A.2.3.5. 操作テストの変更

rsearch は、インデックス化およびインデックス化されない 2 種類の属性で変更操作のパフォーマンスを測定するために使用できます。変更操作は、- M または - m オプションのいずれかを使用して行われます。変更操作を実行するエントリーの一覧は、- B オプションを使用して 渡されます。

注記

modify 操作を実行するには、以下のような形式の DN ファイルが必要です。

DN: dn1
UID: uid1

DN: dn2
UID: uid2
...

-b オプションを使用すると、bind-modify 操作の各セットのレートを測定します。-b オプションを使用しない場合、バインド操作は 1 つだけで、テストには実行されるすべての変更操作の平均が表示されます。

例A.22 インデックスされていない属性に対する操作の変更

# rsearch -D "cn=test user,cn=config" -w secret -s "" -f "" -m -B /home/dns.txt -v

インデックスされていない属性 に対する操作 の変更は、- m オプションを使用して 行います。このコマンドは、DN ファイルから選択した各エントリーについて description 属性に対して変更操作を実行します。

description 属性がインデックス化された場合でも、テストは正常に実行されるので、テストを実行する前に属性がインデックス化されていないことを確認してください。

例A.23 インデックス化された属性に対する操作の変更

# rsearch -D "cn=test user,cn=config" -w secret -s "" -f "" -M -B /home/dns.txt -v

インデックス化された属性に対する変更 操作は、- M オプションを使用して 行います。このコマンドは、DN ファイルから選択した各エントリーの telephoneNumber 属性で変更操作を実行します。

telephoneNumber 属性がインデックス化されていない場合でもテストが正常に実行されるので、テストを実行する前に属性がインデックス化されていることを確認してください。