マシンで利用可能なメモリー容量に制限)

デフォルト値

32K

構文

整数

nsslapd-db-logbuf-size: 32K