9.5. dn2rdn

9.0 よりも前のバージョンの Directory Server は、entrydn インデックスを使用して、id2entry.db4 データベースのエントリー ID をエントリーの完全な DN にマップするのに役立ちます。(これは、エントリーの子を特定し、親 DN が変更された場合に DN を更新する方法がないため、リーフエントリーでのみ変更されていた modrdn 操作しか実行できませんでした)。 サブツリーレベルの名前変更が許可されると、ID-to-entry マッピングは id2entry.db データベースで entryrdn インデックスを使用して行われます。

アップグレード後に、Directory Server のインスタンスが entrydn インデックスを使用する可能性があります。dn2rdn ツールには目的が 1 つあります。entry dn インデックスを entryrdn に変換して、DN ベースの形式から RDN ベースの形式へエントリー インデックスマッピングを変換するためのものです

注記

dn2rdn ツールは、ローカルの Directory Server インスタンスで常に実行されるため、/usr/sbin/ ディレクトリーに置かれます。