6.8. entryusn

USN プラグインが有効になっている場合に、サーバーは、書き込み操作 (追加、変更、modrdn、または削除) が実行されるたびに、更新シーケンス番号 をエントリーに自動的に割り当てます。USN は、エントリーの entryUSN 操作属性に格納され、次に entryUSN は、任意のエントリーの最新の変更の番号を表示します。

注記

entryUSN 属性は、LDAP クライアントによって実行される操作があった場合にのみ増分します。内部操作はカウントされません。

デフォルトでは、entryUSN はバックエンドデータベースインスタンスごとに一意であるため、他のデータベースのエントリーは同じ USN を使用している必要があります。nsslapd-entryusn-global パラメーターは、USN の割り当てをローカルからグローバルに変更します。つまり、単一のデータベースでカウントされていたものが、トポロジー内のすべてのデータベースでカウントされるようになります。パラメーターはデフォルトでオフになっています。

対応するエントリー lastusn は、ルート DSE エントリーに保持され、最後に割り当てられた USN を示します。local モードでは、lastusn はバックエンドデータベースごとに最後に割り当てられた USN を表示します。global モードでは、lastusn はトポロジー全体に最後に割り当てられた USN を表示します。

OID

2.16.840.1.113730.3.1.606

Syntax

Integer

多値または単一値

単一値

定義される場所

Directory Server