5.3. エントリーオブジェクトクラス参照

この参照は、デフォルトのスキーマで受け入れられるオブジェクトクラスのアルファベットリストです。これは、各オブジェクトクラスの定義を指定し、必須および許可される属性を一覧表示します。一覧表示されているオブジェクトクラスは、エントリー情報をサポートするために利用できます。

オブジェクトクラスにリストされている必須の属性は、そのオブジェクトクラスがディレクトリーの ldif ファイルに追加されるとエントリーに存在する必要があります。オブジェクトクラスに superior オブジェクトクラスがある場合は、すべての必須属性を持つこれらのオブジェクトクラスの両方がエントリーに存在する必要があります。必要な属性が ldif ファイルに一覧表示されていない場合、サーバーでは再起動されません。

注記

LDAP RFCs および X.500 標準規格により、オブジェクトクラスは複数の superior オブジェクトクラスを持つことができます。この動作は、現在 Directory Server ではサポートされていません。

5.3.1. アカウント

アカウント オブジェクトクラスはコンピューターアカウントのエントリーを定義します。このオブジェクトクラスは RFC 1274 に定義されています。

上級クラス

top

OID

0.9.2342.19200300.100.4.5

表5.3 必要な属性

属性定義

「objectClass」

エントリーのオブジェクトクラスを指定します。

「uid (userID)」

定義されたアカウントのユーザー ID を指定します。

表5.4 使用できる属性

属性定義

「説明」

エントリーのテキスト説明を入力します。

「host」

アカウントが存在するマシンのホスト名を指定します。

「l (localityName)」

エントリーの市または地理的な場所を指定します。

「o (organizationName)」

アカウントが属する組織を指定します。

「ou (organizationalUnitName)」

アカウントが属する組織単位または部門を指定します。

「seeAlso」

関連情報が含まれる別のエントリーまたはサイトへの URL が含まれます。