4.4.4.4. nsslapd-dncachememsize

このパフォーマンスチューニング関連の属性は、DN キャッシュで利用可能なメモリー領域のサイズ(バイト単位)を指定します。DN キャッシュはデータベースのエントリーキャッシュと似ていますが、テーブルにはエントリー ID とエントリー DN のみを保存します。これにより、名前変更および moddn 操作の検索が速くなります。

最も簡単な方法として、メモリー関連のキャッシュサイズを制限しています。

数値ではない場合、または 32 ビットの符号付き整数には大きすぎる値 (32 ビットシステムの場合) を設定しようとすると、LDAP_UNWILLING_TO_PERFORM エラーメッセージが返され、問題を説明する追加のエラー情報が示されます。

注記

この設定のパフォーマンスカウンターは、32 ビットシステムでも最高の 64 ビット整数になりますが、システムメモリーをアドレス指定する方法のため、設定自体は 32 ビットシステムでは最高の 32 ビット整数に制限されます。

パラメーター説明

エントリー DN

cn=database_name,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config

有効な範囲

500 キロバイトから、32 ビットシステムの場合は 232-1、64 ビットシステムの場合は 264-1

デフォルト値

10485,760 (10 メガバイト)

構文

整数

nsslapd-dncachememsize: 10485760