4.11. Linked Attributes 属性プラグインの属性

エントリーは、多くの場合(マネージャーや社員、ドキュメントエントリー、作成者、特別なグループやグループメンバーなど)の関係を持ちます。これらの関係を反映する属性がありますが、これらの属性は各エントリーに手動で追加および更新する必要があります。これにより、ディレクトリーデータのセットに一貫性がなくなることがあります。ここでは、これらのエントリー関係が不明な、古いもの、または不明です。

Linked Attributes プラグインを使用すると、ある属性(あるエントリーに設定される)属性を使用して、別のエントリーの別の属性を自動的に更新できます。最初の属性には、更新するエントリーを参照する DN 値があります。2 番目のエントリー属性には、1 番目のエントリーへのバックポイントである DN 値もあります。ユーザーが設定するリンク属性と、影響を受けるエントリーの Dynamic-updated "managed" 属性はいずれも、Linked Attributes Plug-in インスタンスの管理者によって定義されます。

つまり、これは MemberOf プラグインがグループエントリーの メンバー属性 を使用してユーザーエントリーの memberOf 属性を使用する方法と似ています。Linked Attributes プラグインのみでは、リンク/管理属性はすべてユーザー定義で、プラグインの複数のインスタンスがあります。それぞれは、異なるリンク管理関係を反映しています。

属性をリンクするには、いくつかの注意事項があります。

  • リンク属性と管理対象属性の両方に DN を値として持つ必要があります。link 属性の DN は、管理属性を追加するエントリーを参照します。managed 属性には、リンクされたエントリー DN を値として含んでいます。
  • 管理属性は多値である必要があります。複数のリンク属性が同じ管理エントリーを参照する場合、管理属性値は正しく更新されません。

4.11.1. linkScope

これにより、プラグインの範囲が制限されるため、特定のサブツリーまたはサフィックスでのみ動作します。スコープが指定されていない場合、プラグインはディレクトリーツリーの一部を更新します。

パラメーター説明

エントリー DN

cn=plugin_instance,cn=Linked Attributes,cn=plugins,cn=config

有効な範囲

任意の DN

デフォルト値

なし

構文

DN

linkScope: ou=People,dc=example,dc=com