3.3.3. lastusn

USN プラグインは、書き込み操作(add、modify、delete、および modrdn)がエントリーに対して実行されるたびに、すべてのエントリーにシーケンス番号を割り当てます。USN は、エントリーのエントリーのUSN operational 属性に割り当てられます。

USN プラグインには local と global の 2 つのモードがあります。

ローカルモードでは、サーバーインスタンス用に維持される各データベースには、バックエンドデータベースごとに別の USN カウンターを持つ USN プラグイン独自のインスタンスがあります。データベースのエントリーに割り当てられた最新の USN が lastusn 属性に表示されます。USN プラグインを local モードに設定すると、lastUSN 属性は USN と USN に割り当てられたデータベースの両方を表示します。

lastusn;database_name:USN

以下に例を示します。

lastusn;example1: 213
lastusn;example2: 207

グローバルモードでは、データベースが共有 USN カウンターを使用する場合、lastUSN 値に、データベースによって割り当てられた最新の USN が表示されます。

lastusn: 420
注記

この属性は内部サーバーの操作をカウントしません。バックエンドデータベースにおける通常の書き込み操作のみ(add、modify、delete、および modrdn: USN 数を増やします)。

構文

整数

多値または単一値

複数値

定義される場所

Directory Server