4.10.11. dnaSharedCfgDN

この属性は、サーバーが範囲を別のものに転送するのに使用できる共有 ID を定義します。このエントリーはサーバー間で複製され、プラグインによって管理され、他のサーバーが利用可能な範囲を認識できるようにします。この属性は、範囲転送を有効にするには設定する必要があります。

注記

共有設定エントリーは、エントリーをサーバーに複製できるように、レプリケートされたサブツリーで設定する必要があります。たとえば、ou =People,dc=example,dc=com サブツリーがレプリケートされると、設定エントリーは ou=UID Number Ranges, ou= People,dc=example,dc=com などのサブツリーに配置する必要があります。

この設定で識別されるエントリーは管理者が手動で作成する必要があります。サーバーには、範囲を転送するためにサブエントリーの下に自動的に含まれます。

パラメーター説明

エントリー DN

cn=DNA_config_entry,cn=Distributed Numeric Assignment Plugin,cn=plugins,cn=config

有効な範囲

任意の DN

デフォルト値

なし

構文

DN

dnaSharedCfgDN: cn=range transfer user,cn=config