4.4.2.10. nsslapd-db-locks

Directory Server のロックメカニズムにより、同時に実行できる Directory Server プロセスのコピー数を制御します。nsslapd-db-locks パラメーターは、ロックの最大数を設定します。

Directory Server がロックを使い果たし、libdb : Lock table is out of available locks error メッセージが出力された場合にのみ、このパラメーターを高い値に設定します。不要で高い値を設定すると、メリットなしで /var/lib/dirsrv/slapd-instance_name/db__db.* ファイルのサイズが増えます。ログの監視および現実的な値の決定に関する詳細は、『Directory Server パフォーマンスチューニングガイド』の該当するセクションを参照してください。

この属性への変更を反映するには、サービスを再起動する必要があります。

パラメーター説明

エントリー DN

cn=bdb,cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config

有効な範囲

0 - 2147483647

デフォルト値

10000

構文

整数

nsslapd-db-locks: 10000