5.2.149. name

name 属性は、命名の文字列属性タイプを形成するために使用できる属性 supertype を特定します。

このタイプの値はエントリーで発生する可能性は低くなります。属性サブタイプに対応しない LDAP サーバー実装は、リクエストでこの属性を認識する必要がありません。クライアント実装は、LDAP サーバーが属性のサブタイプを実行できることを前提としないでください。

OID

2.5.4.41

構文

DirectoryString

多値または単一値

複数値

定義される場所

RFC 2256