4.2. すべてのプラグインに共通する属性の一覧

このリストには、簡単な属性の説明、エントリー DN、有効な範囲、デフォルト値、構文、および属性の例が記載されています。

4.2.1. nsslapdPlugin (オブジェクトクラス)

各 Directory Server プラグインは nsslapdPlugin オブジェクトクラス に属します。

このオブジェクトクラスは Directory Server に定義されています。

上級クラス

top

OID

2.16.840.1.113730.3.2.41

表4.1 必要な属性

属性定義

objectClass

エントリーに割り当てられたオブジェクトクラスを指定します。

cn

エントリーの共通名を指定します。

「nsslapd-pluginPath」

プラグインライブラリー名(ライブラリーサフィックスなし)を特定します。

「nsslapd-pluginInitfunc」

プラグインの初期化機能を特定します。

「nsslapd-pluginType」

プラグインのタイプを識別します。

「nsslapd-pluginId」

プラグイン ID を識別します。

「nsslapd-pluginVersion」

プラグインのバージョンを識別します。

「nsslapd-pluginVendor」

プラグインのベンダーを識別します。

「nsslapd-pluginDescription」

プラグインの説明を識別します。

「nsslapd-pluginEnabled」

プラグインが有効であるかどうかを識別します。

「nsslapd-pluginPrecedence」

実行順序でプラグインの優先度を設定します。