4.10.6. dnaNextRange

この属性は、現在の範囲を使い切られる場合に使用する次の範囲を定義します。この値は、サーバー間で範囲が転送される際に自動的に設定されますが、範囲の要求が使用された場合にその範囲をサーバーに追加するように手動で設定することもできます。

dnaNextRange 属性は、個別の特定範囲を他のサーバーに割り当てる必要がある場合にのみ明示的に設定する必要があります。dnaNextRange 属性に設定した範囲は、重複を避けるために、他のサーバーで利用可能な範囲から一意でなければなりません。他のサーバーからの要求がなく、dnaNextRange が設定されたサーバーが明示的に dna MaxValue に達した場合、次の値のセット( dnaNextRangeの一部)がこのデックに割り当てられます。

dnaNextRange の割り当ては、DNA 設定で設定される dnaThreshold 属性でも制限されます。dnaNextRange の別のサーバーに割り当てられる範囲は、その範囲が dnaNextRange のデックで利用可能な場合でも、サーバーのしきい値を違反できません。

注記

dnaNextRange 属性が明示的に設定されていない場合に内部に処理されます。自動的に処理されると、dnaMaxValue 属性は次の範囲の上限として機能します。

属性は lower_range-upper_range の形式で範囲を設定します。

パラメーター説明

エントリー DN

cn=DNA_config_entry,cn=Distributed Numeric Assignment Plugin,cn=plugins,cn=config

有効な範囲

32 ビットシステムでは 1 から最大 32 ビット整数、64 ビットシステムでは下限と上限のh範囲に最大 64 ビット整数

デフォルト値

なし

構文

DirectoryString

dnaNextRange: 100-500