7.2. エラーログ参照

Directory Server のエラーログは、Directory Server トランザクションおよび操作のメッセージを記録します。これは、失敗した操作に関するエラーメッセージが表示される場合もありますが、サーバー起動メッセージ、ログイン、ディレクトリーの検索、接続情報など、Directory Server および LDAP タスクのプロセスに関する一般的な情報も含まれます。

7.2.1. エラーログレベル

エラーログでは、操作 に関するさまざまな情報 と、有効になっているエラーログの種類によってさまざまな情報を記録 できます

ロギングレベルは 「nsslapd-errorlog-level(Error Log Level)」 設定属性で設定されます。デフォルトのログレベルは 16384 で、これには重要なエラーメッセージが含まれ、LDAP の結果コードや起動メッセージなどの標準のログメッセージが含まれます。アクセスロギングと同様に、エラーロギングレベルは加算されます。レプリケーションロギング(8192)とプラグインロギング(65536)の両方を有効にするには、ログレベルを 73728 (8192 + 65536)に設定します。

注記

高レベルのデバッグロギングを有効にすると、サーバーのパフォーマンスが大幅に低下する可能性があります。レプリケーション(8192)などのデバッグログレベルは、日次演算ではなく、トラブルシューティングに対してのみ有効にすべきです。

表7.4 エラーログレベル

設定コンソール名説明

1

関数呼び出しの追跡

サーバーに入る際にメッセージをログに記録し、関数を終了します。

2

パケット処理

サーバーによって処理されるパケットのデバッグ情報をログに記録します。

4

ヘビートレース出力

追加のデバッグメッセージと共にサーバーが出し、関数を終了する際にログを記録します。

8

接続管理

SASL バインドに使用される接続方法を含む、現在の接続ステータスをログに記録します。

16

送信/受信パケット

サーバーが送受信したパケット数を出力します。

32

検索フィルター処理

検索操作によって呼び出されるすべての関数をログに記録します。

64

設定ファイルの処理

サーバーの起動時に、サーバーで使用される any .conf 設定ファイルを出力します。デフォルトでは、slapd-collations.conf のみが利用でき、処理されます。

128

アクセス制御リストの処理

 

2048

ログエントリーの解析

デバッグ情報の解析に使用されるログスキーマ。

4096

ハウスキーピング

ハウスキーピングスレッドのデバッグ

8192

レプリケーション

更新やエラーなど、レプリケーション関連のすべての操作に関する詳細情報をログに記録します。これは、レプリケーションの問題のデバッグに重要です。

16384

デフォルト

重要なエラーに使用されるデフォルトのロギングレベルと、サーバー起動メッセージなどのエラーログに常に書き込まれるその他のメッセージ。このレベルのメッセージは、ログレベルの設定に関係なく、常にエラーログに含まれます。

32768

エントリーキャッシュ

データベースエントリーキャッシュのデバッグ

65536

プラグイン

サーバープラグインが slapi-log-error を呼び出すときにログファイルにエントリーを書き込むため、サーバープラグインのデバッグに使用されます。

262144

アクセス制御の概要

は、サーバーへのアクセスに関する情報を示しています。レベル 128 よりも詳細度が低くなります。この値は、アクセス制御処理の概要が必要な場合に推奨されます。非常に詳細な処理メッセージには 128 を使用します。