4.4.2.6. nsslapd-db-debug

この属性は、Directory Server にエラー情報を報告するかどうかを指定します。エラー情報を報告するには、パラメーターを on に設定します。このパラメーターはトラブルシューティングを目的としています。パラメーターを有効にすると、Directory Server が遅くなる可能性があります。

パラメーター説明

エントリー DN

cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config

有効な値

on | off

デフォルト値

off

構文

DirectoryString

nsslapd-db-debug: off