5.3.13. dcObject

dcObject オブジェクトクラスにより、ドメインコンポーネントをエントリーに対して定義できます。このオブジェクトクラスは、一般的に o (organization)、ou (organizationalUnit)、l (locality) などの別のオブジェクトクラスと併用されるため、補助として定義されます。

以下に例を示します。

dn: dc=example,dc=com
objectClass: top
objectClass: organizationalUnit
objectClass: dcObject
dc: example
ou: Example Corporation

このオブジェクトクラスは RFC 2247 に定義されています。

上級クラス

top

OID

1.3.6.1.4.1.1466.344

表5.25 必要な属性

属性定義

「objectClass」

エントリーに割り当てられたオブジェクトクラスを指定します。

「dc (domainComponent)」

ドメイン名の 1 つのコンポーネントが含まれます。